最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 太陽活動の極小期が予測より2年も早く到来。これは「次のマウンダー極小期」、あるいはミニ氷河期突入への徴候だったりするのかしないのか | トップページ | ★米中貿易戦争:トランプの対中「 ハル・ノート 」 »

2018年10月 6日 (土)

東証株価指数(TOPIX)に注目

このページのトップへ

東証株価指数(TOPIX)に注目

どうなる日本株?
日経平均は30000円へ向かうのか?
東証株価指数(TOPIX)に注目


TOPIXチャート

TOPIX月足チャートを見て頂きたい。
掲載チャートは、バブル崩壊後のTOPIX長期30年チャート。

注目すべきは【強力な上値抵抗線】の存在であり、本年の1月を含めて
この抵抗線が位置する価格帯で過去5回も跳ね返されてきた!
ということだ。

堅調な日本株式市場。安全かどうかは別にして、安心感のある相場。
だが、もう少し上の価格帯で大きな関門がある!
その【強力な上値抵抗線】を意識しておくことは
リスク選好にも、リスク回避にも有効であり
適度な警戒感を保ちながら、【強力な上値抵抗線】を突破か否かを
見極めていきたいところ。

突破しないことには・・・
日経平均で30000円へ向かうような大相場を期待することはできない
のでしょうが、息の長い相場を期待していきましょう。
以上は「文殊菩薩」より
日本の株式売買の70%は日銀による買い取りにより株価が保たれています。日銀の買い取りがなくなれば当然株価は暴落となります。日銀に変わる買い手が現れるかどうかでこの先の株価が決まります。           以上   

« 太陽活動の極小期が予測より2年も早く到来。これは「次のマウンダー極小期」、あるいはミニ氷河期突入への徴候だったりするのかしないのか | トップページ | ★米中貿易戦争:トランプの対中「 ハル・ノート 」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東証株価指数(TOPIX)に注目:

« 太陽活動の極小期が予測より2年も早く到来。これは「次のマウンダー極小期」、あるいはミニ氷河期突入への徴候だったりするのかしないのか | トップページ | ★米中貿易戦争:トランプの対中「 ハル・ノート 」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ