逝きし世の面影さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/a7724a32e365ea0b2c8b30520fb299ef
<転載開始>
2018年09月17日 | 政治
 
渡邉英徳‏ @hwtnv

73年前の今日。1945年9月17日,三菱重工業長崎長崎造船所にて,製造中のまま放置された特殊潜航艇(日本軍の人間魚雷)「蛟龍」。カラーフィルムで撮影されたもの。

菅野完事務所‏ @officeSugano  15:27 - 2018年9月16日
いろんな原理原則がどんどん溶けていくね。

2018年9月14日午前に日本記者クラブ主催の自民党総裁選討論会が開かれ石破茂元幹事長に対して安倍晋三首相が反論するが、・・・

東京都千代田区の日本記者クラブで=
無意識なのか、何気なくカミングアウトしていた安倍晋三。(2017年2月に、はっきりと『自分や妻が関係していたら首相どころか議員も辞める』と言い切った過去の国会答弁での、自信満々の断言を完全に忘れているらしい)

安倍晋三「拉致問題を解決できるのは安倍政権だけだと私が言ったことはない。ご家族の方がそういう発言をされたのは承知している」

安倍晋三『拉致問題を解決する、と言ったのは私ではありません』 ←ええーっっ!?

田中康夫‏ @loveyassy   
拉致問題解決できるのは安倍晋三政権だけと一貫して言われていた😜
家族の方も相当高齢😭見通しはあるか💥
Ⓒ鮨トモ橋本五郎🍣特別編集委員

なのにデマカセ御飯答弁を1行も報じない各紙🚀
@asahi @mainichi @tokyo_shimbun @Yomiuri_Online
現場の「意識高い系」ヘタレ若手記者こそ忖度野郎だと判明❣
7:09 - 2018年9月16日


安倍晋三『私がトリクルダウンなんて言ったことは有りません』ええっー!?


菅野完事務所さんがリツイート 
Hironobu SUZUKI‏ @HironobuSUZUKI · 2015年2月2日 
トリクルダウン、トリクルダウン、トリクルダウン、トリクルダウン

甘利内閣府特命担当大臣記者会見要旨(今後の経済財政動向等についての点検会合について)
日時:平成26年11月14日(金曜日)20時00分~20時20分

『一周まわって元の位置』骨折り損のくたびれもうけだった2002年1月起きたムネオ騒動


2018年9月12日ウラジオストクで開催された「東方経済フォーラム」のウラジーミル・プーチン大統領(中央)、中国の習近平国家主席(右)、安倍晋三首相

『真夏の妖怪のような何回も出ては消える(以外にしぶとい)歯舞色丹二島返還の平和条約と連動していた北朝鮮問題』

日頃マスコミに出ることが少ない外務省を舞台にして、2001年就任の小泉純一郎首相の生みの親(最大の功労者)である田中真紀子外務大臣のスカートを踏んだ外務次官とか疑惑のデパートのムネオ騒動とか平成のラスプーチン佐藤優とか種々雑多な前代未聞のスキャンダルが百花繚乱、
意味不明の大騒動が2002年初めに起きているが、実は今回と同じ種類の歯舞色丹の二島返還交渉の隠蔽工作だったらしいのである。
1956年鳩山一郎首相当時と同じで、平和条約締結で(鈴木宗雄を密使として水面下で交渉して)合意したが、矢張り寸前で横槍が入って頓挫している。
この半世紀ぶり2回目の二島返還での平和条約の締結寸前での再度の白紙撤回の不祥事の猫だまし(隠蔽工作の煙幕)が世間をアッと言わせた突然の小泉純一郎首相による北朝鮮のピョンヤン訪問(2002年9月17日の日朝共同宣言)と日本人拉致問題の発表だったらしい。
その後この二島返還の挫折の話は思わぬ展開を見せる。マスコミを総動員した挙国一致の北朝鮮バッシングが日本列島に吹き荒れた結果、国民世論は病的に右傾化してしまい、『戦後レジームからの脱却』をスローガンに極右国粋主義の安倍晋三が圧倒的な国民の支持で成立するのですから怖ろしい。



2年前の読売新聞 『北方領土、2島返還が最低限…対露交渉で条件』(2016年9月23日 金) 

政府は、ロシアとの北方領土問題の交渉で、歯舞群島、色丹島の2島引き渡しを最低条件とする方針を固めた。平和条約締結の際、択捉、国後両島を含めた「4島の帰属」問題の解決を前提としない方向で検討している。
安倍首相は11月にペルー、12月には地元・山口県でロシアのプーチン大統領と会談する。こうした方針でトップ交渉に臨み、領土問題を含む平和条約締結に道筋をつけたい考えだ。複数の政府関係者が明らかにした。択捉、国後については日本に帰属するとの立場を堅持する。その上で、平和条約締結後の継続協議とし、自由訪問や共同経済活動などを行いながら、最終的な返還につなげる案などが浮上している。(今2年ぶりに読み返してみると丸々今回のプーチン提案と同じ内容だった)

『1956年の鳩山一郎も入れると通算4回目』今度こそ二島返還の平和条約がとうとう成功するのか、
★注。
2年前の読売新聞の記事と、今回ウラジオストクで開催された東方経済フォーラムで『いま思いついた』との唐突なプーチン大統領の日露平和条約の提案ですが、丸々同じ内容だったのである。多分、ムネオ騒動で表に出ることが無かった2001年の小泉首相時代の日露平和条約ともヤッパリ同じ内容だった。それなら今回は『3度目の正直』でとうとう現実化しそうである。

(おまけ)

左翼ネットメディア(リテラ)が指摘する注目点。(極右国粋主義の安倍お友達言論人の全員が、今回みんな仲良く沈黙する不思議)
『プーチンの北方領土棚上げと安倍首相の屈服に、領土問題が大好物の極右論客・安倍応援団はどう反応したのか?』2018.09.16.リテラ

「年内に平和条約を締結しよう。一切の前提条件を付けずに」 9月12日、ロシア・ウラジオストクでの東方経済フォーラムで、プーチン大統領が言い放った一言は「安倍外交」を粉々に打ち砕いた。
日本政府の立場は“北方領土問題の解決なくして平和条約なし”が、北方領土問題を棚上げしての平和条約締結を告げられたのである。
安倍首相の「残念ながらいままで領土問題が解決せず、平和条約を締結できなかった。いままでのアプローチを変えていくべきだ」とのスピーチを受ける形で、「シンゾウはアプローチを変えようと言ったが、いま、この案を思いついた」とプーチンが返したのである。
普通に考えれば、とんだ赤っ恥だ。
聞いていた安倍首相は不思議な笑みを浮かべた。
プーチンに1本取られた安倍首相は北方領土返還を求めているであろう支持層から「大失敗」の烙印を押されるのが当然だろう。

苦笑するしかないのが、安倍応援団の極右論客たちの反応だ。
これまで「北方領土を返還しろ!」「戦争してでも取り返す!」などとがなりたててきた御用文化人や子飼い政治家の面々が、このプーチン発言以降、水を打ったように静まり返っている。
安倍首相の外交手腕を褒めちぎる自称ジャーナリストの有本香は、〈北方領土、竹島は、戦争してでも取り戻す。その気なくして何にも始まらない、ってことはわかり切っているはず〉。「国民全員が『あの島を取り返すんだ』という意識を持たなければいけない。返ってこなくて当たり前だと思った瞬間、北方領土だけでなく尖閣諸島もとられる」などと述べているがプーチンの「前提なしの平和条約締結」以降、日露関係について一切の言及なし。

百田尚樹、竹田恒泰、和田政宗も以前の勇ましい発言から一転して沈黙
まるで“日露首脳会談やプーチン発言などなかった”かのような反応は有本だけではない。ほかの安倍応援団文化人も、揃いも揃って同じだ。
百田尚樹は〈内地からわざわざ沖縄に行き、米軍基地に侵入して、「米軍出ていけ!」という活動家にお願いしたい。北方領土か竹島に行って、「ロシア出ていけ!」「韓国、出ていけ!」と叫んでもらえないだろうか〉と意味不明なツイートをしていたが日露首脳会談後は北方領土を完全スルー。
竹田恒泰は〈日本政府はもっと厳しい態度で臨むことはできないのだろうか。ロシアのやっていることは、他人の土地建物に無断で侵入占有して、自分のものにしてしまう「強盗」と何ら変わりない〉だったが、「日本人って正直者だからありえないことをボンと言ってみて様子をみるとかしないんですよね」などと苦し紛れのコメントをするだけ。
自民党広報副本部長の和田政宗参院議員も〈憲法9条を改正し、不法占拠をされている竹島、北方領土についてはいつでも取り返せる体制を作るべきです。その上で、平和的な解決を交渉によって目指すべきです〉が、〈安倍晋三総裁に同行しています〉〈控室でもリラックスされていました〉と安倍首相の写真をアップしている。領土問題そっちのけで、安倍晋三総裁選対広報としてガンバっている。 
まさかここまでわかりやすく馬脚を露わすとは……。

官邸は北方領土の失態隠すため、去年の竹島海洋調査について韓国に抗議
いかにも「保守派」らしく「北方領土を返せ!」と勇ましく吠えてきたアチラの人たちは、親分の安倍首相がプーチンから一本取られたのを目の当たりにしても、絶対に安倍首相の無能さを批判したりはしない。
結局、北方四島の問題へ取り組む姿勢などポーズに過ぎず、安倍首相をお守りすることが何より大事なのだ。
もはや“エセ右翼”どころか“アベ教の信者”だが、しかし、そんな倒錯した安倍首相の周辺でもっとも噴飯ものなのは、やはり、官邸を置いてないだろう。菅義偉官房長官はプーチン発言について「平和条約を締結して日露関係の発展を加速したいとの強い気持ちの表れ」と肯定する。
さらに、14日「昨年11月28日、調査の実施を把握し、外務省北東アジア課長から在日韓国大使館の参事官に抗議した」などと言い出した。
去年の話をわざわざ今頃持ち出したのは、あきらかに北方領土問題での“大失態”を隠すためのカウンター情報。あまりにトホホではないか。
いずれにしても「地球儀を俯瞰する外交」「価値観外交」の安倍首相の無能さを満天下に知らしめただけでなく、その取り巻きである応援団の軽薄さと御都合主義をも暴露させた。これが「保守派」を自認する安倍界隈の本質である。
(抜粋)
9月16日 リテラ編集部

<転載終了>