カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« FACTAの信濃町分析<本澤二郎の「日本の風景」(3138) | トップページ | 平成最後の被災地は東海と関東 »

2018年11月14日 (水)

ドイツ、世界初の水素燃料電池列車の運行を開始

世界初の水素燃料電池列車

ドイツ、世界初の水素燃料電池列車の運行を開始

©                     AFP 2018 / Arne Dedert
テック&サイエンス
短縮 URL
121

ドイツ北西部で、世界初の水素燃料電池で走る列車の運行が開始された。ガーディアン紙が報じた。

スプートニク日本

ガーディアン紙によると、列車は、ニーダーザクセン州のブレーマーフェルデ、クックスハーフェン、ブレーマーハーフェン、ブクステフーデを経由するルートを走行した。

先にテスト運行が行われ、ニーダーザクセン州の経済相兼運輸相のベルント・アルトフスマン氏が視察した。

列車の最高速度は時速140キロで、連続走行距離は約1000キロ。

列車の屋根の上には水素燃料の入ったタンクと、水素エネルギーを動力となる電流に変換する燃料電池が設置されている。

水素燃料電池で走る列車は、大気に有害物質を排出せず、走行中もいたって静かだという。

開発したのは、仏アルストム社。

2021年から、ブクステフーデとクックスハーフェンを結ぶ路線に14車両の水素燃料電池列車が運行される見込み。

関連ニュース

米ニューヨークでヤギが地下鉄の線路内に侵入 路線が一部変更

高速システム「ハイパーループ」建設合意 中国で署名

以上は「sputnik」より

電線などの設備が不要で建設費が安く済みそうです。            以上

« FACTAの信濃町分析<本澤二郎の「日本の風景」(3138) | トップページ | 平成最後の被災地は東海と関東 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ、世界初の水素燃料電池列車の運行を開始:

« FACTAの信濃町分析<本澤二郎の「日本の風景」(3138) | トップページ | 平成最後の被災地は東海と関東 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ