カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 国内のファシズム化と国外での侵略戦争の引き金になった9/11(その1/3) | トップページ | ジャーニー・ツー・ザ・スターズ!:NECの謎のUFO研究者、南善成博士TEDに現れる! »

2018年10月23日 (火)

安倍・加計コンビは、440億円もの血税を違法に私物化した疑いを全国民から持たれているのに、なぜ、日本の検察は沈黙しているのか、韓国の検察は罪を犯した大統領を逮捕したのに・・・

安倍・加計コンビは、440億円もの血税を違法に私物化した疑いを全国民から持たれているのに、なぜ、日本の検察は沈黙しているのか、韓国の検察は罪を犯した大統領を逮捕したのに・・・

 

1.野党は、次期国会にて、安倍氏に対するモリカケ疑惑の追及にとどまらず、是非とも決着をつけてもらいたい

 

 来週から秋の臨時国会が開かれますが、野党に是非、取り組んでもらいたいのが、モリカケ疑惑に決着をつけることです。

 

 先日、モリカケ疑惑事件の被疑者のひとりである加計氏が国民を舐めきった会見を行っています(注1)

 

 国民が疑惑を持っている加計学園問題に対し、当事者の加計氏はすっとぼけたままです。

 

 このまま、この疑惑を不問に付すことは到底、許されません。

 

2.安倍氏と加計氏が親しい間柄であることの証拠はネットに豊富に存在している:両氏がこれ以上、シラを切ることは見苦しいだけだ

 

安倍氏と加計氏が親しい間柄であることは多数のツーショット画像がネットに広く流布していますから、国民はみんな知っています。したがって、上記、加計氏の会見での説明に納得できる国民は皆無でしょう。

 

 ここまで加計問題は詰んでいるのに、検察がまったく動かないのはほんとうに信じられません。

 

 検察が、加計問題にまったく動かないとしたら、今の日本はもう、民主主義国家ではなくなることを意味します。これは国家の基本にかかわる極めて重大な現実です。

 

 現実に、検察の幹部人事権は安倍官邸に握られているのは確かですから、検察全体が、安倍氏の国家予算私物化犯罪にまったく、タッチできない状態なのでしょう。

 

3.安倍・加計コンビが、国民の血税を私物化して、平気でいること自体がもう異常そのものである

 

 安倍氏の口利きで加計学園に流れた血税は440億円にものぼることがわかっています(注2)

 

 この現実が厳然と存在しているにもかかわらず、安倍氏から国民に納得できる説明はまったくなされていません。

 

 このままいくと、国民は安倍氏を違法行為をやった犯罪的政治家とみなすことになります、いくら、安倍氏がクチで否定しても・・・。

 

 こういう政治家が国民に向かって、いくら、エラソーに能書きを垂れても、国民から犯罪的政治家と思われているわけですから、民主主義政治は成立しないのです。

 

 それでも、安倍氏がノウノウと総理の座に居座っている神経は、もう、異常そのものです。

 

 日本の検察は、自国の大統領を逮捕した韓国の検察を見習うべきです。

 

注1:阿修羅“なぜ首相の"腹心の友"は説明が曖昧なのか 加計理事長「会っていないと思う」(PRESIDENT Online)”20181014

 

注2:阿修羅“安倍夫妻「腹心の友」に流れた血税440億円!2017420

 
以上は「新・ベンチャー革命」より
「ムサシ」による不正選挙を検察が黙認しているのが根本的に間違っているのです。これをただせば2/3以上の議席獲得が有りません。日本の司法は根本的に腐敗しています。これを正さねば日本の民主主義は機能しません。                以上

« 国内のファシズム化と国外での侵略戦争の引き金になった9/11(その1/3) | トップページ | ジャーニー・ツー・ザ・スターズ!:NECの謎のUFO研究者、南善成博士TEDに現れる! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国内のファシズム化と国外での侵略戦争の引き金になった9/11(その1/3) | トップページ | ジャーニー・ツー・ザ・スターズ!:NECの謎のUFO研究者、南善成博士TEDに現れる! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ