カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 中国はイランからの石油輸入を続ける一方、米国からの輸入を中止へ | トップページ | 日清戦争で沈んだ経遠号の残骸が発見される »

2018年11月20日 (火)

対露外交をやってるフリをしているだけの国民だまし専門の安倍氏にはときおり、怯え(おびえ)の表情が窺える:今国会でのモリカケ疑惑やジャパンライフ疑惑追及再燃に怯えているのか

対露外交をやってるフリをしているだけの国民だまし専門の安倍氏にはときおり、怯え(おびえ)の表情が窺える:今国会でのモリカケ疑惑やジャパンライフ疑惑追及再燃に怯えているのか

 

1.日本がアメリカ様の了解なしに対露外交を推進することは不可能

 

 このところ、マスコミはシンガポールで行われた日露首脳会談で、北方領土の二島返還交渉が行われていることを盛んに報道しています(注1)。

 

このたび、安倍氏が露プーチンとやっている日露首脳会談は、オモテムキ、北方領土返還交渉とされていますが、本ブログでは、これにはウラがあるとにらんでいます。

 

 ほんとうの目的は、安倍氏を傀儡化して日本を乗っ取る米国戦争屋の要求で、彼らに成り代わって、日本が彼らのATMとして、ロシアに、巨額のカネ(原資はすべてわれら日本国民の血税や年金積立金などの公金)を払わされることではないかと観ています(注2)。ちなみに、このカネは、9.11偽旗テロの真相証拠を握るプーチンに対する口止め料ではないかと、本ブログでは観ています。

 

 本ブログのような見方をするブロガーは今のところ、他に見当たりませんが、日本が米国の了解なしに、自発的にロシア(米国戦争屋にとっての仮想敵国)に接近することはあり得ないとみなすブログが見つかりました(注3)。

 

 本ブログも、このブログ(櫻井ジャーナル)の意見に同意します。

 

2.日露首脳会談に関して、安倍政権も外務省も、日本国民をだましていると疑え

 

 上記、櫻井ジャーナルを読む限り、案の定、米国支配層、すなわち、米戦争屋の了解なしに、日本が勝手にロシアと外交交渉することはあり得ないことがわかります。

 

 本ブログの見立てが正しければ、安倍氏がやってるフリをするだけの日露首脳会談は、日本が、アメリカ様のATMとなって、アメリカ様のご命令で、ロシアに巨額のおカネを支払わせるための交渉ということになり、北方領土云々は、日本国民を欺くためのオモテムキの口実に過ぎないということです。

 

 今朝のテレビは、現在の北方領土の様子を放映していましたが、ここには、すでに大勢のロシア人が居住しています。

 

 ロシアから見れば、北方領土は第二次世界大戦時の戦利品ですから、返還するとしても、タダで返すことはあり得ません。

 

 マスコミの日露首脳会談報道では、具体的なことは一切、決まっていなく、日本政府が一方的に、意味のない願望を表明しているに過ぎません。

 

 そして、もっとも重要ななこと、すなわち、日本がロシアにいくら払ったら、北方領土が返還されるのか、それとも、ロシアがタダで返還してくれるのかについては、まったく国民に公表されていません。

 

 このことに何ら疑問がわかない人がいるとすれば、その人はもうどうしようもありません。

 

3.日露首脳会談を「やってる感外交」は、安倍氏がいかに、モリカケ疑惑追及再燃に怯えているかの証し(あかし)でもある

 

 今の安倍官邸は、マスコミを手なずけて、安倍氏が、外交で成果を上げているかのように見せ掛けようとしています、まさに、これは、安倍氏の「やってる感外交」そのものです(注4)。

 

 得意満面の安倍氏がテレビに映ると、筆者個人は、安倍氏は内心、国民がモリカケ疑惑を忘れてくれることを期待しているのではないかと疑います。

 

 とにかく、今国会の会期中、安倍官邸は次々と安倍氏の外遊アポを入れて、安倍氏が国会に出なくて済むよう、あの手この手でモリカケ疑惑追及の再開を回避しているとしか思えません。

 

 裏返せば、安倍氏がいかに、モリカケ疑惑追及再燃に怯えているかが手に取るようによくわかります。

 

 その安倍氏には、さらに、ジャパンライフ関与疑惑追及が控えています。

 

 安倍氏の表情には、ときおり、ちらっと、怯えの表情が窺えます。

 

 野党には是非、頑張ってほしいと願って止みません。

 

注1:読売新聞“首相、1月訪露で調整「2島返還」へ進展図る20181115

 

注2:本ブログNo.2176われら日本国民の虎の子・年金積立金でロシア国営企業の株を買う?:なぜ、そこまでして安倍氏は露プーチンにわれらの国民資産を勝手に献上しようと企むのか』20181113

 

注3:櫻井ジャーナル“日本とロシアが真に接近することをアメリカ支配層は許さない”20181115日~16

 

注4:阿修羅“「やってる感外交」の極みである「お笑い安倍北方領土交渉」天木直人20181115

 
以上は「新・ベンチャー革命」より
北朝鮮の拉致被害者救済もやるやるだけで時間稼ぎをしています。これと同じ構図です。何も結果は出せないのです。                        以上

« 中国はイランからの石油輸入を続ける一方、米国からの輸入を中止へ | トップページ | 日清戦争で沈んだ経遠号の残骸が発見される »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国はイランからの石油輸入を続ける一方、米国からの輸入を中止へ | トップページ | 日清戦争で沈んだ経遠号の残骸が発見される »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ