最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 南米と日本の「地震のラリー」を見続ける中、科学誌ネイチャーに掲載された論文《大地震は地球の反対側の地震を誘発する》という最近の学説を思い出す | トップページ | 鉄道業界が混雑緩和策で苦悩する理由、東京の人口増は予想以上 »

2018年10月11日 (木)

玉城デニー氏当選で米紙NYが異例の社説! 

玉城デニー氏当選で米紙NYが異例の社説! 
http://www.asyura2.com/18/senkyo251/msg/673.html

投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 10 月 04 日 08:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU 

 
 
 

玉城デニー氏当選で米紙NYが異例の社説!
https://85280384.at.webry.info/201810/article_27.html
2018/10/04 07:43 半歩前へ

▼玉城デニー氏当選で米紙NYが異例の社説!

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(NY)電子版は1日、「沖縄の米軍縮小に向けて」との見出しの社説で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画に反対する玉城デニー氏の沖縄県知事選当選を受け、安倍晋三首相と米軍司令官らは県民と共に「公正な解決策を探るべきだ」と訴えた。

 「日米両政府は妥協策を探る時だ」と指摘し、米主要紙が沖縄の基地問題で再考を促すのは極めて異例。

 社説は、既に過重な負担を抱えていると感じる沖縄県民にとって、知事選は「米軍基地に対する住民投票」だと指摘した。

























 

   
コメント
1.    あおしろとらの友[1793] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2018年10月04日 09:08:44 : ISXaAhNBGc : TN1t69ytiJ8[18]        報告
 『知事選は「米軍基地に対する住民投票」だと指摘した。』 これはNYの “助言” だ。 “住民投票” で
県民の意思としてさらに明確化すべきだ。
2.    ボケ老人[-155] g3uDUJhWkGw 2018年10月04日 09:16:32 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-3048]        報告
海兵隊が日本に居る必要性は全くない。

玉城沖縄県知事は、米国に対し基地のグアムへの撤収を迫るべきだ。
アメポチ政権と外務官僚が己の権力を維持するために、米軍基地という盾を必要としているだけ。
これ以上日本国民を反米化させないために
沖縄基地の大幅縮小を訴えるのだ。

安倍売国奴政権は無視しよう。

    

3.  2018年10月04日 09:49:39 : Je1X0eT3uc : BCe45evDtn4[32]        報告
ミサイル部品 90%は日本から
http://www.asyura2.com/18/senkyo240/msg/131.html

4.    パンピー(一般国民)[-5] g3CDk4NzgVuBaYjqlMqNkZavgWo 2018年10月04日 10:24:12 : kxk7MnCbWU : S0swXCpT_BE[-2685]        報告
>投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 10 月 04 日 08:30:05
>2018/10/04 07:43 半歩前へ
>辺野古移設、妥協案探れ 米紙、沖縄知事選で社説 2018/10/3 11:32

日経の無料記事ですね。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3605933003102018ACX000/

>「日米両政府は妥協策を探る時だ」と指摘

CIAは妥協派だという事ですね。

ネトウヨを使ってデニー当選を果たしたというのも、外務省ホモ次官会議の強攻策を止めるため。

NSAも台風24号の沖縄攻撃を止めなかった(気象兵器台風25号は韓国を狙うので、これもNSAはパスして止めなかった)。

さあ、デニーは、大人用オムツのオザワンを振り切って「在沖米軍の撤退」を訴えないと、CIAからもNSAからも、俺たちからも、見放されるぞ!



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

5.  2018年10月04日 10:25:30 : c0JInSlcKo : TKdwqa0Egoc[8]        報告
九州。
6.  2018年10月04日 10:26:34 : eLFtovhdo2 : @xPoSqXj_RE[1]        報告
NYT社説タイトル(大沼訳)>「デニー沖縄県政は米軍に立ち去るよう求めている。ワシントンとトーキョーは妥協策を見つける時だ」

 プラグマチズムの国アメリカは、理性的・合理的に素早く行動できる国だ。役に立たない、利益を生まない、不合理なものと判断すれば、過去の如何なるしがらみあろうと素早く捨てる。この風土の上に、デイーラーの才覚もつトランプが加わった。トランプの判断基準は、いかなるものであれ結果としての、結論としてのお金の量で判断する。いかなる取引であれ、外交であれ政治であれ、あるいは貿易であれ、結果としてお金の量を増やしたか否か、それで判断する。これも一種のプラグマチズムだろう。
 アメリカの従来の対朝鮮政策とは何か、軍事的緊張を煽り継続することが対朝鮮政策であったが、そのためにアメリカは莫大なコストを払ってきた。その代わりに何を得たか、アメリア経済の沈下、サンベルト、中産階級白人の貧困化、国境の壁等々、お金を得るどころか、真逆じゃあねえかと、これがトランプの偽らざる心境だし、意識するにせよしないにせよ、多くのアメリカ人も同様だ。
 沖縄の米軍とは何か、2万2千人の米兵を置くことで、アメリカが負担してきたコストは、半端でなかった。確かに日本側は、毎年およそ40億ドル(思いやり予算約3500億円)負担してるが、総体的にアメリカが被ってきたコストは、甚大だった。朝鮮問題にケリつけたら、連動して沖縄米軍問題もケリつけるべきだと、トランプや彼に連なる有力アメリカ支配層の一つが、現今こう考えているかは別として、いずれはこうした方向に行くだろうし、又それも必然だろう。最近のトランプ周辺を観察してると、こうした洞察は、まあ間違っても的に遠からずだろう。今次NYT社説も、こうしたアメリカの雰囲気を表したものでは。
10/1阿修羅田中龍ジャーナル”米メディアが注視、安倍首相の心臓を刺す「デニー知事」誕生”に下記コメ載せたので、今回NYT社説に関係あるので再掲する。


        ”米軍沖縄撤退のタイムスケジュールの始動”

 40万近い得票で圧勝した玉城氏だが、大変な課題を背負うことになった。米軍沖縄撤退である、重荷だがこの問題は避けるわけには行かない、誰かやるきゃあないが、これが出来るんは玉城氏おいて他にはいないだろう。一気に撤退までいかなくとも、撤退をタイムスケジュールに乗せること、これは新知事玉城氏にかせられた重大な使命だ。沖縄経済発展・県民所得2倍化3倍化も新知事の必須課題じゃが、同時に撤退をタイムスケジュールのレール作りも、車の両輪として避けられない。そのためには、新知事は万国津梁会議を立ち上げるそうだが、同時に米軍撤退プロジェクトチームを是非組織すべきだ。そのプロジェクトチームの人選は、現今可能望み得る限りのベストの人材を配置したらよい。ウチナハに限らず、広く島外まで募る、場合によっては海外へも手を拡げる。ベストのチームを組織すれば、発信力は相当となるよ。米軍沖縄撤退は確かに国の専管事項だが、新知事が政府やワシントンにジャンジャン発信していけば、必ず事態は動く。
 これに関連して、仮定のプロジェクトチームの提起したわけだが、先走りかもだが、チームは検討事項の1つとして、米軍の論理と行動を深く分析や開析すべきだ。この点では、1984 年11 月に当時の国防長官のワインバーガーは重要な演説したが、十分留意すべきだ。ワシントンのナショナルプレスクラブでなされたその歴史的な演説の中で、長官は米軍の「戦闘における必要条件」として、アメリカ軍の戦闘活動を必要とする状況、条件、必要条件を6 つ明確に示した。これは、現在まで踏襲されてるから、その6つを示す。
 ①アメリカにとって非常に重要な事柄が危機に直面しているとき
 ②勝利するために必要なだけの軍を送り込む覚悟ができるほど、問題がアメリカ  とその同盟国にとって重要であるとき
 ③我々が達成しなければならない政治的・軍事的目的が明確であること
 ④アメリカが目的を達成するためにはどうしても軍の力が必要である、という評  価を下したとき
 ⑤アメリカ国民の支持がほどほどに確実であること
 ⑥アメリカ軍が最後の手段としてのみ、戦闘体制に入ること。
 上記のワインバーガーについて広田秀樹氏は次のように指摘してる。「新しい軍事力が構築された場合、多くの人々はそれを活用してみたいという気持ちにかりたてられるものである。しかし私は、はっきりとした目的があり、またそれが達成できる場合にのみ、できるだけ迅速に目的を果たすのに必要なだけの規模で活用することが重要だ、と感じてきた。軍事的な行動に出るのは、他の全ての努力が尽くされ、それらが全て失敗したときにのみに行使される最終手段でなくてはならない。また軍事力は、国家の重要問題に関わる時以外には絶対に使用してはならない」(出所:長岡大学 研究論叢 第10 号 2012 年7 月、広田秀樹論文)。新知事への プロジェクトチーム作りの推奨と米軍沖縄撤退問題から、多少ズレてきてしまったが、要はアメリカ国内の世論の動向が、撤退問題の要である事だ。新知事は、アメリカの世論を動かせば、必ず事態は新たな展開を示す。勝利の美酒とカチャーシャーで暫らくは疲れを癒して、是非新たな始動を期待したい。票投じた40万ウチナンチューが背後にいる。           
                                 >

7.    やもめーる[-14855] guKC4ILfgVuC6Q 2018年10月04日 10:54:03 : iYBmopcsg2 : 6ToS73cAgRU[-37]        報告
>>4
パンピーだがボンビーだが知らないが
お前サキマ(詐欺魔)だろ?(笑)
そんなに玉城氏が当選して悔しいか?
お前はもはやベトナム国民を裏切った
グェン・カオキかフィリピンのフェルディナンド
マルコスの売国奴同様に名を連ねるその手の価値しかないクズだ!!



[18初期非表示理由]:担当:言葉遣いが適さないコメント多数により全部処理

8.    る寺NSA軍薬複合体[-12] gumOm4JtgnKCYIxSlvKVoY2Hkcw 2018年10月04日 11:02:33 : kxk7MnCbWU : S0swXCpT_BE[-2687]        報告
>>6

日本語に訳してくれてありがとう。

CIAおよびNSAの上位機関であるイルミナティーは、オキナワからの米軍撤退も、エトロフからのロ軍撤退も、同様に指示(支持)している。

デニーは、そのための「チェスの駒」にすぎない。

もちろん、デニー支援の為に活躍したネトウヨのIPアドレス(IPv4だが)も、ポーンだか将棋の「歩」だか知らないが、CIAは記録している。論功行賞なんてないけどね。

>一気に撤退までいかなくとも、撤退をタイムスケジュールに乗せること、これは新知事玉城氏にかせられた重大な使命だ

この使命が果たせなければ、デニーはチェスの駒のように捨てられる・・・

いや、日本なので「歩」としてアベ側が使うことになるかな・・・???

ここ1ヵ月が勝負だね。


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

9.  2018年10月04日 11:20:37 : X1FrLYHhPQ : G3wj8rAuGc4[14]        報告
アメリカはウヨみたいにグダグダ言わない、明快。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-812876.html
米軍は「沖縄の兵たん、航空、地上部隊を日本の他の場所に分散させると、東シナ海での迅速な対応能力を低下させる」と主張するが、日本と地域の安全保障のために、不公平、不必要で、時に危険な負担を県民に強いてはいけないと説明した。その上で安倍首相と米軍司令官は、公平な解決策を見いだすべきだと主張した。

これが防衛の当事者米軍の意見。

10.    あおしろとらの友[1796] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2018年10月04日 11:20:58 : ISXaAhNBGc : TN1t69ytiJ8[21]        報告
>>8
本当ですか。大変なことになってるんですね。

11.  2018年10月04日 12:52:01 : i3Ndt2rWYq : S_Vy_E9Efhw[1822]        報告
>>8
トランプを有能だと思う事は無い(でなきゃ何度も破産してパパに助けて貰ったりしないだろうし、詐欺師に名前貸ししたりしないわな)が、アメリカはアメリカの国の利益を優先するからね。
不要なコストだとなれば在沖縄駐留部隊だって再編のターゲットにはなる。
特に海兵隊なんぞもともとコストが問題視されていてグアムに統合とか言って居たのを、自民党が頼み込んだから居座って貰って居る様な物なのだし。

12.  2018年10月04日 13:42:23 : Go4NgN2qkr : VafJh30DzWU[1]        報告
他国に巨大基地を展開するのは米国全体にとっては負担になる話。

日本の沖縄の場合は「みかじめ料」も付けての「軍事植民地」として提供されているわけで、駐留している米軍関係者にとっては天国だろうが、それでも他の米国民にとっては、もはや「金食い虫」の一種でしかないのだろう。

だからトランプも撤退をほのめかす。彼は最初から「もはやアメリカは世界で番を張るべきじゃない」と言って当選した人だ。

(トランプは確かに強硬派だがそれはアメリカンファースト、自国内の利益に強引につなげようとするからだ。それも国際資本の利益より、自分の支持層の「没落した中間層」の利益につなげようとしている。アメリカでも日本でも主要マスコミはあえてそれを無視するが)

もっともトランプが出る以前に、あのブレジンスキーが「アメリカの覇権は終わる」(終わらせるべき?)と言ったそうなのだから、アメリカにとってそれは既定路線なのだろう。

ともかく、アメリカの状況は劇的に変わりつつあるのにアメポチ以外の姿勢をどうとったらいいのかもわからない日本の本土政府は右往左往するしかないだろう。

実に情けないことである。

13.  2018年10月04日 14:00:32 : PMv4znAyvw : bJKzFD66FPc[1]        報告
安倍の地元山口県と麻生の地元福岡県に全基地移転すれば住民ともWinWinじゃん。
14.    罵愚[6675] lGyL8A 2018年10月04日 14:03:38 : uz7lDD2pDc : EjeLi5CyXwY[7]        報告

 ベルリンの壁が崩壊して、東西冷戦が終結したときフランシス・フクヤマは永遠の平和がはじまるのを予感して「歴史の終わり」を書いた。おなじころサミュエル・ハンチントンは「文明の衝突」を書いたのを思い出しながら、平成から新年号に変わる、現在のわたしたちが経験しているのは冷戦の時代と、それを何と呼ぶのか、まだ名前も見つかってはいないのだが“米中衝突の時代の中間点”にいるのかもしれないと思う。
 日独伊の三国同盟に引きずり込まれて敗戦の泥沼に沈みんだ経験をトレスするのか、日英同盟のよしみで戦勝国のポジションに座った第一次大戦を再演するのか…

以上は「阿修羅」より

辺野古にこだわるのはアメリカではなく安倍政権であることがこれでも明らかになりました。安倍政権の嘘がばれたのです。                  以上

« 南米と日本の「地震のラリー」を見続ける中、科学誌ネイチャーに掲載された論文《大地震は地球の反対側の地震を誘発する》という最近の学説を思い出す | トップページ | 鉄道業界が混雑緩和策で苦悩する理由、東京の人口増は予想以上 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉城デニー氏当選で米紙NYが異例の社説! :

« 南米と日本の「地震のラリー」を見続ける中、科学誌ネイチャーに掲載された論文《大地震は地球の反対側の地震を誘発する》という最近の学説を思い出す | トップページ | 鉄道業界が混雑緩和策で苦悩する理由、東京の人口増は予想以上 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ