最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ロスチャイルド一族の分裂 日本の皇室を侵略するロスチャイルド 【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/10/04 | トップページ | 日米合作だった「日本降伏」 »

2018年11月10日 (土)

氷の中から発見された神秘の生命体4選! 氷漬けの女、ケブカサイ… 歴史を解き明かし遺伝子研究に劇的進展も!(2/3)

マンモスのリューバ

mummifiedcreature2.JPG
丸いフォルムが何だか愛くるしいリューバ。 画像は「Wikipedia」より

 こちらも約1万年前に絶滅したといわれるマンモスだ。2007年にシベリアを流れる川付近で原住民により発見されたリューバは、生後わずか35日で川を渡る際に溺死した雌と見られている。

 体内に川底の泥が入り込んだことと永久凍土に4万2000年もの間埋まっていたおかげでリューバの皮膚と内臓はほぼ原形のまま残っていた。これまでにも良好な状態で発見されたマンモスの個体はあったが、幼体が発見されることは稀であり、その中でもリューバは最高の状態である。

・ アイスマンのエッツィ

mummifiedcreature3.JPG
発見された姿はこのような感じ。 画像は「Wikipedia」より
mummifiedcreature4.JPG
復元図。腰痛持ちでした 画像は「Wikipedia」より

 イタリア最北の県ボルツァーノで発見されたエッツィと呼ばれるこの男性は、自然にミイラ化した世界最古の人類といわれる。

 約5300年前に推定45歳で亡くなったエッツィは1991年にハイカーによって発見された。青銅器時代に暮らし、石器を使っていたとされるがエッツィの遺体と一緒に発見されたのは当時では非常に貴重な精錬された銅の斧だったという。

 そして驚くべきは彼の赤血球が現代まで残っていたことだろう。科学者たちは今日、DNAの技術を駆使して数千年前に生きたエッツィの病歴を見ることができるのだ。またエッツィが発見されたボルツァーノには彼の遺伝子を受け継いだ子孫が19人も生存していることがわかっている。

 エッツィはこれまでの調査でも羊の皮で作られた世界最古のコートを所持し、靴を履き、5千年前にもかかわらず衣服は5種類の動物の体毛を使い作られていたり、顎ひものついた帽子をかぶっていたであろうこと、また身につけていた物や胃の残留物などから驚くべき高度な文化のもとに暮らしていたことも判明している。エッツィはボルツァーノの博物館で保管・展示されており、日本や世界各国では、同博物館が作った精巧なレプリカが展示されている。

※エッツィのスタイリッシュなウェブサイトはこちら
http://www.iceman.it/en/the-iceman/

« ロスチャイルド一族の分裂 日本の皇室を侵略するロスチャイルド 【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/10/04 | トップページ | 日米合作だった「日本降伏」 »

考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロスチャイルド一族の分裂 日本の皇室を侵略するロスチャイルド 【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/10/04 | トップページ | 日米合作だった「日本降伏」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ