Ghost Riponの屋形(やかた)さんのサイトより
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12395182669.html
<転載開始>

⭕️これは快挙! 全国知事会が「日米地位協定の改定」を初めて提言!
1960年に締結後、一度も改定されず、日本政府が改定交渉を提起したこともない。米軍が駐留しているドイツやイタリアでは、受け入れ国が基地の管理権を確保し、自国の法律を米軍に適用している。日米地位協定はあまりにも不平等だ。 https://twitter.com/ryukyushimpo/status/1023314519848873991

2018年07月29日 17:37


<社説>地位協定改定を要求 全知事の総意受け止めよ
2018年7月29日 琉球新報社説
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-770945.html
 全国知事会が日米地位協定の抜本改定を含む「米軍基地負担に関する提言」を全会一致で採択した。全国知事会が日米地位協定の改定を提言するのは初めてだ。画期的な動きであり、採択を機に地位協定改定の実現につなげたい。

 提言がまとめられたのは、2016年7月に翁長雄志知事の要望で設置した「全国知事会米軍基地負担に関する研究会」が出発点だ。研究会は12人の知事で構成し、2年間で6回の会合を開催した。
 日米地位協定を専門とする研究者から意見聴取したほか、外務省日米地位協定室長から政府の立場を聞き、イタリアとドイツの地位協定について現地調査した沖縄県からも意見を聞いた。
 こうした調査研究を進めた目的について、知事会は「在日米軍基地に係る基地負担の状況を基地などの所在の有無にかかわらず広く理解し、都道府県の共通理解を深めること」を挙げている。極めて妥当性がある。
 琉球新報が研究会設置前の16年6月に実施した沖縄以外の46都道府県知事へのアンケートでは、在沖海兵隊について「受け入れる」と答えた知事はゼロだった。45都道府県知事は「外交・防衛は国の専権事項」だとして回答すらしなかった。沖縄の基地問題が全国的な議論になっていないことを如実に示していた。
 ところが今回の提言は全会一致で採択された。提言では研究会によって「現状や改善すべき課題を確認できた」として「米軍基地は防衛に関する事項であることは十分認識しつつも、各自治体の生活に直結する重要な問題であることから、国民の理解が必要だ」との認識を示し、日米地位協定の抜本的な改定などを求めた。
 これまで米軍基地を抱える15都道府県でつくる「渉外知事会」が日米地位協定の改定を求めてきた。全国知事会は基地のない府県が多数含まれている。その知事会で今回の提言がまとめられたことは、2年間で米軍基地負担についての共通認識が格段に深まったことを意味する。研究会の取り組みを高く評価したい。
 日米地位協定は1960年に締結されてから、一度も改定されたことがない。日本政府が改定交渉を提起したこともない。あまりにもいびつではないか。
 そのことで米軍関係者の事件・事故の中には刑事責任を問うことができず、住民が危険を訴える訓練も止めることができない。基地内で環境汚染が発覚しても、米軍に立ち入りを拒否される。日米地位協定が住民生活を脅かしている元凶となっている。
 米軍が駐留しているドイツやイタリアでは、受け入れ国が基地の管理権を確保したり、自国の法律を米軍に適用したりしている。日米地位協定はあまりにも不平等だ。日本政府は全国知事の総意を重く受け止め、抜本的な改定に本腰を入れる必要がある。

沖縄からの声を2つ載せておこう。
社説[日米地位協定改定]国民の声と受け止めよ
2018年7月29日 沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/290468
 住民を代表する全国知事会の心強い提言である。

 札幌市で開かれた全国知事会議で、日米地位協定の抜本的な見直しを盛り込んだ「米軍基地負担に関する提言」が全会一致で採択された。

 米軍基地のない自治体を含む全47都道府県の知事会が地位協定改定を含む提言をまとめるのは初めてである。

 地位協定は米軍に特権的な地位を与えている。改定は米軍基地が集中する沖縄の問題と矮(わい)小(しょう)化されがちだったことを考えれば知事会が提言した意義は大きい。「国民の声」といっていいだろう。

 提言の内容はこうである。

(1)米軍機の低空飛行の訓練ルートや時期の事前提供
(2)地位協定を抜本的に見直し、航空法や環境法令など国内法を原則として米軍にも適用。
   事件・事故時の自治体職員の迅速かつ円滑な立ち入りの保障などを明記
(3)米軍人らによる事件・事故に対し、実効的な防止策を提示。
   航空機騒音規制措置は住民の実質的な負担軽減が図られるよう運用し、検証
(4)施設ごとに必要性や使用状況などを点検し、整理・縮小・返還を促進-。

 沖縄側の訴えが理解を得た形だが、提言が全会一致で採択された背景にはオスプレイなど米軍機の訓練飛行が「全国展開」され、日本列島に張り巡らされた低空飛行ルートが可視化されたことがある。米軍基地の有無にかかわらず、騒音被害や事故の懸念が高まっているのだ。

 地位協定改定は知事会の総意である。政府はこれに応えなければならない。

■    ■

 沖縄では、「憲法・国内法」の法体系が「安保・地位協定」によって大きな制約を受け、捜査権や自治権が制限されているのが現実だ。

 今年6月、米軍キャンプ・シュワブに隣接する名護市数久田の農作業小屋の窓ガラスが割れ、銃弾が発見された。県警は鑑定した銃弾と同型で未使用の銃弾の提供や、立ち入り調査の意向を米側に伝えているが、実現していない。

 基地内の環境汚染はブラックボックスだ。燃料流出事故は実際の発生件数に比べ通報が極端に少ない。ドイツのように緊急時に通告なしで立ち入りもできない。「環境補足協定」が調査受け入れ義務を明記していないからだ。

 県は昨年、17年ぶりに地位協定の改定案を策定し、日米両政府に提出している。

 県の改定案は条文ごとに示しており、それに比べると知事会の提言は物足りなさが残るのも事実である。

■    ■

 知事会は日米安保は重要との立場である。それでも米軍基地が住民の安心・安全を脅かし、自治体に過大な負担を強いていると指摘せざるを得ない。その観点から研究会を続行し、知事会として具体的な改定案を提示してほしい。

 沖縄に全国の米軍専用施設面積の7割が集中。跡地利用の経済効果が基地経済を大きく上回り、さらなる返還が求められることも書き込まれた。「フェイクニュース」を断つ意味でも重要である。

 「行動する知事会」がキャッチフレーズとして掲げられた。知事会は政府に対し言葉通りの姿勢をみせてほしい。


沖縄の経済が基地に依存している、沖縄の人々が基地の存続を望んでいると言う「フェイクニュース」を絶つと言う意味ですな。

大手メディアは、この件を報道していないとの指摘があるが、朝日は、見出しを変えて書いていた模様↓(笑)
最後にちょろっと書いてあります。
チキン(笑)



「米軍に犯罪防止義務付け」を要望 基地抱える知事会
2018年7月31日 朝日 吉村成夫
https://www.asahi.com/articles/ASL7Z6GFHL7ZUTIL07H.html
・・・
日米地位協定をめぐっては、全国知事会が27日、抜本改定を求める提言を全会一致で採択している。(吉村成夫)


関連記事↓

全国知事会、地位協定の改定要求へ 全会一致で初の提言
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12394914028.html


「治外法権下の米軍駐留を止める」=「地位協定改定を要求」良いですね↓
メモ。



【再up】離間工作の罠 元自衛隊陸将補の池田整治氏
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12193833592.html


20150819池田整治氏講演in名古屋その1
https://www.youtube.com/watch?v=1toFxBPdyfM
10:00~ ホピ族長老の教え。
23:20~ 官僚もシステムが日本人の幸せになると(留学で)信じ込まされて返される。
23:50~ 日本から米軍が出ていく。治外法権下での駐留が問題。東京上空はアメリカ。そこに入ったら落とされても文句言えない。

25:00~ アメリカが勝手に、日本の税関に関係なく、何をもってきても自由ということ。日本は手を出せない。アメリカの横田基地から北朝鮮の平壌に、軍用機が行っている。何積んでいるの?ブルドーザー。北朝鮮の基地を作っている。
26:25~ 治外法権下の米軍駐留を止めた国がある。ドイツは5年間かけて治外法権をとった。
27:20~ 傀儡のイラク政府は、米軍の駐留について、イラクの代表が日本に視察に来た。彼らの結論、イラクを第二の日本にしてはならない。駐留する限りは、治外法権なしの駐留。オスプレイが自由に飛べるのは、世界で日本だけ。これがイラクから米軍が撤退した本当の理由。
30:00~ 日本の独立を取り戻すためには、治外法権をとることに集中しなければならない。
31:10~ 29年前のチェルノブイリ事故、ベラルーシの子供が成長し子供を産めるような年齢になった。正常児は2%。ベラルーシとチェルノブイリの距離は福一と東京。
34:00~ チェルノブイリ地下、2万人でトンネルを掘って、ホウ酸と鉛を敷き詰めて、その上の石棺。
36:30~ チェルノブイリに132の墓標がある。死んだ方ではない、街の墓標である。1ミリシーベルトがあれば、新しい家を作ってくれる。
38:20~ ドイツは2キロごとに公園を作っている。コンクリートを剥がして自然堤防にしている。浮世絵の世界。ドイツ軍人、「何を言っているの?江戸を再現しているだけ。お前たち日本人が、忘れているだけではないか。」と言われました。
日本人の人口を限りなくゼロにしながら、お金だけを全部持っていく体制に気付くかどうか。ワクチンの目的は、免疫力を下げるため。
46:00~ お母さんの無知が、子供に対する罪となる。
49:40~ インドでは、日本軍人は英雄。「インドを、300年間のイギリスの植民地から打破した日本兵士を、我々は未来永劫感謝する。」と独立文に書いてある。その情報は日本には来ない。
56:00~ ゲリラのボス、34か国PKOで自衛隊には手を出すな、彼らは70数年前に独立を勝ち取った日本陸軍の末裔、感謝こそすれ守りこそすれ、自衛隊には手を出すな。と、現地のカンボジアで言われていた。
59:00~ 尖閣に中国は来ないでしょう。国際法で侵略になる。戦死した時の家族の保証はどうするの?
01:02:00~ 勉強会で原発、600ガルでしか作られていない原発は、地震で簡単に崩れます。福島は津波のせいにした。自衛隊化学班の調査で、松本サリンの土壌と北富士の上九一色の土壌を調べさせたら一致した。
01:03:40~ 本当の敵を知ることが大事。オウムの上にオウムを作った大きな組織、その上に北朝鮮、その上に大きな闇。
01:09:50~ オウムには手を出すなと指示が、特捜員に来ている。特捜員に指示できるのは、国家公安委員。当時の国家公安委員は自民党政権。
01:10:55~ 一緒に突入した警察官の戦友が退官時に送ってきた手紙には、「地下鉄サリンは警察の上層部が腐っていたから起こってしまった。自衛隊の上層部が腐れば国が亡ぶので、自衛隊だけは腐らないでくれ。」
01:14:30~ スペインが来たとき、武士の方が強かった。江戸と言う自然と一体感の共生都市、それが原点で北欧の福祉国家があり、ドイツが見習って今を作っている、今ロシアもそれをしようとしている。
あとは、日本だけではないですか?
01:16:30~ 浮世絵、ゴッホのヤパンインプレッションを印象派と訳したのは、明治維新以降。外国から来たと、我々は教育を受けている。すべての原点は、日本にある。

われわれは、原点を目指さなければならない。
右も左も関係ない。





<転載終了>