逝きし世の面影さんのサイトより
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/ef500fe4594c8f9967f17eb80a073829
<転載開始>
2018年09月27日 | 社会・歴史
渡邉英徳‏ @hwtnv   

78年前の今日。1940年9月27日,日独伊三国同盟締結
写真は12月17日に開かれた「署名を祝う会」に集まった子どもたち。大久保留次郎東京市長・橋田邦彦文部大臣も登壇。ニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正


ヒトラーが出席した1939年05月22日の「独伊軍事同盟」締結を伝えるアメリカの新聞紙面。

第二次世界大戦(1945年9月)勃発4ヶ月前の1939年5月22日に独伊両国は『鋼鉄協約』(ドイツとイタリアの間の友情と同盟の協約)を締結したが、ドイツのポーランド 侵攻が現実味を帯びてくるとイタリア軍部は参戦に尻込みするようになった。
日清戦争に勝利した日本は1902年1月30日イギリスとの間に初めての軍事同盟(日英同盟)を結び、2年後の1904年(明治37年)2月8日 日本とロシア帝国の戦争に突入する。第一次世界大戦で日本は1914年(大正3年)8月23日ドイツ帝国へ宣戦を布告し南洋諸島獲得。講和条約後の1923年8月17日に失効した。
1933年1月に政権を奪取したナチス(ヒトラー)は1937年11月06日「日独伊防共協定」→ 1939年05月22日「独伊軍事同盟」→ 1940年09月27日「日独伊三国軍事同盟」と進化させていった。
★注、
ロシアの脅威を理由に成立した日英同盟のように、軍事同盟は必ず共通の仮想敵国を想定して結ばれていて、日露戦争や第二次世界大戦など国家存亡の危機(戦争)に繫がっていた。(父祖伝来の国土の回復を唱えたナチスの経験から憲法で個別的自衛権を否定し集団的自衛権だけを合法とするドイツではNATOに加盟した結果、アフガン戦争などに参戦して多くの死傷者を出している。対照的に日米安保条約の日本の場合には戦争放棄の憲法9条のお蔭で参戦義務を免れていた)



渡邉英徳‏ @hwtnv   

73年前の今日。1945年9月27日,ダグラス・マッカーサー元帥が昭和天皇と会見。
当初,新聞等への写真掲載は不敬にあたるとされた。しかしGHQはそれを撤回させ,掲載を指示した。ニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。



こちらが元の白黒写真。当時の米軍では歴史的に大事な場面では必ずカラーフィルムで記録されていたので、これは明らかに新聞用(マスコミの宣伝用)に撮影されていたことが分かる。

かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂『論理的に判断すれば日独伊三国同盟と日本降伏のヒロヒト会見の二つはbefore and after 一体不可分の関係だった』

1945年の歴史的なアメリカ占領軍のダグラス・マッカーサー元帥と日本の昭和天皇の会見の日付が偶然にもその5年前の日独伊三国同盟締結の記念日だった事実ですが、何故か日本のマスコミも歴史家も触れたく無い。ところが、たぶん、二つの日付がピッタリ一致していた不思議なこの事実こそが一番大事な意味を持っていると考えた方が辻褄が合う。
(★注、
単なる偶然の一致だったなら、今のようにマスコミや有識者の全員が必死で隠す必要が無いのである。日独伊三国同盟とその5年後のマッカーサーとヒロヒトとの会見の二者は必ず一つの例外も無く別々に論じられていた)


1946年(昭和21年)10月29日、「修正帝国憲法改正案」を全会一致で可決した枢密院本会議

1946(昭和21)年6月25日に帝国議会に上程された憲法改正案は、4か月にわたる両議院の審議を経て、10月6日、衆議院において最終的に可決された後、枢密院に再諮詢され、同月29日、可決、上奏裁可を経て、11月3日、「日本国憲法」として公布された。
現在の日本国憲法は、それ以前の大日本帝国憲法の改正案として提出され、正式な帝国議会の形式に従って公布され、 1947年(昭和22年)5月3日に施行されていた。(5月3日は憲法記念日として祝日になる)
日本国憲法が公布された11月3日(文化の日)は大日本帝国でも明治 天皇の誕生日の天長節として大事な祝日だったのである。(★注、これは偶然重なったのではなくて、天皇の権威を利用する目的でアメリカ占領軍が意識的に二つの日付が重なるようにしたと思われる)

『日本(松岡 洋右)は何の目的で日独伊三国同盟を結んだのか、』

東京裁判で唯一文官としてA級戦犯として訴追され靖国神社の軍神となった松岡 洋右ですが、アメリカへの留学経験がある日本で一番国際感覚が優れた外交官だったが、日本の国際連盟脱退から、日独伊三国同盟の締結と破滅への道をまっしぐらに突き進む。
そもそも既に第二次世界大戦はドイツのポーランド侵攻(1939年9月)で英仏両国が宣戦布告して開戦していた。(アメリカは中立を表明)世界大戦はその後一時的に小休止した後に ドイツ軍機甲部隊の電撃戦でフランスが降伏、イギリス軍はダンケルクで大敗北を喫していたのである。(イギリス本国はゲーリングのドイツ空軍の猛爆に晒されていた)バトルオブブリテンで身動きが取れないイギリス以外の西ヨーロッパ全土はドイツに蹂躙されていた時期に結ばれたのが1940年の日独伊三国同盟である。目的はズバリ降伏したフランスの植民地仏領インドシナの火事場泥棒だった。ところがアメリカがハルノートで石油の全面禁輸などの経済封鎖で対抗する。
1941年6月22日,突如ソ連と締結した期限10年の独ソ不可侵条約を破棄したドイツ軍のバルバロッサ作戦が決行され、破竹の勢いのドイツ軍は半年後にはヨーロッパロシアの大部分を占領しレニングラードや首都モスクワを包囲する。これを見た日本軍はドイツ占領下のオランダの植民地のインドネシアの石油資源を目的にマレー半島に上陸、シンガポールのイギリス軍を敗走させている。
日本陸軍のマレー作戦の方が3時間も早いので、日本海軍の真珠湾奇襲攻撃は何ともインチキくさい。(3時間もあれば十分に迎撃態勢や退避を完了して損害を小さくすることが出来るが、アメリカは開戦の大義名分を手に入れる目的でわざと大被害が出るようにしていた疑いがある)
ドイツが欧州で勝利している間は、日本(松岡 洋右)か結んだ日独伊三国同盟で勝ち馬に乗って、欧州列強の植民地を手に入れるとの汚い火事場泥棒が成功していたのである。
この『勝ち馬に乗る』作戦ですが第一次世界大戦で日本は大成功していた。しかし、第二次世界大戦でも同じ作戦だったが勝ち馬だと思ったドイツが負けたのですべてが水の泡。大博打に失敗して日本はスッテンテンになる。(そもそもの話が、バクチとはそのような代物だった)


<転載終了>