カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 星「超音波浮揚の話をしよう」→俺「UFO電磁推進の話をしよう」→ワイパーレス自動車は可能か? | トップページ | 「日本の軍国主義」<本澤二郎の「日本の風景」(3103) »

2018年11月29日 (木)

ゴーン逮捕で仏マクロンの謀略を潰した日本政府

ゴーン逮捕で仏マクロンの謀略を潰した日本政府

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

日産・三菱・ルノーの会長を兼務するカルロス・ゴーンの11月19日の逮捕は、

フランスのマクロン大統領の謀略を阻止するための、経産省が主導する日本政府

による対抗策である。仏政府はルノーの最大株主であり、マクロンは2015年

に経済大臣だった時から、大株主であることを利用して、ゴーンと喧嘩しつつ

ルノーに経営介入して政治家としての人気取りに使ってきた。昨年、仏大統領に

なったマクロンは、これまで提携関係にあった3社をルノー主導で合併して「世

界最大の自動車会社」に仕立てるとともに、日本側2社のおいしいところをフラ

ンス側に吸い上げ、フランスの雇用拡大や経済成長につなげたかった。

 

http://www.ft.com/content/2bd83b12-ecbe-11e8-89c8-d36339d835c0

Carlos Ghosn was planning Nissan-Renault merger before arrest

 

フランスは、ドイツと並ぶEUの主導役だが、自動車産業が隆々としているドイ

ツが経済力においてフランスよりかなり優勢で、EUの盟主はドイツであり、フ

ランスは脇役に甘んじてきた。それを変えたい野心家のマクロンは、今年2月、

ゴーンがルノーの会長の任期を更新できるかどうかという時に、ルノーの最大株

主としてゴーンに、日産三菱との株式の持ち合い関係を、ルノーが日産三菱を併

呑する形に進ませること(それとゴーンの報酬の3割削減)を条件に、ゴーンの

ルノー会長続投を了承した。ゴーンはそれまで、日産三菱の社員のやる気が低下

するのでルノーによる併呑に消極的だった(と報じられてきた)が、今年2月以

降、日産三菱を併合する方向に進み出した。

 

http://www.wsj.com/articles/nissans-carlos-ghosn-arrested-to-be-ousted-as-chairman-amid-misconduct-probe-1542634696

Nissan’s Carlos Ghosn Arrested, to Be Ousted as Chairman Amid Misconduct Probe

 

(仏政府は、ルノーの15%の株主でしかないが、マクロン自身が経済相の時に

作った法律により、ルノーでの発言権は30%ある。経済相時代のマクロンは、

仏政府が持つルノーの株を買い増して経営介入しようとしてゴーンと喧嘩になっ

た。マクロンはゴーンを潰そうとしたのでなく、自分の言いなりにしようとして

きた。日本政府がマクロンに頼まれてゴーンを逮捕したという説は間違いだ。マ

クロンは、ゴーン逮捕を事前に知らなかった。日本政府は、マクロンがゴーンを

使って日本企業を食い物にしようとしたので阻止した。日産と三菱はゴーンを非

難しつつ会長職から外すが、仏政府はゴーンをルノー会長から外させないし、

「ゴーンを逮捕した日本の当局が正しいかどうか、証拠を見ていないのでわから

ない」と、ゴーンを擁護し続けている)

 

http://www.yahoo.com/news/ghosn-arrest-last-thing-macron-111935897.html

Ghosn Arrest Is the Last Thing Macron Needs

 

http://www.ft.com/content/d5d2a252-ec54-11e8-89c8-d36339d835c0

France calls for Carlos Ghosn to stand down as Renault chief

 

フランスのルノーが日産三菱を併合して「(ドイツ勢より大きな)世界最大の自

動車会社」になれば、経済面でフランスがドイツに負けていないことを見せつけ

られる。支持率が落ちてきたマクロンの人気も挽回しうる。フランス人は「怠慢」

なので、ルノーの一人あたりの生産性は日産の半分しかない。しかし、フランス

はゴーンを派遣して潰れかけていた日産や三菱を救ってやったのだから、フラン

スが日産や三菱を食ってもいいだろう、というわけだ。ゴーンが逮捕されなけれ

ば、来年春ぐらい(数カ月内と報じられている)に日産と三菱がルノーに食われ

て「フランスの会社」になっていた。

 

http://www.ft.com/content/19fc4736-ecea-11e8-89c8-d36339d835c0

France grapples with looming loss of Renault leader Carlos Ghosn

 

http://www.economictimes.com/news/international/business/france-extremely-vigilant-on-renault-after-ghosn-arrest-emmanuel-macron/articleshow/66696220.cms

France 'extremely vigilant' on Renault after Ghosn arrest: Emmanuel Macron

 

ゴーンが逮捕される2週間前には、フランス北部のルノーの工場で日産と三菱の

新型バンなどを生産開始する記念式典にマクロンとゴーンが並んで出席し、2人

でルノーの日産三菱併呑を進めようとしていることを印象づけた。これまでアジ

アで生産していたアジア向けの自動車をフランスで作る計画が進んでいた。マク

ロンはルノーに、自政権の人気取り政策の一つとしての電気自動車の開発も急が

せており、それも日産三菱を巻き込んで行うことになっていた。

 

http://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-20/ghosn-scandal-puts-macron-in-spotlight-as-champion-of-business

The Ghosn Affair Is an Inconvenient Scandal for President Macron

 

http://newsroom.nissan-global.com/releases/release-860852d7040eed420ffbaebb22351e23-181108-03-j

ルノー・日産自動車・三菱自動車、フランスでバンの生産を拡大

 

日産と三菱の側では、ルノーに併呑されることに抵抗があったはずだ。今回のゴ

ーン逮捕は、日産の西川社長らルノー系以外の幹部たちが、ルノーに食われるの

を阻止するため、ゴーンの「腐敗」を検察にたれ込んで事件化したことになって

いる。だが、日産が検察に頼んでやってもらった事件であるなら、検察が金融商

品取引法違反だとか、司法取引だとか、異例の手口でゴーンを潰していることに

説明がつかない。今回の件は、横領的なものでなく、有価証券報告書への記載を

「間違えた」だけの「微罪」と考えることもできるからだ。

 

http://www.ft.com/content/e375fd4a-eccd-11e8-89c8-d36339d835c0

Five key questions in arrest of Ghosn

 

日本政府がおフランスとの友好関係を優先したら、日産のタレ込みは無視された

はずだ。これは、日産という民間企業でなく、もっと上の、安倍首相自身を含む

日本政府・官僚機構の上層部が、日本国がフランスと対立してもゴーンを逮捕し

てマクロンの併呑謀略を阻止し、日産と三菱を日本企業のままにする防衛策をや

ろうと決めない限り、天下のゴーン様を微罪でいきなり逮捕するなどという、ぶ

っ飛んだ事件にならない。今年3月に書かれた日本語の記事(悠木亮平著)の末

尾には、ルノーと日産の経営統合を「どんな手を使ってでも阻止する」と経産省

幹部が息巻いていた、と書いてある。ゴーンは経産省と仲が悪かったが、西川は

経産省と仲が良かったとFTが書いている。

 

http://www.businessinsider.jp/post-164047

ゴーン続投は日産・ルノーの経営統合の布石か?仏政府介入に反発強める日産・経産省

 

http://www.ft.com/content/04ea6d68-ed86-11e8-8180-9cf212677a57

Nissan plans to use Ghosn exit to take power from Renault

 

米国がトランプになって覇権放棄に邁進し、既存の米国覇権の世界体制が揺らぐ

なか、安倍首相は、日本の外交政策において、対米従属一辺倒の外務省に雑用し

かやらせず、戦略立案を経産省にやらせる傾向だ。経産省(通産省)は70

90年代に、米国が貿易摩擦で日本を攻撃してきた時、日本側の産業界の利益を

代弁して交渉し、対米従属の外務省と喧嘩が多発していた。今回もその延長で、

経産省は安倍政権の事務方として、日産三菱がフランスに食われて日本の国益が

損なわれることを阻止した。

 

http://www.nytimes.com/2018/11/21/business/who-is-carlos-ghosn.html

Who Is Carlos Ghosn and Why Is He in Trouble?

 

日本の検察は、オランダにあるルノーと日産三菱の合弁会社でも、ゴーンが犯罪

行為を行った疑いがあるとして、捜査対象に入れている。この合弁会社は、ルノ

ーが日産三菱を併呑する際に使われる可能性があった。日本の捜査当局は、ここ

も標的にすることで、ルノーによる日産三菱の併呑を妨害しようとしている観が

ある。

 

http://www.wsj.com/articles/france-seeks-interim-leadership-at-renault-while-ceo-carlos-ghosn-is-under-arrest-1542706039

Ghosn Probe Creeps Closer to Renault

 

従来の対米従属一本槍の戦後日本では「経営者は、年功序列などという時代遅れ

にこだわる日本人より、効率重視の外国人(=欧米人)の方が良いんだ」と、み

んなが洗脳されて思い込んできた。ディズニーランドには何十時間並んでも入り

たい。今でも日本人のほとんどは、無自覚的に対米従属である。日産を3年で建

て直したゴーンも、経営の神様みたいにもてはやされていた。日本の官僚機構

(財務省など)は、米国をしのぐことがいやで(対米従属できなくなるので)、

わざと90年代のバブル崩壊後の経済難を何十年も長引かせ、日本を今のような

2流国にした。東芝が、くそなWH(ウエスチングハウス)をつかまされた挙句

に経営難になったあたりまで、悪いのは欧米側でなく日本人だという不必要に

自虐的な対米従属感を、日本人は持っていた。

 

だが、ブッシュからトランプにかけての米国覇権の自滅と、きたるべき米国発の

金融大崩壊により、いずれ米国覇権は終わり、中露の台頭など世界の多極化が進

む。日本は、対米従属以外の国家戦略を用意せねばならない。安倍政権が、米国

抜きのTPP(日豪亜)の発足を急ぎ、中国との経済関係強化、日露和解などを

急いで進めているのは、対米従属の終わりに備えるためだ。今回のゴーン逮捕、

日産三菱を食おうとするマクロンの謀略の阻止も、日本政府が対米従属(NATO

諸国との同盟関係を優先し、日本企業を見殺しにすること)から離脱し、日本の

国益を、以前より重視するようになっていることを意味する。

 

http://tanakanews.com/181029japan.htm

米国の中国敵視に追随せず対中和解した安倍の日本

 

マクロン自身、日本との関係を大事にすることより、日本企業を食い物にして仏

経済のテコ入れと自分の国内人気の獲得を優先している。トランプも、米国人の

雇用を増やすという「国益最優先=米国第一主義」の名目で、他国からの輸入を

妨害する懲罰関税策をやっている。世界中が、同盟関係や国際秩序や資本関係よ

り、自国の国益を優先し始めている。日本でも、今回の件で国益重視の右翼がフ

ランス大使館前で抗議行動ぐらいしても不思議でないのだが、日本の右翼系の多

くは外務省傀儡で、日本の国益より米国の国益を大事にする「売国奴」なので、

事態の本質が理解できていない。自分では愛国者と思っている「うっかり売国奴」

が多い。

 

ルノー日産三菱の3社の会長を兼務していたゴーンは、ワンマン経営者で、3社

の合併を推進する大黒柱だった。ゴーンがいないと、3社は合併どころか、提携

の拡大も難しくなる。ゴーンは保釈後、ルノーの会長に戻るかもしれないが、日

産と三菱からは排除されていく。今回、日本は国家として、フレンチ野郎を微罪

で「犯罪者扱い」して、日仏関係の悪化もかまわず、日産と三菱を守ることにし

た。日産三菱は、日本国の後ろ盾を得た。日産は、もうフランス側にヘコヘコす

る必要がない。日産は、株の買戻しなどで、ルノーとの関係を切っていく可能性

が大きい(三菱は日産が最大株主)。マクロンの謀略は失敗した。ざまあみろだ。

日本人は、欧米人経営者礼賛をいいかげんにやめるべきだ。

 

http://www.waff.com/2018/11/19/latest-nissan-says-chairman-ghosn-be-dismissed/

Renault board to meet after Ghosn arrest

 

世界的に自動車業界は競争が激しい。会社経営的には、ルノー日産三菱の3社連

合は、規模が大きく、開発や生産コスト削減に有利だ。ルノーと関係を切った日

産三菱が、どのような戦略で利益を出し続けていくつもりなのか。代替戦略がな

いとゴーン潰しは日産三菱の失敗につながる、と指摘されている。たしかにそう

だが、日仏の共存共栄でなく、日産三菱がフランスに食い物にされるのでは日本

人にとってマイナスだ。資本関係など糞くらえだ。マクロンは、ゴーンと喧嘩し

てルノーを仏経済省傘下に入れ、その上で日産三菱を併呑しようとした。今回、

それを阻止した日本経産省は、ルノーとの関係を切った上で日産三菱がどうする

か、代案を考えているはずだ。トランプは貿易政策などで米国企業を采配してい

るし、習近平は中国企業を采配している。自由企業万歳な時代はリーマン危機と

ともに終わっている。

 

http://www.livemint.com/Opinion/3ljez9RGuDkJ03O6cbrjIJ/Opinion--Separating-the-RenaultNissan-twins-would-be-blood.html

Separating the Renault-Nissan twins would be bloody

 

http://www.zerohedge.com/news/2018-11-15/global-auto-industry-collapse-continues-october-eu-data-shows-no-signs-relief-0

Global Auto Industry Collapse Continues As October EU Data Shows No Relief

 

 

 

この記事はウェブサイトにも載せました。

http://tanakanews.com/181122nissan.htm

 

以上は「田中宇氏ブログ」より

日本政府だけでやることはまずありません。当然アメリカの意向が優先させた事件と思います。                                       以上

« 星「超音波浮揚の話をしよう」→俺「UFO電磁推進の話をしよう」→ワイパーレス自動車は可能か? | トップページ | 「日本の軍国主義」<本澤二郎の「日本の風景」(3103) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーン逮捕で仏マクロンの謀略を潰した日本政府:

« 星「超音波浮揚の話をしよう」→俺「UFO電磁推進の話をしよう」→ワイパーレス自動車は可能か? | トップページ | 「日本の軍国主義」<本澤二郎の「日本の風景」(3103) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ