カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 空前絶後の大罪を犯した安倍晋三の消せない過去!   | トップページ | 極めて稀少な高層の光学現象「巨大エルブス」と「スプライト」が同時にロシアの空に出現した光景が記録に収められた »

2018年10月 2日 (火)

“背後”を“せぃご”と読んでも間違いに気付かない安倍氏は、社会人として必須の自己分析すらできていない:このザマでは日本のみならず世界に恥を晒すだけ

:“背後”を“せぃご”と読んでも間違いに気付かない安倍氏は、社会人として必須の自己分析すらできていない:このザマでは日本のみならず世界に恥を晒すだけ

 

1.ネットで“デンデン(云々)”男とあだ名で呼ばれている安倍氏は、今度はあろうことか、国連演説にて、“背後”を“せぃご”と読んだ?

 

 安倍氏は三選されてすぐ、意気揚々と渡米、国連でエラソーに演説を垂れました。傍聴席は関係者を除いて、いつものようにガラガラで、まばらに座っている人も、安倍氏の演説を聴いているのではなく、パソコンに向かって、自分の仕事をしている人が多かったようです。

 

 国民の前では、何事も、やってるフリをするだけの安倍氏にとっては、国連という晴れの舞台で演説すれば、国民から一目置かれると勝手に思い込んでいるのでしょう。

 

 ところが、好事魔多し、安倍氏はまたまた、自分のボロが出てしまったのです。“背後”という漢字を“せぃご”と読んだのです(注1、注2)。この誤読はしっかり、中継されており、もうこのミスを打ち消すことは不可能です。

 

2.安倍氏は、“背後”という漢字を子供の頃に“せぃご”と間違って憶えた可能性がある

 

 なぜ、上記のような見苦しい誤読が生じたのでしょうか。この原稿は、いつものように専属のスピーチライターが作成したのでしょうが、安倍氏が国連演説で読み上げる間際に、事前に自分で原稿をチェックしたはずです。

 

 このとき、安倍氏が読めなかった漢字は、スピーチライターにルビ(振り仮名)をつけてもらっていたはずです。

 

 ところが、安倍氏は、“背後”という漢字を、“せぃご”と憶えていて、それが正しいと思い込んでいたら、この漢字をスピーチライターに読めないからルビをつけてくれと頼むことはなかったでしょう。

 

 一方、スピーチライターの方も、自分の作成した原稿を子供に読ませるわけではないので、すべての漢字にルビをつけるのは、いくらなんでも、一国の総理大臣たる安倍氏に失礼となります。この結果、安倍氏は、国連演説という晴れの場で、遂にボロが出てしまったということです。

 

そして安倍氏は、“背後”を“せぃご”と読むのが正しいと思い込んでいて、そのまま国連で、何のためらいもなく、“せぃご”と読んだのでしょう。

 

 上記、安倍氏の発音は、“せんご”(=戦後)にも聞こえないこともありませんが、その場合、前後の文脈と合致しません。

 

3.安倍氏の誤読は他にもある:アベトモ・加計氏を“ばくしん”の友と紹介した

 

 安倍氏は、全国的に有名なアベトモ・加計氏のことを“ばくしんの友”と人前で紹介した過去があります(注3、注4)

 

 このときの原稿には、“莫逆の友”と書いてあったようですが、この漢字が読めなかったのです。こちらは、確かに誰でも知っている漢字ではないので、読めない可能性はあったのですが、安倍氏は、この漢字を“ばくしんの友”と苦し紛れに読んだのです。そして、それを報道したメディアは、加計氏を、安倍氏の腹心の友と報じて、お茶を濁したわけです。

 

 腹心とは、信頼のおける部下のことですから、腹心の部下ならわかりますが、腹心の友という言い方もちょっとおかしいのです(注5)

 

 いずれにしても、安倍氏は、客観的な自己分析ができていたら、恥ずかしくてとても、総理をやっていられないはずなのです。

 

 こんな人物を平気で三選させる自民党という政党も、まともではないと言えます。

 

注1:ゆるねとにゅーす“安倍総理の国連演説、「背後」を「せぇご」と誤読か!?ネット「やさしい漢字すぎて、側近がルビ振り忘れた?」「信じられない日本語レベル」”2018927

 

注2:New進ちゃんのブログ“◎安倍国連演説で、「背後には、」を「せいごには」と堂々と読み上げた!(驚)”2018928

 

注3:阿修羅“安倍晋三、「莫逆の友」を「ばくしん」と読み間違え、メディアが忖度した結果「腹心の友」と報じられていたことが判明!”2017526

 

注4:本ブログNo.2028この期に及んでも、加計学園獣医学部新設に無関係と言い張る安倍氏には根本的な社会常識が欠落しているとしか言いようがない』2018529

 

注5:ヤフー知恵袋“腹心の部下は良く聞きますが、腹心の友もあるのですか?”2017623

 
以上は「新・ベンチャー革命」より
漢字が読めないのは安倍だけではありません、麻生も菅も同程度です。安倍政権が同程度ということです。良い政治が出来ないのは当然のことです。すべて数字を誤魔化して良いように見せているだけです。やるやる政治詐欺です。          以上  

« 空前絶後の大罪を犯した安倍晋三の消せない過去!   | トップページ | 極めて稀少な高層の光学現象「巨大エルブス」と「スプライト」が同時にロシアの空に出現した光景が記録に収められた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 空前絶後の大罪を犯した安倍晋三の消せない過去!   | トップページ | 極めて稀少な高層の光学現象「巨大エルブス」と「スプライト」が同時にロシアの空に出現した光景が記録に収められた »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ