カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 中国はイランからの石油輸入を続ける一方、米国からの輸入を中止へ | トップページ | 日清戦争で沈んだ経遠号の残骸が発見される »

2018年11月20日 (火)

中央政界はすでに「総選挙モード」、小沢一郎代表の多数派工作が完了し、安倍晋三内閣への不信任案を出せば、衆院解散・総選挙の可能性が出てくる

中央政界はすでに「総選挙モード」、小沢一郎代表の多数派工作が完了し、

安倍晋三内閣への不信任案を出せば、衆院解散・総選挙の可能性が

出てくる


◆〔特別情報1〕
 中央政界はすでに「総選挙モード」に入っている。小沢一郎代表の多数派工作が完了し、

安倍晋三内閣への不信任案を出せば、衆院解散・総選挙の可能性が出てくる。それを

見越して二階俊博幹事長は、地元和歌山にいた長男を東京に呼び、これまで一緒にいた

3男・伸康秘書(1978年1月4日生まれ、ANA出身)を和歌山3区( 御坊市、田辺市、

新宮市、有田郡、日高郡、西牟婁郡、東牟婁郡)に帰しており、解散に備えていることが

伺われる。二階俊博幹事長は、野中広務元幹事長の跡を継いで「同和資金」運用益の

分配役を担っている。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦によると、「この資金は、

政府から同和対策費として出されてきたものではない。50年ほど前に同和で成功した

3人が原資を積んで、日本のゴールドマン・ファミリーズ・グループの運用に預けて、

長期間かけて増やしてきた。それを同和の全国組織のなかで、各支部の幹部の子孫に

分配するという話になっている」という。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

今の安倍政権ではもう正常な政治が期待出来ません。早く政権交代して政治を前進させねば日本の国益ばかりか世界の平和にとっても利益はありません。    以上

« 中国はイランからの石油輸入を続ける一方、米国からの輸入を中止へ | トップページ | 日清戦争で沈んだ経遠号の残骸が発見される »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国はイランからの石油輸入を続ける一方、米国からの輸入を中止へ | トップページ | 日清戦争で沈んだ経遠号の残骸が発見される »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ