カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« テクノロジーの勝者が独占する新世界秩序(NWO)・・・ | トップページ | フェイク!自民党は北方領土返還交渉などやっていない »

2018年11月15日 (木)

日本のマスコミは何を怖れているのか:歴史に残るような国家犯罪的疑獄事件・外務省の公文書捏造問題が国会で暴露されたのに、なぜ、黙殺するのか

日本のマスコミは何を怖れているのか:歴史に残るような国家犯罪的疑獄事件・外務省の公文書捏造問題が国会で暴露されたのに、なぜ、黙殺するのか

 

1.外務省の重大なる国家犯罪的疑獄事件が国会で取り上げられているのに、マスコミはなぜか、スルーしている

 

 本国会にて、立憲民主党は安倍氏のモリカケ関与疑惑追及をまだ実行に移していませんが、もうひとつ、別の爆弾を用意していました、それは、鳩山民主政権時代の2010年、外務省が沖縄の米軍普天間基地の辺野古移転問題にからんで、あろうことか、偽の公文書を作成、鳩山首相をだまして、鳩山氏の公約だった米軍普天間基地の県外移転もしくは海外移転の実現を妨害していたという国家犯罪的疑獄事件の告発です(注1)。

 

 本件、立憲民主の川内議員が、外務省犯罪の証拠を見せて、2018111日、今国会で暴露しています。

 

 ところが、日本のマスコミは、これを黙殺しています。

 

 この事件は、歴史に残るような、あまりに重大犯罪なので、マスコミ人は怖気(おじけ)づいているのでしょうか。

 

2.外務省の国家犯罪的疑獄事件の疑惑は以前からくすぶっていたが、あまりに重大な疑獄事件なので、マスコミは報道を躊躇しているのか

 

 上記、外務省の公文書捏造疑惑は、財務省の森友文書改ざん犯罪よりははるかに重大です、なぜなら、日本の対米外交に係わる国家犯罪的疑獄事件だからです。

 

 本件、ネットでは、すでに取り上げられており、疑惑のキーパーソンは藤崎・元・在米特命全権大使(駐米大使)であるらしいこともわかっています(注2)。

 

 この人物は、外務省には珍しく、東大法学部中退組ではなく、慶大中退です。父も外交官だったようですが、東大法学部に入れなかった可能性があります。

 

 その結果、駐米大使にはなれたものの、外務事務次官にはなれていません。このコンプレックスからか、アメリカ様に気に入られようと、かなり強引なことをやってきた人物と思われます。

 

 この人物については、本ブログでもすでに過去、取り上げていますが、いわゆる日米安保マフィアの日本サイドの代表的人物で、アメリカ様の威厳を利用して、国内でいばりくさる人間のようです(注3)。

 

なお、上記、日米安保マフィアについては、本ブログNo.1655の注記を参照ください。

 

3.2010年当時の外務省(害務省)は、普天間基地移転問題に関して、当時の鳩山首相をだましたのみならず、沖縄県民もだましていた

 

 上記、外務省による鳩山首相だましの公文書捏造事件が起きていた2010年、鳩山氏は沖縄県民に対する公約が守れなくなって、陳謝のため、同氏は沖縄を訪問していますが、そのとき、沖縄県民はみんな、鳩山氏に怒号を浴びせていました。

 

 当時の筆者は、悪いのは鳩山氏ではなく、害務省だということを見破っていましたから、沖縄県民は怒る相手を間違っていると指摘していました(注4)。

 

 超厚かましい安倍氏と大違いで、マジメな鳩山氏は責任を取って、その後、首相を辞任していますが、鳩山氏を辞任に追い込んだのは、結局、害務省だったのです、なんということでしょうか、

 

4.鳩山氏を辞任に追い込んだ外務省(害務省)の公文書捏造犯罪を絶対に許してはならない

 

 鳩山氏は、首相辞任後に、害務省からだまされたことに気付いたのでしょうが、この国家犯罪を国民は決して、許してはなりません。

 

 この事件をウヤムヤにしないためにも、マスコミは、もっと、この事件を大々的に取り上げるべきです。

 

 いずれにしても、2010年当時は、まだ日本でいばっていた日米安保マフィアの米国戦争屋ジャパンハンドラーは、今のトランプ政権下では、駆逐されています。

 

 だから、立憲民主は、この事件を再度、国会で暴露したのでしょう。

 

 財務省の公文書改ざんと言い、外務省の公文書捏造と言い、ほんとうにわれら国民は、官僚に舐められています、腹が立ってしようがありません!

 

注1:阿修羅“川内博史議員「最低でも県外、できれば国外」と公約した鳩山元総理。公約を断念させた偽造文書のゴム印は外務省のものと同一!」”2018111

 

注2:阿修羅“普天間移設交渉時、偽の公文書を見せ鳩山氏に判断を誤らせた外務官僚、藤崎一郎”20171227

 

注3:本ブログNo.55非常にムカツク!反・国益官庁・外務省』20091225

 

注4:本ブログNo.131沖縄県民は鳩山首相ではなく米国戦争屋に怒れ!2010524

以上は「新・ベンチャー革命」より
日本の外務省も随分腐敗したものです。公文書偽造で内閣をだますなどはとても許すことは出来ません。今からでも責任を取らせるべきです。反逆罪です。  以上

« テクノロジーの勝者が独占する新世界秩序(NWO)・・・ | トップページ | フェイク!自民党は北方領土返還交渉などやっていない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テクノロジーの勝者が独占する新世界秩序(NWO)・・・ | トップページ | フェイク!自民党は北方領土返還交渉などやっていない »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ