カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« モサドによる世界操作 | トップページ | ★米国発世界のゴタゴタとその先き行き? »

2018年10月12日 (金)

蔓延する詐欺商法

蔓延する詐欺商法

  一昨年あたりから、NTT西日本の構成機関であるように装って、
「お宅の光ネット接続料金が月千円程度安くなります、ついては契約変更をお願いします」
 という電話が頻繁にかかるようになった。ここ二年程度で、すでに数百回はかかってきている。

 共通するのは、例えば今日かかってきた電話の場合は、「光サポートセンターですが」と名乗り、あたかもNTT機関であるかのように誤解させる手口である。

 すでに、何度も欺されていて、契約書が送付された段階で、NTT西日本の構成機関と信じ込まされていたにもかかわらず、まったく別の名前の会社名が書かれ、その契約内容も、毎月千円程度安くなるとしても、三年以内に解約すれば違約金三万円を支払うという驚くような記述があって、そんなことなら途中解約したら大損になることが分かって、慌てて契約解除した。

 NTT西日本サポートセンターに問い合わせてみると、NTTは料金値下げのオプションは存在しないという。
 とすれば、これまで「お宅の光接続料金を値下げします」といってNTTであるかのように類似名を名乗って電話をかけてきた数百件は、すべてウソであり、詐欺であることになる。

 公共インフラに等しいネット回線の接続で、これほど悪質な詐欺的手法がまかり通るのは驚愕するしかなく、安倍晋三政権という詐欺師が登場して以来、日本の上から下まで、あらゆる事業で詐欺が平然と行われるようになったのだと感嘆するしかない
 「上が腐れば下も腐る」という諺を実感している。

 今の段階では、民間プロパイダ業者が、NTTであるかのように名乗って契約者を誤解させ、通信契約を確保しているという現象であって、金額の大きな深刻詐欺事件になっているわけではないが、この種のデタラメな詐欺的誤解を強要する手口を行う会社が、やがて、もっと悪質な詐欺にエスカレートしてゆくのは必然であると考えるしかない。

 ネットで調べてみると、被害者はたくさん出てきて、やはり、徐々に悪質化し、振り込め詐欺のような手口まで現れてきていることが分かる。

https://blog.goo.ne.jp/mikera2/e/01b062af12e7bb873a37074b490c4cc4

https://www.ntt-west.co.jp/info/support/attention170831.html

http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/453.html

http://www.ntt-east.co.jp/info/important.html

 一番下の阿修羅リンクに書かれている通り、一ヶ月で1000円以上安くなるかのように勧誘するが、それはウソである。
 実際には、解約違約金が異様に高く(3万円程度)、毎月千円安くなったとしても、三年間は解約できないことになる。
 さらに、光接続でトラブルが生じても、一切NTTのサポートが受けられなくなり、代わりにプロパイダがやるかというと、調べた範囲で、サポート電話がかけられなくなっている会社が多い。つまり、サポートなど、まるでやる気がないのだ。だから、メンテナンス費用の分だけ、安くて当然なわけなのだ。

 二番目のリンクにある通り、この数年、NTTを騙る詐欺が激増していて、本体も手を焼いているようで、今日は、サポートに電話して、詐欺企業を告発したが、回答としては「手口が巧妙で、NTTとして法的に手がつけられない」という説明だった。
 しかし、この種の詐欺会社は、NTT退職後の人物を使っているケースが多いのではないだろうか? 極めて詳細な知識を持っている者が多いのだ。

 社会全体に目を向ければ、安倍晋三という劣悪な詐欺師が総理大臣という日本国家の最高要職に就いてからというもの、彼自身が、森友家計だけでなく、詩織さん強姦犯罪のもみ消しや、コンピュータ助成金詐欺など、ほとんど無数というべき詐欺などの犯罪に関与していて、それらを権力を使ってもみ消し、正当化し、自民党がそれを支えるという構図になっている。

 社会のトップたる官邸が、詐欺師の巣窟なのだから、社会の底辺に至るまで、「タダが緩む」どころか、組織という組織が腐りきっているのである。
 それを象徴するのが富田林警察であり、現役警察官犯罪の恐るべき激増である。

警察官の懲戒処分理由1位は性犯罪「何をしてもいい」特権的な意識
http://news.livedoor.com/article/detail/15317889/

https://matome.naver.jp/odai/2134683689359283301

 そりゃ、警察庁トップの中村格が、自ら証拠を消しようのない強姦という性犯罪を権力を使ってもみ消したのだから、警察官の末端でも、警官なら、どんな犯罪でも許され、もみ消せばいいと考え得るようになるのは当然である。

https://lite-ra.com/2016/08/post-2528.html

 トップに安倍晋三のようなクズを置けば、社会の末端までドロドロに腐り落ちるのは必然である。
 社会正義を正すには、なにを置いても腐乱した安倍官邸を日本から追放することが必要だ。彼らは中国共産党に行けば一番落ち着くだろう。

 私が何度も提案しているとおり、司法には、上級監査機関が存在しないため、例えば、大阪府警の捜査手抜きによる誤認逮捕、冤罪が露呈したときも、デタラメな捜査官に対する処分は、一切行われなかった。
 あの、府警本部長更迭級の大失態を演じている富田林警察署長でさえ、いまだに更迭されていない。

 http://netsuzou.blog.jp/archives/419715.html

 必要なのは、司法全体に対する上級監査機関であり、すべての捜査、起訴、判決に対する検証機関である。
 警察庁の長官を逮捕できる権限を持った上級監査機関を作り、過去30年分の、あらゆる司法を再検証し、例えば、冤罪で処刑してしまった久間三千年さん事件などは、裁判官、検察官、警察官を逮捕し、重く処罰する必要があるのだ。
 そうでもしないかぎり、日本司法における莫大な冤罪は絶対になくならないのである。

 こんなクズどもを放置していては、冒頭に述べたNTTの詐欺事件が、公然とのさばるわけだ。
 本来、振り込め詐欺で、NTT回線が使われながら逮捕されないのも異様だし、口座を開設した本人が即座に逮捕されないのも異様というしかない。
 社会から、この種の詐欺事件を追放するためには、社会正義に対する重視と教育、再検証システムが絶対に必要である。

 安倍政権は、「道徳」を最重要科目としたが、「社会正義」に反する悪意に満ちた行動しかしていない安倍晋三は、道徳においても最初に唾棄すべき追放されるべき人物であるとともに、「社会正義」においても、例えば福島高線量地域に子供たちを住まわせるなど、大量殺戮行為を行う「極悪」の見本であって、安倍を逮捕し、犯罪を世に明らかにすることなくして、日本国家の存在理由はありえないのである。
以上は「東海アマブログ」より
世の中を良くするには癌の元である安倍政権を交代するのが一番です。  以上

« モサドによる世界操作 | トップページ | ★米国発世界のゴタゴタとその先き行き? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蔓延する詐欺商法:

« モサドによる世界操作 | トップページ | ★米国発世界のゴタゴタとその先き行き? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ