カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 殺人病院は本当か(9)<本澤二郎の「日本の風景」(3098) | トップページ | 2022年までに日本経済は破綻する。アベノミクス成功でも終焉でも未来は同じ=高島康司(1/4) »

2018年11月 1日 (木)

★トランプが捨てた国連を拾って乗っ取る中国

★トランプが捨てた国連を拾って乗っ取る中国

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

9月下旬に開かれた今年の国連総会では、米国のトランプ大統領が「米国第一主

義」を振り回して、国連に代表される戦後の国際社会のあり方を批判し、国際社

会の主導役としての従来の米国の立場を否定したことが、最も目立つ動きだった。

「覇権放棄屋」であるトランプの真骨頂が発揮されたが、トランプの姿勢はすで

に昨年の国連総会で発露されており、世界がトランプの覇権放棄に慣れてきた面

もある。

 

http://www.theatlantic.com/international/archive/2018/09/donald-trump-united-nations/571270/

Donald Trump Issues a Scathing Rejection of ‘Globalism’

 

http://www.zerohedge.com/news/2018-09-25/trump-rejects-globalism-un-speech-slams-iran-emphasizes-america-first

Trump Rejects Globalism In UN Speech, Slams Iran, Emphasizes "America First"

 

実のところ、先日の国連総会で起きた最も重要な動きは、トランプの覇権放棄の

宣言でない。最重要の動きは、トランプが放棄した「国連の主導役」つまり世界

的な覇権を、中国がひろい集め、トランプが捨てた国連を中国が乗っ取りつつあ

ることだった。在米の国際政治学者であるリチャード・ゴワン(Richard Gowan

は、今回の国連総会について「(世界の注目を集める)総会の議場ではトランプ

の声高な演説が目立ったが、(人目につかない)国連ビルの窓のない各種委員会

の部屋では、中国の外交官たちが取り仕切り、国際協調の基本ルールを、中国好

みのかたちに変形させる作業を忙しく続けている」と書いている。

 

http://www.politico.com/magazine/story/2018/09/24/china-trump-united-nations-220529

China Fills a Trump-Sized Vacuum at the U.N.

 

ゴワンの分析を私なりに解釈すると、以下のようになる。トランプの米国は、自

由貿易、地球温暖化対策、難民問題、人権理事会、国際刑事裁判所、パレスチナ

支援などを担当する、国連とその周りの国際機関から、次々と離脱している。世

界の国々は、先進諸国も新興諸国も、米国の動きに批判と懸念を抱いているが、

トランプは批判されると逆切れして怒り、国際機関から離脱する傾向をますます

強め、批判するを逆恨みして制裁関税を科したりする。米国の同盟国である先進

諸国は、逆効果なやぶへびをやりたくないので、米国批判を控え、トランプの

言動を見ないふりして聞き流し「慣れる」ようにしている。だが、中国を筆頭と

する新興諸国(ロシア、イランなど)は、以前から米国に意地悪されており、米

国との衝突を躊躇しない。

 

http://news.antiwar.com/2018/10/03/us-withdraws-from-international-treaties-slams-un-world-court/

US Withdraws From International Treaties, Slams UN World Court

 

先進諸国は、トランプの覇権放棄を困惑して傍観している(もしくは独仏EUの

ように、対米自立すると宣言しつつ、実際にはのろのろしている)だけだが、新

興諸国の筆頭である中国は、トランプが捨てた米国の覇権を即座に拾い集め、国

連の目立たない各種委員会の場で、国際社会の基本ルールを、中国と新興諸国に

都合がいいように改変している。安保理の会議で、ロシアは米国の戦略を面と向

かって非難するが、中国は米国と喧嘩しないようにしている。その代わり中国は

裏で動き、世界のルールを変えてしまいつつある。

 

米国は、自分たちが捨てた覇権を誰が拾おうが頓着せず、軽視している。トラン

プは「国連は米国抜きだと機能しない。国連は、米国の言いなりになるしかない」

と、わざと間違った豪語をしている。対米従属な先進諸国も、米国にならい、

中国による国連乗っ取りを無視・軽視している。日本は「国連大好き・中国大嫌

い」なのに、大好きな国連が、大嫌いな中国のものになってしまうことを看過し

ている。

 

http://www.washingtonpost.com/world/2018/09/25/trump-cuts-lonely-figure-un/

Trump cuts a lonely figure at the U.N.

 

戦後、覇権国となった米国は、国連を、欧米流の「リベラル国際主義」の価値観

を世界に流布する場所として機能させていた。トランプは米国に、リベラル国際

主義を捨て、ポピュリズム・ナショナリズム・孤立主義・保護主義的な「米国第

一主義」を米国の新たな看板にしようとしている。米民主党はそれに抵抗してい

るが、党内がエリート(軍産リベラル)と草の根(左翼リベラル)に分裂し、ト

ランプに負けている(11月初めの中間選挙が次の審判になる)。

 

米国を、リベラル国際主義から保守保護主義に転換させつつあるトランプは、同

時に、リベラル国際主義の牙城だった国連を敵視・放棄している。米国が国連を

敵視・放棄しても、代わりにEUや英国カナダ豪州や日本などの先進諸国が国連

の主導役になるなら、国連のリベラル国際主義は維持される。だが、すでに書い

たように、先進諸国は対米従属なので、トランプに気兼ねしてしまい、トランプ

が敵視・放棄した国連をすぐに拾えないでいる。先進諸国がもたもたしているう

ちに、中国が国連を拾い上げ、ロシアやイランを引き連れて、新興諸国が国連の

主導役になろうとしている。

 

http://nationalinterest.org/print/blog/skeptics/trumps-un-speech-hurts-america-and-international-system-32057

Trump's UN Speech Hurts America and the International System

 

新興諸国は、米欧の世界支配の道具だったリベラル国際主義が好きでない。中国

など新興諸国は、米国が圧倒的に強く、自分たちが非常に弱かった90年代まで

(もしくは胡錦涛まで)、米国に好かれようと、リベラル国際主義に迎合する国

家戦略をとっていた(中国の改革開放、共産党内民主主義など)。だがイラク戦

争やリーマン危機を経た今、米国は弱くなり、中国やBRICSが台頭している。

もはや新興諸国は、米国に迎合してリベラル国際主義を標榜する必要がない。

 

http://www.theguardian.com/world/2018/sep/24/china-starts-to-assert-its-world-view-at-un-as-influence-grows

China starts to assert its world view at UN as influence grows

 

リベラル国際主義には政治(民主主義)と、経済(自由貿易)の両面がある。中

国は、習近平になって、トウ小平以来のリベラル主義を政治面だけ捨て、毛沢東

時代の権威主義に戻っている。だがその一方で中国は、経済面のリベラル、つま

り自由貿易体制への支持を続け、トランプが捨てた自由貿易体制の主導役を、中

国が買って出ている。

 

http://www.ft.com/content/0c57bf74-c2a7-11e8-95b1-d36dfef1b89a

China profits from Donald Trump’s UN isolation

 

同時に中国は、自国中心のアジアの地域覇権戦略として「一帯一路」を長期計画

で進めている。中国は、加盟諸国に根回しし、国連に一帯一路を支持させた。い

まや一帯一路は国連の事業でもある。中国は国連を、欧米流のリベラル国際主義

の場から、中国流の一帯一路の中共権威主義を容認する国際主義の場に変え始め

ている。経済戦略的には、トランプの米国が捨てた自由貿易体制を、欧州(EU)

と中国が拾って主導する形になっている。

 

欧州と中国は、政治的な価値観で対立する一方、経済的な価値観で協調している。

パレスチナ問題など「国際人権問題」でも、欧州と中国は、人権擁護(イスラエ

ル批判)の立場で一致している。世界は、先進国も新興国も「中国はリベラルで

ないが表向きの姿勢が穏健で戦争したがらない。好戦的で無鉄砲なトランプの

米国よりましだ。世界がまあまあうまく回るなら、中国が国連の先導役でもいい

じゃないか」と考える傾向になっている。

 

http://abcnews.go.com/US/wireStory/china-russia-turn-58142262

China, Russia take up globalism mantle as US sheds it at UN

 

▼「40年続く米中新冷戦」は軍産向けの目くらまし

 

「米国が捨てた国連の主導役を中国が拾い集める」と言うと、世界が単独覇権体

制のまま、覇権が米国から中国に移動する構図を思い浮かべやすいが、現実はそ

うならない。中国の地域覇権戦略である一帯一路は、ロシアの地域覇権戦略であ

るユーラシア経済同盟、EUによる東欧までの地域覇権体制、南アジアやアフリ

カや中南米の統合を模索するインド、南アフリカ、ブラジルなどの動きと対立せ

ず、相互乗り入れや補完の関係になろうとしている。安倍の日本も昨年すでに、

日豪が進めるTPPと、中国の一帯一路は対立せず補完するのだと宣言している。

今後、米国の覇権衰退が顕在化するほど、中国やロシアに触発されて、各地の

大国が地域覇権を主導するようになる。世界は、中国の単独覇権体制でなく、

多極型の覇権体制になる。今はまだ過渡期の始まりにすぎない。

 

http://thediplomat.com/2018/09/when-will-closer-china-russia-cooperation-impact-us-policy-debate/

When Will Closer China-Russia Cooperation Impact US Policy Debate?

 

http://tanakanews.com/170731abe.htm

中国と和解して日豪亜を進める安倍の日本

 

今の過渡期の状況は、トランプが始めたものでない。米国のオバマ前大統領は、

09年のCOP15が揉めたとき、地球温暖化対策の主導役を米国から中国に押

しつけている。またオバマは13年に、米国内の軍産がでっち上げたシリアの化

学兵器使用の濡れ衣に付き合わされるのが嫌だという口実を使い、シリア内戦の

解決役を米国からロシアに押し付けている。いずれもその後、大きな流れになり、

地球温暖化対策は今も中国の主導だし、シリアを中心とする中東の覇権は米国か

らロシアに移り、イスラエルはロシアに擦り寄っている。

 

http://tanakanews.com/091031warming.php

新興諸国に乗っ取られた地球温暖化問題

 

オバマは、リベラル国際主義の人だったが、リーマン危機後に衰退が顕在化した

米国が、全世界の覇権運営を担い続けることの無理を感じ、中国やロシアに覇権

の一部を移譲していく動きを開始した。トランプは、自己流の反リベラルなやり

方で、その動きを大幅に広げた。トランプが継承している、過激で稚拙な戦略を

覇権放棄につなげるやり方は、ブッシュ政権の考案だ。米国の戦略は、党派を超

えて隠然と継続している。

 

http://tanakanews.com/151221syria.htm

シリアをロシアに任せる米国

 

最近、貿易戦争を皮切りとして「米中新冷戦が40年続く」と言われ出している。

覇権の移動でなく冷戦なのだ、と思う人がいるかもしれないが間違いだ。

「40年続く冷戦」という概念は、米権力内でまだ強い軍産(諜報界、外交界、

軍部、マスコミ)を引きつけるための売り文句・目くらましだ。トランプは、

米国をこっそり弱体化し、中国をこっそり強化してやる覇権放棄・多極化のために、

中国敵視の貿易戦争や国連離脱の動きを続けている。米単独覇権の永続化を望む

軍産は、覇権放棄や多極化が大嫌いだ。トランプ陣営は、中国敵視を「40年続

く冷戦」と言い替えることで、覇権放棄でなく覇権維持の策だという話にしよう

としている。

 

http://www.zerohedge.com/news/2018-10-05/former-fed-governor-warns-several-decade-cold-war-china

Former Fed Governor Warns Of "Several Decade Cold War" With China

 

http://www.cnbc.com/2018/09/21/jpmorgan-an-economic-cold-war-may-be-coming.html

JPMorgan: An economic cold war may be coming

 

911後のテロ戦争も「アルカイダとの40年続く冷戦」と言われていた。実際

には、シリア内戦の終結とともに、テロ戦争は18年間で、中東がロシアのもの

になって終わろうとしている。米中新冷戦はおそらく、さらに短い。米中貿易戦

争は、中国を筆頭とする新興諸国のドル離れ・米国債離れを引き起こし、米国の

覇権喪失につながる金融危機を発生させる。先週から起きている長期米国債の金

利上昇(価値下落)は、米中貿易戦争の結果だ。長期金利の上昇は今週、世界的

な株価の暴落を引き起こしている。米国側は、危機の拡大を防ぐため、新興諸国

から米国への資金還流を誘発しており、これがドル高・人民元安(新興諸国全体

の通貨安)に拍車をかけている。この動きは短期的にドルを救うが、中期的には

米国と新興市場(中国)との市場の分裂・デカップリングを引き起こし、米国の

覇権低下・世界の多極化につながる。

 

http://tanakanews.com/110914WTC.htm

911十周年で再考するテロ戦争の意味

 

http://tanakanews.com/181006tbill.php

米国債の金利上昇は制御崩壊?

 

(金地金のドル建て相場も下落しているが、これは人民元と金地金が連動・ペッ

グしていることを表している。人民元建ての地金相場はあまり動いていない。ド

ルの究極のライバルである金地金が、人民元=中国の傘下に入っていることは、

多極化を示す動きとして非常に重要だ。これは金地金に関心ある人が必ず知って

おかねばならない「新たな常識」であるが、ほとんど報じられていない)

 

http://tanakanews.com/180718goldchina.php

金相場の引き下げ役を代行する中国

 

中国は、覇権が転がり込んでくるので、米中新冷戦の動きをひそかに歓迎してい

る。短期的な人民元安による中国の輸出業者の利益増加は、トランプが中国から

の輸入品にかけた懲罰関税による損失増加を埋めてあまりある。中国は、トラン

プに課税されてもあまり困っていない。中国は、トランプに感謝しているが、表

向きは激怒して見せている。トランプ陣営も、中国の演技を知っている。先日、

訪朝の帰りに中国を訪問したポンペオ国務長官と、中国の王毅外相は、北京での

記者会見で、テレビカメラの前で大喧嘩を演じたが、これは米中双方の隠然合意

に基づく茶番劇だろう。

 

http://www.zerohedge.com/news/2018-10-07/chinese-fx-reserves-drop-most-7-months-yuan-slides

Chinese FX Reserves Drop The Most In 7 Months; Yuan Set To Plunge Below PBOC "Red Line"

 

http://tanakanews.com/180928china.htm

米中貿易戦争の行方

 

http://www.zerohedge.com/news/2018-10-08/xi-jinping-snubs-mike-pompeo-during-beijing-visit-tensions-flare

Unprecedented Public Confrontation On Display In Beijing Between Top US, China Diplomats

 

10月10日、米国のニッキ・ヘイリー国連大使が年末に辞任するとトランプ陣

営が発表した。ヘイリーは数カ月前からトランプに辞めさせてくれと言っていた

という。彼女はもともとリベラル国際主義の人だ。トランプに頼まれて国連でリ

ベラル国際主義をヒステリックに敵視する役をこなしていたが、内心、自分の役

回りを嫌だ、不本意だと思っていたはずだ。米国から中国への国連主導役の移転

が軌道に乗り出したので、もう十分トランプに対して貢献したから辞めさせてほ

しいと言い出したのだろう。

 

http://caitlinjohnstone.com/2018/10/10/empire-loyalists-grieve-resignation-of-moderate-psychopath-nikki-haley/

Empire Loyalists Grieve Resignation Of Moderate Psychopath Nikki Haley

 

国連のリベラルなあり方を強く罵倒する国連大使は、オバマ政権が09年に任命

したスーザン・ライス以来、サマンサ・パワーを経てヘイリーまで全員女性だ。

ヘイリーの後任として名前が上がっている中にも、イヴァンカ・トランプやディ

ナ・パウエルなど女性が目立つ。米国を批判したい諸外国の外交官が「女のヒス

テリー」と言ってしまった途端に「差別発言」で激しく糾弾されて黙らされる時

代だ。論争での攻撃力を増すために、意図的に女性を選んで国連大使に就かせて

いる観がある。

 

http://www.theatlantic.com/politics/archive/2018/10/nikki-haley-replacements-trump-united-nations/572557/

UN2 The Shortlist to Replace Nikki Haley

 

http://nationalinterest.org/print/feature/nikki-haley-just-another-victim-trump-town-33021

Nikki Haley Is Just Another Victim of Trump Town

 

ヘイリーは、トランプ政権で珍しく民主党からも支持されていた閣僚だった。中

間選挙前にヘイリーの辞任を発表したことは、トランプが、中間選挙での共和党

の優勢にかなり自信を持っていることを示している。米マスコミは、ヘイリーが、

国防長官のマティスとならび、トランプ政権で最後に残っていた「大人」だった

と書いている。「大人」とは、トランプの覇権放棄・多極化戦略に抵抗できる

軍産エスタブ系の閣僚という意味だ。

 

http://www.theatlantic.com/politics/archive/2018/10/nikki-haleys-resignation-remarks-president-trump/572512/

Are All the Adults Leaving the Room?

 

http://www.ft.com/content/13805a96-cbd4-11e8-b276-b9069bde0956

Nikki Haley’s demise paves the way for unbridled ‘America First’

 

http://www.washingtonpost.com/politics/2018/10/09/something-doesnt-smell-right-curious-timing-nikki-haleys-exit/

Something doesn’t smell right’: The curious timing of Nikki Haley’s exit

 

いまやヘイリーの辞任が決まり、マティス辞任のうわさも以前から何度も出てい

る。あとに残るトランプ政権の安保担当者は、ボルトン補佐官とポンペオ国務長

官という過激なネオコン(=隠れ多極主義)の2人と、軍産系だが「中国と冷戦

する」と勇ましく宣言してトランプにすり寄ったペンス副大統領の3人だ。トラ

ンプ政権は今後、抑制を解かれ、ますます過激な「中国やロシアやイランやイン

ドなどを敵視して反米方向に強化する覇権放棄・隠れ多極主義戦略」を突っ走る

ことになる。

 

http://www.wsj.com/articles/mike-pence-announces-cold-war-ii-1539039480

Mike Pence Announces Cold War II

 

http://ronpaulinstitute.org/archives/featured-articles/2018/october/08/trump-s-terrible-horrible-no-good-very-bad-national-security-team/

Trump’s Terrible, Horrible, No Good, Very Bad National Security Team

 

 

 

この記事はウェブサイトにも載せました。

http://tanakanews.com/181011unchina.htm

 

 

 

●最近の田中宇プラス(購読料は半年3000円)

 

◆米国債の金利上昇は制御崩壊?

http://tanakanews.com/181006tbill.php

2018106日】最近の長期米国債の金利上昇が、米当局にとって意図せぬ

「危機」なのか、それとも当局が発生を容認・意図した「制御崩壊」なのか、

私の中で分析が揺れている。制御崩壊にせよ危機にせよ、長期金利の上昇は、

バブル膨張に限界が見えてきたことを示している。バブル膨張できなくなるほ

ど金利が上がり、膨張の行き詰まりに拍車をかけ、いずれ巨大なバブルが崩壊

する。バブルの維持が綱渡りになっていく。

 

◆長期米国債の金利急騰の謎を解く

http://tanakanews.com/181004tbill.php

2018104日】今回の長期米国債の金利上昇の理由は、日欧のほか、中国

など新興市場諸国が、米国債を買わない傾向になっているからだ。中国は、米

国から貿易戦争を仕掛けられ、米国債を買わなくなる傾向だ。米国の当局と金

融界はドル防衛のため、資金が新興市場から米国に還流するよう誘導し、世界

的にドル高・現地通貨安になっている。このため、為替のリスクヘッジのコス

トが上がり、日欧や新興市場諸国は、米国債を買っても利益が出ない。外国勢

が米国債を買わなくなっている。

 

◆米国からロシア側に流れゆく中東覇権

http://tanakanews.com/180930israel.php

2018101日】ロシアは何度かイスラエルとイランを停戦・和解させよう

としてきたが(少なくとも表向きは)うまくいってない。米国が退潮している

ので、時間が経つほどイランが優勢になる。すでにイスラエルと国境を接する

シリアとレバノンの両方が、地上軍の面でイランの傘下にある。イスラエルは

早くイランと和解した方が良い。だが米イスラエルの安保諜報界では、イラン

を徹底的に敵視するタカ派(親イスラエルのふりをした反イスラエル派)が強

く、イスラエルはイランと和解できないでいる。

 

 

 

メール配信の中止は

http://tanakanews.com/cgi-bin/stop1.cgi?address=seiji_kimura2007@yahoo.co.jp

からお願いします。アドレスを変更する場合は、古いアドレスを解除した後、

http://tanakanews.com/

で、新しいアドレスで登録し直してください。

解除できない場合のみ、講読中のアドレスを明記し、経緯を書いてメールで

ご連絡ください。ご自分で解除を試みた経緯が書かれていない解除依頼は

お受けいたしません。

 

筆者への連絡は

http://tanakanews.com/sendmail.htm

からお願いいたします。

以上は「田中宇氏ブログ」より

ニューヨークにある国連本部は将来中国の成都に移転する模様です。意外に早くこれが実現しそうな動きです。                                 以上

« 殺人病院は本当か(9)<本澤二郎の「日本の風景」(3098) | トップページ | 2022年までに日本経済は破綻する。アベノミクス成功でも終焉でも未来は同じ=高島康司(1/4) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★トランプが捨てた国連を拾って乗っ取る中国:

« 殺人病院は本当か(9)<本澤二郎の「日本の風景」(3098) | トップページ | 2022年までに日本経済は破綻する。アベノミクス成功でも終焉でも未来は同じ=高島康司(1/4) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ