カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« なぜ米国の31倍?高い自動車の税は「矛盾の塊」(3/3) | トップページ | アメリカで混乱を引き起こしている「鳥たちの衝突」に「地球磁場の崩壊が進行している」ことを思いつつ、そして、虫も鳥もクジラもいなくなるこの世を考える »

2018年11月30日 (金)

★中国がAIで米国に圧勝する理由

★中国がAIで米国に圧勝する理由

中国がAIで米国に圧勝する理由:元Google中国支社長 < newsNueq-1557 >より転載します。
貼りつけ開始

きまぐれAI新聞
「 中国がAIで米国に圧勝する理由 」元Google中国支社長
------------------------------------------------------
https://aishinbun.com/comment/20180922/1735/
2018.9.22

 < 抜粋 >

 Google Chinaの前社長Kai-Fu Lee氏が
「AI Super-powers China, Silicon Valley, and the New World Order」
 という本を上梓したのを機に米IEEE Spectrumのインタビューを受けている。
 インタービューの内容は、仕事の未来や、人間とAIの共存などにも触れているが、
 ここではAIで中国が米国に圧勝するという同氏の予測だけを取り上げて、考えてみたい。


 ーー AIの開発と実装で、中国が早期に米国を超えると主張する理由は?

 AIは発見から実装のフェーズに入った。
 新しいアルゴリズムを発見した人が有利だった時代は終わり、今重要なのは実装。
 多くの資金とデータを持って早く動くところが勝つ。
 この意味で中国は有利だ。

 中国の起業家精神とシリコンバレーの起業家精神は異なる。
 シリコンバレーの起業家は、iPhoneの成功やSpaceXのような
 イノベーションこそが重要だという価値観だ。
 中国の起業家は、がむしゃらに努力がすべてだと考えている。
 中国の起業家はまず、十分にデータがあるところ、
 AIを使ってビジネスになるところを見つけてきて、そこにものすごい努力を注入する。
 決して楽な仕事ではない。きれいな仕事ばかりではない。
 いいデータが向こうからやってくるわけではない。


 ーー テンセントのような企業はデータをたくさんもっていて有利だと主張されていますが、
    本当にテンセントはGoogleより多くのデータを持っているのでしょうか?

 データの優位性に関して幾つかの見方がある。

 1つはどれだけ多くのユーザーを持っているか。
 恐らくGoogleの方がテンセントより多くのユーザーを持っている。
 なぜならGoogleのサービスは全世界で利用されているからだ。

 ただエストニアのユーザーのデータはインドではあまり価値がないだろう。
 いろいろな国、地域のデータを広く浅く持っているより、
 1つの国に数多くのユーザーを抱えているほうが、有利だと言える。

 もう1つの見方は、一人の人間に対してどれだけいろいろなデータを持っているか。
 テンセントのアプリWeChatは、基本的にどんなことでもできる。
 平均的な中国人ユーザーは、オンライン滞在時間の半分をWeChat上で過ごすと言われている。
 アメリカのユーザーが、Facebook、Twitter、iMessage、Uber、Expedia、Instagram、Skype、
 Paypal、YouTube、Amazon、WebMDなどのサービスでやっているようなことを、
 中国人ユーザーはすべてWeChat上でやっている。

 ーー 中国のスタートアップは、古代ローマの円形格闘場コロシアムの中で
    殺し合っているようだと形容しています。
    勝つのは、イノベーションに長けたスタートアップではなく、
    モノマネが上手な企業、汚い手を使う企業、殺人的スケジュールで働くブラック企業だと。

 もちろんクリエイティビティも1つの差別化要素ではあります。
 でもモノマネのうまさも、1つの差別化要素。
 起業家は、どんな方法でもいいので、勝とうとします。

 WeChatはリリース当初、iPhoneのように世界を驚かすイノベーションではありませんでした。
 でもユーザーが望む機能を追加し、必要のないものを取りやめ、改良に改良を続けてきました。
 その結果、WeChatは世界で最もすぐれたソーシャルネットワークになっています。
 Facebookも真似をするぐらいになっています。


                                  nueq


貼り付け終わり、








関連記事

« なぜ米国の31倍?高い自動車の税は「矛盾の塊」(3/3) | トップページ | アメリカで混乱を引き起こしている「鳥たちの衝突」に「地球磁場の崩壊が進行している」ことを思いつつ、そして、虫も鳥もクジラもいなくなるこの世を考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★中国がAIで米国に圧勝する理由:

« なぜ米国の31倍?高い自動車の税は「矛盾の塊」(3/3) | トップページ | アメリカで混乱を引き起こしている「鳥たちの衝突」に「地球磁場の崩壊が進行している」ことを思いつつ、そして、虫も鳥もクジラもいなくなるこの世を考える »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ