最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月に作成された記事

2018年12月31日 (月)

【ベンジャミン・フルフォードが語る!】NYダウの下落!米軍引き上げによる危機!米国と日本の政治やお金の動き!【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 朝堂院大覚・ベンジャミン・橘謙蔵

【ベンジャミン・フルフォードが語る!】NYダウの下落!米軍引き上げによる危機!米国と日本の政治やお金の動き!【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 朝堂院大覚・ベンジャミン・橘謙蔵

上記をクリックしてYOU-TUBEをご覧ください。 

★『エコノミスト2019』表紙に描かれた経済予言

★『エコノミスト2019』表紙に描かれた経済予言

トカナ『エコノミスト2019』表紙に描かれた3つの経済予言、専門家が解説! PayPay、ロスチャイルド、NWO、第三次世界大戦…!!2018.12.27より転載します。
貼り付け開始

https://tocana.jp/2018/12/post_19228_entry.html

イギリスの経済紙『エコノミスト』の毎年恒例の『世界はこうなる』シリーズの2019年版が発刊された。ロスチャイルド系の経済紙として、陰謀論者にとっては有名なこの『エコノミスト誌』の表紙は、翌年を予言すると言われているがそれは少し違う。実際には新世界秩序(New World Order)による年度計画を表している。

無題
  画像は「The Economist Store」より引用


 今年の表紙にもいくつもの気になる符牒が示されていると話題になっているが、中でも日本経済に関係する3つの大きな予告符牒が目に入ってくる。日本に、そして世界経済に何が起きるのかを解説してみたい。

■米中露の対立は続き、武器を売りつけられるのは……

 今年の表紙絵で一番目をひくのは地球の頂上に位置する凶悪そうな表情の「不機嫌なパンダ」であり、それと目を合わせないように左右に位置するトランプ大統領とプーチン大統領の関係図である。今年の世界経済も中国を標的に先進国のリーダー達がそれと対立する状況をあおっていくことが新世界秩序にとっての基本方針のようだ。混乱に乗じてわれわれのお金は新世界秩序に吸い上げられていくのだ。

1812economist-2.jpg
画像は「The Economist Store」より引用

 そのトランプ大統領の絵の横に「トランプの新地平線」という文字が描かれている。これが1つめの重要な符牒で、その新地平線とやらはどうやら日本を指している様子なのだ。

 実際、トランプ大統領の目線の先には富士山が描かれているのだが、よく見ると富士山のすそ野から爆炎が上がっている。これは自衛隊の富士演習場で大量の火力が浪費されていくことを暗示している。

 つまり新世界秩序としては例年においては戦争を起こして武器を売り上げるというのが基本のビジネスモデルなのだが、2019年はへたに戦争を起こすと世界大戦になりかねないほどの緊張下に世界があることもあって、もっとも無難な国に大量の武器を売りつけることで大戦争を回避しながら利益を上げていく計画なのである。

とはいえこのトランプ大統領を武器セールスマンとして活用するこの計画、新世界秩序にとって気を付けるべき落とし穴もきちんと絵に描かれている。それがピノキオの鼻をしたアジア人だ。このアジア人の絵、西洋人にはわかりづらいが、日本人から見れば中国人でも韓国人でもなくあきらかに日本人の顔をしている。

1812economist-3.jpg
画像は「The Economist Store」より引用

 さらに言えば七三の髪型から察するに官僚かメガバンクの行員を暗示しているようだ。それがピノキオのように鼻が伸びているということは「日本の取引相手は嘘をつくぞ」ということが注意点として示されているわけだ。

 何らかの欺瞞やすり替え、粉飾や不法なマネー取引、ないしは地検特捜部による介入などによって、せっかくのトランプ大統領による武器売り込みも、その成果を日本人にごまかされてしまう危惧がある。それに気をつけろというところまで2019年の表紙絵は予告しているのである。

■注目はイギリスの動き

 2つめに気を付けるべきはイギリスについての予測である。これはイギリスの話だと言っても実質的に世界経済の枠組み再編の話になるため、関係諸国に投資をしている日本企業には影響の大きな話になる。

 表紙絵の中ほど左側にはイギリスを象徴するブルドッグの横に「ブレグジットを越えて」という文字が描かれている。その近くにはマハトマ・ガンジーとインド象が描かれ、そのインド象の牙は右肩上がりの折れ線グラフの意匠にデザインされている。

1812economist-4.jpg
画像は「The Economist Store」より引用

 ブレグジットは直接的にはイギリスがEUから離脱をすることなのだが、世界経済的には離脱したイギリスが経済発展のためにどこと手を組むのかというのが大きな関心事だ。「つまりその新しい同盟とはイギリス=インド同盟か?」と言うことになるが、実は符牒はそれだけではない。

 絵をよく見ると、ガンジーのさらに右下の方にナイジェリアと南アフリカの国旗が描かれている。どちらも旧イギリス連邦に所属する国々だ。

 そうしてみるとブレグジット後、つまり単なる英国のEU離脱を越えてロスチャイルドが模索している新たな枠組みとは、新イギリス連邦への世界再編だと考えられるのだ。

そして見落としていけないのはイギリスを象徴するブルドッグが座り込んでいる場所である。それが地球儀の上のカナダに位置する場所である。実はカナダはトランプ大統領の政策によって北米自由経済協定(NAFTA)の枠組みの見直しを余儀なくされ、アメリカとの貿易上の様々な利権を取り上げられる状況へと追い込まれている。

 そこに新たに接近するのがイギリス政府ということになる。日本への影響としては、イギリス、カナダ、インドの経済同盟が一番経済的な影響が大きい三国ということになろう。産業的にはITに加えて自動車産業がこの新同盟で大きな影響を受けることになる。日本がアメリカ市場をあいかわらず重視し続けるか、それとも新イギリス連邦へとある程度の重心を動かしていくべきか、日本企業はその選択を迫られることになろう。

■PayPay騒動の裏側にあるもの

 さて3つめに日本経済に関連する符牒が、今年の一番のモチーフであるダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」の男性の左手に描かれている。この左手(向かって右側)にはスマホ決済を象徴するQRコードが表示されたスマホと、富の格差が2019年もさらに拡大することを暗示した「天秤にかけられた人々」のアイコンが描かれている。

1812economist-5.jpg
画像は「The Economist Store」より引用

 孫正義氏が2018年末にしかけたPayPayの100億円キャンペーンに踊らされた読者の方も多いかもしれないが、実はあのPayPayはロスチャイルドの指示で日本のキャッシュレス社会化を推進するための行動計画の一部だったと言われている。その見返りにソフトバンクは上場による2兆円の現金を手にしたらしい。

 スマホ決済は便利であるが、その先にあるのはすべての国民に対するビッグデータによる与信管理である。実際、スマホ決済の先進国である中国ではすべての国民がクレジットスコアで管理されることになったことで、ちゃんとした生活をしなければ買い物すらできなくなるというリスクに国民がおびえて暮らす「管理社会の脅しによる平和」が実現している。

 日本についての行動計画的には、2019年に新世界秩序による国民管理スコアの導入が計画されている。だから日本政府がここのところ急に「キャッシュレス社会化の推進」を声高に叫ぶようになってきているのである。

 エコノミストの表紙絵をよく見ると、その左上にはバーコードで管理された赤ちゃんを運ぶコウノトリが、そして「ウィトルウィウス的人体図」の右腕にはDNAのらせんが描かれている。日本人を含め、人類全体の管理は2019年にさらに大きく前進しそうである。

1812economist-6.jpg
画像は「The Economist Store」より引用

 さて、最後にこれらの3つほどは大きな話ではないが、表紙に予言されている気になるものについても挙げておこう。それは「月に行く前澤友作氏」を暗示する絵である。誰と一緒に行くのかわからないが、ぜひ月旅行を楽しんでいただきたい。

(文/ホラッチェ)
フューチャリスト。近未来の経済分析が得意。ただしその分析の大半はホラだと周囲に思われている。


貼り付け終わり


*さーて、どうなりますか?
以上は「タマちゃんの暇つぶし」より
2019年は株式下落の年となりそうです。世界大恐慌に突入するものと思われます。最終的には銀行が多く倒産する事態になるでしょう。今からその準備をしておくのが賢明です。以上

Qアノン情報12/21戦いは始まっている

Qアノン情報12/21戦いは始まっている

2018-12-21 04:01:10 | 日記

Qが前回投稿したのは、一週間前でしたね。確か8チャンのストレステストをする為に、Q&Aセッションをしましたが、大勢の人がアクセスして来て、あっという間に回線がパンクしました。Qは、時々、支配層がネット回線を切った時の準備をする為に、こういうテストをするのですが、かなり改善されたと言ってました。
ということで、今日も面白い投稿をしていましたよ。その前に、今ネットでQが戒厳令が敷かれるのは、今月の二十五日だと言ったというストーリーが出回っていますが、それはQからではありませんよ。米軍の将校が流している情報だと言われています。でもクリスマスの日ってことはないと思いますよ。それ以降でしょうね。

ところでヴェーダの最強のマントラであるルッドラムは、人間の社会に平和と安全をもたらすとサイババさんはおっしゃっています。このような時に、ルッドラムを十一回も連続して唱えるエーカーダシャという祈りの会が、去年は京都で開催されましたが、次回は福岡で来年四月に開催されるそうですね。ベジタリアン弁当と参加費は無料だそうです。

サイババさんは、エーカダシャによって、世界中の悪い波動が駆逐され、高波動が世界を覆い、悪が退治されると宣言されましたが、このエーカダシャをサイババさんがインドで始められてから、確かに世界情勢が大きく変わりましたね。
ちょうどその頃Qたちのプランもスタートしました。そして、サイババさんは、これが世界中で唱えられるようになると予言していましたね。自分も初めてルッドラムを聞いたときは意識がぶっ飛びましたね。すごい強力な波動でした。これは体験した人しか分からないでしょうね。相棒のお袋さんの認知症が癒されたのもルッドラムのお陰でした。この事は以前記事にし、多くの方の読んでもらいましたね。
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/b13bbccca4197f52c424d2b13c737971
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/6bdbbf47cade40b9ee743434606b380a
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/811db1b5cca7818771e71aa26c88aae6
と言うわけで、これから世界情勢が大きく変わる、クライマックスが始まりますよ。

そのカーテンオープナーの投稿を、今日Qはしました。その前に、トランプがまたやりましたよ。シリアに続いてドイツ、イギリス、デンマーク、ギリシャ、イタリア、ベルギーにある21箇所の米軍基地を閉鎖し、兵士たちをアメリカに連れて帰ると宣言しました。これはすごい決定ですよね。でもまだこれは序の口で、第一段階だそうです。第二段階は、ロシアと国境を接している国々の軍事基地を引き上げるのでしょうね。
そして第三段階は、南アメリカやアジア諸国からの引き上げが始まるのでしょう。日本の真の独立が、地平線の向こうに見えて来ましたよ。と言っても日本で地平線が見えるところは、北海道の中標津ぐらいでしょうけれど。(笑)自分もバイクに乗って地平線を見に行きましたよ。

というわけで、前置きが長くなりましたが、Qアノン情報の紹介をしますね。
昨日の投稿では、シリアから米軍が撤退するという記事を投稿しましたね。今日の投稿ではQは、米軍がいなくなればもうシリアで毒ガス攻撃を利用した偽旗事件、でっち上げ事件は起こらないだろうと言ってましたね。嬉しいです。


False Flag Chemical Attack in Syria Will Not Happen Again
2638
Q
!!mG7VJxZNCI
21 Dec 2018 - 10:05:49 AM
Chemical attack in Syria?
Public 'pull out' of troops in Syria….
History will not repeat itself this time.
Q

ところで以前、軍事秘密裁判で有罪となり、自殺を選ぶか死刑になるかの判断を下されて自殺を選び、病院で毒薬を注射されて亡くなったジョン負け犬の話をしましたが、その負け犬の事務所に捜査の手が入っています。しかしその事務所の職員が、改ざんした書類を捜査員に手渡していることが判明したという記事をQは投稿していました。

https://www.foxnews.com/politics/mccain-associate-gave-unverified-steele-dossier-to-buzzfeed-court-filing-says📁
"McCain associate shared unverified Steele dossier with Buzzfeed, court filing says."
Drop Dec 22 2017:
US SEN NO NAME>
NEWS SHOP>
BUZZF>
News unlocks.
You have the keystone.
Q

その負け犬が亡くなった日の一カ月前の、同じ日の四時二十二分だったですか、Qは、突然負け犬の話を記事にしました。人々は一体どうして負け犬の話をしたのかと訝しがっていたのですが、その一カ月後の同じ時刻、一分も違わずに負け犬は亡くなったのです。Qはこれは偶然でしょうか?と言っていましたね。自殺する時間帯を分刻みまで一カ月前から知っていたのでした。恐ろしいほどの正確な情報力です。
その負け犬の子飼いである戦争屋のグラハムリンジーが、負け犬との糸が切れトランプ側に付きました。
そして、最高裁判事候補のカバナーさんが、何十年も前に、身に覚えのないレイプ事件を5回も起こしたと犠牲者の女性たちから指摘された時に、素晴らしいスピーチをしてカバナーさんの無実を訴えたのは、記憶に新しいところですよね。
ところが残念なことに、そのリンジーはシリアを含めて米軍の撤退に反対していますね。トランプも残念だとツイートしていました。

まだ、ネオコンから選挙資金でももらっているのかもしれません。それとも、多くの議員から今回の決定について反対されているトランプが、トランプに忠誠を誓ったリンジーを使って軍撤退についてわざと大声で反対させ、反対派の議員たちのリーダーになったところで、時を見てその矛を納めさせて、反対派の議員を封じるという手を使っているかもしれません。
政治の世界は、裏の裏までありとても複雑で、トランプのように四次元チェスが出来る人でないと務まらないでしょうね。

次の投稿でQは、どうしてSC,SH,JSといった人を舞台に立たせているのでしょうか?時が来たからです。という投稿をしていましたね。

https://www.nbcnews.com/tech/internet/flynn-hearing-leaves-far-right-s-conspiracy-theorists-wanting-n949626📁
The clock is ticking.
When will the 1st alarm ring?
If the Senate was the primary target (majority control)….
53-47 active when?
EO (designated_target(s)) active when?
Ongoing investigations…..
"There are a lot of sealed indictments" - SC
"It's all going to come out, U1, Dossier, CF, etc…." - SH
"I have pretty good sources…" - SH
There is a reason why SH, SC, and JS are on stage.
Q

それでは、その三人は一体誰なんでしょうか?
彼らは、ハニティさんなど、トランプ派のFOXニュース解説者達のことです。彼ら三人はこれから、最高秘密文書開示のあと、恐ろしいほどの既成のマスコミからのニセ情報を中心とした攻撃を一身にして受け止めて、真実を発信する大きな気が遠くなるほどの任務を担っているのです。

次の投稿はナゾナゾですよ。Qは、

Rogers departure. Intel.
Sessions departure. Law.
Kelly departure. Warfare/MIL
Mattis departure. Warfare/MIL
Notice a pattern?
Q

と、自分たちにこのナゾナゾを解くように挑戦していますね。これら四人が辞めたパターンを見つけなさいという問題ですが、さすがに多くのQの分析者達もこの答えが分からないようですね。でもそのパターンが自分は分かりましたよ。
そのヒントは以前セッションをクビにした時に言ったように、彼は元々軍関係者だったのです。分かったでょう?

答えは、これから多くの犯罪者が軍事法廷で裁かれることになりますが、セッションは、その時の軍事法廷で判事となるかもしれませんと言ったことを覚えているでしょう?
そうです、今、トランプ政権を支えて来て、辞めていった人々、引退した人や、首をきられた人たちもいますが、彼らの次の仕事が待っているから、今この時期にトランプは自分の子飼いを辞めさせているのです。それではその次の仕事とは一体何でしょうか?
そうです。それは今さっき言ったように、セッションと同じ、軍事法廷の判事や副判事の仕事です。小児性愛犯罪者などの七万人分の起訴状が用意されています。忙しくなりますよ。

普通裁判では、差し戻し裁判になったり、陪審員の意見が分かれたりした時に、もう一度、陪審員を選びなおしたりして時間がかかり過ぎるのです。そのために、トランプは、今9/11以来戦時中だという大統領令にサインし、それをまた今回、更新して、民間人でも軍事法廷で裁けるようにしたのです。軍事法廷では、陪審員の合意ではなく多数決で裁けるのです。裁くスピードがとても早いのです。
先日記事にしましたが、今、巨大な収容所船が二隻グアンタナモ収容所に向かう用意をしています。それらの特殊な船が着岸できるように、グアンタナモ収容所の桟橋の改造も終えました。
それらの船がグアンタナモ収容所に到着し、収容者たちがやって来ると、グアンタナモ収容所の受け入れ数も入れて二万人以上の犯罪者が軍事裁判を受けることになります。秘密起訴状に載っている犯罪者だけで七万人もいるんですよ。メインの犯罪者は小児性愛犯罪ですし、証拠も上がっていますから審理は簡単に終わるでしょうね。
しかし超スピードで審理を終えたとしても一日三人が限度でしょう。という事は全ての裁判を終えるには、二十年以上もかかるという事です。それだけの人数を一つの軍事法廷では裁ききれませんよね。その為にもっと多くの判事が必要だという事になるのです。
このようにQのプランは、先の先まで見て完璧にことを運んでいるのです。

次の投稿ではQは、FBIのディレクターが、56あるアメリカの支社を回るツアーを一年近くかけて今週終えたけれど、どうしてこの時期に全て回り終えたのでしょうか?という質問を投げかけていましたね。これは簡単ですね。トランプは、ほとんどのFBIのトップの首をすげ替えましたがまだ、中には支配層の駒が混じっていると言ってました。
その証拠に、覚えていますか?ヒラリーやソロス、オバマの自宅に偽爆弾が届けられてフロリダにいる犯人が捕まった事件を。その時に捕まえたのがFBIでしたが、それは完全な偽旗事件、でっち上げでした。犯人が乗っていたバンが押収されましたが、そのバンはFBIが事前に準備したものでした。犯人のオリジナルのバンにはリアワイパーが付いているのに、FBIが準備していたバンには付いていなかったのです。それに犯人は、バンのボディ中にトランプ支持のポスターを貼っているので、トランプ支持者だとこれでもかと言うほどマスコミにー見せつけていましたが、そのポスターはまだ貼ったばかりの新品のポスターばかりだったですね。
このように、FBIの中には支配層と繋がっている者がたくさんいて腐敗しているのです。それを正しにアメリカ中のFBIの支社を回っていたのでした。

https://twitter.com/FBI/status/1075760394210299904📁
Why would the FBI DIR take the time to visit ALL 56 FBI FIELD OFFICES around the entire United States?
Completed this week.
Logical thinking.
Q

次の投稿では、Qはこんな嘘ばっかりのニュースを流しても、真理に目覚めた大衆はもう騙されないぞ。腐敗した民主党は、もう消えてもらわなければならない。暗闇から光明へ!という過激な記事を投稿していましたね。

https://www.foxnews.com/politics/democratic-operatives-created-fake-russian-bots-in-alabama-race-designed-to-link-kremlin-to-republican-roy-moore📁
The [D] party will cease to exist once it's all exposed.
FAKE NEWS can no longer control [dampen] public awareness of the TRUTH.
DARK TO LIGHT.
Q

確かに一度、機密文書が開示されれば、三分の二の民主党議員が小児性愛犯罪で逮捕されると言われています。そうなれば、誰も民主党議員に投票する人はいなくなるでしょう。

最後のQの投稿ですが
https://www.theatlantic.com/politics/archive/2017/08/spot-the-difference-oval-office-edition/538008/📁
Anons know why.
Q

アトランティック新聞にジェームス フォローという記者が書いた、トランプのホワイトハウスの事務所が、模様替えした記事が掲載されていました。Qはどうしてこの記者がその事を知っているのでしょうか?と問いかけていましたが、もちろんQ自身がその情報をその記者に流したのです。性格が少し歪んでいますね。(笑)
実はQは、このように言ったのは、この記事の中にとても重要な情報を含ませているからなのです。
それは、トランプの事務机の後ろの窓際に立てかけてある旗の事を、その記者が記事にしているからなのです。
今までの大統領も含めて、事務所にはアメリカの国旗と青色の大統領のシンボル旗の二本しか立てかけてありませんでした。
ところが、今回の模様替えで、トランプはまた別の旗を何本か立てかけたのです。それは一体何の旗なのでしょうか?
答えは軍隊です。写真を見てお分かりになりますか?

そうです。軍が出陣し戦う時に戦場で立てかける進軍旗を、トランプは自分のオフィスに立てかけたのでした。もうやる気満々ですね。トランプの机の近くの白い旗は米軍の旗で、赤い旗は海兵隊です。その他にもトランプは会合室にも軍の旗を立てまくっていますよ。まるで子供のように。
それと同じ頃、Qは次のような投稿をしたのです。

[D] Day, Patriots.
We will have our Country back!
Q+

ところで【D】Dayっていつでしょうか?またDに鉤括弧が付いていますね。これはDは4を表すから一月四日の事だという人がいますが、多分December の頭文字であるDつまり十二月の事でしょうね。
英語では【D】Dayの後に、soonなどの時間を表す語が付いていなければ今の事です。
つまり【D】Dayとは、「今、すでに戦いが始まっているぞ。我々の国を取り戻すぞ」という意味だったのです。
それにQは、2018年は素晴らしい年になると言ってましたから、今年の事でしょう。
つい最近もQ+が、次のような投稿をしたのを覚えていますか?

8 Dec 2018 - 1:37:58 AM
>> 4198539
Operators on standby
Q+ Q0
>> 4198635
Operators are ACTIVE.
Q

つまりトランプは、「作戦を実行に移すぞ!準備はいいか?」
と同じQグループの仲間に確認したのです。するともう一人のQが、トランプに「作戦を開始しました」と答えたのです。
そして今日、Q+であるトランプは「戦いはすでに始まってる」と言ったのです。


ですからトランプが、自分のオフィスを模様替えして軍の進軍旗を立てかけたのです。このような旗が大統領のオフィスに持ち込まれたのは初めての事です。
そうです。戦いはすでに時は始まっているのです。
言い忘れましたが、Qのサインにプラスのマークが付いている時は、それはトランプが投稿したという意味で、この記事はトランプ大統領から私たちへの直接のメッセージなのです。
有り難いですね。こんな民衆の側に立った大統領が現れたなんて、とても私たちは幸せだと思います。彼の給料は年間1ドルなんですよ。奉仕で大統領をやっているんです。トランプよ。ありがとう。心から感謝します。頑張れ!トランプは今まで二十回も暗殺未遂の目に遭っているんですよ。日本ではマスコミは一切報じていませんが、息子さんのバロン君の誘拐未遂事件も起こりました。トランプよ。暗殺されるなよ!
読者の皆さん。このようにQやトランプたちは、自らの生命をかけて支配層と戦っています。トランプと比較することは出来ませんが、自分の相棒も死の床から毎日、最後の生命の水を絞り出すようにして、皆さんの為にこの記事を書いています。
トランプの努力により米軍が全世界から撤退し始めていますが、今が、日本が本当の独立を取り戻すチャンスなのです。トランプが暗殺されたり、万が一プランが失敗に終わった時は、日本の独立も遠のくでしょう。その為に私たちも沈黙を破り、Qが私たちに勧めているように、一人ひとりがデジタル戦士となって、支配層の悪巧みを暴露し、ネット上で真実を拡散し、彼らと戦って行こうではありませんか。

という事で今日は長くなりましたが、最後まで読んで下さってありがとうございます。


Qって誰?
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/6e4f75e905e4e2b7ab0d9d8f764caeb7
支配層への挑戦状
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/5d5e544ce5d09df9cbbf2ab8658c5f30
復活したケネディの反撃
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/06f0d7dbed9f804af37d248f597df169
ケネディJrからのメッセージ
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/ea53a5e741fbe546e987533c2555597f
トランプの背後にいるイルミナティ
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/0ea148fe44669c7dd7047c590db0dda9
壮大なプラン
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/07bdab729c8571b622d5782723848228
今がチャンスだ
https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/b89bf3e6987ed036949caf6dcd22ee0e
ジャンル:
ウェブログ

アメリカの次期国防長官の有力候補としてネオコンのキーン大将の名前

新着記事一覧(全3715件)

2018.12.23
XML   
   
カテゴリ:カテゴリ未分類    

 来年(2019年)2月一杯での辞任が公表されたジェームズ・マティス国防長官はイエメンでの虐殺を支持、朝鮮に対して殲滅すると恫喝、イラクやシリアでの爆撃を監督する立場にあった。イラクのモスルに対する攻撃では少なくとも6000名の市民が殺されたという。

 この好戦的な国防長官の後任としてふたりの名前が挙がっている。トム・コットン上院議員とジョン・キーン退役大将だ。当然のことながらふたりとも「親イスラエル」で好戦派。

 コットン議員は売り出し中の好戦派だが、キーンは筋金入りのネオコン。フレデリック・ケイガンとロバート・ケイガンの兄弟、フレデリックの妻であるキンベリー・ケイガン、ロバートと結婚したビクトリア・ヌランドのネオコン一族と親しいことでも知られている。

 トランプはアフガニスタンからも撤退するとしているが、キーンは2017年6月にアフガニスタンへ1万名から2万名の部隊を送り込むべきだと語っていた。

 キンベリーはISW(戦争研究所)の創設者で、戦争ビジネスと緊密な関係にある人物。2011年9月から12年11月までCIA長官を務めたデイビッド・ペトレイアスとも親しい。

 ペトレイアスはリチャード・チェイニー、ドナルド・ラムズフェルド、あるいはヒラリー・クリントンに近く、エル・サルバドルで死の部隊に心酔した人物。そこで死の部隊を指揮していたジェームズ・スティール大佐と知り合う。当時、ペトレイアスはウエスト・ポイント(陸軍士官学校)の教官を務めていた。

 ペトレイアスは2002年から04年にかけて第101空挺師団の司令官としてイラクでの戦闘に参加、08年から10年までは中央軍司令官を務め、CIA長官になる。その際、彼はスティールをイラクへ連れてきて特殊警察コマンド、つまり死の部隊の訓練を実施させた。

 ビクトリア・ヌランドは言うまでもなくウクライナのクーデターで最前線にいた人物。当時は国務次官補だった。このクーデターはネオ・ナチであるステファン・バンデラ派が中核グループを形成していた。

 このクーデターでバラク・オバマ政権はウクライナ東部や南部を地盤とするビクトル・ヤヌコビッチ大統領の排除には成功したが、クリミアの制圧には失敗してしまう。当然のことながらヤヌコビッチの地盤ではクーデターに反発、離脱の動きが進んだためである。

 オデッサではクーデターに反対する住民が惨殺されたが、そうなる前にクリミアの住民は動いた。クーデター体制からの離脱は圧倒的な住民の意思だった。周囲を海に囲まれているということもあり、オデッサのような事態は避けられたのである。思考回路をアメリカ支配層に支配されている人々はこれを「併合」と呼ぶ。現在、クリミアの住民は平穏な生活を送っているが、反ロシア、嫌ロシアの人々はオデッサの住民のようになるべきだったと考えているのだろうか?

 ウクライナ東部のドンバス(ドネツクやルガンスク)でもクーデターに反発する住民は多いが、戦乱で多くの難民が出た。逃げ込んだ先はロシアだ。そのドンバスに対する軍事的な圧力をキエフ軍は強めている。

 ウクライナにはアメリカの空挺部隊やイギリスの特殊部隊が入り、クーデター政権を支えているが、ここにきてウクライナの軍事力増強に力を入れているのはイギリス。オバマ政権が終わりに近づいた2015年には軍事訓練のプログラムをスタートさせ、イギリス軍から派遣された教官は9500名のウクライナ軍兵士を訓練している。ドンバス側によると、イギリス軍は化学兵器を使おうとしているという。

 そうした中、11月25日にウクライナ軍のガンボート(砲艦)2隻とタグボート1隻が手続きを無視して無断でロシアが領海と定めているケルチ海峡へ入った。撃沈されても不思議ではない状況だったが、ロシア軍は拿捕することに成功する。

 その事件が引き起こされる前日、NATOは大規模な軍事演習、トライデント・ジャンクチャーを実施している。ちなみに、ウクライナの紋章は三つ叉の矛(トライデント)だ。ケルチ海峡での展開次第では軍事衝突に発展した可能性がある。

 ロシアはウクライナ/NATO軍の攻撃に備え、クリミアの防衛力を強化している。シオニストのうちヒラリー・クリントンを担いでいたグループが主導権を握り、キーンが次期国防長官になった場合、ウクライナの情勢が緊迫化する可能性がある。


以上は「櫻井ジャーナル」より
国防長官は皆戦争好きの様です。困ったことです。  以上

マティス国防長官は「シリア反政府軍、アフガニスタンのタリバンとの戦いに敗れた不名誉な敗北が全世界に知れ渡る責任を負わされるのは耐えがたい」と自主的辞任を申し出た

マティス国防長官は「シリア反政府軍、アフガニスタンのタリバンとの

戦いに敗れた不名誉な敗北が全世界に知れ渡る責任を負わされるのは

耐えがたい」と自主的辞任を申し出た

◆〔特別情報1〕
 トランプ大統領が12月20日、「マティス国防長官が2019年2月末に辞任する」と

ツイッターで発表したその日、「米国は、100日以内にアフガニスタンから撤退すると

決めた」という国防総省(ペンタゴン)の内部情報が漏れ伝わっていた.安倍晋三政権や

日本のマスメディアからは、一切伝えられていない。「荒くれ者、狂犬(Mad Dog)」の異名を

持つ退役海兵隊大将・マティス国防長官は、シリアとアフガニスタンからの米軍撤退に

反対してトランプ大統領と意見衝突して辞任に追い込まれたと報道されているけれど、

本当は、米連邦の財政難により米遠征軍これ以上、継戦することが困難になっている

うえに、マティス国防長官は「シリア反政府軍との戦い、アフガニスタン反政府勢力タリバン

との戦いに敗れた、不名誉な敗北が全世界に知れ渡る責任を負わされることに耐えがたい」

として自主的に辞任を申し出たのが真相だ。「落ちぶれた米国」の無残な姿が、ここに至って

露呈した。これは、中東軍事情勢に詳しいパキスタンのジャーナリストからの情報である。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

シリアからの撤退の決断は良い決断です。トランプ氏は選挙公約をまた実行しました。以上

#QAnon のQMap:売国奴としてトランプにより粛清された日本関係者と世界を動かす人達への評価

QMap:売国奴としてトランプにより粛清された日本関係者と世界を動かす人達への評価 

上記をクリックしてYOU-TUBEをご覧ください。

あらゆる陰謀論のいずれも、公然と行われていることほど酷くはない

あらゆる陰謀論のいずれも、公然と行われていることほど酷くはない

2018年11月21日
Caitlin  Johnstone
medium.com

 アメリカで暮らし、働いていたサウジアラビア人ジャーナリストジャマル・カショギの殺人を、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が個人的に命令したというCIAの主張にもかかわらず、昨日、トランプ大統領がホワイトハウス・ウェブサイトに、彼の政権はサウド家を支持すると言う声明を投稿した

 声明は、まるで「アメリカ・ファースト!」のようないわれのない感嘆符やスローガンや、政権が何度繰り返そうとも決して本当のはずがない、イランは「世界の主要テロ支援国家」だという嘘に満ちたトランプ・ツイートの長編版のようだ。世界の主要テロ支援国家は、イスラエルとアメリカとともに、もちろんサウジアラビアだ。

 恐ろしい暴力行為に直面しても、サウジアラビアに味方し続けているアメリカ大統領のことを、トランプ反対派とされる連中は、何十年間もの標準業務手順ではない何か新しい、前例がないことであるかのように、メロドラマ風の怒りで対応している。まだ生きている間にジャーナリストの手足をばらばらにするのは、サウジアラビア政府にとって、ごくありきたりのことで、この政府がした大半の不快なことベストテンのどこにも入るまいが、それがアメリカや陰謀とからんでいるがゆえに、皆が喜んで聞く人目を引く話題だ。しかも、トランプはアメ

リカの墜落について実に率直で包み隠さないので、一層興味深くなっているのだ。

 

 安いガソリン価格について得意気に語り、小さな指人形のように「サウジアラビアありがとう」と付け加えるWWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)社長のツイートで活力を与えられて、これは今日までずっとホットな話題だ。サウジアラビア政府による一人の男性の殺害を巡り、皆が拳を振るわせ、衣服を引き裂く中、2015年4月から2018年10月までの間に、5歳以下のイエメンの子供およそ84,701人が餓死させられたという、それに比べ、ほとんど人を引き付けない記事が発表された。彼らの餓死は、サウジアラビアによる封鎖と容赦ない暴力の直接の結果なのだから、「餓死した」の代わりに「餓死させられた」と私は表現する。

 イエメン一般市民の生命の破壊と比較して、カショギ事件への反応における平衡感覚の欠如は、公の場で発言できる、物事をわきまえた人々により、正しく徹底的に批判されてきた。ジャーナリストを冷酷に殺す政府は明らかにひどいが、それが数えきれない何万もの苦悩に満ちた死より多くの注目を受けるというのは法外だ。

 この動きは、サウジアラビアの人権侵害に特有のものでもない。例えば進行中のロシアゲート陰謀理論を考えよう。たとえマラーの調査が何らかの方法でトランプが2016年選挙で不正に当選するため、ロシア政府と共謀したのを証明した(そうはなるまいが)としても、その行為は、この政権が核保有超大国に対して絶えず推進している冷戦エスカレーションほど恐ろしくはあるまい。地球のあらゆる生き物の存在が、トランプによるばかばかしい、容赦できない、これまでほとんど誰もそれについて話さない、依然、ロシアと進行中の核チキンレースによって脅かされているのだ。彼らは、一部は、戦争挑発への支持を生み出すことがマスコミの仕事であるという理由から、また一つには、理論的な陰謀の方が、我々の支配者が公然と行っていることより、多くの注意を引きつけるというもあって、その危険を軽視し、代わりに無意味な陰謀理論に焦点を当てている。

 陰謀者が、しばしば、9/11事件についてのあれこれや、JFK暗殺や、何であれ、連中の陰謀論について書くように頼んだり、言ってきたりするが、皆様は連中が昼日中に実行しているのを見たことがおありだろうか?? 私に信じるようテレビが報じる公式説明に私が執着しているわけではなく、単に、公的に知られていて、誰もが認める事実を指摘する、より良い議論のほうに一層引かれるし、特に、そうしたものは、どの陰謀理論が主張するより遥かに悪いことが多いのだ。

 つまり、9/11事件を考えてみよう。かなり酷いではないだろうか? 2,996人もが亡くなったのだ。もしそれが、アメリカ政府、あるいはその同盟国の何らかの一派によって計画設計されたか、起きることが許されたのなら、かなり邪悪だ。だが、それは嘘に基づく戦争で、百万人のイラク人が殺害されたことより悪いだろうか? たとえあなたがアメリカ人の命だけを気にかけているとしても、イラクで亡くなったアメリカ兵の数は、既に9/11 事件の死亡者数をはるかに超えている。これは秘密主義の行政機関とDCの部内者により画策され、政府の嘘、マスコミにより客観的な疑いようがない事実として推進された嘘で正当化され、大衆に売りこまれた戦争だった。戦争は、いかなる公的説明責任もなしに、強引に推進され、百万の人の命が消滅させられ、それが実行された際、誰も戦争犯罪のかどで裁判にかけられなかった。誰も解雇もされなかった。このような恐怖が再び世界にもたらされるのを阻止するいかなる変更も行われていない。

 理論上、それは9/11事件より遥かに悪いと私は言いいたいう。そう、2つの事が関連しているのは知っているが、この二つの客観的事実を見れば、9月の朝に何が特に起きたかにかかわらず、一つの方が、もう一つより一層言語道断な攻撃なのは明らかだ。

It isn't necessary to go diving down every conspiracy theory rabbit hole to understand that there's an alliance of plutocrats and secretive government agencies running things; it's right out in the open. You can point to them using publicly available, noncontroversial facts.

318人がこの話題について話しています    

 

 ほぼ全ての他の陰謀論は、これと同じだ。権力を持った人々を、連中が何か恐ろしいことを公然と行っている現場で捕らえるという考えは興味深く、面白いが、こうした権力を持った連中が、公然と行っていることよりもずっと恐ろしくないのだ。マスコミは、誰が彼らを所有しているか全く隠そうともせず、あるいは、明けても暮れても我々の心を操作しながら、どぎつい既成支配体制寄りの偏見を覆い隠そうともせず、医薬品のお金が爆弾や戦艦に使われ、一般市民が制裁で餓死する間に、嘘を元に戦争が行われ、そうした嘘が発覚しても、我々は「くたばれ。我々はやりたいことをやるのだ」と言われるだけで、アメリカ国民が医療不足で死んでゆく間、億万長者連中は、企業ロビー活動や選挙運動資金を提供し、公然と立法府に影響力を行使し、金権政治階級に有利なように局面を変えており、お金は、金持ちの中でも最も金持ちへと上方逆流する中、我々は、環境汚染による生態系破壊という最終段階の資本主義か、イエメンに地球上で最もひどい人道的危機をもたらしている底知れぬほど裕福な王家との間で儲かる武器取り引きがまとまっての、核によるホロコーストかのいずれかによる絶滅に、少しずつ近づいているのだ。

 もし我々が、我々と我々の仲間たちに、公然と行われていることを新鮮な目で見ることができれば、我々は全くの恐怖に震え、ひるみ、地面に倒れ込むはずだ。これらの酷いことを、そういうものとして扱わない唯一の理由は、そうしたことを、我々がそうすべきものとして扱わない唯一の理由は、我々がそれを当然のこととして受け取り、それがものごとの当然のなりゆきだと我々が受け止めてしまうほど、我々に対し、そうしたことが常態化されているためだ。そうしたものが、我々が感受性を鈍くさせられていない新しいニュースの話題であるがゆえに、陰謀理論は輝いているが、最も多くの損害を与えるのは、権力がある連中が、通常、公然と実行しているものごとだ。

______________________________

 お読みいただいたことに感謝! インターネット検閲を回避し、私が公開する記事を読めるようにする最善の方法は、私のウェブサイトで、メーリングリストを購読することで、そうすれば私が掲載する全てのものについて、電子メールで通知が行く。私の記事は全て読者の支持によるものなので、本記事を良いと思われたら、共有し、 Facebookで「いいね」評価し、私のTwitterをフォローし、私のpodcastをチェックし、PatreonかPaypalに投げ銭し、新刊『Rogue Nation: Psychonautical Adventures With Caitlin Johnstone』や前の著書『Woke: A Field Guide for Utopia Preppers』を購入頂くようお願いしたい。

ビットコイン寄付:1Ac7PCQXoQoLA9Sh8fhAgiU3PHA2EX5Zm2

記事原文のurl:https://medium.com/@caityjohnstone/nothing-in-any-conspiracy-theory-is-as-bad-as-whats-being-done-out-in-the-open-b75dfa120406

---------

 そう。

 あらゆる陰謀論のいずれも、この劣島で公然と行われていることほど酷くはない

 辺野古基地、原発、戦争法、消費税、入管法改悪、水道民営化、モリカケときりがない。

 万博、推進している面々をみるたび、将来、万一、経済的、時間的、物理的に行けたとしても、決してゆくまいという決意は高まるばかり。元がとれていない土木プロジェクトに、美名の下で大金投入し、「夢洲」にカジノまで作ろうという悪夢のような話。筋が悪すぎる。

 『街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋』の最新記事も、話題は大阪万博。

 大阪万博決定!!  おい壁の穴が先だろ!!

以上は「マスコミに載らない海外記事」より

アベ政治は売国奴的に日本を売り渡しています。平成の黒船の要求に応じているのです。幕末の徳川政権と瓜弐つです。                     以上

1918年11月11日に第1次世界大戦は休戦するが、その前からロシア侵略開始

XML      

カテゴリ:カテゴリ未分類    

 1918年、つまり今から100年前の11月11日に第1次世界大戦は休戦になった。その2日前にドイツ皇帝ウィルヘルム2世は退位している。この戦争ではドイツを中心とする同盟国とフランス、イギリス、ロシアを中心とする連合国が戦った。日本は連合国側についている。

 途中、1917年11月にロシアではボルシェビキが資本家主導で戦争を継続する方針だった臨時革命政府を倒し(十月革命)、ボルシェビキを率いていたウラジミル・I・レーニンは即時停戦を指示している。臨時革命政府にはメンシェビキや社会革命党(エス・エル)が参加していた。ロマノフ朝を支えていたのは地主貴族と産業資本家で、そのうち戦争をカネ儲けのチャンスと考える資本家がロシアを乗っ取ったようにも見える。

 臨時革命政府で法務大臣に就任したのはエス・エルのアレクサンドル・ケレンスキーだが、この人物を通じてイギリス政府やシオニストは新政府に影響を及ぼしていたと見られている。ケレンスキーは後に首相となる。(Alan Hart, “Zionism Volume One”, World Focus Publishing, 2005)

 この大戦でドイツは東のロシア、西のフランス、ふたつの戦線を抱えていた。そこで目をつけたのが即時停戦を主張していたボルシェビキ。この党の幹部は1917年3月にロマノフ朝が倒された際(二月革命)、国外に亡命しているか、刑務所に入れられていた。そこでドイツ政府はボルシェビキの幹部を「封印列車」でロシアへ運ぶ。レーニンは1917年4月にスイスから帰国した。

 十月革命で軍事的に重要な役割を演じるレフ・トロツキーが二月革命当時にいたのはニューヨーク。そのころはメンシェビキのメンバーだった。トロツキーは1917年3月にニューヨークを離れ、途中で彼の乗った船がイギリス海軍に拿捕されてしまうが、4月には釈放された。ロシアへ着いたのは5月に入ってからだ。その後、トロツキーはボルシェビキに加わる。

 ロシアで実権を握ったボルシェビキはドイツと1918年3月に講和条約(ブレスト・リトフスク条約)を結ぶ。交渉の過程でドイツは領土などで過大な要求をしてくるが、レーニンは党内の反対派を抑えて講和を成立させた。

 これに対し、イギリス、フランス、アメリカ、日本などは1918年8月にロシアへ軍隊を派遣し、ボルシェビキ政権を潰す目的で干渉戦争を開始する。日本は1万2000名をウラジオストックへ駐留させるだけだとして軍隊を派遣した。干渉戦争に参加した国々にとって十月革命は想定外の出来事だったのだろう。

 この年の11月に事実上、大戦は終了するが、日本は増派で7万人を上回る兵員を送り込み、1922年までシベリアにとどまった。この際、日本軍は金塊を持ち帰っている。この問題は憲政会の中野正剛による質問で表面化した。

 持ち帰られた金塊は1万2000キログラムに達すると現在では考えられているが、そのうち8割ほどは朝鮮銀行の下関支店へ運ばれ、そこから大阪造幣局へ移されたと信じられている。またルーブル金貨は朝鮮銀行か横浜正金銀行で日本の通貨に換金されたと推測されている。(金原左門著『昭和の歴史 1 昭和への胎動』小学館、1988年)

 
​    



以上は「櫻井ジャーナル」より
その時々の国の利害で同盟を組む相手が違うことを繰り返しています。 以上

貧乏人は下水の水を汲んで飲めばいい

貧乏人は下水の水を汲んで飲めばいい

ネットゲリラさんのサイトより
http://my.shadowcity.jp/2018/11/post-14257.html
<転載開始>
水道民営化なんだが、既にものすごい勢いで進んでいて、ヴェオリアがウチの会社を買収しに来たりしているんだが、みんな勘違いしているのは、これで影響が大きいのは地方ではなく、都会なんですね。地方では、そもそも公営水道が入ってない地域というのも多い。伊豆高原なんか私設水道ばかりだし、スルガ銀行絡みで有名な駿河平分譲地も私設じゃなかったかな。山ではあちこちに水源があるので、公営水道敷設する余裕がない自治体では、新設の分譲地や別荘地はみんな私設水道です。

 「住民の福祉とはかけ離れた施策である。国民の生命と生活に欠かせない水道事業は民営化になじまない」。新潟県議会は10月12日、水道法改正案に反対する意見書を可決。野党系が発案したものだが、最大会派の自民党が賛成するという異例の決断だ。
 民営化が進展すれば、海外から「ウオーターバロン」(水男爵)や「水メジャー」と呼ばれる巨大な水道事業者が日本に押し寄せるという懸念もある。
 海外では、民営化後の悪影響が報告されている。厚生労働省などによると、米アトランタでは、1999年に民間が水道の運営権を取得したが、施設の維持費がかさんで水質が悪化し、4年後に再び公営に戻された。この15年間で30カ国以上で再公営化されているという。
 南アフリカでは民営化後、料金高騰で支払えない約1千万人が水道を止められ、汚染した河川の水を使いコレラが蔓延(まんえん)。ボリビアでは料金が跳ね上がり暴動が発生したケースもある。


都会はそうも行かない。江戸には当初から「水道」があった。武蔵野から水を引いていたんですね。玉川上水とか。「神田の水で産湯を使った」というのは、水道の水で、という意味です。今だって、上流で使って汚れた水を、何度も手間をかけて浄化して水道水にしている。コストがかかっている。人口も多いし、高く売れるので、商売としてオイシイ。山の限界集落なんて、裏山の湧き水を引っ張ってくるだけなので、原価は限りなくゼロに近い。三島市の場合も、全量が井戸水なので、原価はゼロに近い。そんなところを請けたところで、儲からない。外資が狙っているのは都会です。貧乏人は都会には住めなくなる。それはそれでいいかもねw
【水道法改正案】水道民営化に根強い抵抗感 料金高騰、水質悪化...海外では暴動も、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。

-----------------------
安倍がまた日本を亡ぼそうとしてんのか
-----------------------
↑冗談じゃなくこの法案可決したら日本は終わりだ
-----------------------
安倍の政策は李朝末期と同じだな。
-----------------------
安倍がいちばんの売国やったね
-----------------------
老朽化したインフラ整備を民間に頼るニッポン終わりだね
-----------------------
また、ケケ中が動いているみたいだよ。
フランスの企業とかね
-----------------------
↑何処かが書いてたな そいつ絡みだったか、官房長官の秘書か誰かが別件での不祥事込みで、同様にフランスの水道会社の接待受けてたとかそんな記事。

外国人労働者流入で賃金25%減...政府がひた隠す驚愕の論文
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/240977
-----------------------
安倍はホント歴代最悪の政権だ
-----------------------
自民党が国民の生活なんて守るわけないだろ
-----------------------
日本の優良企業が未来に責任を持って引き受けるならまだしも
日本人絶滅計画もってそうな外資が乗っ取る可能性もあるんだぜ
-----------------------
安倍のせいで日本がめちゃくちゃにされる
-----------------------
某 ブログ記事より引用

この15年間 で水道事業が再公営化された事例は35カ国の少なくとも180件にのぼり、欧州、米州地域、 アジア、アフリカの有名な事例を含めてその 範囲は先進国と途上国を問わない。
再公営化 を実施した大都市には、アクラ(ガーナ)、 ベルリン(ドイツ)、ブエノスアイレス(ア ルゼンチン)、ブダペスト(ハンガリー)、クアラルンプール(マレーシア)、ラパス(ボ リビア)、マプト(モザンビーク)パリ(フ ランス)などがある。対照的に同じ時期に水道事業を民営化した大都市は数えるほどで、 強力な反対と批判に見舞われたナグプール( インド)やジッダ(サウジアラビア)などに とどまる。
この30年以上、国際金融機関や各国政府は民営化とパブリック・プライベート・ パートナーシップ(PPP)を強引に推進してきたが、いまや水道事業の再公営化の方が政 策的選択肢として定着する趨勢にある。
-----------------------
厚労省は「日本版の水メジャーの育成にも寄与できれば」ともくろむ。

まだこんな勘違いしてんの?
-----------------------
日本みたいに災害の多い国がライフラインを民間に渡したら皆死ぬって
-----------------------
公務員必要ねーじゃん
-----------------------
水道民営化は麻生が仕組んでいる
麻生はフランスロスチャイルド家と血縁関係になっていて.、.日本の水道をフランスロスチャイルド企業に売り渡し水道料金を5倍にして日本人から搾取させようとしてる極悪売国奴.、.「ロスチャイルド家の猿」こと麻生を退治しないと日本人は水も飲めなくなる.!
-----------------------
「MONEY VOICE」より抜粋
水道の民営化の失敗例としてよく知られているのが、マニラとボリビアの事例です。
https://www.mag2.com/p/money/490231/3
マニラは1997年に水道事業を民営化しましたが、米ベクテル社などが参入すると水道料金は4~5倍になり、低所得者は水道の使用を禁じられました。
またボリビアは1999年に水道事業を民営化したものの、やはりアメリカのベクテル社が水道料金を一気に倍以上に引き上げ、耐えかねた住民たちは大規模デモを起こし、200人近い死傷者を出す紛争に発展しました。
当時のボリビア・コチャバンバ市の平均月収は100ドル程度で、ベクテル社は一気に月20ドルへと値上げしたのです。大規模デモは当時の政権側は武力で鎮圧されましたが、その後、コチャバンバ市はベクテルに契約解除を申し出ると、同社は違約金と賠償金を要求してきたそうです。
-----------------------
すでに支払い業務とかでヴェオリアとか参入してきてる。
祖国フランスでアコギなことやり過ぎて追い出された企業だ。
-----------------------
安倍は任期最後だからどんどん売国に走るだろうな
日本をぶっこわすがスローガンさw
-----------------------
公共インフラ事業の優先順位でいくとこうなる

水>>>>消防>警察

国は水を安定供給する責務がある
これを果たせないのなら国は行政権の全てを国民に返しなさい
国民が別の統治者を選出する
-----------------------
近い将来に水は足りなくなるって予測されてるからな
外資に付けこむ隙は与えない方がいい
-----------------------
もう維新は締め出した方がいいな
水道の民営化ぬかしてたのは橋下だから
-----------------------
行政のような親方日の丸商売は無くなるが、
民営化すれば水質悪化、サービス低下、半端ない料金(現行の5倍以上もある)に値上がり
行政運営より大幅に無駄は無くなるが高額な株主配当、役員報酬のため前述のことになるだろう。
政府は使用40年過ぎた水道管の修理管理、浄水場ダムの修理に50年間で57兆円を見込む
ほとんど報道されず国民が知らない間に2017年3月閣議決定通常国家に提出された。
どの国も民営化で恩恵を受けるのは企業だけ
そして、外資企業へたたき売りの状態の水道法改正である。
-----------------------
移民にしろ水道民営化にしろ海外で失敗してる事を無理してやりたがるなんて正気の沙汰とは思えない
-----------------------
たしか以前、日本でも水道を民間がやってた地域があってね
水が出たりでなかったり真面に運用出来なかったらしい
その業者は利を得るため、供給不可能な件数の契約をし
最終的には破綻した、そして町の水道へ切り替わったとさ
めでたしめでたし

この場合、競争相手が町の水道事業で、べらぼうな値段が付けられないw
今度の場合は競争相手が無いので、べらぼうな値段も付けられるねw
この国は海外に比べて水道代がかなり安いからなぁw
-----------------------
蛇口ひねればいくらでも出るくらいに錯覚しがちだが
このタイミングで民営化の話が出るってことは水戦争はすでに始まっているんだろうな
-----------------------
水はさすがに死守して欲しいわ
安倍嫌いだけど、これ通したら本当に見捨てる
-----------------------
日本の水道は世界一なんだから、よその国なんて関係ない
これはただのインフラの切り売りですよ
-----------------------
独占事業なのに料金下がるわけない
競争ないんだから
ケータイ料金下がったの?w
-----------------------
ぐだらない事に税を使ってないで水こそ守るべき
民営化とかありえんわ
-----------------------
民営化すると逆にコストが上がるのは
パリ・ロンドンでもあきらか
パリはすでに元に戻したしロンドンもそうなりつつある
この状況で民営化したら次は間違いなく野党に入れる。
-----------------------
末端の人が少ない収益の上がらないところは配管の更新がされず赤い水が出てもそのまま。
しかも料金変わらず。
-----------------------
ここまで民営化で成功したものが一つもないのに命の水まで民営化しようとしてる意味がわからない
-----------------------
まあ
民営化っつーのはそう言う事
JRだって民営化の時に自民党が「ローカル線が無くなる事はありません」みたいな事言ってたけどバッサバッサ廃止してるし
約束なんてその時だけ
-----------------------
インドケーララ州では外資コカ・コーラが地下水大量にくみあげて
農業用水が枯渇
住民が裁判起こしてる

日本も中国が水源地買い漁ってるけど
水道完全民営化を視野に入れてるんだろうね

日本人は毎月高い水道代をユダヤや中国人に払うことになる

もう電気代の方は外資に再生エネ賦課料金という名目で
外資献上分の金が上乗せされてる
-----------------------
ライフラインのインフラは民営化しない方が良いよ
やるなら料金徴収の委託だけ

全部任したら、1000 人未満の町は見捨てられるかもしれない
民間の効率化ってのは、そう言うもんだ。採算割れしたら切り捨てる
-----------------------
群馬は既に3市5町の水道事業を統合して民間に委託してる
コンセッション方式を導入しなければならない理由がよくわからん
-----------------------
水道管の水漏れ起きたら上流の栓閉めてそこから下流は契約解除でおしまい。
(下流の人が少ない場合)
-----------------------
貧乏人は下水の水を汲んで飲めばいい
-----------------------
水道事業は
ある程度の規模の自治体なら黒字です。
日本のインフラをどんどん外資に売り渡そうという計画!
ユニバーサルサービスがどんどんなくなる。
地方はより住みにくくなる。
売国奴安倍晋三自民党が国難!!
-----------------------
豪雨や水害、氷点下で水道管凍結で断水 
この一年でこんだけあったのに
まだ民営化やろうとしてんだな
地方は水道代爆上げして
住めなくするのが狙いだろ
そしてその土地を安く買いたたいて
大量に招いた中国人に投げ売りたいのだろ
-----------------------
安全の問題もあるけど単純に絶対に値上がりするっしょ
東京とか数多い所は安かったりするけど静岡とか中途半端な所はまず高くなるんだわ
-----------------------


だから、静岡に関しては、井戸水も多い地域だし、山は今でも私設水道だし、外資が稼げるような土地じゃないです。

-----------------------
安倍を早く辞めさせないといけない。

【社会】水道民営化は必要か?料金高騰、水質悪化...海外で失敗例続出 運営業者監視にも限界 安倍政権は推進、識者ら懸念
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1532418934/
-----------------------
貴重な水資源を外資に売り渡してはいけない。

水は必須の「社会的共通資本」。水道民営化はNG、世界の潮流はすでに"再公営化"へ
http://bigissue-online.jp/archives/1071909679.html
 電力小売りが自由化されて以降、電気の購入先を選べるようになり、サービスも多様になった。しかし、それが水道となると「話はまったく別です」と関良基さんは言う。
「電気は、一つの送電網を複数の電力会社が共有して電気を流すことが可能です。
しかし、水道管は一系統しかないため一社独占の形態しか成り立たず、競争原理は働きません」
-----------------------
水道インフラを外資になげうって日本人職員はクビ
かわりに中国人を水道局で公務員として雇用 
中国人ひとりが親族100人よびよせてナマポ
重工業地帯への給水もわざと止めて 日本衰退
有事の際は水利機関にIOTテロ
ダム放水機能も 原発も 浄水場もサイバーテロでストップ
ゲリノミクス
-----------------------
簡易水道復活だな
-----------------------
すでにどっかの地域ではファーウェイが水道検針事業に参入してるってな
水利機関にIOTテロされまくるね
-----------------------
インフラファンドで配当金として抜きまくりってのが目的
貧乏人から金持ちへの逆再分配よ
-----------------------
「イングランドでは14年までの25年間で水道料金が3倍になりました(インフレ率は2倍)。
受託した英テムズ・ウォーター社は、民営化時の契約では事業収益の中から老朽化した水道管の設備投資を充てるとしていましたが、収益をタックス・ヘイブンに逃して蓄財。
帳簿上は赤字を膨らませて、設備投資を逃れました」
 老朽化した水道管が使われ続けた結果、漏水が増加。12年に行われた地元紙による世論調査では71%の人が「再公営化を希望する」と回答。ウエールズは01年から非営利法人に経営が移り、スコットランドと北アイルランドでは公営を維持。「民営化から25年が経ち、水道は公営が適しているというのが英国では共通認識になっています」
http://bigissue-online.jp/archives/1071909679.html
-----------------------
そもそも海外の失敗事例を挙げて反論してる時点でおかしい
民主党支持者だか利権にたかる公務員だかわからないが、あれだけの失敗事例があるんだから分析して防止する策があるに決まってる
-----------------------
↑今まで水道民営化してきた国が失敗事例を分析して対策を考えてこなかったとでも思ってんの?
それで抑え込まれるようなら水メジャーなんて台頭してないわ
-----------------------
日本の漁業権も地元漁協からとりあげ
オトモダチ企業や外資に売り
いまでさえ 外資系水産会社が沖合で稚魚まで乱獲してるのに
中国系水産企業が日本の港を堂々と出入り
武器やシャブも密輸しまくり
軍隊上陸のために 沿岸調査しまくり
-----------------------
水は人間が生きる上で最低限必要なモノなのに、それまで民営化されたら
価格が高騰して大変な事態になるぞ。
-----------------------
 ボリビアでは98年、世界銀行から融資を受ける条件として同国コチャバンバ市で水道を民営化したところ、翌々年には水道料金が35%も上昇。市民のハンストやデモなどが頻発し、軍も出動、犠牲者が出る事態となって事業者は撤退へ。「そのような〝水戦争〟を経て09年に制定されたボリビア新憲法には、水の公有が明記されています。
安らかに生きるためには、水、労働、教育、医療、住宅が必要だ、と」
http://bigissue-online.jp/archives/1071909679.html
-----------------------
都市で儲けてその儲けで田舎まで整備して日本全国にいきわたらせてるけど
儲かる部分だけ民間に取られて田舎を税金でやるのが一番の負けパターン
-----------------------
↑民間企業の電力や郵政やJRなんかはそうだが、水道は市町村の経営
東京都水道局が田舎の村の水道事業に金を回してるか?
-----------------------
「海外ではダメだったけど日本では上手くいく」その自信はどっから沸いてくるんだよ
-----------------------
 フランス・パリでは84年にヴェオリア社とスエズ社が水道事業を受託。
不透明な財務が疑問視され続ける中、水道料金は85年から09年にかけて265%アップ(その間のインフレ率は70.5%)した。市長選では再公営化を掲げた候補が当選、両社との契約は更新されず2010年から再公営化された。
 再公営化後のパリ水道局の理事会は、市議会議員11人、労働者代表2人、消費者代表5人、専門家2人、NPO1人、消費者団体1名で構成。水道料金や施設の更新について、労働者と市民の意見が反映される運営となり、無駄な支出は減り、水道料金は8%下がった。
「市民参加による運営が本来の公営です。
http://bigissue-online.jp/archives/1071909679.html
-----------------------
もう末期だな、次に売れるのは何だ。
-----------------------
↑本当に李氏朝鮮の末期のようだな
-----------------------
民間が入ると間違いなく水質の低下と検査の偽装のオンパレードになるよ
-----------------------
ジャップ国は本当にしょうもない輩の集まりだな
水道民営化なぞ1ミリも賛成できることなんかねえだろうに
あんなもんマンセーしている奴らはよほど変な水でも飲んでるんじゃないかねw

時間も時間だから多くは語らんがね
水道民営化だといいことずくめと人は言う
だったら、その水道民営化会社の経営者や株主投資家様は
どっから捻出したゼニで酒池肉林の珍味佳肴の黄金の日々を送るんだっつーのwww

水道代をあげるか? 建設業者を叩くか? 工事資材や水の品質落とすか?
検針員はじめ職員の給料下げて労働強化するか?
そこにはどこかにな、歪みがあるんだよ
-----------------------
安倍は売れるものは何でも売る

土地、水源 製造メーカー、通信インフラ、発電インフラ、
放送インフラ、水道インフラ 漁業権
私銀 私学法人 国籍 永住権

売国どころか 日本解体の総仕上げ
-----------------------
全国的に配管が寿命で今後膨大な金が掛かるし民間に投げちまえってことだが
国家の役割や責任てなんなんだよって根本的な話だわ
-----------------------
税金は取るけど公共サービスはやめて集めた金は公務員の生活費に使うだけ
-----------------------
民営化すれば安くインフラを更新できると嘘をつくが
老朽インフラ放置で水道代が上がるだけ
安倍は100兆円以上 海外にバラまき 
株買い支えに勝手に年金郵貯溶かしてるんだから
その金で国内の老朽インフラ更新すりゃいいだけだ
-----------------------
企業が儲けられれば国民の生活なんてどうなろうが知ったことではない。
というのが自民党の政治哲学だからな。
-----------------------


箱根西麓はいまだにあまり開発が進んでいないんだが、それというのも「水が少なかった」から。地方では、天から与えられた水の量以上の人間は住めなかったし、それも井戸水、湧水なので、外資が参入したがるような魅力はない。運営にコストがかかる代わりに消費者が多い都会がターゲットです。


<転載終了>

コメント一覧 (5)

                               
    • 5.                                 匿名                            
    •                             
    • 2018年11月05日 08:10
    •                             
    • 2015年11月5日、秋篠宮夫妻ブラジルご招待訪問時に、
      ブラジル・ミナスジェライス州・鉱滓ダム決壊事件。(有害物質流出)
      日本の宮内庁とNWOオリガーキー朝鮮悪らによるクーデター攻撃疑惑
      ブラジルの311フクシマと言われる  Rio Doce Disaster
      https://www.youtube.com/watch?v=3Ov7ebf8ACU

      日本ブラジル外交関係樹立120周年 秋篠宮夫妻のブラジル訪問は
      2015年10月28日にサンパウロ到着後、11月8日まで滞在。
      11月5日(現地時間)には、ブラジル連邦議会で行われた日本との外交関係樹立120周年を記念する式典と、ブラジル政府主催の昼食会に出席。
      その内容は、ブラジル国内でもニュースとして取り上げられています。

      https://www.youtube.com/watch?v=JR83z2yb6HQ


      秋篠宮様ご夫妻は、11月11日に、宮内庁を通じてブラジル訪問の印象を発表。
      2015年11月5日、秋篠宮夫妻ブラジルご招待訪問時に、発生した
      ブラジルのダム決壊(テロ?)には、不自然なほど触れず・・・?

      http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/03/speech/gokanso-h27-brazil.html

      https://matome.naver.jp/odai/2144768282016284401

      森友・8億円値引き利権・NECは、住友財閥系。。。みぞゆ~な財務大臣
      財務省PCを、庶民の血税 52億円使い 総入れ替え。
      ブラジルの水道もみぞゆ~麻生奴隷政策+外資に狙われている?

      住友商事は、Brookfield Business Partners社およびBrookfield Asset Management社(本社:カナダ トロント)の投資顧客と共同で、
      オデブレヒト・アンビエンタル社(オーデブレヒチアンビエンタウ)が有する
      在ブラジルの上下水道や産業用水処理事業26社の株式70パーセントを取得したことを4月26日(水)、発表した。
      同社はブラジルにおける水事業に参画して、国内の12州にわたる約100市町村において、約1700万人に対し上下水道や産業用水処理サービスを提供する。

      http://megabrasil.jp/20170428_35300/
    • 4.                                 匿名                            
    •                             
    • 2018年11月05日 08:04
    •                             
    • 『イスラエルの軍隊がパレスチナ人の臓器を「誘拐」』というから、その総本山はイスラエルである。
      イスラエルは、カザールマフィア、
      即ち、カザール地方(ウクライナ・・・グルジア(現ジョージア))と来れば、ピンと来るものは多いはずだ。
      しかも、サアカシヴィル元グルジア大統領とその妻が、仲介人となっているというのは、驚きである。
      何のための東ヨーロッパの民主化か?
      所詮は、悪徳ビジネスの領域拡大に過ぎなかった・・・。
      戦争を隠れ蓑に、
      「臓器売買」の調達とは・・・?開いた口がふさがない。

      https://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/c/a5d941d62c6c19676f20e5ba37919cb4

      秋篠宮文仁さまと、次女 佳子さまが地方ご視察のため、岡山県倉敷 美観地区へ
      https://stat.ameba.jp/user_images/20150303/22/okayamanokaze/e8/5c/j/o0480026913234528373.jpg?caw=800
      加 計 学 園 問 題と 皇 室 の闇
      http://princeakishino.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

      再婚相手(46)と逃げる加計晃太郎(66)加計学園理事長。母加計晃子と絶縁。家族おかしくなる。長男加計役(42)加計学園副理事長。次男加計悟(40)倉敷芸科大副学長。
      姉加計美也子(68)順正学園理事長、弟と不仲。グループ実質経営者。東大院卒息子加計勇樹(42)順正学園副理事長。

      http://blog-imgs-114.fc2.com/a/b/5/ab5730/DEif-dkUQAAmPeo.jpg

      世界ハム・ソーセージ博物館
      日本食研のキャラクターは「バンコ」
      えっ?イタリアのデル・バンコ?・・空耳・・
      日本食研の工場は愛媛県今治市の海岸沿いに建つ、オーストリアのウィーンにある「ベルベデーレ宮殿」をモチーフに建設された。
      長きに渡り中世ヨーロッパに君臨した
      ハ プ ス ブ ル グ 家 の英華の象徴。
      マリー・アントワネットの母親である女帝マリア・テレジアが所有し、絢爛なヨーロッパ宮廷文化の舞台となった場所でもあります。

      https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1908/
    • 3.                                 匿名                            
    •                             
    • 2018年11月05日 07:57
    •                             
    • 小池百合子衆議院議員がレジオン・ドヌール勲章を受章
      https://jp.ambafrance.org/article9767

      日産・ルノー、世界1千万台へ 三菱自を傘下に2016/5/16
      https://www.nikkei.com/article/DGXZZO02358460W6A510C1000000/

      三菱自、不正で巨額赤字なのに役員報酬3倍に批判殺到…
      ゴーン氏、日産等から総額18億円 2016/12/19
      http://biz-journal.jp/2016/12/post_17504.html

      小池百合子 ヴェオリア 麻生太郎 三菱 コベルコ
      水道料金:ヴェオリア・ジェネッツ社の名前が東京都に!
      https://ameblo.jp/miraihamassugumiteruyo/entry-12296587364.html

      社会に貢献する神鋼環境ソリューションの製品です
      http://www.kobelco-eco.co.jp/product/

      コベルコシステム株式会社  コベルコソフトサービス(株)
      神戸市灘区岩屋中町4-2-7 シマブンビル11階

      東京都品川区北品川5-9-12 北品川ONビル4階

      株主構成 日本アイ・ビー・エム(IBM)株式会社 51%  株式会社 神戸製鋼所 49%

      ミャンマー連邦共和国駐日大使館
      東京都品川区北品川4丁目8-26
    • 2.                                 匿名                            
    •                             
    • 2018年11月05日 07:55
    •                             
    • 日本赤十字社の社長は 近 衞 忠 煇
      旧肥後熊本藩主細川家の細川護貞と温子夫人(近衛文麿の二女)の次男として生まれた。
      兄は細川護熙(第79代内閣総理大臣)。
      (旧公爵近衛家当主。夫人は、三笠宮崇仁親王第一女子である 近 衛 や す 子。実の弟 寬仁親王の妃 信 子は 麻 生 太 郎 の 妹 )
      ◆麻生太郎と水道民営化の関係
      水を海外に売り渡そうとしている勢力の筆頭が麻生太郎です。

      https://ameblo.jp/walker-memo/entry-12259792766.html

      クリントン財団の臓器収穫ビジネス(後編)
      https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=132414

      イスラム教育科学文化機構がミャンマーのアウンサンスーチー外相のノーベル平和賞 剥奪を 求めました。
      http://parstoday.com/ja/news/world-i34658

      5年後の臓器移植、年間1,000件目指す運営基盤の強化に向け日本財団が支援
      1億2千万、日本臓器移植ネットワークに
      https://www.nippon-foundation.or.jp/news/report/2017/45.html

      日本臓器移植ネットワークの色=百合子 屠民ファーストカラー?
      グリーンリボンは、世界的な移植医療のシンボルマークです。

      http://www.jotnw.or.jp/greenribbon/

      都知事選:小池百合子氏の背後に
      笹川財団、細川護熙元首相、小泉純一郎元首相、小沢一郎代表… ?
      金で票が上積みされる日本の不正選挙?

      https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115067
    • 1.                                 シドニア                            
    •                             
    • 2018年11月05日 07:06
    •                             
    • 井戸を掘ろう!                           
  1.                 
                                 

以上は「大魔邇」より

水道はもっとも大事な基本的なものです。これを外資に売却するなどは狂気の沙汰です。値段は上がるし水質も悪くなるのは明白です。これをやる政党には絶対投票しません。以上

★ 江戸時代からペニシリンを使ってた?

★ 江戸時代からペニシリンを使ってた?

江戸時代のブラックジャック < newsNueq-1627 >より転載します。
貼りつけ開始

Jappaan
江戸時代からペニシリンを使ってた?
医師「足立休哲」はまさにお江戸のブラックジャック!

----------------------------------------------------------
https://mag.japaaan.com/archives/84628
2018/11/02

 ペニシリンは、1928年にイギリスのアレクサンダー・フレミングによって
 発見された世界初の抗生物質。
 1942年に欧米で実用化に成功し、第二次世界大戦中に多くの負傷者を救ったことから
「20世紀最大の発見」ともいわれています。

 日本でも「碧素」(へきそ)という名前で1945年に実用化に成功しています。

 フレミングがペニシリンを発見するに至った経緯について、
 彼がブドウ球菌を培養中にカビの胞子がペトリ皿に落ち、
 カビの周囲のブドウ球菌が溶解しているのに気づいたことがきっかけだったそうですが、
 フレミングよりもずっと前に、それも江戸時代の日本で、
 ペニシリンのような薬を使って治療していた医者がいます。

 医者の名前は足立休哲(あだちきゅうてつ)
 1660年、徳島生まれ。
 やがて江戸の青梅・森下に移り住み、そこで開業医として活躍していました。
 大変な名医として知られ、金持ちには高額の医療費を請求し、
 貧乏人には無料で診察をしたのだとか。

 次のような逸話が残されています。

 あるとき、北島五兵衛という金持ち商人がひどい病気にかかり重体となりました。
 休哲が彼を治療したところ、無事に回復。
 その後、北島家の番頭が謝礼として五両を差し出すと、
 休哲先生は「御主人の命がたったの五両ですかい」といいました。
 番頭はおそるおそる治療費を聞くと、
「まあ、この10倍ほどでしょうな」とすましていったのだとか。
 北島家は五十両を支払い、休哲はこの五十両を貧しい人に与えたと伝わります。

 当時300万の311-Xの支払いを嫌がった後、500万の車を購入後、
   癌の悪化で病院で数百万の暴利を貪られた挙げ句に移死に殺された人もいる。

 まさに江戸時代版ブラック・ジャックといったところでしょうか。


 さて、それほど腕の良さが評判だった休哲ですが、
 彼が治療の際に使っていたといわれるのが秘伝の薬。
 その入手先はもちろん、製法も明らかにされていませんでした。

 ところが、あるとき彼の女中の一人が、台所の床下からカメの中から
 休哲が何かを取り出しているのを目撃します。
 女中がカメの中を確かめると、そのなかにあったのは青カビだったのだとか。

 休哲はどこで青カビの効用に気が付いたのでしょうか。
 それがわかる記録はいまのところのこされていません。

 休哲は特に耳の病気を治すことで有名でした。
 1752年に93歳で亡くなりますが、彼の死後、
 村人によって小さな祠が建てられ、神格化されました。
 今でもその祠は残っており、「キュウテツサマ」といわれ
 眼と耳の病のご利益のある神様として信仰されています。
(所在地:東京都青梅市森下町443周辺)

  キュウテツサマ
  https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2018/10/kyutetusama.png
https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2018/10/kyutetusama.png


 < 以下略 >


                               nueq


貼り付終わり、ニュークさん解説。



華岡 青洲(はなおか せいしゅう、宝暦10年10月23日(1760年11月30日) - 天保6年10月2日(1835年11月21日))は、江戸時代の外科医。記録に残るものとして、世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳癌手術)を成功させた。

・日本の先人は素晴らしい(=・ω・=)にゃ~♥
以上は「タマちゃんの暇つぶし」より
日本にも優秀な医者がいたのです。            以上

NASA、火星の土壌からロケットエンジン獲得へ【動画】

    火星

    NASA、火星の土壌からロケットエンジン獲得へ【動画】

    ©                     REUTERS / NASA/JPL-Caltech
    テック&サイエンス
    短縮 URL
                                                  0                                                                              0                                                                      0                                 

    火星への有人飛行で鍵となるのは、地球帰還用に必要な十分な量の燃料だ。宇宙船の重量は極めて制限されているからだ。NASAは火星でロケットエンジンを得るよう提案した。

    スプートニク日本

    NASAの専門家は火星の土壌「レゴリス」から水を得て、後に電気分解で水素と酸素に分解するシステムを考案。その後システムは火星大気から取得した炭素と水素を結びつけ、ロケットエンジンとして利用可能なメタンができる。システムの正式名は「In Situ Resource Utilization (ISRU)」。詳細な説明はサイト「IEEE Spectrum」に掲載された。

    関連ニュース

    NASAの最重要歴史遺産、管理の甘さで紛失

    NASAの飛行士、ISSに行けなかった理由を理解できず

    以上は「sputnik」より

    火星の資源を有効利用できるようになれば、可能性は飛躍的に広がります。  以上

    ★世界は何故民主国家を目指すのか

    ★世界は何故民主国家を目指すのか

    17世紀ロスチャイルド一族のユダヤ人は金融力と情報力で欧州を自己利益の為に変革していった。
    ロスチャイルド家は欧州の王国各国の通貨両替商を始め、
    やがて王国にファイナンスをするようになった。

    (貸した者は借りた者を支配する)
    ロスチャイルド(ユダヤ資本)は王国諸国負債を増やし
    自己債権を増やし、王国の債務を増やす為、王国同士が戦
    争をするよう画策し、ついには王国を財政破綻状態にまで
    追い込んだ。

    結果、王国は事実上ユダヤ資本に支配されるようになっ
    たのである。

    ロスチャイルド(債権者)によって財政破綻状態に追い
    込まれた王国は国民ばかりか貴族にも重税を課すようにな
    り、貴族の反発を買うばかりか、国民へのサービスも悪く
    なったので国民から不満が爆発するようになった。

    その為王朝転覆の反乱が各地に起こり、ロスチャイルド
    は反政府分子に資金援助をして革命を支援した。

    ロスチャイルドは王朝を支配出来るほどの政治・経済力
    を持っていたが、ユダヤ人の身分は低く、英国を除く欧州
    で常に迫害を受けていたので王族、貴族による絶対王政で
    はなく、身分の異なる全国民から成る国家体制を作る必要
    があった。

    国家から独立した中央銀行を造り国家財政をユダヤ資本
    の支配下に置く為にも特定の独裁者が自由に出来る体制は
    好ましくなく、人民による民主政府のほうが好都合で、あっ
    た。

    だからユダヤ資本は自己啓発哲学者、民主主義思想家、
    さらに民主運動・革命家を支援したのである。

    ユダヤ資本は18 世紀には全欧州の通信網を傘下に入れ
    ていたので国民を都合の良いように洗脳することが出来、
    都合の悪い政府に対しては反政府暴動をタイムリーに起こ
    すことが出来た。

    ロスチャイルドは革命指導者ロベスピエールに資金援助
    しフランスのフソレボン王朝転覆のフランス革命を成功させ
    た。

    革命後のフランス共和国はロスチャイルドの要望通り国
    家から分離した中央銀行を造り、ロスチャイルドはそれを
    傘下に収めた。

    ユダヤ資本は1 7 世紀から19 世紀の聞に英国、ドイツ、
    フランス、イタリアにおいて次々王政転覆革命を支援して
    欧州をことごとく市民国家に変えきた。

    フランス革命を成功させたのは、ユダヤ資本が国家の金
    融を支配する為には国家が独裁国家で、あってはならなかっ
    たからである。

    独裁国家より民主国家が正しいと言うのはロスチャイル
    ドの為の仮想でしかないのである。

    民主革命で、国家が民主国家になると「船頭多くして船山
    に登る」になりユダヤ資本が支配しやすくなる。

    ユダヤ資本の資金援助で合衆国大統領になったウィルソ
    ンは1913 年12 月23 日、連邦準備法を議会に提出、クリ
    スマスで帰国予定であった全議員から法案の有効可決に必
    要数の議員を買収して両院通過を成し遂げた。

    結果、合衆国の通貨発行権は政府から独立した連邦準備
    理事会( FRB ) になり、FRB を構成する12の連邦準備銀
    行の株主はすべてユダヤ資本が保有することになった。

    連邦政府の支出が増えるほど国家の対FRB (ユダヤ資本)
    負債が増え続け益々ユダヤ資本の対政府支配力が高まる仕
    組みが出来た。

    日本でもユダヤ資本の指導で日本銀行が1882年に創設
    され今日まで株式の39% はロスチャイノレド系ユダヤ資本が
    保有している。

    日銀はジャスダックに上場されている株式会社で国家(政府)
    から独立している点は欧米同様だが、欧米では合衆国のよう
    に国家が中央銀行株を1 株も持っていないが日本の場合日銀
    株の約51% を国(、財務大臣名義)が持っている。

    明治政府の賢者は日銀設立の際、ユダヤ資本が法的に日
    銀を支配出来ないような仕組みにしたのである。

    ではユダヤ資本は何故に日露戦争で日本を勝たせたのだ
    ろうか。

    日本は日露戦争に勝つ為にユダヤ資本から国家予算の8
    年分(約20億円)のほぼ全部の借金をした。

    ユダヤ資本に操られていたルーズベルト米大統領は、日
    露戦争の講和条約(ポーツマス条約)で日本に賠償金を与
    えなかった。

    その理由は、賠償金で日本がヤコブ・シフ(ユダヤ資本)
    の負債を返済したらユダヤ資本は対日債権者で無くなり、
    日本支配が出来なくなるからである。(貸した者は借りた者
    を支配する)

    欧州やアメリカに対してもそうであったように、ユダヤ
    資本はさらに日本の負債を極限まで増やして政治・経済を
    完全に支配下に置く為と同時に、アメリカにハルノートな
    る対日最後通告を出させ、日本を真珠湾攻撃に誘導、アメ
    リカを第二次大戦に参戦させた。

    第二次大戦の戦費は下記の通りである:
    連合国側
    アメリカ 3,410億ドル
    イギリス 1,200 億ドル
    ソ連   1,920 億ドル
    計    6,530 億ドル


    枢軸国側
    ドイツ  2 ,720 億ドル
    イタリア  940 億ドル
    日本    560 億ドル
    計    4, 220 億:ドル

    総計   1 兆750 億ドル


    連合国も枢軸国もほとんどすべての戦費は戦争債で賄わ
    れ、国債引受人はユダヤ資本であった。

    ユダヤ資本が世界を戦争に巻き込む目的は世界に対する
    ユダヤ資本の債権を増やすと同時に世界に対する政治・経
    済支配力を高める為である。


    貼り付け終わり、


    *以上、増田俊男さんの論文からの抜粋転載です。

    ・民主主義は国民の為に作られたのではない!
     民主主義⇒ 民主国家⇒ 船頭多くして船山に上る・・・ユダヤ資本が支配しやすくなる。







    関連記事
    以上は「タマちゃんの暇つぶし」より
    この仕組みはトランプ革命が成功すれば、根本から変革されます。   以上

    2018年12月30日 (日)

    2018師走の北京<本澤二郎の「日本の風景」(3199)

    2018年12月29日

    2018師走の北京<本澤二郎の「日本の風景」(3199)

    <寒いが青空・好天続き>
     冬の北海道を知らないが、多分、いまの北京は、東北か北海道の寒さではないだろうか。最低気温零下12度、最高同6度、これに北風が加わると、頭や耳を覆わないと、外出できない寒さだ。分厚い真冬のコートを着て、寒さ除けのズボンを履けば完璧だ。幸い、このところPM2・5がどこかへ飛んで行って、快晴続きである。

    <暖かくない地下鉄車内>
     北京に来てちょうど1か月後に、近くの地下鉄に乗って、都心に出かけた。マンション出口から、自動三輪車に箱のような囲いをかぶせた5元の格安タクシーに乗って、数分先の地下鉄へ。歩けばいいのだが、風邪予防のため、住人の多くが利用している乗り物だ。
     ハンドルを握っているのは、かつての農民。女性が目立つ。

     今冬、初めての地下鉄乗車。意外や、車内は期待したほど暖かくない。扇風機も回って、空気の循環を良くしているが、これも冷え込んでいて、効果が薄い。原因は戸外の寒さである。
     車窓からゴルフ場が見えたが、そこは黒い網をかぶせて凍結よけにしていた。日本の首都圏内のゴルフ場とは違って、冬は閉鎖している。
     乗車時間は午前9時半、通勤時間帯ではない。それでも、車内は着ぶくれの乗客で膨らんでいた。若者が中心だ。この国のエネルギーを感じる。年配者の多くは無料のバス利用だ。人口14億人の生産基地と消費基地の中国は、これからも続く。
    <マスクしても鼻水>
     中国人はマスクが嫌いらしい。従って、PM2・5がなければ、どんなに寒くても着けない。
     小生は違う。大気汚染の時は、気休めでもマスクをつける。快晴の時でも、寒さ除けにマスクを着用することにしている。これで2度か3度は違うらしい。
     ところが、このマイナス気温で戸外に出ると、なんと鼻水である。こうした体験を、日本の関東ですることはないものだから、この数日間、これに泣かされてしまった。

     日本でも、東北や北海道で暮らしている人たちなら、別に不思議ではないだろう。北京はまず雪が降らない。地震がない。

     それにしても、歴代の王朝は、気候の良い南の中原の地に都を置いた。納得できる。それがいつから寒い北京に移ったのか。蒙古の元である。元は、もっと南の日本に矛先を向けた。理由は、気候と関係するのだろう。戦前の日本侵略軍は、逆に財閥の資源目当てに、半島と大陸に向かった。
    <マンション内中庭は犬の糞>
     10年ほど前か、もっと前だろうか。悲願のマンション住人になったおり、管理組合の理事長を引き受けて、質素倹約にこれ務めた。当たり前の住民自治であるのだが、近年は、大事にため込んだ5億円を無造作にはたいて、真面目な住人を泣かせているらしい。

     北京のマンション管理だが、これがかなりいい加減である。住人の清潔感も影響しているのだろうが、中庭は犬の糞だらけだ。ワンルームの20平米に満たない狭い居住空間に、オオカミのような大型犬も少なくない。中庭は彼らの便所なのだ。
     管理組合がない。それに管理会社がいい加減なのだ。清掃職員に声を掛けると、なんと2か月分の給与が支払われてないというのだ。
     最近、玄関の廊下に立てかけておいた梯子が盗まれた。これに管理会社はまともに対応してくれない。廊下の電灯は夜でも点灯しない。
     もっとも、高級の集合住宅は違う。犬の糞などないし、ペットを禁じているらしい。格差は、いたるところで見られる。
    <電気バスは快適>
     義母の介護のため、市内の中心に行く時は、いつも中距離バスだ。中国人高齢者は無料である。日本と違って相当の距離を利用できる。
     あらかじめカードを購入、それで乗車するのだが、区内の近距離バスは1元、中距離で2元。これは北京市民に安心安全を約束してくれる。最近では、若者はスマホで支払いをしているが、それをバスでも使っている。現金なしの社会は、年寄りには到底真似ができない。そういえば、まだ今期、タクシー無縁である。

     先日は、電気バスに乗ることが出来た。ガソリン車のエンジン部分がないため、バスの内部がすっきりしている。運転席に大きなギアもない。しかも、騒音が少ないし、排ガスも出ない。
     実に快適な乗り物である。いずれ乗用車も電気に変わる。大気汚染解消の切り札となろう。深夜の格安の電気を充電すれば、一石二鳥だ。
    <初めて高級車で長安街通過>
     12月27日に新華社OBの張さんと新華社正門前で待ち合わせた。彼は「華語智庫」というサイトの関係者二人を紹介してくれた。それこそ今回の北京入りで、初めての出会いである。

     彼らは、高級車で長安街を走ってくれた。こんな経験は、1979年12月の初訪中以来、なかったことである。長安街西方から東へと向かった。まず、懐かしい民族飯店が現れた。
     民族飯店は、大平首相訪中時に同行記者団が宿泊したホテルだ。いまは改装されているが、38年前を彷彿とさせてくれる威容は変わらない。未明に飛び起きて、西単に行き、民主化の火の手となった壁新聞を覗き見る市民にカメラを向けて、シャッターを切った。

     この状況を知る北京市民は少なくなっている。天安門の偉容は変わらない。天安門広場に観光客の姿はなかった。いまが一番寒い季節だから当然なのだろう。大平首相が餃子を食べた王府井の今日は?

     やはり訪中110回の日本人でも、片側5車線の長安街の大渋滞を、車で体験したことによる驚きは当然で、少しは興奮してしまう。物凄いこの国のエネルギーを、肌で感じさせてくれる。

     北京飯店前に来ると、天安門事件1か月後に、がらんとした巨大なホテルに一人泊った思い出が、いまも強烈である。高い天井に一人小さくなって寝込んだ心境は、第三者には理解できないだろう。宿泊客のいない巨大ホテルを想像するといい。お化けが出るのではないか?

     長安街を東単に向かうと、前方にノッポビルが見えてきた。超高層ビルである。北京随一のノッポビルは、目下内装中であるという。
    <トンカン建設の槌音>
     米トランプ政権の誕生で、がぜん、中米関係が激しく揺れている。貿易戦争が表面化して、双方とも傷ついている。
     経済の行方に影を落としているのだが、我が家のワンルームマンションの近くでは、この地区の金融街が形成されている。トンカンという建設の槌音が、うす暗い早朝から聞こえてくる。
     農民工にとって、西洋歴の新年は休息日ではない。陰暦の旧正月・春節こそが、正月本番なのだ。今年は2月である。その時、家族の待つ農村に一斉に帰省する。

     中国の巨大首都・北京は、新年もじっとしていない。
    <ハルビン近郊の農民・731部隊知らず>
     昨日は、久しぶりに妻と足底按摩を体験した。妻には東北生まれの男性農民、小生にはハルビン近郊の女性農民である。
     考えなくても分かる。人間の足は一番の使用頻度が高い。過労は禁物だ。そうして足底按摩が、中国の健康文化として生まれたものだろう。疲れている筋肉を、腕っぷしの強い女性だと、飛び上がるほど痛い。
     しかし、最初から悲鳴を上げるのも男らしくない。そう思って辛抱しながら過ごすので、安楽とは無縁である。おしゃべりに花を咲かせる時なのだ。

     東北の黒竜江省の多くの人達は、かつて中原の文化を体現した山東省の農民たちが、黄河の反乱などで悲鳴を上げて大移動した子孫という。土匪というやくざと戦いながらの、足場を固めた。その後に、日本の侵略軍が割り込んで、最後は抗日戦争へと突入してゆく。

     聞くと、案の定、彼らの祖先は山東省だった。山東人は、南方の人達よりも体が大きい。ハルビンの731部隊について「知っていますか」と尋ねると、男性は知っていたが、女性の方は知らなかった。
    <不屈のジャーナリスト・M子さんの宇治茶に心安らぐ>
     東京から国会手帳が届いた。一緒に宇治玉露も。感動してしまった。送り主は、不屈のジャーナリストのM子さんでからある。

     知能と勇気の塊の人である。思いやり・優しい人でもある。いずれ大きな仕事を為すに違いない。昨日と今朝、彼女が贈ってくれた宇治茶を開けて飲んだ。
     なんというか、香りといい、味といい、心に安らぎを与えてくれる日本茶である。飲みながら、M子さんの健康長寿を祈るばかりである。
     彼女のようなジャーナリストが5人、10人となる日が、必ず来るだろう。やくざ強姦魔を退治、女性が安心して暮らせる日本になれば、真の日本近代化を約束するだろう。
     いまのヒラメ・ジャーナリストを、蹴散らせる時代の到来である。財閥に牛耳られる三権を駆逐する日本にすれば、日本は変わる。
    <「大澤のぶさんは元気」と野の花からの便りに安堵>
     心臓を病む一人暮らしの93歳の大澤のぶのことが気がかりになっていたが、野の花の施設長・花崎みさをさんが、初めてメールをくれた。
     なんと彼女は、大澤のぶさんのことを知っていた。二人の子供を、30歳前後に失って、それでも必死に生きる崇高なのぶさんの姿に圧倒されてきた。

     二度と会えないのではないか、と不安を抱いていたが、どうやら杞憂だった。今夏、野の花でのおしゃべり会は、無駄ではなかった。

     師走の北京は、日本のように特別なことはない。2月の春節への助走期である。木更津の実家では、餅つきの季節か。北京のわが元日は、兄がついてくれた餅、弟からの海苔で、焼餅を食べて正月気分に浸る計画だ。これに宇都宮徳馬さんの息子・恭三夫妻からの高級海苔も助っ人してくれるだろう。
     北京の2018年が暮れてゆく。さらば2018年!
    2018年12月29日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)
    以上は「ジャーナリスト同盟」より
    北京は随分寒そうです。湿度が少ないので余計寒いのです。やがて電気自動車が主流になる中国は急速に近代化しています。日本の遅れが気にかかります。  以上

    ★2018年 UFO・宇宙人ニュース ベスト10

    ★2018年 UFO・宇宙人ニュース ベスト10

    トカナ編集部が厳選「2018年 UFO・宇宙人ニュース ベスト10」が本気で凄い! エイリアン手術、UFO大学、オウムアムア…!2018.12.22より転載します。
    貼り付け開始

    https://tocana.jp/2018/12/post_19169_entry.html

    今年もトカナでは数多くのUFOやエイリアンにまつわるニュースをお届けしてきた。年の瀬も押し迫る中、2018年にお送りした記事の中から、編集部が選んだUFO・エイリアン10大ニュースをお伝えしよう。今回はまず、第10~6位までを発表する。

    2018ufobest1-1.jpg
    画像は「Getty Images」より引用

    10位:CLICK → 【衝撃】「身長2.5mの宇宙人とスピリチュアル手術している」ブラジルの名医が激白! 1日400人診察…DNA編集&ヨガする白い物体も

     ブラジルの医師モニカ・メデイロス氏(51)は幼い頃、エイリアンのグレイにさらわれて様々な実験を受け、遺伝子や身体を改造されたという。グレイたちの目的は人類との交雑による進化で、その一助として彼女には、エイリアンたちと協力して治療に当たれる医師になって欲しかったというのである。

     現在メデイロス氏の診療所では、ヒーラーやエイリアンの協力を得て、レイキを使った治療が行われているという。そして、普通の人間には見ることができないエイリアンが多数出入りしているとのことだ。

    2018ufobest1-2.jpg
    画像は「Getty Images」より引用

    9位:CLICK → 【速報】超一流デューク大学がガチの「UFOコース」を来年開講! 教授「UFOは我々と共にある」ロズウェル事件、アブダクションの真実へ…

     アメリカの名門デューク大学が2019年1月にUFOコースを開講するという。講義を行うのは米ノースカロライナ大学チャペルヒル校の宗教学名誉教授デイヴィッド・ハルペリン氏。ユダヤ教など伝統的宗教を専門にしながらも、UFOやエイリアンに興味を持ち、小説も出版しているという人物だ。

     ハルペリン氏は1996年にもノースカロライナ大学チャペルヒル校で、“神秘主義の特別テーマ: 昇天とUFOアブダクション”というコースを開いていた。この彼が再びコースを開こうと考えたきっかけは2016年の米大統領選で、ヒラリー・クリントン氏がUFO情報の公開を公約していたことだったという。

     来年早々に開講されるコースは一体どのような内容になるのか。興味は尽きない。



    8位:CLICK → 「タコは宇宙から飛んできた生物」複数の研究者がガチ提唱! “タコ宇宙人説”と劇的進化の謎が解明へ!

     日本人が愛してやまない海産物・タコ。だが、その進化は謎に満ちている。最近ではタコのゲノムを使った研究が行われているが、その構造は極めて複雑で、「まるでエイリアンのよう」と研究者も感嘆するほどだという。

     そして今年、新たな論文が発表された。それによると、タコの進化には宇宙から地球に降り注いだエイリアン・ウイルスが関わっているかもしれないというのだ。いわゆるパン・スペルミア説である。

    「凍結されたイカやタコの卵が数億年前の地球に飛来したという可能性は、2億7千万年前のタコの突然の出現を説明するための安あがりな宇宙的説明だと言って無視するわけにはいかないのです。」

     論文の著者らはこんな挑戦的なことを述べているという。果たしてタコは本当にエイリアンなのか? 今後の研究の行方が楽しみである。

    2018ufobest1-3.jpg
    画像は「Getty Images」より引用


    7位:CLICK → 【悲報】「日本政府はUFO対策していない」閣議決定の“背景”を専門家が徹底解説! UFO対策には憲法9条改正が必須で…

     今年2月の閣議で、政府は「(UFOが)地球外から我が国に飛来した場合の対応について特段の検討を行っていない」とする答弁書を決定した。政府は2007年にも「(UFOの)存在を確認していない」という公式見解を示しており、その姿勢は何とも頼りない。

     専門家によると、日本政府がUFO対策をできない理由は憲法9条に制約された「専守防衛」にあるという。専守防衛では、相手の攻撃を受けて初めて、防衛のために軍事力を行使することが理想とされ、予想に基づいた軍事的対策は自衛権の範囲を逸脱するため、認められていないのだ。存在が認められていないUFO(宇宙船)に対して、事前の対策することはできない。

     来年にも国会で議論が始まるともいわれる憲法改正問題。実はオカルト的にも要注目なのだ。



    6位:CLICK → ハーバード大の研究者3人「人類の起源は宇宙」ガチ推し論文発表! パンスペルミア説が常識に…我々は宇宙からの移民だった!

     今年は生命の起源は宇宙から飛来してきたというパン・スペルミア説。今年10月、ハーバード大学の研究者ら3名がこの仮説を支持する研究を発表するなど、今再び注目を浴びているのだ。

     彼らがこの仮説を支持するきっかけとなったのは、2017年に発見された謎の恒星間天体「オウムアムア」の出現だったという。オウムアムアのような巨大な天体なら、何光年も先から生命を運ぶことができるかもしれないと考えたのだ。

    「将来的には地球に接近する太陽系外小惑星に降り立ち、そこで生命を発見できるかもしれません。生命の証拠が見つかれば、我々のパンスペルミア説はより説得力を持つことでしょう」

     研究者の一人はこのように語っている。現在、日本の探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウの調査を続けている。このようなミッションから、案外近いうちに生命は見つかるかもしれない。


    (編集部)




    https://tocana.jp/2018/12/post_19170_entry.html

    2018年ももうすぐ終わり……ということで、トカナ編集部が選ぶ今年最高のUFO・エイリアン記事ベスト10、後半をお届けする。今回はいよいよ第5~1位を発表。編集部も驚愕した今年最強のUFOニュースとは!?

    2018ufobest2-1.jpg
    画像は「Getty Images」より引用


    5位:CLICK → ZOZO前澤も行く「月には30億人が住んでいる、空の色は黄色」元CIAが暴露! 宇宙人は人間を地球に幽閉…太陽系の9つの真実を衝撃解説!

     元CIAパイロットでUFO研究家のジョン・リア氏は、2007年の講演中に「月について言われていることは全て嘘だ」と語り、聴衆のド肝を抜いた人物だ。そんな彼が今年、新たな爆弾発言をして話題となった。

     ここでは新たに彼が明らかにした内容の一部をご紹介しておこう。

    ・ 月の重力は地球の6分の1ではなく、68.71%。
    ・ 月には1万5千フィート(約4.5km)の大気があり、呼吸することができる。
    ・ 月の本当の姿はホログラムに隠されている。月のクレーター、海、乾燥した世界は全てホログラムによって作られたもの。

     リア氏の語る驚くべき月の真実。その内容は必見だ。


    2018ufobest2-2.jpg
    画像は「Getty Images」より引用



    4位:CLICK → 【追悼】ホーキング博士が人類に遺した11の遺言!「ブラックホールは漕げば抜け出せる」「宇宙人のオペラが聞こえる」

     3月14日、宇宙に関する数々の著作を発表してきた天才物理学者スティーブン・ホーキング氏が亡くなった。生前、ホーキング氏は数々の驚くべき発言を残しており、トカナでもたびたび記事にしてきた。知性とユーモアに溢れたホーキング氏の発言に今一度触れ、彼の死を改めて悼もう。



    3位:CLICK → 【今年最大のUFO事件・音声アリ】アイルランドで複数の航空機がUFO遭遇! パイロット困惑、レーダーにも映らず…世界的ニュースに!

     11月9日の朝、アイルランドでブリティッシュ・エアウェイズやヴァージン・アトランティック航空の航空機パイロット複数がUFOを目撃する事件が起きた。ブリティッシュ・エアウェイズのパイロットは管制塔との交信の中で「非常に明るい光を放ち、高速で姿を消した物体を見た」と話し、ヴァージン・アトランティック航空のパイロットは「流星か何かが(大気圏に)再突入するような物体」を見たと報告している。

    動画は「YouTube」より引用

     複数のパイロットによって目撃されるUFO目撃事例は、非常に信憑性が高い。2月にもアメリカ・アリゾナ州で複数の航空機からUFOが目撃される事件が発生しており、今年はUFO事件の当たり年といっても良いだろう。


    2018ufobest2-3.jpg
    画像は「Getty Images」より引用

    2位:CLICK → 特大スクープ! UFOが豊島区上空に出現、衝撃映像にSNS騒然!! 撮影者に直撃取材、専門家「宇宙人のUFOである9つの理由」解説!

     11月20日、東京都上空にUFOが現れた。トカナでは豊島区の自宅からこのUFOを目撃し、動画の撮影に成功、Twitterに投稿した男性のインタビューを掲載した。





    記事では、著名UFO研究家・竹本良氏による分析も掲載している。UFOを目撃、撮影したら、ぜひトカナにご一報を!



    2018ufobest2-4.jpg
    画像は「Getty Images」より引用

    1位:CLICK → 【ガチ速報】「宇宙人が送り込んだ偵察UFO」ハーバード大が“謎の葉巻型”天体オウムアムアの正体に結論! 具体的な“推進技術”も発覚!

     栄えある第1位は、2017年10月にハワイの望遠鏡が見つけた謎の恒星間天体「オウムアムア」。葉巻型UFOを思わせる不思議な形状に、秒速44キロメートルという凄まじいスピード。今までに太陽系で観測されてきた、いかなる小惑星とも異なる不思議な天体は、今年も天文学者の注目の的であった。

     そんな中、ハーバード大学教授エイブラハム・ローブ氏らは、オウムアムアがエイリアンのUFOである可能性を指摘、その具体的な推進技術についても言及した。ローブ氏らが提案しているのは太陽放射によって加速できる凧のようなメカニズムである。

     オウムアムアが人工物であるとすれば、次に気になるのはその製作者と目的だ。研究はまだまだ続いており、来年も新たな発表があるだろう。天文学者らがこの難問にいかに挑むのか、これからの展開が楽しみである。


     今年も実に様々なニュースがあった。来年も思わず胸が熱くなるようなUFO・エイリアンニュースを多数お伝えできることを願っている。
    (編集部)


    貼り付け終わり、



    *おいらも遭遇したい(=・ω・=)にゃ~♥

    以上は「タマちゃんの暇つぶし」より
    UFOが実在することは事実です。そのUFOが人類のものか宇宙人のものかが問われています。                                    以上

    侵略に失敗、シリアからの撤退に追い込まれたアメリカ軍

    2018.12.22      

    XML   

       

    カテゴリ:カテゴリ未分類    

     アメリカ軍のシリアからの撤退は事実のようだ。2010年8月にバラク・オバマ大統領がPSD-11を出して始まった中東から北アフリカにおける体制転覆作戦。シリアの場合、2011年3月からサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団を傭兵として使った侵略戦争という形だった。

     2011年2月に始まったリビアにおける侵略戦争ではNATO軍とアル・カイダ系武装集団のLIFGが連携してムアンマル・アル・カダフィ体制を倒し、カダフィ自身は惨殺、現在のリビアは暴力が支配する破綻国家だ。

     アメリカはリビアと同じようにシリアも破壊しようとしたが、その前に立ちはだかったのがロシア。

     オバマ政権はDIA局長としてダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国とも表記)の出現を警告していたマイケル・フリン中将を2014年8月に、戦争に消極的だったチャック・ヘイゲル国防長官を2015年2月に、アル・カイダ系武装集団を危険だと認識していたマーチン・デンプシー統合参謀本部議長を2015年9月にそれぞれ解任し、アメリカは戦争体制に入った。

     NATO/アメリカ軍の直接的な軍事介入への道が敷かれたと見られたのだが、デンプシー解任の5日後にシリア政府の要請を受けたロシアが軍事介入、アメリカなどが送り込んだ傭兵を敗走させる。アメリカ主導軍と違い、ロシア軍は本当にダーイッシュやアル・カイダ系武装集団を攻撃したのだ。

     この軍事介入で戦況は一変し、ダーイッシュやアル・カイダ系武装集団の支配地域は急速に縮小していった。そこでアメリカはクルドを懐柔し、新たな傭兵にしたのだが、トルコがアメリカから離反した影響もあり、アメリカの好戦派が思い描くようには進んでいなかった。

     そうした中、イスラエル軍はシリアに対する空爆を続けてきたが、今年(2018年)9月にシリア沖でロシア軍の電子情報支援機Il-20が撃墜され、その責任はイスラエルにあるとしてロシア政府は防空システムのS-300 PMU-2をシリア政府軍へ引き渡した。それ以来、イスラエル軍機はシリアを攻撃していない。領空外からミサイルを発射する戦闘機の撃墜をシリア軍にロシア政府は認めたと言われている。

     シリア軍は6基から8基のS-300を受け取り、そのうち2基はユーフラテス川沿いのデリゾールに配備されたと言われている。アメリカはこの地域にジハード傭兵を集め、ロシア軍事顧問団の幹部、バレリー・アサポフ中将が戦死している。アメリカ軍機による空爆で少なからぬシリア軍兵士も殺された。

     今後、アメリカ軍機から攻撃を受けたならシリア軍はS-300で反撃する可能性が高く、そうなるとアメリカ側に犠牲が出る可能性が高い。イスラエル軍と同じで、アメリカ軍は軽々しく動けなくなった。これもアメリカ軍が撤退する一因だと見られている。

     ただ、アメリカ軍は中東全域から撤退するわけでなく、再派兵もあり得るのだが、とりあえず撤兵は良いニュース。ロシアや中国に対する好戦的な姿勢を隠そうとしないジェームズ・マティス国防長官が来年(2019年)2月一杯で辞任するという話もとりあえず悪くない。




    以上は「櫻井ジャーナル」より
    他国を侵略することは土台悪い事です。撤退して当然なことです。   以上

    小沢一郎代表は、安倍晋三首相が推進している「原発再稼動・原発新設・海外輸出政策」に強く反対して対決姿勢を強めて、「政権交代」の主要テーマの中心に掲げて闘っている。

    小沢一郎代表は、安倍晋三首相が推進している「原発再稼動・原発新設・

    海外輸出政策」に強く反対して対決姿勢を強めて、「政権交代」の

    主要テーマの中心に掲げて闘っている。

    ◆〔特別情報1〕
     世界は、恒久の平和と繁栄の実現をめざす「新機軸派」(天皇陛下を戴く

    「ゴールトン・ファミリーズ・グループ」VS「反新機軸派」(「黒い貴族」金融マフィア、

    麻薬マフィア、武器マフィア、原発マフィアに仕えるダヴィド・ロスチャイルド財閥、

    エリザベス女王、安倍晋三首相・麻生太郎副総理兼財務相など)の壮絶な最終戦争

    状態にある。「新機軸派」は、「第3次世界大戦回避・全世界の原発440基廃炉・

    地球環境改善・AIの産業化」を目指しているのに対して、「反新機軸派」は、戦争経済や

    原発推進で巨利を得ようとしている。天皇陛下を補佐している小沢一郎代表は、

    安倍晋三首相が推進している「原発再稼動・原発新設・海外輸出政策」に強く反対して

    対決姿勢を強めており、「政権交代」の主要テーマの中心に掲げて闘っている。

    小沢一郎代表は最近、東京都内某所で行われた支持者との会合で「原発ゼロ政策」

    について自らの見解を以下のように明らかにしている。

    以上は「板垣英憲ブログ」より

    これで野党が一つになって戦えば勝つでしょう。但し、ムサシを使わせないことが重要です。以上

    新機軸派」は、日本で「11月政変」を起こさせて、2018年中に政権交代させる予定だったが、マクロン大統領が反旗を翻したため、予定が狂ってしまった

    「新機軸派」は、日本で「11月政変」を起こさせて、2018年中に政権交代

    させる予定だったが、マクロン大統領が反旗を翻したため、予定が狂って

    しまった

    ◆〔特別情報1〕
     アルゼチンG20首脳会議(11月30日~12月1日)後、「新機軸派」が12月4日から

    「反機軸派」に対する逆襲、つまり政権打倒を工作している。「反新機軸派」とは、

    フランスのマクロン大統領、カナダのトルドー首相、英国のメイ首相、インドのモディ首相の

    4人、それと安倍晋三首相・麻生太郎副総理兼財務相である。要は、「新機軸派」がFRB

    (国際通貨基金)を潰して通貨制度を根本的に変えようとしているのに対して、

    フランス・パリのダヴッド・ロスチャイルドが、スコットランド、スイスのロスチャイルドと一緒に

    なり、反旗を翻した。その傀儡がマクロン大統領だった。マクロン大統領は、「新機軸派」を

    潰すためにいろんな人に声を掛け、これに対して安倍晋三首相は、八方美人的に

    「あぁ、そうですか。言われたとおり従います」と言い、そうかと思えば、「新機軸派」の

    トランプ大統領にも「わかりました。言われたとおりにします」、プーチン大統領に言われれ

    ば、同じように「はい、そうします」と答えて、日本の国益そっちのけでやってきた。

    「ただのバカ、ワーム(虫)」と見られている。「新機軸派」は、日本で「11月政変」を起こさせて、

    2018年中に政権交代させる予定だったが、マクロン大統領が反旗を翻したため、

    予定が狂ってしまった。優先順位として、「ワームの日本」を後回しにしたという。

    以上は「板垣英憲氏」ブログ

    マクロンやメルケル等を辞任させて、安倍政権も退陣させることは良いことです。安倍政権を一刻も早く退陣させてもらいたいものです。                      以上

    日仏戦争始まる!

    日仏戦争始まる!

    ネットゲリラさんのサイトより
    http://my.shadowcity.jp/2018/11/post-14385.html
    <転載開始>
    フランスが「大砲出すぞ」と脅しを掛けてきたというんだが、いい度胸だわw 日産とルノーの株に関しては、微妙なルールがあって、どちらも簡単には動けない。ルノーが数パーセント買い足せば50パーセントを超えるというんだが、そもそも日産の同意がなければ、ルノーはこれ以上の株は持てない。逆に、日産側では、ルノー側の背信行為があれば、同意なしでルノーの株を買い集められる。そういうルールがあるのだ。

    ある仏政府顧問は同紙に対し、「権力闘争になればわれわれは大砲を持ち出し、ルノーに対して日産株の出資比率を上げるよう要請する用意がある」と言及。3社連合の主導権争いが注目される中、ルノー株を15%保有する筆頭株主として仏政府が影響力を行使する可能性を示唆した。


    ロスチャイルドの番頭マクロンが日産を盗もうとしているのは、何も今、始まった事ではない。以前からくすぶっていて、だからこそ、2015年に乗っ取り防止で、そういうルールを作ったのだ。
    【日産ルノー】マクロン大統領が安倍首相に協議要請 仏政府顧問「権力闘争になれば我々は大砲を持ち出す」★2 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。

    -----------------------
    マカロンは、大砲撃つ前にイエローベストに狩られちまうんじゃないか?
    移民の受け入れすぎで、失業率は爆上がりだし、マジでヤバイ状態でしょ
    -----------------------
    ↑フランスはEUがはじまっていらい、貿易赤字がずっと続いていて
    グローバル企業の利益を優先して低賃金労働者として入れた移民はグローバル企業が安い海外に出ていくために無職が増加し、
    国内はめちゃめちゃなんだよ

    それで、マクロンはアメリカとイギリスなどに大きな工場のある日産を強引にフランスのものにしようとしたところ、止められてしまった。
    この上で、大砲を持ち出して喧嘩売ったら、マクロン内閣は権力の座全てを失う。
    -----------------------
    ↑フランス政府が日産とルノーの蜜月関係にヒビ入れたのか。
    なんのことはない。
    フランス政府がやらかしただけの話か。
    -----------------------
    脅迫かよ
    やっぱりフランスは敵だな
    -----------------------
    ↑一般のフランス国民は日本よくやった!ゴーンザマァwらしいよ
    ソースはフランス在住の友人
    -----------------------
    これかなりの暴言だろw
    逆の立場だったら謝罪に追い込まれるレベルだぞ
    -----------------------
    宣戦布告きたああああああ
    -----------------------
    日本政府は対抗するのかね?
    それとものらりくらりと言質与えないで時間稼ぎするのかな?
    -----------------------
    ルノー潰れるぞ
    -----------------------
    ルノーって、販売力も技術力も無いんだよね~~~ww
    -----------------------
    国が持ってる企業に買収させるのがおかしい
    そのうち中国国営企業に同じことやられるぞ
    -----------------------
    つか、権力闘争にしようとしてるの
    フランスじゃね?w
    -----------------------
    ↑マクロンが不埒なこと思いついたのが発端だし...
    -----------------------
    企業内のこと。政治が出てくるなよ
    露骨に圧力かけやがって汚い国だ
    -----------------------
    ジャパンリスク
    不正蓄財すると逮捕される
    -----------------------
    3社協議、論点となる日産・ルノー協定の要点まるっと紹介
    日産幹部「日産に有利な項目も複数あるようだ」
    https://newswitch.jp/p/15445
     日産自動車・仏ルノー・三菱自動車の3社連合が29日にも、それぞれのトップが参加する会合をオランダで開く。
    支配力強化を狙うルノーと、独立性を高めたい日産とで綱引きが始まっており、会合でも3社連合の関係見直しが俎上(そじょう)にのぼるとみられる。
    株式を持ち合う両社の間には、互いの経営への関与や出資に関する協定がある。
    今後の3社連合の関係見直し議論の行方にも影響を与えそうだ。

     日産・ルノーが結ぶ協定「改定アライアンス基本合意書(RAMA)」について、日産関係者は「(ゴーン容疑者逮捕をきっかけに)詳細を知った。
    日産に有利な項目も複数あるようだ」と安堵(あんど)の表情を浮かべる。

     ルノーは日産に43・4%出資し議決権を有する一方、日産のルノーへの出資は15%に留まり議決権はない。
    日産の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)は「ルノーとの関係は対等ではない」と発言。
    3社連合トップにはルノー最高経営責任者(CEO)が就くとの規定についても、ある日産幹部は「個人的には見直した方が良いと思う」と話す。

     日産がルノーとの関係見直しに前のめりになる背後には、RAMAの存在があるとみられる。
    日産は次に開く株主総会でゴーン容疑者と、同じく逮捕された元代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者の両者を取締役からも外す意向だ。

     新たにルノーが推す取締役が選任される可能性はあるが、RAMAの規定に沿えば取締役会では日産出身者が多数派を維持できる。
    またルノーが日産への出資比率を引き上げるためには日産の合意が必要との規定もある。

     取締役の報酬や人事権を掌握し「逆らえばサヨウナラ(だけで人を切れる)」(日産幹部)というレベルまで自身に権力を集中させたゴーン容疑者が、RAMAを形骸化していた側面があるとみられる。
    ゴーン容疑者が退場し、仕組みの上では現状以上にルノーが日産への支配力を高めるのは困難になった。

     日産が「対等な関係」の構築に向けテコとして活用できるのは、ルノー株の買い増しだ。
    日本の会社法により、ルノーへの出資を25%以上に高めると、ルノーの日産への議決権が消滅する。
    ルノー株買い増しはRAMAの規定で日産だけで決議できる。ただ、その実行には「日産の経営判断にルノーによる不当な干渉を受けた場合」との条件が付く。
    返り討ちを警戒しルノーが動かなければ、日産はこの伝家の宝刀を抜くことはできない。
    ルノー名誉会長のルイ・シュバイツァー氏は19日のゴーン容疑者逮捕の直前、日刊工業新聞の取材に応じ3社連合の関係について
    「現状維持がベスト」と強調していた。大山鳴動してネズミ一匹―という決着も想定される有力シナリオの一つだ。
    -----------------------
    マクロン仏大統領の支持率、25%に低下 世論調査
    http://www.afpbb.com/articles/-/3198139
    -----------------------
    異次元の日銀砲をいつでも撃てる日本に、株取得合戦で勝てるとでも思ってるのかね?
    日産が増資に踏み切れば、無制限に日銀が株を買って、ルノー比率を下げて行くだけ
    EUの財政規律を守らなければならいフランスにはマネできない技だ
    -----------------------
    フランスも落ちぶれたもんだ
    日産ごときに一国の大統領が必死になるとは
    -----------------------
    ↑経済規模が違うからなあ。
    ヒュンダイに必死になる韓国の方が立場近い。
    -----------------------
    そもそも、ルノーはどの金で買う気?
    日産の売り上げ?www
    -----------------------
    形式的な外交は出来ても
    こういう利害が対立してる時は
    滅法弱いからなあ
    安倍ぴょんは
    北方領土は何だアレ
    -----------------------
    ※マクロンの大砲は年増のBBA専用です
    -----------------------
    うわーフランスこわいよー
    -----------------------
    そもそも日本政府としては民間企業なので国は口出しできませんしか言えんだろ
    あって何話すんだよ
    -----------------------
    この局面で脅しとかほんまもんの無能なんだな、マクロン
    -----------------------
    これで相手はビビると思ったのか
    -----------------------
    安倍首相は関係ないだろ
    仏政府は株主かもしれないが
    -----------------------
    日本にとって日産はしょせん、その他大勢の一企業にすぎないからな。
    それに対して大砲を持ち出すとか言い出してるマクロンの小物臭がハンパないなwww
    -----------------------
    文句あるなら核撃つよ、ってこれじゃ北朝鮮と同じじゃねーか
    -----------------------
    トヨタ兄さんが国ごと買い占めてあげたら?ww
    -----------------------
    マジでフランスさん無能過ぎて怖いわ
    あの過去の大国だったフランスがたかだか一企業のことでここまで必死なのか...
    -----------------------
    ↑それだけ日産には旨味が有るという事
    日産は金の成る木だよ
    完全な植民地になれば日本国内の日産工場は全部潰してフランス本国や中国に移転するのは目に見えてる
    -----------------------
    協議つっても政府として出来る事なんも無いよな
    犯罪者がいて捕まえてそいつが務めていた会社の株価が下がっただけの話だし
    -----------------------
    革命前夜のフランスにござーいw
    -----------------------
    そもそも民間企業の社長が不正働いたのがバレて捕まっただけだし
    それを追及されたからって大株主えある国が介入しようってのが異常だわ
    -----------------------
    不勉強で申し訳ないんだけどなんでこんなフランスは必死なの?詳しい人教えてほしい
    -----------------------
    ↑必死なのはアクロンであってフランスではない。
    アクロンは支持率急落している。
    -----------------------
    ↑日産の売れる車を、フランス国内の工場で製造させてるんだよ、フランスの失業対策
    -----------------------
    日産と日本国政府は無関係なのに安部にどうしろと?
    まさか司法に手を出せとでもいうつもりか?
    -----------------------


    この勢いで、水道事業を盗もうとしているフランス国営企業を追い出すべきだなw 戦争になって、敵国が水道を管理しているんじゃアブナイわw

    -----------------------
    フランスはベトナムの利権を日本にダメにされたから恨みがあるんだろう
    -----------------------
    浦賀沖にシャルル・ド・ゴールの雄姿
    東京上空を悠々と周回するラファール艦上戦闘機
    東京各所に立ち上る黒煙は・・・F-2の残骸!
    -----------------------
    アベは早く竹槍配れよ
    -----------------------
    大砲を持ち出す(ボロン
    -----------------------
    化けの皮剥がれたなww大砲とは穏やかじゃねぇーな野蛮人はフランス人
    日産はこれを理由に撤退しろ!「こんな支配的では一緒に働けません。」wwwww
    -----------------------
    あ?コラ、お?ジョトダコラ、戦争だばかやろう!こいや!
    -----------------------
    植民地主義は相変わらずだな。ブラフやフェイクじゃないなら出してみろ
    -----------------------
    ゴーンの退任後の80億はマクロンと山分けの予定だったのかな?
    -----------------------
    こっちはマカロン食べるの禁止令だすぞ!ww
    -----------------------
    ほーら、やっぱりwマクロンも一枚噛んでるw
    安倍は無視しとけよ!
    顔見かけたら直ぐ逃げろ!
    喋りかけてきたら両手で耳をふさいどけ!
    アー!アー!アー!きこえない!きこえない!きこえな~い!
    -----------------------
    脅迫かよ
    調子に乗んなよ三流国家。
    ルノーが死ぬだけでお前の国の経済終わりだろ?恐慌だろ?
    お前らみたいな底辺国家、下手に出ることはあっても、上から目線で脅迫するレベルのもんじゃないだろ
    ルノー潰してやろうか?
    -----------------------
    安倍が協議したらおかしいでしょ
    -----------------------
    安倍(どうしよう...どうしよう...)
    -----------------------
    日産、仏政府の支配を断念させた伝家の宝刀
    https://toyokeizai.net/articles/-/97023
    2015/12/17

     「これまで不文律だった経営の自立性が明文化されたことは日産にとって大きな節目だ」
    日産自動車のカルロス・ゴーンCEO(最高経営責任者)は12月15日に開いた会見でこう述べた。
    資本提携をする日産・ルノー連合は、2016年4月にルノーの筆頭株主である仏政府の議決権が倍増し、連合の経営への関与が強まることを懸念。
    資本関係の見直しを含む対抗策を検討してきたが、最終的には仏政府が譲歩する形で収束した。
    12月12日の未明、日産はルノー、仏政府との間で経営の自主性を維持することで合意したと発表。
    具体的には、仏政府の議決権が制限され(仏国内の戦略などは除く)、ルノーは日産の経営に干渉しない方針を正式に認めるというものだ。

     ルノーへの出資比率引き上げは伝家の宝刀

    加えて、日産は重要な権利を得ることができた。
    日産は自社の経営判断に対してルノーから不当な干渉を受けたと判断した場合、ルノーへの出資比率を引き上げることが可能になった。
    ルノーは日産の筆頭株主で議決権を持つが、日本の会社法の規定では、日産がルノー株の25%以上(現在は15%)を持つと、ルノーが持つ日産株の議決権が停止される。
    ルノーを通じた仏政府の日産への影響力を遮断できる。
    従来、日産はルノーの取締役会の事前承認なしにルノー株の売買をすることが認められていなかった。
    2002年に仏政府、ルノー、日産の資本関係がほぼ出来上がった際、日産とルノーの間で結んだ契約によって制約を受けていた。
    日産からすると不平等な契約だが、今回、それが見直される。
    「これまでは丸腰だったが、伝家の宝刀を手に入れることができた」と日産幹部は語る。
    -----------------------
    よろしい、ならば戦争だ。
    -----------------------
    これはCIAとエゲレスによるEU潰しの作戦なんだろか(´・ω・`)タイミング良すぎだし
    -----------------------
    どんだけ日産大好きやねんwwwwwww
    -----------------------
    こういうの見るとこの件って強欲役員が会社のお金ちょろまかしただけの事件じゃないんだろうって思うな
    -----------------------
    これはつまり日仏戦争という歴史に名を刻む流れのか
    -----------------------
    マクロンの大砲ってあの伝説の年増殺しか..
    おそろしい
    -----------------------
    あべは期待を裏切らずに土下座するんだろうな。
    -----------------------
    まだ帝国主義抜けないフランス人
    -----------------------
    マクロンがケンカを売ってきたんだよ
    フランスのルノー株の保有比率を上げてルノーを支配しルノーと日産を合併して一つ会社にしてフランス政府のコントロール下の自動車会社にしようとした
    そうすると日産は独自性が失われて工場も自分達で作ったり維持出来なくなる
    下手すると日本の工場閉鎖もある
    だからゴーンに反旗を翻した
    最初に揉め事を作ったのはマクロン
    -----------------------
    ↑マクロンは日本のことを本気で植民地だと思っているな。こいつ潰しておかないといけない。
    勿論、フランス主導の水道民営化も潰さないとな。
    -----------------------
    まあ、ルノーの国有化推し進めたのはマクロンだからな
    支持率壊滅してるのにここで失態晒したらレイムダックになるな
    後出しで議決権2倍にするとか社会主義丸出しのことするから
    -----------------------
    仏領インドシナではフランス軍弱かったな。、外人部隊は解散したのけ?
    -----------------------
    水道事業を売り渡さないと大砲を打たれるのか。
    なるほどね。
    -----------------------
    欧州は地球温暖化防止のために内燃機関全廃する予定で、ハイブリッドもダメで全部EVにスイッチするそうだ

    そうなるとEVの革新技術や特許が重要になる
    EVと言えば実車を販売しているのが日産と三菱
    両方手に入れればフランスはEV先進国に!と三菱自工までアライアンスに入れたのはまずかったと思う

    三菱自工は毒饅頭だから、バックに三菱UFJ、三菱商事、三菱重工がついていて札束で殴る蹴るぐらいは朝飯前だから
    -----------------------
    フランス暴動
    燃料税の増税に反対するデモ隊の一部が暴徒化して治安部隊と衝突。
    ガソリン車などから電気自動車などへの切り替えの促進を狙ったもの。

    ルノーグループ、中国での電動化を加速へ...中国遼寧省と戦略的提携
    https://response.jp/article/2018/10/17/315147.html

    悪の帝国中共と組んで利益を得ようとするフランス。
    マクロンは、トランプ政権の敵になった。
    -----------------------
    アクロン「おまえウンコ漏らしてやめたんだってな」
    アベ「おまえとんでもない婆好きだな」

    なんかアベ遺憾砲が負けそう。
    -----------------------
    米仏は米独立建国以来、対立が生じても手打ちをしてきた実績もあるしな。
    日産の件も今の米仏対立の手打ちのカードにされるんじゃね。
    トランプから日本に「フランスとナシついたから、日本はフランス側の条件のんで和解しとけ」
    で幕引きと。
    -----------------------
    ↑それは無理。

    GMが北米工場を閉鎖して一万四千人をリストラ発表してトランプは大激怒しているのに、
    これで、マクロンが日産を奪ったら日産の北米工場やラストベルトの第二工場建設計画が即死してしまうから
    アメリカはフランスを絶対に許さないぞ
    -----------------------
    こいつが勘違いしてるのは今回の件に日本政府は一切ノータッチなんだよww
    マクロンは自分がルノーの経営にどっぷりだから相手も政府が関与してると思い込んでるんだろうな
    -----------------------
    ↑その通り。
    官邸はトヨタさえ保護できれば気にしない。
    日産をルノーに統合されるとヤバいのはアメリカや英国。
    -----------------------
    つーか、官邸飛び越えて、アメ側が特捜に命令したんじゃねーの、これ?
    安倍さんも、困ってるだろうなぁ
    -----------------------
    自動車メーカー販売台数ランキング【世界シェア2017】

    【第1位】 VW 1074.2万台 (前年比 0.043%)
    【第2位】 ルノー・日産・三菱連合 1060.8万台 (前年比 0.065%)
    【第3位】 トヨタ 1038.6万台 (前年比 0.021%)
    【第4位】 GM 960万台 (前年比 -0.041%)
    【第5位】 現代-起亜 725.1万台 (前年比 -0.07%)
    【第6位】 フォード 660.7万台 (前年比 -0.01%)
    【第7位】 ホンダ 518.8万台 (前年比 0.043%)
    【第8位】 FCA 474万台 (前年比 0.004%) (フィアット・クライスラー)
    【第9位】 PSA 363.2万台 (前年比 0.154%) (プジョー・シトロエン)
    【第10位】 ダイムラー 327.4万台 (前年比 0.092%)

    日産と三菱が抜けると、ルノーはPSA以下だからな
    ドイツにマウントできない
    -----------------------


    あるいは、アメリカはヴェオリアによる日本の水道事業乗っ取りを快く思ってないのかもね。他人の儲けは癪の種w 官邸の知らないところで世界は動いている。

    コメント(3)

                

    10/8にエールフランス機が皇居上空を飛んだのは
    あちらからのメッセージで
    偶然ではなかったということですね。

                

    一九世紀に不可解な死を遂げた天才数学者・ガロアは、フランスの謎の

    紐に嵌められ、その紐の一端が現在露わになった!!!

       大砲かい、面白い。

       近くに成都空港もあるし(昔も有ったね)、爆撃も可能。

       儂は、霊界通信で黒板消しを取り寄せよう。

                

    日韓はまだ??
    制空権が、チョンに押さえられてるからな。
    電通、NHKetc


    <転載終了>

    ゴーン逮捕!あちこちに飛び火

    ゴーン逮捕!あちこちに飛び火

    逝きし世の面影さんのサイトより
    https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/d938eb8fd3645ad733695dcf4ace5b07
    <転載開始>
    2018年11月23日 | 宗教
    『日本会議』の緑タヌキに飛び火する『東京都知事就任の直前まで、フランス・ルノーの社外役員だった小池百合子』 

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去
    2018/11/21 日刊ゲンダイ

    「ゴーン・ショック」が東京都の小池百合子都知事に“飛び火”した。ゴーン容疑者と小池知事は21日、都が掲げる「スマートシティ」構想や環境問題について対談するトークイベントを開く予定だったが、事件を受けて急きょ、中止となった。
    小池知事は20日の会見で、「(逮捕は)衝撃的だ。超人的な働きを続けてきた方がいきなり逮捕ということで本当に驚いた」とコメントしていたが、2人の“蜜月”は有名だった。
    小池知事は都知事に就任する前、日産と資本提携しているフランス自動車大手ルノーの社外取締役を務めていた
    昨年1月にパレスホテル東京で開かれた「全国経営者セミナー」では、小池知事は「私はカルロス・ゴーン社長に頼まれ、2013年4月から都知事就任前までルノーの社外取締役を務めていました」と猛アピール。
    昨年はビジネス雑誌「プレジデント」の連載でも、<私は一時期、ルノーの社外取締役を務めていたことがあり、ゴーンさんともたびたびやりとりをしました。私のメールには、即座に返信があります。いつ寝ているのかと驚きます>とベタ褒め。<ゴーン氏は「企業の強さはダイバーシティの中に眠る」と言っています。性別や国籍にとらわれない組織づくりによって、ルノー・日産は競争力を高めており、私も大変刺激を受けました。民間での当たり前を、都政でも当たり前にしていきます>と、“ゴーンイズム”を継承していると言わんばかりだった。
    ところで、小池知事がルノーの社外取締役に就いていた時期は、ゴーン容疑者が高額報酬を隠していた時と一部重なる。小池知事は果たして役員報酬を得ていたのか。小池事務所に報酬について問い合わせると、「無報酬を条件に就任した」と回答。メールを頻繁にやりとりし、尊敬してやまない人物の正体が“守銭奴”だったとは、さすがの“渡り鳥”も見抜けなかったらしい。

    『日本会議は政治団体ではなくカルト宗教(秘密組織)だった』

    右翼国粋主義の安倍晋三内閣の閣僚のほとんどは『国民会議』メンバーが占めている。
    日本国の中枢部を乗っ取った『国民会議』を極右の政治団体と見ればファシズムに限りなく近いが、実は政治団体では無くて、特異なカルト宗教の秘密(偽装)組織であるらしい。(★注、極最近、あの極右のマドンナ櫻井よし子が『私は日本会議とは無関係だ』と言い出したし、肝心の日本会議代表が事実関係を否定するなど『日本会議』の組織実態が混沌としている)

    『ゴーン逮捕が、封建制(江戸時代)のままだった日本の司法制度に飛び火』

    日本の刑事手続きに疑問の声=ゴーン容疑者勾留「家族と面会できず」―仏メディア
     11/22(木) 時事通信

    【パリ時事】金融商品取引法違反容疑で逮捕された日産自動車会長カルロス・ゴーン容疑者の30日までの勾留を認める決定が出たことに関連し、同容疑者が会長を兼務する自動車大手ルノーの本拠地フランスのメディアは21日、「弁護士が事情聴取に立ち会えず、(当面は)家族との面会もままならない」と一斉に報じた。
    同メディアからは、フランスと異なる日本の刑事手続きに疑問の声が出ている。
    仏紙フィガロは、刑事事件に詳しい日本の弁護士に取材するなどし、「家族が面会できる可能性は低く、できたとしても15分程度。面会での会話は日本語しか認められない」と報道。仏誌ルポワンは「日本語を話さないゴーン容疑者夫妻にとって非常に厳しい勾留条件だ」と伝えた。
    仏首相府によると、フランスでは勾留中の取り調べへの弁護士同席が認められる。捜査妨害にならないと判断された場合には家族とも面会可能だという。その際には原則として当局者が理解できる言語を使うよう定められているが、外国人の人権保護を求める仏NGO団体によれば、実際には好きな言語で話すことができる場合が多い。 

    『日本軍従軍慰安婦でBBCなどリベラルメディアの「姓奴隷」報道に続く、「野蛮な日本」バッシングのネタになる危険性』

    時事通信は『フランスでは』と書いているが正しくは『日本以外の先進国では』の間違い。先進文明国では日本の司法だけが特殊で通常では有りえない封建的な人権無視状態が続いている。(特に入管法関連ではやりたい放題が当たり前だった)
    表の顔の『安全な日本』の陰にある怖ろしい日本国の真実は右翼も左翼も全員が沈黙しているが、(日本では常識の)『犯罪者には人権は無い』は世界基準では間違いなく一発退場のレッドカードなのである。(★注、日本で刑事訴追されると99・9%有罪になる)

    『右翼も左翼も何故か誰も言わないが、(アサンジや西山記者、植草一秀と少し似ている)あの菅野完1人だけが指摘していた!!!』

    菅野完事務所‏ @officeSugano · 11月19日 
    え?年間50億じゃなかったっけ? 5年で50億なの??
    だったら加計学園への補助金より少ないじゃん。

    菅野完事務所‏ @officeSugano · 11月19日
    僕ね、「国策捜査」って言葉嫌いなんですよ。
    だって地検特捜部ってのは、国家の秩序を守るために捜査するわけですから、何やっても国策捜査になるのは当然。国策捜査ってのは「野菜を売る八百屋」ぐらいトートロジーっぽい

    問題なのは、国策捜査ではなく、国策不捜査なんです。
    で、その代表が森友

    『なるほど!♪!と納得する』

    東京地検特捜部による『国策捜査』日産のお家騒動(西川社長らのクーデター)の、なんとも唐突なゴーン逮捕ですが、ほぼ芥川龍之介の『藪の中』。色々な解釈が出来るし、今後は各所に飛び火する。
    フランスの元国営企業のルノーは今でもフランス政府が筆頭株主(15%)でありフランス人としてのプライドとも関係している。今年二月にはフランス北部にルノー日産の合弁企業による自動車工場を設立して大統領のマクロンとゴーンが仲良く揃って出席、祝辞をのべているが今回のゴーン逮捕で面子が丸潰れである。(このことから田中 宇のように『ゴーン逮捕で仏マクロンの謀略を潰した日本政府』だとか、アメリカとフランスやEUとの代理戦争だとの説も生まれた)

    『ゴーン逮捕で、マスコミの報道姿勢が??? 何かが可笑しい』

    田中 宇は『今回の件は、横領的なものでなく、有価証券報告書への記載を「間違えた」だけの「微罪」と考えることもできる』と書いているが、確かに単なる記載漏れなら、『報告書の修正』程度で済む微罪である。
    幾ら国策捜査といえど今回のようにいきなり世界企業トップの逮捕はあまりにも乱暴すぎる。(もし、ゴーンが50億円の自分の収入を丸々国税庁に報告していないと『巨額脱税』で日本でもフランスでも重罪であり、間違いなく長期の懲役刑なので執行猶予ではなく実刑が科される)
    連日面白おかしく大騒ぎしているテレビも新聞も、もちろんゴーンを逮捕した特捜部も同じで、ゴーンの税務申告に対して一切沈黙しているが、この部分は微罪なのか重罪なのかの分かれ道なのですから不真面目すぎるでしょう。
    ★注、
    今回のように全てのマスメディアが同じ事実を大きく報道する場合ですが、もちろん世紀の大ニュースの場合もあるが逆に、ニュース自体には何の意味も無くて、大騒ぎすること自体が目的の場合がある。
    もしも巨額脱税が無かった(形式犯の微罪)とすれば、ゴーン逮捕は国家ぐるみの『猫だまし』か、あるいは『赤いニシン』(わざと間違いに誘導する偽の手がかり)の可能性が高いことになる。



    『日本的常識では個人の宗教と政治・経済はまったく無関係。ところが、グローバルスタンダード(世界基準)では個人の宗教と政治経済は直結している』

    ジョン・F・ケネディがアメリカ大統領としては唯一のカトリック教徒であった事実は日本人でもほぼ全員が知っている。ところが逆に、日本の歴代首相でキリスト教徒だった人物を正確に指摘できる日本人は希だった。(国家神道の戦前でも5・15事件で暗殺された犬養毅首相等がいたが、戦後は大平や細川など4分の1がキリスト教徒の首相)
    日本では靖国神社の公式参拝に拘る麻生太郎がキリスト教信者であるように、個人が信じる宗教と政治信条とは無関係だが、外国では逆に政治や信条や哲学とは個人個人の宗教観に由来するので大問題なのである。
    世界では『宗教』が政治経済の上位なので、モザイク国家のレバノンの場合には揉めないように最初から大統領はマロン派キリスト教徒、首相はスンニ派イスラム教徒、国会議長はシーア派イスラム教徒に決められていた。
    宗教の縛りが弱い日本で、その唯一の例外である一神教的な創価学会(公明党)だけが宗教(池田大作?)を優先する。この為に(日本的常識に真っ向から違反する)創価信者に対する日本人一般の拒否感が強い結果になる。



    『モザイク国家レバノンのうろんなマロン派(典礼カトリック教会)』

    ちょうど1年前の2017年11月にサウジアラビア公式訪問中のレバノンのハリリ首相が『イランやヒズボラによる暗殺計画がある』と非難、辞任して帰国を拒否。その1週間後にはサウジアラビアによるハリリ首相の拉致が発覚してレバノンの宗主国であるフランスのマクロン大統領が直々に救出に乗り出す騒ぎになっている。(トルコのサウジアラビア領事館内でのカショギ暗殺の前哨戦?)
    2005年にレバノンの首都ベイルート起きたハリリ首相の実父のラフィク・ハリリ首相暗殺ですが、当時平和維持軍としてレバノンを実行支配していたのがシリア政府軍。欧米メディアの『ハリリはスンニ派だから→シリアがヒズボラを使って暗殺した』と1手先しか読まない頑是ない幼稚園児並みの発想で、普通に3手先を考えれば逆に、ハリリ暗殺は『シリアのレバノンに対する影響力を削ぐ』目的で、イスラエルやサウジアラビア、欧米の諜報機関の犯行か、欧米などに近い(一番得をしているマロン派)大統領派が怪しいことになる。



    『実父が在日朝鮮人一世なのに、・・・人前では過激な右翼愛国者を演じていた「やしきたかじん」のような悲しい話』

    レバノン生まれでブラジルで育ちフランスの大学を出たカルロス・ゴーンですが、左翼労働者党の大統領を汚職容疑で逮捕投獄して副大統領からブラジル大統領に昇格して、大統領選挙では極右のボルソナロ下院議員勝利を決定付けた(レバノン系ブラジル人の)ミシェル・テメルと同じ『うろんなマロン派(典礼カトリック教会)』だった。
    ローマ帝国の分裂でキリスト教会も東西に分裂したが民族とか宗教の十字路である中東レバノンのマロン派は教義的には東方教会(ギリシャ正教会係)なのに西方教会(ローマ・カトリック)所属するという『典礼カトリック教会』で、これはウクライナ西部の旧オーストリア帝国領だったリヴィウ州などの典礼カトリック教会地域(ナチスと協力した極右民族主義のステファン・バンデラのウクライナ蜂起軍)と同じ流れだった。ポーランドは民族的にはスラブ人だが宗教的にはカトリック(西方教会)で、キリスト教の東方教会(正教会)と対峙する最前線に位置していた。
    ★注、
    36年前の1982年、イスラエル軍がレバノンに侵攻してPLOを駆逐した戦乱に乗じたマロン派(典礼カトリック教会)の右翼民兵『自由レバノン軍』(イスラエルの傭兵組織)が、イスラエル軍が占領していたパレスチナ難民キャンプを襲撃し非戦闘員の大虐殺を行った悪しき歴史があるが、丸っきりナチスドイツと協力したウクライナの極右民族主義のステファン・バンデラのソックリさん。両者は宗教的には少数派のまったく同じ『うろんなマロン派(典礼カトリック教会)』だったのである。


    (ナチスのカギ十字を連想さすウクライナ国家親衛隊の右翼民兵組織「アゾフ」大隊の軍旗)

    第二次世界大戦前後の悪夢がよみがえる2014年09月04日 | 政治

    『第三次世界大戦前夜の悪夢』
    ウクナイナ西部のカトリック地域にはステファン・バンデラなどの極右民族組織の長い伝統があり、戦争中はナチスドイツと協力してユダヤ人やポーランド人、ロシア人などを大量に殺害する。ナチスが敗北した第二次世界大戦後にもウクライナ蜂起軍は反共パルチザンを解散せず、こんどは西ドイツや米国の諜報機関の支援でソ連に対して10年間もテロや破壊活動を継続していた。(狂信的なウクライナ至上主義による要人暗殺や少数派の虐殺では70万人以上が犠牲になっている)
    欧米が支援したオレンジ革命のユーシェンコ大統領は、あろうことかナチス以上の凶悪で偏狭なウクライナ至上主義のステファン・バンデラの顕彰を行い、それまで眠っていたウクライナの禍々しい悪夢を甦らせる。
    欧米マスコミが大宣伝した、素晴らしいアメリカンドリーム(自由と民主主義のウクライナ)がナイトメア(悪夢)に変ってしまう。
    『夢』とは、そもそも現実とは無関係だから『夢』だったのである。
    見かけだけ美しいウクライナの『夢』(アメリカ風のインチキ臭い自由と民主主義)は、『夢』の本来の意味であった禍々しい不可解で恐ろしい『悪夢』に逆戻りしてしまったのですから恐ろしい。
    出発点においてネオナチを支援したアメリカですが、最初の一番大事な『第一歩』を踏み間違えていた。
    (抜粋)

    ★注、
    キリスト教の東方正教会(東方教会)の教義の根本部分が『三位一体』(神と子と聖霊)なのですが、実は『三位一体』(トリニティ)はカトリック(西方教会)の教義でもある。もちろんプロテスタント諸派もキリスト教なので『三位一体』が教義である。
    それなら、キリスト教の教義の違いというよりも儀典(拝み方)の違いで両者は2000年間も東西に分裂して争っていることになる。

    「ふしぎなキリスト教」不思議な橋爪大三郎 2013年06月26日 | 宗教

    西洋近代文明を理解するためには、まずキリスト教を理解しなければならないのは明確な事実である。
    ところが歴史的に日本人は長年一番大事な『キリスト教』の理解を惰ってきた。
    正しくは一生懸命真面目に、必死になって『何とか学ぼうとした』が、とうとう最後まで『不思議なキリスト教』の本質を『理解出来なかった』のである。
    マックス・ウェーバーがいうように資本主義の成立と、西欧キリスト教との關係は密接で殆ど一卵性双生児のような不思議な関係がある。

    『科学の上位に君臨し、科学と敵対したキリスト教の暗黒史』
    欧州では科学と宗教が数百年にわたって血生臭い抗争を繰り返していた。(地動説のジョルダーノ・ブルーノは1600年宗教裁判で火あぶりになっている)
    最終的に科学の側が宗教に勝利して一神教のくびきから脱するのは、150年前のダーウィンの進化論論争の結果である。(バチカンがガリレオ・ガリレイの地動説を正式に認め謝罪するのは冷戦崩壊の翌年の1992年、ダーウィンの進化論は1996年で、つい最近の出来事である)
    科学はアルキメデスの原理などキリスト教成立の遥か昔のギリシャ文明など歴史は古くて長い。圧迫したのはキリスト教で、これを継承保存して後世に伝えたのはイスラム教のサラセン帝国やオスマントルコである。
    活版印刷や羅針盤や火薬などヨーロッパ近代化の三大発明は世界から千年から数百年遅れであり、すべて中国など先進地域の模倣であった。
    キリスト教の欧州は、長らく『野蛮未開な辺境の地にとどまっていた』が科学的で正しい世界歴史なのです。
    ところがルターの宗教改革によりプロテスタントとカトリックの血みどろの武力抗争が発生。このキリスト教の全般的危機の時に『世界が聖書の記述のとおりである』事実を証明しようと努力した結果、副作用として科学技術が欧州で発展する。

    『2000年間ユダヤ教を差別迫害し、1400年間イスラム教と争うふしぎなキリスト教』
    日本人的な一神教に対する誤解として、ユダヤ教のヤハウェとキリスト教のイエス、イスラム教のアラーは別々の『神』だと思って仕舞うが、実は『一つ』の神である。
    では『何』が違うのか。
    橋爪大三郎は『ふしぎなキリスト教』で基本となる教義が、三つの一神教で全く違いが無いことを強調している。
    ユダヤ教とキリスト教とイスラム教は、基本OSは同じだがバージョンが違うウインドーズの95とXPとビスタの関係なのですから別々の宗教と言うよりも一つの宗教の『別々の宗派』程度。
    特にユダヤ教とキリスト教との間には教義の違いは無く、実はまったく『同一の宗教』であった。
    唯一の違いとは『イエスキリスト』がいるか、いないかだけ。
    いないのがユダヤ教で、『イエスキリスト』がいるのがキリスト教だった。
    ちなみに『イエスキリスト』とは、イエス(ヨシュア)は当時はありふれた名前で、『キリスト』はヘブライ語の救世主(メシア)なので『メシアのイエス』(救世主の一郎)の意味である。

    なるほど。!そうだったのか『日蓮正宗=ユダヤ教、創価学会=キリスト教』
    ユダヤ教とキリスト教の摩訶不思議な関係ですが、これは同一宗教内どころか同一宗派内の宗門と信者組織とで、池田大作の『有る無し』の違いだけで30年間も見苦しい血みどろの抗争を繰り返している日蓮正宗本山(宗門)と創価学会との仁義なき抗争とそっくり同じ構造である。
    創価学会は、数々ある日蓮宗系の弱小教団『日蓮正宗』の一信徒団体(法華講)に過ぎなかったが超巨大化し、1952年に信徒団体という特殊な形態のまま、東京都知事の例外的措置をもって宗教法人の認証を受けた経過がある。
    一信者団体が教団から破門されて以後、『池田大作より他に神はなし』と、自分の生みの親である筈の日蓮正宗教団を飽きることなく口汚く攻撃しているが、まさに『ふしぎなキリスト教』である
    日蓮正宗=ユダヤ教、創価学会=キリスト教であることが理解出来れば、キリスト教に疎い我々日本人でも『ふしぎなキリスト教』の数々の謎が簡単に解明できるでしょう。
    (抜粋)

    『厳格な宗教法があるユダヤ教やイスラム教』それとは対照的に『曖昧なキリスト教の宗教法』
    ★注、
    キリスト教の聖職者(カトリックの神父やプロテスタントの牧師)は仏教の僧侶や神道の神主と同じような『祈る人』の意味なので、我々のような多神教的な日本人には同じ一神教のユダヤやイスラムも同じだと勘違いするのである。
    ところが、ユダヤ教のラビやイスラム教の聖職者では『神に祈る人』の意味は無くて、ユダヤの律法家とかイスラムの法学者と呼ばれているのです。ユダヤやイスラムの聖職者は仏教やキリスト教とは大きく違い、かれらは『宗教法』を司るのが仕事だった。
    信者の生活全般を縛る宗教法は社会の安定には貢献しても、社会の発展や進歩には阻害要因になる。
    (あえて、マックス・ウェーバーは見逃したが)近代社会(資本主義)の成立には『宗教法を曖昧にしたキリスト教』というピースが不可欠だったのである。


    <転載終了>

    以上は「大魔邇」より

    フランスの恨みがやがて日本に向けられる恐ありか?ABE逮捕?  以上

    日本でも広がる軍事と経済の矛盾(その3)

       

    カテゴリ:カテゴリ未分類    

     イギリスやアメリカ、つまりアングロ・サクソン系国の基本戦略は遅くとも20世紀の初頭から変化していない。1904年にイギリスの地理学者で地政学の父とも呼ばれているハルフォード・マッキンダーが発表した戦略で、ユーラシア大陸の周辺を支配し、内陸部を締め上げていくというもの。最終的にはロシア/ソ連を制圧することが目標だった。

     マッキンダーは内陸部を締め上げるために「三日月地帯」を想定する。西ヨーロッパ、パレスチナ、サウジアラビア、インド、東南アジア諸国、朝鮮半島をつなぐ「内部三日月帯」とその外側の「外部三日月地帯」だ。内部三日月帯の上にイギリスはサウジアラビアとイスラエルを作り上げた。この内部三日月帯の西端にイギリスがあり、東端には日本。イギリスが長州と薩摩を支援して徳川体制を倒し、中国(清)やロシアへの軍事侵攻を支援したのは、それが自分たちの戦略だからだ。勿論、日本が好きだったわけではない。

     ジョージ・ケナンの封じ込めもズビグネフ・ブレジンスキーのグランド・チェスボードもマッキンダーの戦略がベースになっている。現在、その戦略に基づいて動いているのはネオコンをはじめとするアメリカの好戦派だが、そのネオコンを育て、送り出したのはヘンリー・ジャクソン上院議員(1953年~83年)の事務所。

     ヘンリー・ジャクソンの師と言われているバーナード・ルイスはイギリスの生まれで、第2次世界大戦ではイギリス軍の情報機関で活動していた。戦後、ロンドン大学とプリンストン大学で教えている。サミュエル・ハンチントンと同じようにルイスは「文明の衝突」を主張、シオニストを支持し、反イスラムということでも有名だ。(Robert Dreyfuss, “Devil’s Game”, Henry Holt, 2005)ブレジンスキーは「危機の弧」という概念を使い、ソ連の脅威を煽っていたが、この概念を考え出したのはルイスである。

     冷戦時代にはソ連脅威論、ソ連消滅後は中国脅威論を宣伝していたのはアンドリュー・マーシャルONA(国防総省内部のシンクタンク)室長だが、この人物もルイスから世界観を学んでいた。ドナルド・ラムズフェルドはこのマーシャルを信奉している。

     アメリカ支配層はバーナード・ルイスから大きな影響を受けているのだが、この人物には大きな問題があったと言われている。軍事力を重視、経済を軽視していたのだ。ネオコンは暴力的な手段を前面に出し、ターゲットを脅して屈服させようとしている。

     圧倒的な力の差があれば機能するやり方だが、相手がロシアや中国では無理。そこで脅しはエスカレートし、全面核戦争の段階まで来てしまった。ヒラリー・クリントンはその戦術を実行するために選ばれた人物だ。

     しかし、経済を軽視したネオコンの戦術はアメリカ支配層に従うメリットと経済破綻のデメリットの矛盾を拡大、支配システムを揺るがしている。日本も数年前からその矛盾に耐えられなくなりつつある。

     アメリカとの取り引きで儲けてもドルをアメリカへ還流させなけらばならず、手元には高額兵器と財務省証券がたまるばかり。高額兵器を使う事態になれば日本は破滅であり、財務省証券は単なる紙切れだ。日本の大企業がロシアや中国との取り引きをしたがるのは当然である。そうした流れの中、日本で大企業のスキャンダルが頻発している事実は興味深い。

     軍事面や情報面でアメリカに支配されている韓国だが、ロシアや中国との関係を着実に強化している。そうした器用な外交を安倍晋三政権ができるとは考えにくいが、状況がそうした行動を強いている。アメリカ支配層に従属することを優先すればロシアや中国を侵略し、略奪する道を進むしかない。当然、両国からは反撃があり、日本は滅びる。ロシアや中国とのビジネスを優先したなら、アメリカ支配層は日本をイラク、シリア、リビア、あるいはインドネシアのように破壊しようとするだろう。

     日本では政治家や官僚だけでなく、自衛隊、警察、検察もアメリカのコントロール下にある。そうした人びとの周辺にいる学者やマスコミ関係者も似たようなもの。目先の利益を考えれば、こうした集団の「お告げ」を信じる、あるいは信じた振りをするべきなのだろうが、その先に未来はない。

     近い将来、アメリカ本体がドル体制の崩壊で潰れる可能性がある。そうした展開になれば日本が独立する展開もありえるが、その準備をする動きは一部を除いて見られない。その一部とは沖縄だ。(了)

    ​    




    以上は「櫻井ジャーナル」より

    ロンドン・シティ、バチカン・シティ、ワシントンDC

    見える太陽も二ビルもホログラムでした。

       

    ロンドン・シティ、バチカン・シティ、ワシントンDC

    ピラミッドのトップに君臨している人間もどきはロンドン・シティ=通貨、金融、バチカン=宗教、ワシントンDC=武力、の3つの帝国を介して世界を支配しています。
    日本も他の国も独立国になるにはこれらの3都市からの支配をなくさなければなりません。それに絡んで中央銀行(アメリカはFRB=FED)があります。トランプはFRBを解体したいようです。FRBは中間選挙に向けて利上げをしながら株式市場や米経済を崩壊させたいのでしょう。
    これらの3シティが崩壊しないと世界の支配構造はNWOでさらに強化されます。3シティは非常に闇の深い場所です。

    <3つの都市帝国とは>
    https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3645115.html
    (概要)
    11月3日付け

    3つの都市帝国とは、ロンドン・シティ、バチカン・シティそしてコロンビア特別区(ワシントンDC)です。

    これらの3つの都市帝国はどの国にも所属しておらず、税金も払っていません。
    バチカン・シティは宗教を通して世界を支配しています。ロンドン・シティ(ロンドンの金融街)は通貨で世界を支配しています。ワシントンDCは武力で世界を支配しています。

    ロンドン・シティはロンドンの1平方マイルを占めています。ここはイングランドから独立しており、ロンドン・シティ法人によって運営されています。
    ロンドン・シティ、バチカン・シティ、ワシントンDCには其々エジプトのオベリスクが設置されています。バチカンのサン・ピエトロ広場のオベリスク、ワシントンDCのワシントン記念塔、ロンドン・シティのクレオパトラの針がそうです。

    なぜバチカンの中心地にエジプトのオベリスク(エジプトの太陽神、アメンラー)が設置されているのでしょうか。
    これらの3都市は世界の富の80%を独占しています。ロンドン・シティは嘗ての英国帝国の支配層が背後にいます。ロンドン・シティは巧妙な手段を使ってアメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、EUを領土として支配しています。その手段の一つは、これらの国で影響力のある高い地位に彼等のエージェントを就かせて支配します。彼等は、イルミナティと呼ばれる非常にパワフルな操り手、影の政府、オメガ・エージェンシー、政府の中の政府、他を含むカバラ集団です。

    彼らは法を支配し我々の自由を奪っています。その目的はNWOです。彼等がNWOのために作成した代表的な法律は愛国者法(Patriot Act)、EU憲法、北米の安全と繁栄のためのパートナーシップ法です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    <後世にトランプ革命と呼ばれるようになる可能性について >
    http://manbows44.hateblo.jp/entry/2017/03/04/201049
    (転載)
    2017-03-04            


    後世にトランプ革命と呼ばれるようになる可能性について
    (以下は、Yさんの講義)
    ワシントンDCの問題はアメリカ一国の問題ではないのですね。だからエリート排除のために国際的な連携プレーが必要です。
    この間に寝返る人も出てくるし。その辺の見極めが大事です。
    クラウンコロニーの仕組みを正しく理解していないと手がつけられません。

    クラウンコロニー
    1) バチカンシティー
    2) ロンドンシティー
    3) ワシントンDC

    https://youtu.be/rel0qeCyfnI

    日本の丸の内も準コロニーシティー

    ローマ法がアメリカの憲法より上位にあるという事実。

    アメリカの属国日本も法律のヒエラルキーで言えば、下の下。

    つまり日本の法学部で法律を学んでも、その上の上に位置する法律の存在を知ることはない。マトリョーシカ人形の一番小さなマトリックスの中だけが自分たちの領域となる。

    私はオーストラリアで法律を学んだので、ローマ(ヴァチカン)~大英帝国~コモンウェルス(植民地の統治から形ばかりの独立)までの流れをある程度把握しています。

    そして重要なのは、世界支配の言語はラテン語であるということ。
    法律の概念はほとんどラテン語の専門用語で学びます。

    上流階級がラテン語を学ぶのはその為

    労働者階級の奴隷市民はラテン語を学ばない。

    トランプがヴァチカン(の利益)とアメリカ一般民衆(の利益)のどちらの立場の代表者として働くのか?それが、これからの見もの。

    法的な手続きは過去に遡ってやるべきことが山のように有る。

    そしてアメリカがそれをやってのけないと、日本は永遠に救われない。

    デモのような意思表示だけでは何も前進しないのです。

    トランプの先日(2017年1月20日)の記者会見で、提示した書類の山。
    トランプ個人のビジネスから一切手を引く為の法的手続きだけで、あれだけの書類の山を弁護士が作成しなければならなかったことを踏まえると、連邦政府がこれまでにこさえたゴミを一掃するのは膨大な作業量を要するのは明白です。

    あの記者会見で女性弁護士が淡々と発表していたことがどう言う意味なのか、それを捉えられた人は少ないのではないでしょうか?

    過去の大統領でこれをやった人物は皆無です。

    バチカンの出先機関であるワシントンDC(連邦政府と言う名の子会社)の大統領(雇われ社長)というのは、大変不名誉なことであるとも言えます。
    トランプは店じまいするのも経験済み。

    外資系企業で働くと、そういう役回りの雇われ社長専門の人材が多数居ることも良く理解できます。
    Exit Strategy
    撤退も戦略のうち
    M日本人の集まりだとそういう発想の話が全く出ませんね。
    中国撤退時には全部置いて逃げ帰ってますから。
    撤退戦略専門の外国人社長を雇って撤退させた方が上手くいく。
    日本人社長では難しい。

    NBAではいかに上手く撤退するかもケーススタディで学び、訓練します。

    日本国憲法
    「憲法」とは名ばかり

    「インフルエンザワクチンの《害の部分》」について研究され発表された医学論文や学術論文の数々が語る断片

    「インフルエンザワクチンの《害の部分》」について研究され発表された医学論文や学術論文の数々が語る断片

    投稿日:

    2018年10月30日


    collective-evolution.com


     

    前回の記事、

    火星では火山が噴火し、木星では何かの緑色の光が噴火している中ですが、今日はかぜの中でホイル博士を偲びながら静養させていただきます

    に書かせていただきました通り、現在、いわゆる「かぜ」というものをひいておりまして、まさに絶好調なわけですが(そうかよ)、しかし、自分が今かかかっているものが、「かぜ」という漠然とした表現のものかどうかはいつもわからないのですよね。これは、かぜではなく、インフルエンザかもしれないしですし。

    そんなわけで、これから冬に向かって、かぜやインフルエンザなどのシーズンとなっていくわけですけれど、そうなりますと、

    「ワクチン」

    という話題が出てきます。

    この言葉から、かつての私の知人などは、「ワクワクしたチンチンみたいだよね」というような暴言を吐いていたこともありましたが、そういう異邦人は別として、ワクチンに対しての議論は、ここ数年、噴出し続けています。

    しかし、その議論の多くは、

    「インフルエンザワクチンは、インフルエンザの予防に有効か否か」

    という点に集約されているような気がして、このような議論は実は「重要な点から目をさらさせてしまう」ことになってしまっている可能性があるように思うのです。

    すなわち、ワクチンがインフルエンザの予防に効果があるかかどうかというよりも、

    「インフルエンザワクチンの摂取には、果たして有害な部分はないのか?」

    という点です。

    「たかが」インフルエンザを予防する目的で摂取するものが、より大きな「害」を出している可能性があるとすれば、どうなのか、と。

    仮にインフルエンザワクチンに有害な点がないのであれば、どちらでもいいと思います。

    まさに、その人それぞれの好みということで構わないはずです。

    というのも、私は、ワクチンが予防に効果があるかどうかという以前の話として、季節性インフルエンザは予防するような脅威を持つ病気ではないと思っているからです。

    これに関しては別の話となりますので、2017年1月の以下の記事をご参考いただければ幸いです。

    このタイトルにあります通り、確かに、私自身は「インフルエンザワクチンの接種は、できる限り受けないほうがいい」とは思っています。

    しかし、ここは強調しておきたいですが、私は、それ(ワクチンを避けること)を人に勧めるものではないです

    どんなことでもそうですが、人はできる限り「人から影響を受けるだけの人生を送るべきではない」と私は考えていまして、つまり、さまざまなご自身が自分の判断で考えたことを実際の生活の中に取り入れていくのならば、仮にその考えが間違っていたとしても、「自分で決めたことなのだから」納得できる気がします。

    しかし、他人の主張や言うことに従って、仮に「それが間違っていた」としたなら、その他人を憎んだり恨んだりといった、人生において無駄な時を過ごしてしまう可能性があるからで、ライフスタイルに取り入れるものに関しては、それぞれがご自身でお決めになるということは大事だと思います。

    現代の宗教の問題もこの部分だとも思います。人間から自主性を剥奪する部分があまりにも大きい。

     

    それはともかく、今回は、ここ数年の間に学術論文として発表されていた「インフルエンザワクチンの問題点」を研究発表したもののいくつかについて、概要をご紹介したいと思います。概要というか、それぞれのものからの一部分のピックアップのような感じです。

    すべて論文へのリンクを貼りますので、さらに詳しくお知りになりたい方は、そちらをご覧下さい。

    なお、このようなことをご紹介しようと思いましたのは、先日、イギリスの歯科医師会の重鎮が、「虫歯予防にフッ素は重要なのです」と述べていたという報道を読みまして、少し前の、

    妊娠中の女性の体内のフッ素濃度と、生まれる子どものADHD (注意欠陥・多動性障害)のリスクの関係が明らかに

    という記事に書きました、

    「虫歯を予防できても、脳が破壊されるのはいかがなものか」

    ということを思い出したのです。

    フッ素が虫歯予防になるかどうかの議論はともかく、「脳に損傷を与える」ことについての証拠を示す数多くの研究をどう考えるのかということです。

    インフルエンザワクチンに関しても、インフルエンザの予防となるかどうかということはともかくとして、

    「インフルエンザを予防できても、他の何かが破壊されるのはいかがなものか」

    というような意味です。

    そして、インフルエンザワクチンの「害」に関しての研究は実際かなり多いです。

    ただ、大人より、問題は「妊娠している女性と、子どもへの影響」です。

    というわけで、ここから、いくつかの論文の概要を記します。オリジナルは、海外のサイトにまとめられていたもので、ここには「水銀」に関しての論文のリンクも多いですが、その理由は、一般的にワクチンには水銀由来の防腐剤であるチメロサールというものが使われているからということのようです。

    ただし、以下の厚生労働省の文書にありますように、日本では(多くの海外でも)このチメロサールは、「害はあるかもしれないが、益が上回る」とされています。

    厚生労働省「保存剤(チメロサール等)が添加されている新型インフルエンザワクチンの使用について」より

    ○ チメロサールはエチル水銀に由来する防腐剤であり、開封後の細菌汚染防止のために古くから用いられてきた物質である。

    ○ 1990 年代に、自閉症等の発達障害との因果関係が指摘されたが、最近の疫学研究では、発達障害との関連性は示されていない。

    また、薬物動態学的 にもエチル水銀の代謝・排泄は早いこと等からも、接種によるベネフィッ トがチメロサールのリスクを上回るとの評価が主流であり、日本及び欧米の規制当局もその考え方を支持している。

    ということで、ワクチンの水銀については「問題なし」という見解で統一されているようです。

    しかし、問題視する人たちもいるわけで、そのため、水銀関係の論文が多くなっています。

    ここからです。


    インフルエンザワクチンに対しての研究論文のいくつかより

    2004年2月に米ニューヨークタイムズに掲載された記事より

    E.P.A. Raises Estimate of Babies Affected by Mercury Exposure

    アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)は、アメリカの 6人に 1人の女性が妊娠中に胎児にリスクをもたらす可能性のある水銀血中濃度を有すると推定した。それらの胎児には、発達障害がもたらされる可能性があるとした。

    2017年の米オハイオ州環境保護庁のニュースリリースより

    The Disposal of Hazardous Pharmaceutical Waste FAQs

    オーストラリアの研究で、2009年に 5歳未満の子ども 110人に 1人が H1N1 ワクチン接種後に痙攣を起こしたことが判明した。

    2010年のオーストラリア保健省のニュースリリースより

    Seasonal flu vaccine: Investigation into febrile reactions in young children following 2010 seasonal trivalent influenza vaccination

    オーストラリア保健省の報告書によると H1N1 インフルエンザワクチンに関連する小児のナルコレプシーの症例が急増していることが判明した。

    2014年に発表された学術論文より

    Neurobehavioural effects of developmental toxicity

    2010/2011年、および 2011/2012年のインフルエンザの流行シーズンに予防接種を受けた妊婦は、ワクチンを受領してから 28日以内に流産を起こす確率が 2倍高くなることがわかった。

    以前のインフルエンザシーズンでは、H1N1 ワクチンを受けた女性では、28日以内に流産する確率は、妊娠中にワクチン接種を受けなかった女性の 7.7倍だった。

    2017年に発表された学術論文より

    Association of spontaneous abortion with receipt of inactivated influenza vaccine containing H1N1pdm09 in 2010-11 and 2011-12

    インフルエンザワクチンの安全性を検討した 2016年の研究では、妊娠第 1期にインフルエンザワクチンを受けた女性に生まれた幼児の出生時に重大なリスクが認められた。

    2017年に発表された研究では、母親がインフルエンザワクチンを受けた母親から生まれる子どもたちの自閉症スペクトラム障害のリスクが高いことが判明した。

    2017年に発表された学術論文より

    Association Between Influenza Infection and Vaccination During Pregnancy and Risk of Autism Spectrum Disorder

    インフルエンザワクチンの投与が妊婦に炎症反応を引き起こすことが証明された。

    最近の研究では、妊娠中の炎症が自閉症スペクトラム障害の発症に関連していることも判明している。

    2011年に発表された学術論文より

    Trends in Molecular Medicine

    インフルエンザワクチンを妊娠中に摂取した人と摂取していない人の間には、インフルエンザまたは同様の病気を発症するリスクに差がないことが判明した。

    これは 5つのインフルエンザシーズンにわたる約 5万人の妊婦の大規模な研究で判明した。

    2011年に発表されたコクラン・リポートより

    Vaccines for preventing influenza in healthy adults

    ワクチン接種を決定した場合は、水銀フリーのインフルエンザワクチンをあなた自身と、あなたの子どものために使用するようにしてほしい。

    そして、他のワクチンを摂取する日に同じ日にインフルエンザワクチンを摂取してはいけない。

    2012年に発表された学術論文より

    Increased Risk of Noninfluenza Respiratory Virus Infections Associated With Receipt of Inactivated Influenza Vaccine

    医学雑誌ランセットに掲載されたこのレビューでは、2歳未満の小児におけるインフルエンザワクチンの健康上の利益が見いだせないことと、ワクチンと関連する有害事象の発生率の大幅な上昇が見出された。

     

    何だかキリがないですので、このあたりまでとさせていただきます。他にもいろいろとあるにしても、大体同じようなものとなっています。

    つまり、「妊娠されている方と、小さな子どもさん」に対してのワクチンの摂取は、ある程度、敏感になってもいいのかもしれないという数々の研究があるのです。

    しかし、大人は、まあ……無責任な言い方をすれば、どちらでもいいんじゃないでしょうか。基礎疾患がない普通の青年や青少年なら、インフルエンザで重大なことになる可能性は、ほぼ(99.999%くらい)ありません。放っておけば治ります。

    タミフルなどを服用して命の危険にさらされることはありますが、タミフルを飲まなければ何でもないことです。

    健常な成人と青少年ならインフルエンザは安静にして放っておけば治ります(基礎疾患のある人や高齢者は別です)。

    タミフルに関しては、以下の記事に書いたことがあります。

    いずれにしましても、先ほども書きましたように、こういう問題は、ご自分のライフスタイルとして、どのようなことを大事にするか、ということになっていくのではないかと思います。

    ただ、妊娠されている方と小さなお子様の場合に関しては、真剣に考えてもいい問題なのかもしれないとは思います。

    以上は「IN DEEP」より

    基本的にワクチンは接種しないほうが良いでしょう。小生は20歳頃に一回接種したことがありましたがそれによりインフルエンザになってしまい失敗しました。それ以来やりません。すでに55年になります。その間一度も風邪もインフルエンザも罹っていません。健康で長生きには風邪ぐらいは年に一回程度引いた方が良い様です。    以上

    ★ ランニングで脳が若返る! 

    ★ ランニングで脳が若返る! 

    ランニングで脳が若返る! < newsNueq-1607 >より転載します。
    貼り付け開始

    WIRED
    ランニングで脳が若返る! 
    新しい神経細胞をつくる因子のメカニズムを解明。

    -------------------------------------------------------------
     https://wired.jp/2011/08/23/ランニングで脳が若返る/
    2011.08.23 TUE 10:08

     < 抜粋 >

     運動は身体を鍛えるだけでなく、脳を若返らせることもできることが解明された。

     その驚くべきメカニズムは「学習」と「記憶」の能力を司る
     脳内の海馬という部分についての研究によって明らかとなった。

     海馬では、大人になっても新しい神経細胞がたえず作られている。
     このことを「神経新生」といい、脳の働きにとって重要な機能とされている。
     しかしその頻度は年齢とともに減少し、ストレスや疾患など
     個人がおかれた環境によっても大きく変化する。

     今回の研究によって、その老化に伴って脳内の神経新生が
     減衰していく仕組みが解明され、中心となる因子であるWnt3(ウィント3)と
     その因子が担っている役割がつきとめられた。

     下の図は海馬における神経新生領域の各要素を色分けしたものだ。
      https://wired.jp/wp-content/uploads/2011/08/fig.jpg
    https://wired.jp/wp-content/uploads/2011/08/fig.jpg

     海馬で神経細胞の一番下の層を形成している細胞は、
     アストロサイト細胞とよばれ、Wnt3という因子を産生して、
     多様性のある神経細胞を産み出す機構(神経新生)をコントロールする重要な役割がある。

     しかし、老化に伴って海馬の神経幹細胞の数は顕著に減少し、
     同時に多様な神経細胞群を産み出す能力も減衰していく。
     
     下の比較図は若齢マウスと老齢マウスの海馬を捉えたものだが、その違いは一目瞭然だ。
     老齢マウスにはWnt3がほとんど見られない。

      https://wired.jp/wp-content/uploads/2011/08/fig1.jpg
    https://wired.jp/wp-content/uploads/2011/08/fig1.jpg

     このままでは老齢マウスの神経新生は減衰していく一方だが、
     ストレスを感じさせない程度の運動(ランニング)を短期間行わせることにより、
     なんと海馬アストロサイト細胞のWnt3産生能が大幅に増加したのだ。

     Wnt3の増加に伴い、海馬で新しく産み出される神経細胞の数が増加するため、
     老化で低下した「新しく神経を作る力」が、
     運動等によって再び活性化することが解明された。
     つまり、運動という外部からの刺激によって脳が若返ることがわかったのだ。

      https://wired.jp/wp-content/uploads/2011/08/fig2.png
    https://wired.jp/wp-content/uploads/2011/08/fig2.png
     

     これまで、老化によって脳内で新しい神経が作られなくなってくるのは、
     元となる「神経幹細胞」の数が減ってしまうことが第一の原因と考えられていた。
     今回、「神経幹細胞」ではなくアストロサイト細胞に
     神経新生を大きく左右する因子があり、
     それが「神経幹細胞」の若返りにもつながる役割を持っていることを明らかとなった。

     今回の研究成果により、幹細胞自体を操作するのではなく、
     幹細胞を支えている細胞群の活性化を促すような
     創薬開発や新規医療技術の開発に期待がかかっているが、
     健康な人は早速ランニングを日々の生活に取り入れてみてはいかがだろうか。
     

    ほぼ全文でした。(^o^)ゞ


                                   nueq


    貼り付け終わり、


    >運動という外部からの刺激によって脳が若返る
    ・外部からの刺激が脳を若気させるということで、よく理解できました。
     (おいらは運動嫌いなものでしてw)







    関連記事
    以上は「タマちゃんの暇つぶし」より
    運動はやはり良いのです。無理をしないで運動をしましょう。   以上

    ★宇宙文明の燭光(ともしび)

    ★宇宙文明の燭光(ともしび)

    タマちゃんの暇つぶし さんのサイトより
    https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-16757.html
    <転載開始>
    池田整治さんの心のビタミン「宇宙文明の燭光(ともしび)」より転載します。
    貼りつけ開始

    http://ikedaseiji.info/2018/10/post-667.html
    ≪いまだ宇宙の真実が流れない日本≫

     いま、地球の回りがとても賑やかになっています。

    大量の未確認飛行物体、
    いわゆるUFOが確認されているのです。

    今や、プーチン大統領やトランプ大統領の
    日常会話にもUFOが当然のように出ているのです。

    逆に、地球外知的生命体の存在が、同じ人間同士の
    東西冷戦など緊張対立状態を緩和したとも言えます。

     ところが、日本の新聞やTVなどメディア界では、
    その手の娯楽番組以外、いまだ一切
    UFOが真面目に流されません。

    逆に、おちゃらけ番組で取り上げて、
    UFO問題そのものを「トンデモ」ものと、
    国民に洗脳しているわけです。

    要は日本では、
    為政者たちに都合の悪い情報は流さない。
    「メディア洗脳」体制が、
    世界でもっとも強固だからです。

    つまり、柵の中の羊が目覚めて逃げないないように、
    真実を流さないわけです。

     たとえば、某大企業のパンは、健康上の理由から
    同社の社員は口にしませんが、大々的なPRのもと、
    国民にはどんどん売られています。

    米国食品医薬品局(FDA)が動脈硬化や心臓病の
    リスクを高めることから、「狂った脂肪」として
    2018年6月以降トランス脂肪酸の食品への利用を
    禁止しましたが、同社のパンには他の発がん性化学添加物
    ともども未だ使われているからです。

    これは氷山の一角で、抗がん剤やワクチン接種、
    遺伝子組み換え食品、農薬、原子力発電所、
    リニアモーターカーなど、世界が使用をやめたものを、
    日本だけが相変わらず、安全とばかりに使っています。

    他人を不幸にしながら、自分だけお金儲けする
    会社や社会が永続するとは私には思えません。
     
    こういう情報統制社会の日本で、宇宙の最新の
    真実情報である「UFO」の存在など話したら、
    ごく一部の情報通以外、日本では
    「トンデモ」人間にされてしまいます。

    間違っても「まともな」番組には呼ばれません。
    しかし、世界では、いまや「常識」になっているのです。


    ≪太陽天文台謎の封鎖の理由≫

    さて、2018年9月6日、
    アメリカ・ニューメキシコ州にある国立太陽天文台が
    FBIによって緊急閉鎖されました。

    職員たちは、皆避難させられ近隣地域の人々も
    避難させられるという異常事態が起りました。

    そして、引き続きオーストラリアの太陽天文台も封鎖され、
    ついに世界中の太陽天文台が封鎖されました。

    つまり、「太陽を見るな!」ということなのです。
    ただし、ネットでは確認できます。

    そこでは、膨大な規模の「UFO」が
    太陽の周辺に確認できるのです。

    しかも惑星級の球体も確認されています。
    世界金融支配体制は、これまで被支配者が目覚めないように、
    「孤立した地球」をイメージさせるために、
    NASAを通じて、UFOや地球外知的生命体の存在を
    「ない」ものと、修正した洗脳宇宙情報を出してきました。

    全ての宇宙情報はNASAが出す嘘の情報であり、
    マインドコントロールしてきたわけです。

    ところが、今回はそのNASAの欺情報システムの
    能力をはるかに超える事態が起こったのです。

    だから、物理的に「真実」が見えないように、
    全地球の太陽天文台を封鎖したわけです。

    このままでは、人類を支配してきたとんでもない
    世界金融支配体制が地球システムを破壊しかねないので、
    ついに「地球外高度知的生命体」が
    「表に出てきた」のかも知れません。


    ≪ロズウェル事件の真相≫

    実は、同じことがやはり米国で起こっていたのです。

    時は、1947年7月2日。
    アメリカ・ニューメキシコ州のロズウェルに
    UFOが墜落しました。

    回収した米国政府はその高度な科学力に驚嘆するとともに、
    国家機密として独占することにしました。

    そのためにこの時設立されたのが、
    統制機関のNSA(アメリカ国家安全保障局)であり、
    その実行機関のCIA(アメリカ中央情報局)であり、
    宇宙欺情報担当のNASA(アメリカ航空宇宙局)なのです。

    では、なぜロズウェルにUFOが墜落したのでしょうか。

    実は、近くに米軍の核実験場があり、
    広島・長崎の原爆もここでつくられたのです。

    つまり、広島・長崎原爆を作る前に、
    人類史上初めて核実験爆発を行った場所なのです。

    すると、これを監視するために頻繁に
    UFOが飛来してきたのです。

    軍の秘密基地ですから対空砲火を
    周辺に実配備しています。

    この対空火器のレーダー照射がUFOの航法装置に
    異常をもたらせて墜落したのです。

    墜落したUFOから地球にない超高度の技術が
    盗めるとわかった彼らは、積極的にUFOに
    レーダー照射をするようになりました。

    地球人的思考ならば、「自己防衛」のため、
    反撃してもおかしくありません。

    ただし、もし彼らが本格的に反撃していれば、
    今の人類はいなくなって地上は砂漠になっていたでしょう。


    ≪愛のUFOとエゴの世界金融支配体制≫

    実は、地球圏を超えると宇宙は
    愛の波動の世界なのです。

    最近では太陽や金星から最高の愛・癒しの
    528ヘルツの周波数が地球に
    届いていることもわかっています。

    つまり、地球外高度知的生命体は、
    愛の存在なのです。

    落とそうとする米国人に、彼らは
    「落とさなくていいよ。これで技術を学びなさい」と、
    無傷のUFOをプレゼントしました。

    それを秘密基地「エリア51」で分解・分析
    つまりリバースエンジニアリングで技術習得したのです。

    例えば、光ファイバーやPC技術です。

    私が現役作戦幕僚時代に、ノドン1号対処中の
    米空母キティーホークで体験した
    一見水晶玉にみえる索敵装置も
    ここから学んだものなのです。

    いまやUSA製のUFOが世界中の空で確認されています。

    残念なのは、エゴの世界金融支配者たちが、
    これら超高度技術を独占使用して
    彼らの私腹を肥やしてきたことです。

    特に、UFOの飛行原理である
    空間から自由にエネルギーを取り出す技術
    が公開されたら、火力発電所も原子力発電所も、
    電線も鉄道も高速道路もいらなくなり、
    世界がまさにパラダイス社会に変わります。

    そして、石化燃料の独占支配で成り立ってきた
    彼ら特権階級は自然消滅します。

    それ故、エゴの権現の彼らは、
    大統領も許可なしには見ることのできない
    「超国家機密」としてCIA等を使い
    厳重に秘密を守ってきたのです。


    ≪パンドラの箱≫

    さて、なぜロズウェルにUFOが来たのでしょうか。

    実は、「核分裂」と「DNA操作」だけは、
    宇宙の摂理に反し、
    絶対に行ってはならなかったものなのです。

    間違いなく、
    人類という種の絶滅につながる
    ことになるパンドラの箱なのです。

    特に、核分裂は宇宙システムに
    影響を与えるらしいのです。

    それゆえ、宇宙空間に打ち上げた米国のICBMが
    UFOのレーザー光線で落とされ、回収して調べると、
    半減期24万年で鉛になる核弾頭のプルトニウムが、
    既に鉛に変えられていたのです。

    また、実配備のICBMがUFOの飛来時に
    「故障」し発射できない状態になることも
    『ディスクロージャー」』(ナチュラルスピリット社)
    で当該軍人が証言しています。

     
    ≪宇宙文明の魁としての日本≫

    今、地球号は瀕死の状態です。

    身近なところでは、フクシマ原発から
    メルトダウンした約830トンの使用済み核燃料から
    約8000トンの高濃度放射能水蒸気と
    80億ベクレルの汚染水が毎日流れて
    地球環境を汚染しています。

    チェルノブイリ原発も石棺等で封鎖しているだけで、
    核燃料の処理は500年経たないと
    開始できない状態です。

    大地殻変動期を迎え南海トラフ地震などが起これば
    浜岡原発などはどうなるのでしょうか。

    最悪の事態に備えて、
    使える「魂(霊体)」を救いあげるために、
    高次元のUFOが待機している、
    と私のもとには情報がきています。

    しかし、日本には未来への燭光がともってきました。

    気づき、意識を高めた若者たちが都会を去り、
    自然の田舎で自然農をはじめ、
    永続可能なコミュニティーを創り始めました。

    5000年前の金星と同じです。

    5000年後の今、その進化した彼らが、
    UFOで見守ってくれているのです。

    必ずくる天変地異も自立コミュニティーは
    サバイバルできます。

    お金のいらないおもてなしの自活社会だからです。

    生き残った彼らが、コミュニティーを
    ネット状につないで新たな地球文明を構築していき、
    やがて宇宙文明社会に仲間入りすることでしょう。

    エゴからガイア意識へ、
    「すべてはひとつ」の心を基礎に。

    まさに、宇宙文明の燭光です。

    そして問題は、

    あなたは「永久の道」と「滅びの道」どちらを、

    「今」選択しますか?


    +++++++++++++++++++
    (悠人から)
     微生物自然農を始めて5年目
     今年も、一切化学物質がない土壌でとれた
     安全なお米が獲れました。
     
     是非、お買い求めください
     玄米...・30キログラム 23000円
         ・10キログラム  8000円
        *いずれも送料込み
    *連絡先
    yu_to.21.10_03@icloud.com
    注文される方は
    氏名 種類 住所 電話番号をお願いします。
    折り返し振込先等連絡致します
    ++++++++++++++++++++++++++
    貼り付終わり、


    *池田さんのお話は軍人・科学者とも一味違うほんわかさが好きです(=・ω・=)にゃ~♥

    <転載終了>
    玄米・30キロ  23000円ですか~ぁ
    とても買える値段ではありません。

    コメント一覧 (7)

                                   
      • 7.                                 ゆっほ                            
      •                             
      • 2018年10月25日 14:56
      •                             
      • 食べられなくなる世が来るかぁ
        なんだかなぁ...
        人口の2/3餓死したところでディスクロジャー
        レプリケーター配布なの?                           
      • 6.                                 酔っ払い                            
      •                             
      • 2018年10月25日 01:38
      •                             
      • UFOがあったとしてもいまの地球より進んだ科学技術をもった存在がいたとしても、今の庶民の生活に役ただないなら
        むしろ邪魔なのです。                           
      • 5.                                 白馬童子                            
      •                             
      • 2018年10月25日 01:09
      •                             
      • いやざきのパンだろ、喰わないよ。ツルギ産の玄米を食っているよ、そんなに高く無いよ、この人ボリ過ぎ。夜に「東の廓」に寄ってみた。お婆さんが自主的に公衆便所掃除をしていた。聞いたら、隣の芸者やの婆さんだった。昔も事を聞いてみた「今は昼間は観光客が多過ぎて、土産物屋さんに入って来ても半分以下の人しか買わない素見しです、グルグル回っているだけ。夜は人が余り来ませんよ。昔は、私らの若い時は夜に成ると忙しくて、芸事の練習もキツくって。でも旦那衆も良い人が多かったけど、今は芸者さんって言っても『ありゃホステスです』」と申されていました。ここにもフェークが存在している様ですね。
        「時代が急激に変化している」のは、どこでもどのジャンルでもですよね。10年前までの常識ではもう通用しない。ネットは1年前でももう全く違っている、のでしょうね。五木寛之さんを五木ひろしさん「あの歌手の」と来た、本人が聞いたら、泣くよ。吉永小百合も賞味期限切れかも、英雄ー望月衣塑子の時代なのかもしれない、デニー旋風がいまだ止まない様ですし。ネット情報は千里を走る、なんてのも遅過ぎるか。                           
      • 4.                                 い                            
      •                             
      • 2018年10月24日 22:53
      •                             
      • >3 そうだよね。池田整治さんの言ってる事はわかるんだけど、池田さんは色んなとこから情報を拾って来てるだけでしょ?ホントに何をやりたいのかちょっとわからないな。自衛隊の幹部だったんだから自衛隊の闇の部分があるよね、それをオープンにするのが池田さんの使命なんじゃないの?前は自分のホームページに自衛隊の制服姿を載せてたし、ちょっとね、、。                           
      • 3.                                 新撰組                            
      •                             
      • 2018年10月24日 21:36
      •                             
      • どえらい高いのう❗

        なに考えとんじゃ❗                           
      • 2.                                 名も無き修羅(似非健康志向)                            
      •                             
      • 2018年10月24日 21:17
      •                             
      • 10㌔8000円ってか。

        しかし、
        体にいいんだろな玄米。

        とりあえず
        禁酒禁煙から始めようと、
        心にもないことを言ってみる(笑)                           
      • 1.                                 満月とミツバチ                            
      •                             
      • 2018年10月24日 21:10
      •                             
      • 社員がパンを食べないって
        臭素酸カリウムが原因

    以上は「大魔邇」より

    今の人類には宇宙文明はとても無理です。理解できる人類から少しづつ明かしてゆくのが現実的です。                                        以上

    2018年12月29日 (土)

    トランプ大統領がポンペオ国務長官に「辺野古沿岸の埋め立て工事を止めるように、市民団体などを使って動け」と命令、米国内で埋め立て工事反対の署名運動を行っている

    トランプ大統領がポンペオ国務長官に「辺野古沿岸の埋め立て工事を

    止めるように、市民団体などを使って動け」と命令、米国内で埋め立て

    工事反対の署名運動を行っている

    ◆〔特別情報1〕
     米国内で沖縄県米軍普天間飛行場基地(宜野湾市)の辺野古基地(名護市)への移転

    につき、市民団体が、沿岸埋め立て工事反対の署名運動を行っている。米空軍が使う

    ための飛行場なのに、なぜ反対署名を行っているのか?

     トランプ大統領がポンペオ国務長官(前米CIA長官)に「辺野古沿岸の埋め立て工事を

    止めるように、市民団体などを使って動け」と命令を出したからだという。ズバリ言えば、

    米CIAの働きかけで市民団体などが動いているということだ。

    以上は「板垣英憲氏」ブログ

    小生もトランプ大統領に辺野古工事中止をすべく請願しました。既に請願は16万件を超えて

    まだ増え続けている様です。請願は効果ある様です。安倍政権は役に立ちません。以上

    ★今月 南海トラフ関連M4~5級地震が異例頻発!

    ★今月 南海トラフ関連M4~5級地震が異例頻発!

    今月 南海トラフ関連M4~5級地震が異例頻発 < newsNueq-1748 >
    南海トラフ掘削7千mへ:地球深部探査船「ちきゅう」号 < newsNueq-1749 >より転載します。
    貼り付け開始

    日刊ゲンダイ
    M4~5級が異例頻発 … 南海トラフ地震「1~2年後」と専門家
    ----------------------------------------------------------------
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/243749
    2018/12/15 06:00

     < 抜粋 >

     不気味なデータである。12月に入って南海トラフ関連とみられる地震が頻発している。

      12月の南海トラフ関連地震
      <https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/243/749/9dba5901cc8b6187bad838e1bb08c71520181214125710629.jpg>
    https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/243/749/9dba5901cc8b6187bad838e1bb08c71520181214125710629.jpg


     南海トラフは、駿河湾(静岡県)から日向灘沖(宮崎県)までの
     フィリピン海プレートとユーラシアプレートが接する海溝だ。
     100~150年間隔で巨大地震が発生しているが、
     最後に起きた昭和東南海地震(1944年)と昭和南海地震(1946年)から
     すでに70年以上経過。
     いつ起こってもおかしくない。

     政府は、南海トラフ地震について、
     今後30年以内にM8~9クラスの地震が70~80%の確率で発生し、
     最大32万人の死者が出ると想定。


     ■ 東京五輪や大阪万博にも影響大

     立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)

    「 私は、M8~9クラスの南海トラフ地震が1~2年後に起こるとみています。

      今月の地震の中でも特に注目すべきは、
      房総半島南方沖、東海道南方沖、三重県南東沖で発生したM4~5クラスの地震です。
      これらは南海トラフが直接動いた揺れです。

      1927年からのデータを見る限り、
      この規模で、南海トラフの直接的な地震が、
      わずか1週間程度の間に3回も起きることはなかった。
      いよいよ南海トラフそのものが動きだしたのです 」



    前にも書いたように、大阪には最大で30mの津波が予想されます。
    万一の場合、すぐに避難できる高いビルを確認し、施錠されてる場合は、
    ドアノブ・鍵ごとブッ壊せる強力な斧やハンマー、鉄板カッター、
    チェーンカッターなどの工具類をトランクに準備しておきましょう。

    それとサバイバルキット。
    携帯充電用バッテリーもお忘れなく!


    タグ【 地球 】では全部ヒットしてしまうことが解りましたので、
    今日から【 テラ 】に改めます。


    関連情報

      < newsNueq-1702:北海道南岸にM8.8以上:28日青森県東方沖M5.9地震 >
      < newsNueq-1530:気象庁:富士山大噴火「 降灰量シミュレーション 」の衝撃 >
      < newsNueq-1491:北海道苫小牧千歳地震と北米プレート圧力 >
      < newsNueq-1420:口永良部島噴火と鬼界カルデラ / 沖縄巨大地震巣 / バリ・ロンボク島火山爆発 >

      < newsNueq-1336:次は南海トラフ:大阪神戸に最大30m津波 >

      < newsNueq-1169:キラウエア他火山の大活動と太陽フレア6ヶ月の不発 >
      < newsNueq-1005:巨大地割れ@アフリカ大地溝帯 : 大陸割れの危機 >
      < newsNueq-884 :成長中! 鬼界海底カルデラに世界最大の巨大溶岩ドーム >
      < newsNueq-877 :海底火山の大津波、東京23区に高さ1500m! >
      < newsNueq-835 :地球の自転が減速:4日間で13の火山噴火・23回の地震(M5以上):1月22日~25日 >
      < newsNueq-579 :超巨大火山のマグマ、休眠から数十年で巨大噴火も >
      < newsNueq-200 :カムチャッカ五大火山が一斉噴火:地球中で大地震 >
      < newsNueq-199 :大分豊後水道地震と中央構造線 >



                                  nueq


    財経新聞
    南海トラフ地震解明なるか 地球深部探査船「ちきゅう」海底7000mへ
    -------------------------------------------------------------------
    https://www.zaikei.co.jp/article/20181217/484323.html
    2018年12月17日 11:23

     < 抜粋 >

     話題になっている南海トラフ地震を解明するために、
     現在、地球深部探査船「 ちきゅう 」が、海底をボーリング調査をしている。

     2007年より開始された海底ボーリング調査は、2018年で11年目を迎えた。
     10月7日からは、海底7,000mを目指し掘削作業が開始。

     現在海底5,000mまで掘削したが、更に2,000m掘削する予定。
     これにより地震の発生場所であるプレート境界断層に到達し、
     地震を引き起こす「 ひずみエネルギー 」が蓄積されるであろう、
     岩石の種類や状態を解明することができる。

     2019年3月31日に海底7,000mに到達予定で、断層のコア採掘をした後、任務は完了。
     航海中には掘削作業とコア試料の採掘と並行し、データの分析作業が行われている。



    「 ちきゅう号 」が採掘調査をすると大地震が起きる。
    311が良い例で、その後熊野灘でも中規模地震が発生している。
    今回、「 ちきゅう号 」が現場を去った直後に南海トラフが動いたら、
    また、ネットのドアホ共は、「 ちきゅう号 」が地震の犯人と騒ぐことだろう。

    3月31日に任務完了ってことは、それまでは大丈夫って確証があるのかな?




                                     nueq

    貼り付け終わり、ニュークさん解説。



    *備えよ常に!
     
    前にも書いたように、大阪には最大で30mの津波が予想されます。
    万一の場合、すぐに避難できる高いビルを確認し、施錠されてる場合は、
    ドアノブ・鍵ごとブッ壊せる強力な斧やハンマー、鉄板カッター、
    チェーンカッターなどの工具類をトランクに準備しておきましょう。

    それとサバイバルキット。
    携帯充電用バッテリーもお忘れなく!


    ・何が有っても、起きても、起こされても、被曝しても、疫病に罹患しても、天変地異に遭遇しても、事故や事件に遭遇しても、予知、予言の類に振り回されても~自分自身で感じとれる未来予知 「三脈の法・眼脈の法」を使えば、「生命の安否」が事前に判るので、もうオタオタする必要は有りません。





    以上は「タマちゃんの暇つぶし」より
    人工地震でも自然地震でも地震には違いありません。間違いなく起きる地震です。備えることが一番です。                                   以上

    米トランプ大統領は、国防総省内に「宇宙軍」新設を指示、地球全域を分担する機能別統合軍の11番目、IS掃討作戦の勝利を宣言、シリア駐留将兵2500人の撤退を開始した

    米トランプ大統領は、国防総省内に「宇宙軍」新設を指示、地球全域を

    分担する機能別統合軍の11番目、IS掃討作戦の勝利を宣言、

    シリア駐留将兵2500人の撤退を開始した

    ◆〔特別情報1〕
     米トランプ大統領は12月18日、国防総省内に「宇宙軍」新設を指示した。中東を担当

    する中央軍やアジアを担当するインド太平洋軍など、地球全域を分担する機能別統合軍

    の11番目になる。トランプ大統領は、今年6月、海軍、海兵隊、陸軍、空軍、沿岸警備隊に

    次ぐ、新しい軍種としての「宇宙軍」創設、宇宙軍と空軍を統合して、「宇宙統合軍」とする。

    これと連動しているかは定かではないけれど、トランプ大統領は19日、シリアで過激派

    組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を展開していた米軍が勝利した」と宣言、現在シリア駐留

    の将兵2500人が撤退を開始したと発表、3日朝には、パキスタンのイムラン・カーン首相に

    手紙を送り、「米国はアフガニスタン駐留米軍1万5000人の将兵を2019年4月までに

    完全撤退させるため、タリバーン政府を認める」と発言しており、中東の軍事情勢が

    俄かに、激変してきている。

    以上は「板垣英憲氏」ブログ

    アフガニスタンからの撤退は良いことです。「宇宙軍」についてはロシアも中国もそして日本も組織化しつつあります。軍拡競争は切りが有りません。          以上

    水道法改悪で何が起きるのか?

    水道法改悪で何が起きるのか?


     (余談、本日、パソコンや携帯などで、電磁波インターフェア、誤作動が頻発しているので、もしかすると大地震が迫っているかもしれない)


      水道法改定案が可決

      https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-06/2018120602_01_1.html

      改正水道法成立=運営権の民間委託促進

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000064-jij-pol


     これまでも、水道民営化法のもたらす悪意に満ちた、大衆生活への極端な圧迫について、何度かブログでも紹介してきた。

     http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-459.html

     https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20181206-00106702/

     水道民営化によって、何が起きるのか? といえば、恐ろしいほど極端な水道料金の値上げであり、行政が非営利事業として住民の生活を守る義務を念頭に取り組んできた上下水道事業を、民営化することで、資本主義による営利事業として行われることになり、必然的に、水道料金の莫大な値上げと、管理維持の営利性を基準とした義務の放棄が起きるのである。

      https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=gxRex_KuxaE

     https://snjpn.net/archives/81427

     https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56865

     おまけに、水道の営利事業を行う主体は、国際金融資本傘下の、例えばアメリカのベクテル社やフランスのベオリア社などなど、「水メジャー」と呼ばれる企業が介入する例が多い。
     http://water-business.jp/company/

     多国籍軍事企業のベクテルは、ボリビアのコチャバンバで、恐ろしい事件を引き起こしている。

    https://matome.naver.jp/odai/2153076396372482001

     これらの企業は、本気で水道事業に取り組む意思があったのかというと、実は、経営権を握った後、料金を劇的に値上げして、民衆が耐えられなくなったところで、再び公営化回帰の世論が沸騰することを見こし、経営権の返還に莫大な違約金、権利放棄料を要求してぼろ儲けすることが目的であった可能性が強い。
     これらの水道事業資本に共通するのは、大半が金融投機を行うファンドの一部であることで、水道をギャンブルの対象と見なして介入してくるので、儲からないとなれば、瞬時に放棄して、民衆生活を守り責任を負う姿勢は一切見られないのである。

     日本の水道民営化に名乗りを上げるのも、国際水利企業(水メジャー)といわれる、これらの企業である可能性が強く。
     彼らの目的は、大半が料金値上げによって公営化回帰世論を煽り、これによる違約金獲得を最初から意図しているとしか思えない。
     
     彼らが、民営化で乗り込んだ水道企業は、ほとんどの場合、水道料金が三倍から最大で20倍以上に値上げされ、公的管理なら、命の水を簡単に止めることはしないが、金儲けだけが原理である民営企業は、支払いが遅れれば、瞬時に供給を断って、民衆側は、命を脅かされることになる。

     ボリビアで起きたことは、雨水にまで水利権を設定したベクレル社(の子会社)に数倍の料金を要求されて支払えなくなった人々が、池や川の汚染された水を飲んで、たくさんの人々が伝染病などで死んだのである。

     https://trip-s.world/bolivia_war

    同じような事例が、民営化によって世界中で起きていて、民営化した自治体は困り果てて、再び公営化する例が全体の8割以上に上っているといわれる。
     それなのに、安倍晋三=自民党政権は、水道民営化法を強行採決した。
     これに使われた資料も、最近では常識化している政府官僚によるインチキ、捏造資料であった。

     https://www.asahi.com/articles/ASLD43R4SLD4ULBJ00C.html

     水道事業は、資本主義の論理による営利事業であってはならない。それは、民衆生活の基本インフラであって、衣食住の大切な要素であり、これを営利にしてしまえば、民衆の生活を保護する行政が、その基本姿勢を放棄したに等しいのである。

     民営化のいいわけとして使われる屁理屈は、「老朽化した水道インフラを更生する資金力が自治体にないから、民間の力を借りて更生する」というものだが、営利金儲けしか考えない民間事業者、とりわけ水メジャーが、インフラの更新などに取り組むわけがなく、金がかかって儲けが少なくなれば、たちまち事業を放り投げて撤退するのが金儲けの王道であり、常識である。

     事実、世界で民営化された水道が、再公営化される事情の大半が、営利性のなくなった事業を業者が放棄したことによるものである。
     儲からないことがわかれば、瞬時に放棄するのが民間資本主義の基本的性質なのである。
     水メジャーは、もっと悪質で、最初から、水道事業を人質にとって、値上げに耐えかねた民衆による再公営化世論を作り出し、違約金をせしめるというもので、コチャバンバにおけるベクテル社が典型であった。

     安倍晋三政権は、文句のない日本歴史上最悪の売国奴であり、最初から、これらの経過を百も承知で、国際水メジャーの圧力を受けて、民営化させ、再公営化の違約金を引き渡す戦略であって、まさに絵に描いたような極悪政権である。

    ***************************

     さて、水道料金が5~10倍に値上げされるが確実な情勢になっているが、私は、このような恐ろしい改悪を20年以上前から予感していたから、逃げ道のない大都会生活にオサラバして水資源の豊富な岐阜県の山村に16年前に移住した。

     これは大正解で、土地の価格が激安(現在は坪あたり五千円程度で取引)なので、山林ではあるが300坪近い土地を所有し、井戸を掘り、屎尿など生活排水は、すべてEM菌で完全浄化して、敷地内の畑に吸収させている。
     悪臭は一切なく、井戸も水の出が途絶えたこともなく、数軒程度の生活用水を満たす湧水量がある。

     これは、2Km以内に、海抜1000m近い山がいくつもあって、いわゆる「打ち抜き」に近い地下水圧があるので、水圧が途絶えることはない。
     また、20K程度離れれば、2000m級の裏木曽山地がそびえているので、これも地下水に寄与している。
     間には、美しい青い色をした「青川」と称えられた付知川が流れている。

     移住するなら、まずは日当たりと、地下水の条件を考える必要があると思って、ここを選んだのである。
     井戸は4mしかない浅井戸だが、それでも高い水頭圧のおかげで、水位が下がることはなく、冬場は凍結防止のため、12月から3月までチョロだしを続けている。

     今や、公共インフラは、すべて自民党の魔手によって狙われ、生活が脅かされており、結局、安倍政権を支持する馬鹿阿呆どもがいるうちは、自衛を考える必要がある。
     私の場合は、上下水道を完全自給し、全部ではないが、厳冬期の暖房の半分以上を近所の雑木林から取得した薪を薪ストーブで燃して利用しているので、灯油が暴騰しても、さほど困らない。
     屎尿処理水の流れる、50坪ほどの自家畑には、大根・ネギ・甘藷など、基本野菜を育てているので、野菜が切れても困らない。
     今は、大根が数百本、タクワンになる日を待っている。

     まあ、自民党と新自由主義による金儲けの論理の魔手から逃れるには、結局、過疎の山村に逃げるしかないと思っている。
     もっとも、移住当時、一日7本あったバス便は、今では4本しかなく、公共交通が本当に不便になっていて、これも自民党が地方に人が住めなくなるように意図的に行っている悪意であり、老齢化して運転免許を返納させても、それに代わる公共交通が廃止の一途、おまけに地方では長距離走行が必要であるのに、自動車税を距離加算するとまで言っている。
     自民党よ、ここまでやって、地方を殺したいか? 我々を殺したいか?

    ***************************

     現実的な対応としては、地方に数十名単位の共同体を構築し、共同生活によって、上に挙げた自民党による地方死滅化政策に対抗すべきだと私は思う。
     水土民営化、極端な値上げ攻勢に対しては、井戸の敷設を進めるべきだろう。また下水道も、私が15年以上取り組んでいるEM菌による完全自家処理を推進したい。

     http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-98.html

     「三人よれば文殊の知恵」というが、30人寄れば、老齢化による介護も、教育も、孤独問題も、すべて共同の力で解決できるし、冷蔵庫や洗濯機など生活インフラも、孤立した家族に比べれば、圧倒的に安上がりであり、食事にも無駄が出ない。
     みんなで生きていれば、一人では億劫になる農作業や、女性陣を苦しめる介護問題も容易に解決できるだろうし、井戸を掘るのも一本でに数軒分使えるし、無数の文殊の知恵が生み出されるのである。

     安倍自民党政権による民衆生活へのひどい弾圧も、我々は共同の力、大家族生活の力で跳ね返す価値観の転換を必要としていると私は思う。

     
    http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-18.html

    http://blog.livedoor.jp/hirukawamura/archives/2288601.html

    http://blog.livedoor.jp/hirukawamura/archives/2296393.html

    http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-21.html

    http://blog.livedoor.jp/hirukawamura/archives/2348506.html

    世界多極化による第三次世界大戦と金の国家間の移動④⑤

    Tue.2018.11.27   

    RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加 文字サイズ変換

    世界多極化による第三次世界大戦と金の国家間の移動④⑤

    mag201811-28.jpg

    中国と日本が米国債を売れば、世界は金融危機に突入します。
    しかし、中国であれば、うまくやるかも知れません。


    (この記事はメルマガ第278号パート4~パート5の2本の記事の抜粋です。全文はメルマガでお読みください)
    英国と米国と、二度も無理心中する日本


    <前半省略>

    ・・・安倍政権は、集団的自衛権に関する法案を含む多くの戦争法案を成立させるとともに、是が非でも日本国憲法を改正して自衛隊を国軍化し、自国防衛とは何の関係もない米軍の用心棒として我が国の自衛隊を差し出そうとしています。

    さらに安倍首相は、つい最近、「日本は専守防衛を放棄し、先制攻撃ができる軍備を整えるべきだ」と主張し始めました。

    これは、去年の11月、ペンタゴンとファイブ・アイズの主軸である国家安全保障局(NSA)の強力なバックアップに守られているドナルド・トランプが来日したときに、安倍首相との間で、
    極秘裏に話し合われてきたのではないかと言われてきたことですが、今回、安倍首相がポロリと漏らした本音から、それが事実であることを裏づけたのです。

    ・・・米国防総省が日本の自衛隊に攻撃能力を備えるよう要求を出したという公式のレポートが出ているので、これは間違いのない事実です。

    それは、安倍首相が下野していたとき、戦略国際問題研究所(CSIS)がまとめさせた「セキュリティー・ダイヤモンド構想」に端を発しています。
    (※
    メルマガ第52号パート1「370便の謎の失踪劇は、西側にとってダメージと軍事技術を封印するため」にて詳述。参考記事はコチラ)

    今の日本の状況は、第二次世界大戦前夜に酷似している

    <前半省略>

    ・・・1936年のベルリンオリンピックが開催されたとき、すでに次の1940年のオリンピック候補地は東京に決まっていました。

    しかし、盧溝橋事件の陰謀によって1937年に支那事変が起こり、そのまま日本は第二次世界大戦に突入していったのです。

    こうして、1940年の東京オリンピックは「幻の五輪」として露と消えたのです。

    支那事変の14年前には関東大震災が起こりました。
    2020年の東京オリンピックは、2011年の東日本大震災から9年目です。

    偶然と言うには余りにも多くのことが符合しています。

    <後半省略>


    JPモルガンの金(ゴールド)と銀(シルバー)価格操作は、中央銀行カルテルの要求に沿っている

    <省略>


    金(ゴールド)が、スイスからアジアに流れている

    <前半省略>

    ・・・その国の通貨発行権を独占している中央銀行カルテルは、金(ゴールド)などの貴金属市場に資金が流れ込むことを極端に警戒しています。

    金(ゴールド)の価格が上昇するということは、通貨の購買力の衰え(つまり、インフレ)が露呈されてしまうことになり、彼らの通貨政策が効かなくなってしまうからです。

    そのため、崩壊寸前まで来てしまった通貨システムを維持するために金(ゴールド)の価格をなんとしてでも下げなければならないというわけです。

    JPモルガンの他に、英国ウィンザー家と並々ならぬ深い関係がある金融機関としては、クーン・ローブ(米)、ウォーバーグ、ラザード(パリ)、イスラエル・モーゼス・セイフ(ローマ)、ゴールドマン・サックス(米)などが有名です。

    いわゆる中央銀行カルテルにぶら下がっている「8種族」に属している巨大金融機関です。

    <以下省略>


    中国とインドに渡った金(ゴールド)は返却されない

    今、世界では金(ゴールド)の移動が起こっています。

    世界でもっとも信頼されているスイスの貴金属投資コンサルタント、エゴン・フォン・グレヤーズ(Egon von Greyerz)は語ります。

    「中国のエリート富裕層の資産を任されている中国人の資産運用マネージャーたちが、ここのところ、今後の金(ゴールド)市場の動向について訊くために、わざわざスイスの私の元にやってくるようになった。

    彼らとの議論から、中国人の資産運用マネージャーたちが、運用資金のほとんどを金(ゴールド)に入れていることが分かった。これについては絶対的な確信を持っている。

    つまり、彼らは、これから世界で何が起ころうとしていてるのか知っているのだ」。

    彼らはそれを知っているからこそ、政府、個人とも金(ゴールド)を買い続けてるのでしょう。
    そして、ある日、それは金価格に大きな影響を与えるでしょう。

    上述したように、JPモルガンや中央銀行カルテルが銀行間市場などを通じて金(ゴールド)価格を操作して、なんとか上昇しないように制御してきたものの、通貨、債券、株式などのペパーマネーの市場が崩壊すると、金(ゴールド)価格の上値の抵抗が外れて非常に興味深い価格になるとエゴン・フォン・グレヤーズは見ているのです。

    エゴン・フォン・グレヤーズの活動拠点は世界の金(ゴールド)のコントロールタワーであるスイスです。

    彼は、ロンドンとニューヨークの金融機関から放出された金(ゴールド)が、いったんスイスに入って(輸入されて)、その後、中国やインド輸出されていると言います。

    10月にスイスが輸入した金(ゴールド)の70%以上がロンドンとニューヨークから来たものであることを確認したとのこと。

    つまり、西側諸国の大量の金(ゴールド)が、奔流のようにアジアに向かって流れているのです。

    <後半省略>


    米国には金(ゴールド)はない

    <省略>


    西側の中央銀行の金(ゴールド)を貪食するアジア

    mag201811-29.jpg

    <前半省略>

    ・・・米国を筆頭とする西側の中央銀行から放出された金(ゴールド)は、このようにアジアに流れていきました。
    なんと、西側から流出した金のほぼ3分の2が最終地点アジアで滞留しているのです。

    これらの国々の中央銀行にいったん収められた金(ゴールド)は、ほとんどが「その時が来るまで」そのまま退蔵されて、おそらく市場には出て来ない金(ゴールド)です。

    また、アジア以外では、スイスの中央銀行が米国の金(ゴールド)の主要な買い手になってきました。
    スイスもまた、2017年に28トンを米国から輸入しました。

    しかし、このスイスの金(ゴールド)もまた、アジアに向かっているのです。

    東ヨーロッパ諸国は金(ゴールド)を備蓄することによってEUの全体主義に対抗しようとしている

    中国、インド以外で旺盛な金(ゴールド)需要を示しているのは、アラブ首長国連邦(UAE)、ドイツ、カナダ、メキシコなどですが、今年に入ってからは東ヨーロッパの需要が急激に高まっています。

    「やっぱり金(ゴールド)は強い!」とポーランド、ハンガリーなどの東ヨーロッパの国々が金(ゴールド)の備蓄を始めています。

    ロシアのRT(11月3日付)は、この傾向について、「西側は愚かな楽観主義を好むが、東側は金(ゴールド)の現物を信用している」と皮肉っています。

    ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の最新データによると、東ヨーロッパとアジアの中央銀行は金(ゴールド)の保有量を大幅に増やしたということです。

    監査機関によると、東側は2018年度第3四半期に148トンの金を購入したとのこと。

    この数字は、昨年の同時期に比べて22%増となり、金(ゴールド)などの貴金属の購入に、新たに60億ドル(約6800億円)が費やされたことになります。

    東側の主な買い手は、金(ゴールド)の輸入大国であるロシアとインドですが、それ以外では、トルコ、カザフスタン、ポーランド、ハンガリーなどの東ヨーロッパの国々です。

    もちろん、今月5日から米国による経済制裁が再び発動されたイランでも、金(ゴールド)の備蓄が進められています。

    ロシアやイラン、トルコの中央銀行が、金(ゴールド)の保有量を増やす理由は明瞭です。
    西側の経済制裁に対抗するため、いざとなればドルではなく金(ゴールド)で貿易の決済を済ませることができるからです。

    これらの石油生産国は、金(ゴールド)での貿易を進めることによってドル・石油本位制を破壊して米国に打撃を与えようと、いわば「通貨兵器」として密かに金(ゴールド)を買い集めているのです。

    しかし、なぜ西側の経済制裁を受けていないカザフスタン、ポーランド、ハンガリーなどの東ヨーロッパの国々までもが金(ゴールド)の準備高を、せっせと増やしているのでしょうか?

    ロシアRTは、スイスに拠点を置く独立系貴金属投資アドバイザーであるクラウディオ・グラス(Claudio Grass)へのインタビューを通じて、その理由を明らかにしています。

    以下RTの記事の要約。

    ロシア、中国、インド、そして最近では、ポーランドやハンガリーなどの国々が金(ゴールド)準備高を増やしている理由は同じです。

    これらの国々は、すべて「独立性と主権を取り戻す」ために金(ゴールド)を買い集めているのです。

    それは、西側の中央銀行システムによって支えられているドル本位制が、もはや持続不可能な通貨システムであることが明らかとなってしまったので、そのシステムから自国経済を切り離すことによって国家の主権を保とうとしているのです。

    ・・・ハンガリーやポーランドのような東ヨーロッパの国々が金(ゴールド)を増やしているのは、彼らが、つい25年前までは共産主義の体制下で暮らしていたことに起因しています。

    これらの国の政府は、今後拡大するEUの移民政策に脅威を感じており、国民の間に生じる分断と政治的摩擦を警戒しています。

    西側世界の多くの人々と違って、かつての東欧諸国は圧政の歴史を覚えていて、それが再び繰り返されることを真底恐ろしいと考えています。

    特にそれがブリュッセル(EU本部)から来ているとき、中央集権化した権力にアレルギー症状を示して徹底的に反対しようとするのです。

    ・・・中国、ロシア、インド・・・そして、かつての東欧諸国は、そのときが来ることを知っていて果敢に準備しているのです。

    <省略>

    ドイツは奪還し、中国は奪取する

    <前半省略>

    ・・・もし、中国と日本が保有している米国債の50%でも市場に放出すれば、たちまちにうちに米国の金利が急上昇してデフォルトするでしょう。

    その衝撃波は、準備金の60%程度をドルで保有している国々に波及し、そう時間を置かないうちに世界中の金融システムが崩壊するでしょう。

    ですから、中国、日本とも米国債を売却することはできないのです。

    しかし、米国がカルロス・ゴーンの逮捕によって日産自動車とルノーとの統合を阻止しようとしているように、米国の対中強硬政策は、ますますエスカレートするばかりです。

    では、その報復措置として中国は米国債を売り払って米国経済に破綻させようとするでしょうか?

    それは中国とて、第三次世界大戦に直結する愚行だと知っているでしょうから、したくてもできないでしょう。

    仮にも、中国が米国債を売却すれば、その瞬間に米ドルは大暴落するので、結局、中国も恐ろしいほどの損失を抱え込み、中国バブルも連動してはじけてしまうでしょう。

    おそらく、トランプ政権の対中国への経済制裁がいっそう激しくなったとき、中国が考える報復措置は、米国やロンドン、あるいはスイス経由で中国にリースされた金(ゴールド)を期限が来ても「返さない」ことを条件に、米国債を売却しないことを約束するかも知れません。

    ニューヨーク連銀には、これからも監査が入らないので、金(ゴールド)が実際には、どれほど保管されているのか公表されません。
    公表しなければ、金(ゴールド)の価格が暴騰することはないので、通貨の購買力も温存されることになります。

    したがって、中国が保有している米国債券の時価相当の金(ゴールド)を、そのまま着服することによって、米中両国は世界金融システム破綻のトリガーを引かずに済むということです。

    後は、いかにしてFRBが金(ゴールド)の保有量に帳尻を合わせるかにかかって来るというわけです。

    結果、何がもたらされるかと言うと、金(ゴールド)の現物の市場に出回る量が圧倒的に少なくってしまうということなのです。
    それに人々が気が付くまでは時間を稼ぐことができます。

    これは、単なるアイデアですが、あながち「ありえない」とも言えないのです。

    石油本位制の仮想通貨「ペトロ」は、金(ゴールド)で補強される

    <前半省略>

    ・・・トルコ政府、今年6月、米国に預けている金塊220トンを本国に取り戻すと発表しました。

    理由は「米国は世界の信頼を失っている」というもので、すでに米国からの“金(ゴールド)奪還”の交渉が佳境に入っているドイツ、オーストリア、オランダに続くかたち。

    ベネズエラは、そのトルコに金(ゴールド)を輸出してきました。

    さらに今年に入ってからは、ベネズエラは同国で採掘された金鉱石の精製をトルコに委託することを決めています。

    金(ゴールド)の輸出や精製事業の委託は、マドゥロ大統領がトルコのエルドアン大統領との良好な関係を構築したことで実現した事業です。

    ベネズエラのように、ニューヨークやロンドンから取り戻す金(ゴールド)の金の一部は、同盟国との信頼関係を構築するために輸出に回されることがあります。

    であれば、イングランド銀行や米連銀に預けてある彼らの金(ゴールド)を、いったん本国に送還させてから相手国のバイヤーに売却するより、これらの中央銀行から直接相手国に販売するほうが論理的には簡単です。

    しかし、ドイツも、オーストリアもオランダも、そしてベネズエラも決してそうしないのは、米国の中央銀行が必ず妨害してくると確信しているからです。

    こうした国々は、自国通貨を金(ゴールド)や石油などの実体的価値を持つコモディティーで強い通貨にしようとしています。

    米国から、次々と金(ゴールド)が流出していくにつれて、基軸通貨ドルの正体が、実は、ペンタゴンという世界最大の軍事力に裏付けられた幻の通貨に過ぎなかったことが白日の下に晒されていくでしょう。

    その国の最高指導者であるトランプは「米国は世界の警察の座を降りる」と宣言しました。
    そのことは、ドルの裏付けがなくなることを意味するのです。

    ドルの価値の裏付けとなっているワシントンは、軍事力に支えられているからです。

    もう少しで、人々は、ドルこそが、世界中の人々から富を吸い上げるためのステルス性の兵器であることを理解するようになるはずです。

    そのときが、ドルが崩壊し、金(ゴールド)がムーンするときです。

    (了)

    ※この記事のyoutubeなど動画化を禁止します。

    ●この記事は、メルマガ第278号パート4~パート5の2本の記事の抜粋です。全文はメルマガでお読みください。
    以上は「kaleido scope」より
    最終的には金に資産価値があるということです。通貨は紙キレとなる可能性が高いといえます。                                        以上

    マクロンが真っ黒な黒幕。三回言ってください

    マクロンが真っ黒な黒幕。三回言ってください

    ネットゲリラさんのサイトより
    http://my.shadowcity.jp/2018/11/post-14328.html
    <転載開始>
    ゴーンはフランス大統領の座を狙っていたという話があって、そのためにガメつくカネを集めていたらしい。フランスというのは妙な国で、出自の怪しいヤツが大統領になる伝統がある。ナポレオンも「コルシカ島」という微妙な土地出身だし、サルコジはユダヤ人。なので、三重国籍という、文字通り「どこの馬の骨」が大統領になる事も、ありえないわけではない。

    報酬を過少申告した疑いで逮捕された日産自動車(Nissan Motor)のカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)容疑者について、フランス政府は20日、同国内でゴーン容疑者が脱税などの不正を働いた証拠は見つからなかったと明らかにした。
     ルノーは20日にも、ゴーン容疑者の人事について議論するため取締役会を開くと発表している。
     ルメール経済相はさらに、ゴーン容疑者は「事実上、もはやグループを率いる立場にはない」と述べ、「暫定的な指揮体制」の構築を求めた。


    「フランスが日産と三菱を盗もうとした」のは確実なんだが、ゴーンが失敗したので、じゃあ、フランス政府が日産の株を敵対的買収で買い足して乗っ取るかというと、資本主義の国で、そんな乱暴な手段は取れない。やったら、フランスが徹底的に非難される。アタリマエだ。資本主義社会では、企業というのは国家の枠組みとは離れたところで活動しているわけで、フランス政府がそんな事をするというなら、日産が日銀の第三者割当増資で資本金積み増して、ルノーの持株を希薄化させるだけだw 国家が株式会社の株に手を突っ込むのは、禁じ手です。
    【フランス】ゴーン容疑者、仏国内で不正の証拠なしと仏政府、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。

    -----------------------
    フランスの捜査早いなw
    -----------------------
    米・日 vs 仏・中 の代理戦争で日産が餌食になったのか。
    -----------------------
    調査しなけりゃ証拠も出ないわな
    -----------------------
    周到に隠してるのに、たった2日で判断。こりゃフランス政府はゴーンをかばう事にしたんだな。
    -----------------------
    ↑マクロンが黒幕なんだろうw
    -----------------------
    ↑マクロンが真っ黒な黒幕。三回言ってくださいw
    -----------------------
    ↑マクロンなら不正隠しに自信が持てます
    -----------------------
    日本を迂回と洗浄に使ってたな
    フランス政府は、アフリカに傭兵送るビジネスにも
    日産を使ってた
    -----------------------
    >仏国内で不正の証拠なし

    これって、欧州(白人)企業からは不正しないが、アジア企業からは平気で食い物にしたってことだろう。
    ゴーンて人種差別主義者ってことになるんじゃね?
    -----------------------
    ゴーンが日本を舐めてたのか、日本がゴーンに舐められてたのか、のどっちかだな
    -----------------------
    世界屈指の規模の自動車会社の財務、10年分以上を数日で調査できてたまるか。
    -----------------------
    国営企業が他国の企業を買収って、ちょっとややこしいなぁ
    -----------------------
    さすがナチスに協力してたフランス
    清々しいほどの屑っぷり
    -----------------------
    フランス政府は、ルノーの株主だしなぁ。ルノーから日産が逃げないように、法律まで変えようとしてたじゃんか。グルですよw。
    -----------------------
    おいおい
    犯罪者に命令を出してたのがフランス政府だったとはなあ
    大変なことになってしまったぞう(棒
    -----------------------
    フランス国内の事なんかどうでも良い今回問題になってるのは日本企業での不正だからな
    -----------------------
    すげーなこいつ
    3社から合計いくら貰ってんだ?
    -----------------------
    ↑日産7億、ルノー9億、三菱3億ぐらいっていってた。
    -----------------------
    確かに結果が出るのが早すぎるな
    日本の検察も数カ月前から内偵してたってんだから
    フランスだって少なくとも数週間は掛けろよ (笑)
    -----------------------
    元々、まともに調査する気なんてないが
    ルノーの株価がヤバいので我慢できずに
    早漏しちゃった
    -----------------------
    フランスの金が無きゃ日産は今頃存在してないってのに
    恩を仇で返すとかまるで朝鮮人だなジャップ
    -----------------------
    ↑恩はたっぷり利息付けて返した
    いまやルノーの収益の大半は日産から入ってる
    それに甘んじて企業努力をしてこなかったルノーは日産から捨てられたら潰れる
    -----------------------
    フランス政府資本のルノーはフランスの政治家や官僚が金せしめてるからゴーンは日本から金せしめるしかなかったんだろww
    -----------------------
    ルノーはがっちりと国に管理されているし、天下りも送り込まれているから、ゴーンもフランスでは好き勝手できない。
    だからこそ、フランスでのストレスを日本で晴らしていたわけで。役員報酬を上げようとしたら、仏政府に突き返されたから、承認されなかった増加分を日産につけ回したこともあったな~。
    しかし、ゴーンによる日産の財産の毀損って、周り回れば仏政府の財産の毀損でもあるんだけれどな。
    -----------------------
    フランスは国主導で日産をルノーの子会社にするべくゴーンと密約交わしてたからな
    色々探られたくないんだよ
    -----------------------
    ルノー株価 値下がり続く パリの株式市場

    微笑ましいニュース
    -----------------------
    マクロンの支持率25%らしいな
    -----------------------
    フランス政府「1秒で無罪確定!」
    -----------------------
    自分など地獄のような24時間勤務で
    やっと2万円の報酬だぞ
    時給1000円以下だ
    労働者をなめるんじゃねえぞ
    ゴーンは即刻処刑しろ
    -----------------------
    脱税くらいでは捕まえないわな
    志那に次世代の技術情報を売り飛ばした産業スパイという説も出てるらしいから
    国策逮捕かね
    -----------------------
    これだけ日本の金が食い物にされてたなら1990年代に潰れておけばよかったね
    他に日本の自動車企業たくさんあったし
    -----------------------
    そりゃフランス政府が株の15%保有してるルノーの大株主だからな。擁護せざるを得ないだろうさ。www.
    -----------------------
    こりゃフランス国民の方がどう言う反応するか見物だよね?
    既に金持ち優遇ばっかりだと批判を浴びてマクロンの支持率は低迷し
    反対デモがガンガン起こってる中でこれだもんなあ・・・
    マクロンの支持率一桁で暴動まで起こる何て事もあるかも知れんなw
    -----------------------
    そりゃフランス政府が日産を取り込むために送り込んだトロイの木馬だからな
    飼い犬ゴーンを処罰すれば連座にまで発展しかねないもんなw
    -----------------------
    すでにガソリン増税反対デモで、フランス国内はやばいことになっとるがな。
    なんとかしてデモ終わらせないとマクロンの進退問題にまで発展しかねない勢い。
    -----------------------
    日仏で揉めそうだな。
    フランスはゴーン擁護に動きそう。
    -----------------------
    ↑その割には「すでに統率する立場にない」って、見捨てるような発言をしている罠。
    代わりはいくらでも居るって事かもしれないけどw
    -----------------------
    冗談ぬきで、ゴーンのバックにはフランス政府がついている可能性があるってことか
    まさか日本政府は日本企業を見捨てるようなことしないよな?
    -----------------------
    ↑いや、見捨てるでしょ
    シャープや東芝も助けたれよと思ったけど、全部見捨てて外資の手に落ちてるし...
    日本政府が助けるのはメガバンクだけだよ
    アメリカ政府ですらGMやクライスラーを助けたのとは大違い
    -----------------------
    ↑GMやクライスラーを支援したことが結果的に茶会派の台頭を招き、現在の米国混乱の一因になっている。
    民間企業を政府が支援してはいかない。これは資本主義の鉄則だよ。
    -----------------------
    昔、ゴーンが日産の立て直し役員として話題となった時、
    テレ朝系某番組で、島田陽子が
    「マツダのゴンさん」と日産をマツダ、ゴーンをゴンにそれぞれ間違えて発言したら、傍のビートたけしが
    「昔そんな鳶職が近所にいた」と言っていた。
    -----------------------
    しかし報道を見れば見るほどゴーンもフランスも日産をを食い物にしてたんだな
    -----------------------
    ルノーは経営が苦しくウラがね隠すほど会社に余裕がない。
    ゴーンも日産からはボッタくれると思ったんだろう。
    -----------------------
    ルノーは実質フランスの国営企業だからな。
    国営企業の会長とかは殆どフランス政府の大臣クラスだろ。

    フランスもグルみたいな物。
    ゴーンを逮捕起訴するって事は、フランス政府と事を構えるのと同義。
    日本単独で出来るとは思えない。アメリカの後ろ盾が有ると思った方が良い。

    アメリカの意図は知らん(笑)
    -----------------------
    フランスは日産と三菱を
    フランス国営企業にしたいんだもんな
    盛り上がってまいりました
    -----------------------
    フランス政府が前面に出まくってるな
    やはりルノーのような国営企業は警戒しないといけないが、
    中共なんて全部コレなんだけどな
    -----------------------
    ↑もし中共だったら、今頃日本人が10人単位でスパイ容疑で拘束されているよ。
    国主導の労働者デモで日系企業襲撃みたいな報復措置もあり得る。
    -----------------------


    中国はそもそも「資本主義国」ではないので、資本主義国から見てインチキだと思われるような手段も平気w そもそも資本主義国ではない中国に、資本主義を迫ったのが欧米なんだから、文句を言えた筋合いではないw

    -----------------------
    日本でゴーンを信仰してたマヌケな奴等がハシゴ外されてるのはウケる
    -----------------------
    ミラージュⅢ同士が、ボンジュール!
    って有名なジョークあるぐらいだしな
    見境なく武器売る国www
    -----------------------
    ルノーでは株主であるフランス政府の監視もあって好き放題にはできないから
    代わりに日産で好きにやっていたという事だろう。
    -----------------------
    マクロン大統領辞職、ルノー会長に。
    -----------------------
    元々ルノーの方が報酬には厳しかったんだよ。
    「セカイデハー」ってのと反して。
    増額提案した報酬について何回か株主総会でフランス政府からも反対されて否決されてる。
    -----------------------
    ルノーはおフランス政府の国営会社だから、
    今のマクロン政権の息のかかったヤツもいる
    不正事件が発覚したらマクロン政権にとって痛手だから
    ことなかれ主義で見過ごすつもり
    せいぜいトカゲのシッポ切りでゴーンをクビにしても
    株は手放さないだろう
    -----------------------
    脱税分くらい余裕で払いそう
    焼き鳥くってたからお金ありそうだし
    -----------------------
    生き馬の目を抜く世界ですなあ
    真の友人は居ない
    -----------------------
    経産省:フランスに日産コントロールさせるわけに行かない
    日産復権派:そろそろまえまえからつかんだ不正の使いどころか
    検察:司法取引の絶好の題材

    誰が絵を描いたかはわからないが。
    お役人かな。
    -----------------------
    脱税しまくった金で 焼き鳥食いまくってたのか
    くれよ じゃあ
    -----------------------
    フランスではルノー株主であるフランス政府の目があるから
    超クリーンで良い子ちゃんにしていたと考えれば
    それほど変でもないんだけどな。
    -----------------------
    大統領を狙っていたっぽいからな
    日本と違って、フランスファーストじゃないとすぐに選挙で落ちちゃうし
    -----------------------
    帝国主義の時代にもよくあったような話だろこれ。植民地でやりたい放題やるっていうね。
    -----------------------
    植民地から搾取・収奪するのは欧米諸国の常套手段だったからな
    それが今でも続いてるってことか
    -----------------------
    日本には納税せずにフランスだからね
    んで、日本人は社畜でリストラ食らって、会社のお金でご家族で豪遊とかね・・
    一体いつの時代なの?みたいな・・
    -----------------------
    フランスのサッカー代表の黒人率みればわかるけど
    フランスは、自国のためならばなりふり構わずするからなw
    -----------------------
    特捜部は4年以上も掛かったのにフランスは1日か
    手際の良さが際立ってるな
    -----------------------
    ↑やぶ蛇もあり得るから政争化するのを嫌っただけだよ
    支持率低迷のマクロンは手を汚さずに潜在的な政敵を抹殺出来たから、
    これ以上の追い討ちは不要だしね
    -----------------------
    ↑ルノー公団の話になれば、必ず政治家の話が出るから、
    下手すりゃ自分の首が飛ぶんで大統領は責任を追及せんだろ。
    -----------------------
    EUぐるみでディーゼル詐欺をしてトヨタ締め出しを図ったくらいだし
    フランス政府とルノー、ゴーンはグルになって日産から甘い汁を吸い取ってたんだよ
    -----------------------
    また21日付の産経新聞朝刊は、証券取引等監視委員会が数年前、ゴーン容疑者の指示とみられる会社資金での不正な投資について日産に指摘していたと伝えた。同紙によれば、日産はゴーン容疑者に是正を求めたが、拒否されたとみられるという。

    やっぱり株主を欺く行為だからあかんよと「証券取引等監視委員会」が出てくるんだな。
    国税局ではない。
    -----------------------
    フランスは日本を舐めていたからな
    今まで植民地にして搾取していた他のアジア弱小国とは違うと思い知っただろう
    我々は他国の奴隷になるような人間ではないよ
    -----------------------
    信用ならない国だ
    フランス人は信用できないな
    -----------------------
    日産及び日本政府は、こんな決定をしたルノーとフランス政府に三行半つけるべき
    間違いなく日産を食い物にした守銭奴
    -----------------------
    東京地検とフランス政府どっちが強いか世界に見せてくれ
    祭りだ
    -----------------------
    特捜もよく逮捕までバレずに事をすすめたよな
    ホントに恐ろしい組織だわ
    -----------------------
    ゴーンのバックにフランスあり!ルノーを守るために肥やしにされとるだけ、ルノーは半分潰れとる
    -----------------------
    これでルノーによる日産&三菱自工併合は完全に無くなったな。
    せいぜい部品調達等の緩い同盟関係に落ち着くか。
    私腹を肥やすおっさんを温存し、その上稼ぎ頭・推進力の無くなるルノー厳しいな。
    -----------------------
    今回フランス国民がゴーンと政府に怒ってるからルノーもやばいね
    -----------------------
    アメリカが独仏車を標的にしてきたんだな、やはり。
    トランプらしい強引で露骨なやりかた。
    あわよくばルノーから分離した日産・三菱を買収とかも。

    【トランプ政権】ドイツ自動車3社のCEOをホワイトハウスに招待-CEOらは会う前に独政府と話し合う予定-関係者
    -----------------------


    ところが、さすがにゴーンのやり口もフランス国民の間で評判が悪いらしくて、同情の声は皆無w まぁ、良い機会なので、日産・三菱に政府のカネ注ぎ込んで、国営企業しちまえw ついでにルノーも日産の子会社にしちまえw ついでにフランスも日本の植民地にしちまえw 

    コメント(7)

                

    資本提携ではアメリカのGM(スズキ・いすず・スバル)とフォード(マツダ)の方が大らかなんですかね。ヨーロッパのベンツ(三菱)とフォルクスワーゲン(スズキ)とルノー(日産)はどうもガメつかったり、陰湿で揉めたりする気がする。

                

    フランスはルノーを介して乗っ取りくるでしょ、なんせ43%の株式持ってんだからさ後8パーセント買い増せばいいだけでしょ?(それが難しいのかはしらないが・・・)

    第三者割当増資して回避なんて書かれてるけど株主総会開かれて大荒れになるんじゃないの? 日本の株主だって一枚岩じゃないだろうからさ。 

    そもそもな話、外様のゴーンを社長にした時点で日産は終わってるんだよ、いまさら日本政府が介入しても遅いんじゃ日産の大馬鹿者。

                

    ・・・・欧州議会選挙(2019年5月)を控え、フランスの極右政党・国民連合(旧国民戦線)の支持率が21%に上昇。マクロン大統領率いる与党の共和国前進(REM)より支持されてイマス。燃料価格高騰に抗議する大規模デモ(11月17日)が発生、マクロン大統領の支持率は25%に低下。全国で約28万3,000人が参加、参加者1名が車に引かれて死亡し、227人が負傷した派手な大規模デモ。 

     燃料課税引き上げで怒りが爆発? かのフランスは治安対策と称して、徴兵制も復活済なんですなぁ~。マクロン大統領は、首都パリの凱旋門で行われた第一次世界大戦終結100周年を記念する式典、「愛国心はナショナリズムの対極であり、ナショナリズムは愛国心の裏切りだ」と大見得を切って⇒支持率爆上げ予定でした。「自国の利益だけを追求して他国を顧みない国家主義は愛国主義への裏切り」と、トランプ批判も加えたが・・・空振り(?)した御様子。EUの盟主を目指す野心が見え透いて、強行姿勢で米国との関係も悪化。ゴーン事件も大打撃で、独・メルケルと一緒に退場しそうデス。フランス国内で痛みを強いる改革を断行し過ぎ、蛇蝎のように嫌われ始めた。黒幕は辛いねぇ~。

    ◆マクロン仏大統領の支持率が25%に低下 燃料課税引き上げで(11月18日・ロイター)

    https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKCN1NO0JA?__twitter_impression=true

    >フランス紙ジュルナル・デュ・ディマンシュが18日公表した世論調査結果によると、マクロン大統領の支持率は25%となり、10月時点の29%からさらに低下した。ディマンシュ紙が報じた別の調査では、62%が環境対応より家計収入を支える政策を優先すべきだと回答した。

                

    >経産省:フランスに日産コントロールさせるわけに行かない
    日産復権派:そろそろまえまえからつかんだ不正の使いどころか
    検察:司法取引の絶好の題材

    abe:消費増税・水道民営化・移民関連より目立って好都合w

                

    >マクロンなら不正隠しに自信が持てます

    吹いたwwww

    マクロンクロスケ出ておいでーw

                

    Mr.ゴーンはフランス大統領?
    Mr.ビーンは人気コメディアン?
    同一人物ではありません

                

    やっぱり、官邸主導の国策捜査だったんだな
    教訓:出すぎた杭は抜かれる!
    http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1073204472.html


    <転載終了>

    日本でも広がる軍事と経済の矛盾(その2)

       

    カテゴリ:カテゴリ未分類

     1972年9月に内閣総理大臣だった田中角栄が中国を訪問して日中共同声明に調印、78年8月に日中平和友好条約が結ばれてから日本と中国との関係は基本的に悪くなかった。この関係が日本企業を支えてきたのだが、これは日本経済を完全に乗っ取ろうと考えていたアメリカの支配層にとって腹立たしいことだったはずだ。

     その関係を崩す突破口に使われたのが尖閣諸島の領土問題。田中首相はこの問題を「棚上げ」にしていたのだが、2010年9月に海上保安庁が壊しにかかる。尖閣諸島付近で操業していた中国の漁船を日中漁業協定無視で取り締まり、漁船の船長を逮捕したのだ。

     しかし、2011年3月11日に東北の太平洋側で巨大地震が起こってから雰囲気が変わる。東京電力の福島第1原子力発電所が破壊され、炉心が溶融して環境は広範囲にわたって放射性物質で汚染されたのだが、この大事故は逆に日本と中国との対立を緩和しそうになる。

     そうした雰囲気を消し去り、関係悪化の方向へ戻したのが石原親子だ。まず、石原伸晃が2011年12月にハドソン研究所で講演、尖閣諸島を公的な管理下に置いて自衛隊を常駐させ、軍事予算を大きく増やすと発言する。この背後にはネオコンの大物でポール・ウォルフォウィッツの弟子にあたるI・ルイス・リビーがいたと言われている。当時、リビーはハドソン研究所の上級副所長だった。

     2012年4月には石原伸晃の父親、​石原慎太郎知事(当時)がヘリテージ財団主催のシンポジウムで尖閣諸島の魚釣島、北小島、南児島を東京都が買い取る意向​を示し、中国との関係は決定的に悪くする。安倍晋三もハドソン研究所と関係が深いが、そのつながりを築いたのもリビーだ。

     この間、2011年9月に総理大臣は菅直人から野田佳彦へ交代、「自爆解散」で2012年12月に政権の座を安倍晋三に譲る。中国との関係を悪化させるという点で3首相に大差はない。(つづく)

    ​    

    以上は「櫻井ジャーナル」より

    携帯やスマートフォンによる発ガン性が証明される : アメリカ国立衛生研究所が「携帯電話は癌と心臓病に関係する」という10年間におよぶ研究の最終報告書を発表

    人類の覚醒と真実 健康の真実 悪魔の輪郭

    携帯やスマートフォンによる発ガン性が証明される : アメリカ国立衛生研究所が「携帯電話は癌と心臓病に関係する」という10年間におよぶ研究の最終報告書を発表

    投稿日:

    2018年11月3日

    11月1日のアメリカ国立衛生研究所のニュースリリース


    National Institutes of Health News Release

    11月2日に、メルマガ11号を発行させていただきました。タイトルは「ワクチンが世界中の精神疾患を作り出している」です。ややショッキングなタイトルかもしれないですが、その通りの内容です。陰謀論系の記事ではなく、単純な科学的アプローチです。

    メルマガのご案内は、こちらのページでさせていただいています。




     

    携帯の電波とガンの関係のシロクロがある程度、明白に


    newsweek.com

    今年 8月に、アメリカ保健福祉省の「国家毒性プログラム」という、主に発ガン性物質の最新の検査・試験などを行うアメリカ政府のプログラムにおいて、

    「携帯の基地局やアンテナのある場所の近くにいることは、発ガンに関して、大きな懸念がある」

    ことを発表したことを以下の記事でご紹介しました。

    そして、今度は、この国家毒性プログラムなどが中心となった携帯およびスマートフォン等の「端末そのもの」についてのガンとの関連についての「最終報告書」が発表されました。つい最近の 11月1日のことです。

    そして、その結果は、一部であるとはいえ、

    「携帯電話(およびスマートフォン)から発せられる周波数は、ガンと関係する」

    という結論が出ました。

    このニュースリリースを読んで初めて知ったのですが、アメリカ国立衛生研究所は、携帯と発ガンについての研究を「 10年」にわたり続けていたようで、今回の報告書は、最終結論となります。

    今回の結果は、2G と 3G 携帯についてのもので、今後新しく普及していくと考えられる 5G についての研究結果は出ていませんが、この 2G とか 3G というのは、世代を意味しているだけで、数字に特別な意味があるものではありません。つまり 3G は「第 3世代の規格」というようなことです。

    なお、この「携帯の周波数が原因と見られるガン」で気になるのは、「その発現部位」なのです。

    具体的には、先ほどリンクしました前回の携帯に関する記事にある下の部分です。

    「環境レベルの携帯の周波数に曝露されたラットのガン性腫瘍の所見では、脳と心臓に同じタイプの腫瘍が増加したことが報告されました」 (ラマツィーニ研究所 / フィオレッラ・ベルポッギ博士)

    というように、

    「脳と心臓のガンが増える」

    のです。

    私は、「心臓のガン」というものが存在することを、この記事を記している時に初めて知りましたが、心臓の末梢神経を構成する「シュワン細胞」というものがるそうで、そのガン化だそうです。

    非常に稀なガンですが、携帯の周波数が引き起こすガンは、こういうような極めて特殊なものであるということが気になっていました。

    今後、何年かの後には、携帯は、第 5世代の通信規格に変わっていくと思われますが、一般的に考えれてみれば、「進化する」ということは、「いろいろとさらに強化される」というような気もしないでもなく、携帯やスマートフォンのさらに強い周波数が私たちの日常に飛びまわることになるのかもしれません。

    どこにでも飛びまわる携帯の周波数から逃れる術はないとしても、原則的に携帯の周波数は、

    「基地局に近いほど、そして、携帯端末に近いほど強い」

    ですから、通話などで、長い時間、携帯やスマートフォンを使っていると、どうしても端末との距離が近い状態が続きますので、受ける影響も大きくなるのかもしれません。

    そして、実験内容を読んでいますと、仮にこれを人間にも当てはめられる結果だとしますと「お腹の中の赤ちゃんにも携帯の電波の影響が及んでいる」というような気はします。

    というわけで、冒頭のアメリカ国立衛生研究所のニュースリリースをご紹介させていただきます。


    High exposure to radio frequency radiation associated with cancer in male rats
    National Institutes of Health 2018/11/01

    高周波放射への強い暴露は雄ラットにおいてのガンの発生と関連する

    アメリカ国家毒性プログラムは、2Gおよび3G携帯電話のテクノロジーで使用されている高い周波数放射のラットおよびマウスに対する影響の研究に関する最終報告を発表した。

    アメリカ保健福祉省の国家毒性プログラム(NTP)より 11月1日に発表された最終報告書によると、2Gおよび 3G携帯電話で使用されるような高レベルの周波数放射(RFR)に曝露された雄ラットが、癌性の心臓腫瘍を発症したということに関しての明確な証拠があると結論づけた。

    また、高い周波数放射に暴露した雄ラットは、脳および副腎の腫瘍の証拠もいくつかあった。

    実験は、雌雄のマウスと雌雄のラットでおこなわれたが、雌雄のマウスと雌マウスでは、ガンは観察されたが、そのガンが高周波数放射への曝露に関連しているものかどうかについての証拠は不明確であった。

    国家毒性プログラムのシニア・サイエンティストであるジョン・ブッチャー博士 (John Bucher, Ph.D.)は、以下のように言う。

    「この研究で使用された曝露は、人間が携帯電話(およびスマートフォン)を使用して経験する曝露と直接比較することはできません。私たちの研究では、ラットは全身に高周波放射を受けています。これとは対照的に、人の場合、ほとんどは携帯(スマートフォン)を持つ場所付近の特定の場所が最も強く高周波数放射を受けています」

    今回の研究で使用された最も低い曝露レベルは、現在、携帯とスマートフォンのユーザーに許容されている最大の局所の組織への曝露量と同等だ。このレベルは、典型的な携帯の使用ではめったに発生しない。

    しかし、それでも、ブッチャー博士は、「私たちは、今回の研究により、雄ラットの高い周波放射とガン腫瘍との関連は現実であり、これについては外部の専門家たちとも合意しています」と述べる。

    この研究の予算は、3,000万ドル(33億円)で、この最終報告書の完成まで 10年を要した。

    この報告は、2Gおよび 3G携帯(およびスマートフォン)で使用される周波数放射を使用して、それに曝露された動物における健康影響に関する中では、これまで発表されたものの中で最も包括的な評価となる。

    2Gおよび 3Gネットワ​​ークは、研究が開始されたときの通信規格の標準であり、今なお通話やメールにおいて使用されている。

    論文の主筆である物学者のマイケル・ワイデ博士(Michael Wyde, Ph.D.)は以下のように述べた。

    「私たちの今回の研究の大きな強みは、動物たちが受けた無線周波放射の量を正確に制御することができたことです。これは人間の携帯電話の使用の影響を研究するときには実行不可能でした」

    博士はまた、予期しない発見をしたことを指摘した。それは、高い周波数に暴露した雄ラットの中に、より長い寿命を持つものが出てきたことだった。

    この理由として考えられることは、「高齢のラットで死亡の原因となることが多い慢性腎臓疾患数が、暴露した雄ラットでは減少しており、このことによって説明できる可能性があります」と述べている。

    これらの研究には、特別に設計され構築された実験区画にマウスを収容した。

    高周波放射への曝露は、ラットでは子宮内にいる段階で始められ、マウスでは 5〜6週齢で開始した。

    その後、2歳の年齢になるまで、自然生存期間の大半を継続して暴露した。

    高周波放射への曝露は、10分間のオンと 10分間のオフの繰り返しを断続的に毎日約 9時間おこなった。

    高周数放射のレベルは、ラットで 1キログラムにつき 1.5〜 6ワット、マウスで 1キログラムにつき 2.5〜 10ワットの範囲だった。

    これらの研究では、Wi-Fi または 5Gネットワ​​ークで使用される高周波数放射は調査されていない。

    ワイデ博士は以下のように言う。

    「 5Gは、まだ実際に定義されていない新しいテクノロジーです。現在の私たちの理解からは、 5Gは、私たちが研究したもの(2Gと 3G)とは劇的に異なるものである可能性が高いと思われます」

    将来の研究のために、国家毒性プログラムは、高周波放射へのより小さな暴露用途の実験室を建設しており、最大でも数ヶ月後からは、5G などの新しい通信技術を評価することが容易になる。

    これらの研究は、携帯の高周波放射の潜在的な影響を、測定可能な身体的指標またはバイオマーカーとする開発に焦点を当てる。

    これらには、ガンになるよりも、もっと早い段階で検出することのできる、高周波放射に暴露された組織における DNA 損傷のような測定基準の変化が含まれる可能性がある。

    アメリカ食品医薬品局(FDA)は、国家毒性プログラムによるこの研究結果を携帯電話(およびスマートフォン)の高周波放射を健康への影響を示すものとして、推奨している。

    なお、国家毒性プログラムは、ガンを引き起こす可能性がある証拠を示すために、結果を、以下の4つの段階で表現している。

    1. 明確な証拠(発ガンの要因と考えられる最高ランク)
    2. いくつかの証拠
    3. 明確ではない証拠
    4. 証拠なし(発ガンの要因とは考えられない)

    今回の研究では、雄ラットに関して、最高ランクの「明確な証拠」が提示されたことになる。

    以上は「IN DEEP」より

    高圧線下に住む人々が多く癌化していることは現実です。強い電磁波を受けてガン化するものと思います。いずれにせよ電磁波は生物に良く無い影響を与えています。  以上

     

    ぴょんぴょんの「ただ今、人体実験中!」

    ぴょんぴょんの「ただ今、人体実験中!」

    シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=178512
    <転載開始>

    ぴょんぴょんの「ただ今、人体実験中!」

     ガラケーからスマホに移行した時期、マンション電波塔による健康被害で、NTTに対して訴訟を起こした人たちと会いました。
         ガラケー時代は無事だったのに、スマホが出てから、住人の中にがんや難病、不眠症が増え、自殺未遂まで出たと聞きました。
         かつての仕事場の近くにも、3本の電波塔を立てた高層マンションがありました。
         電波塔を立てると、携帯会社からの定期収入が入るのでマンション側はうれしいのですが、そこの住人たちにもがん、アレルギー、難治性疾患、精神疾患が多かったと記憶しています。
         電子レンジも携帯波も、問題になっているスマートメーターもマイクロ波です。
        (ぴょんぴょん)

    注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

    ————————————————————————
        
    ぴょんぴょんの「ただ今、人体実験中!」

    戦争の落とし子 電子レンジ


    ま〜だ、おめえんち、電子レンジ使ってんの?    

    だって、冷凍ご飯もすぐにホカホカ、便利じゃない。

    電子レンジってヤツは戦争の落とし子だから、温め方も暴力的なんだぞ。
        知ってるか? レンチンすることをアメリカのスラングで、「nuke」って言うんだぜ。

    「nuke」って、核兵器とか、核攻撃のことだよね。

    pixabay[CC0]


    カレイドスコープによると、「マイクロ波調理は核攻撃に通ずる」。
        「『nuke』という単語には、『電子レンジでチン(調理)する』という意味と、『核攻撃する』という意味とがあります。」

    ええっ?? 「レンチン3分」て、「核攻撃3分」てこと?

    電子レンジが世に出たばかりの1970年代は、「食品の分子を『核』によってダメにする機械、というニュアンスが残されていたのです。軍産複合体のアメリカらしく、軍事兵器開発の落とし子と言えるでしょう」。(カレイドスコープ)

    軍事兵器開発の落とし子・・・・・。

    第二次世界大戦中、
        「レイセオン社のパーシー・スペンサー博士が、マイクロ波を使ったレーダーの研究中にポケットの中のキャンディが溶けていたことにアイデアをもらい、1940年代に電子レンジを発明しました。」(mama’s ナチュラリズム)

    レイセオン社と言えば、ミサイルで有名な軍事企業だよね!
    まさに、軍事兵器開発の落とし子だ!

    レイセオン本社 Author:Coolcaesar[CC BY-SA]


    (続きはこちらから)

    電子レンジの賛否


    じゃ、一時ロシアで、電子レンジが禁止されてた話は知ってるか?
    ペレストロイカ後に解禁されたが。

    それ、時事ブログにもあったね。

    カレイドスコープに紹介されている記事(電磁波研会報・第27号)によると、
    ロシアで電子レンジが使用禁止になった理由、
        1 食品の化学変化でがんに対する免疫力が落ちるため、電子レンジ調理の食品を食べると、胃がんや腸がんなりやすい。
        2 マイクロ波の照射により、ビタミンB・ビタミンC・ビタミンE・必須ミネラルの栄養価が著しく減る。
        3 肉にマイクロ波を当てると、発がん因子の「d-ニトロソ・ジサノラミン」を増加させる。
        4 根菜を電子レンジ調理すると、がんを誘発するフリーラジカルが顕著に見られた。
        5 電子レンジ調理の食品を食べると、血清内のがん細胞が増殖した。
        6 電子レンジ調理の食品は、食品の構成を変えるので、消化器系統に障害をもたらす。    

    こんなに明らかな結果が出てるのに・・・ロシアも、便利さには勝てなかったか〜。

    電子レンジに反対する理由は、主に5つと言われている。
        1  十分な検証がなされないまま販売された。
        2  食物の栄養素を破壊する。
        3  ある食物に発がん物質を産生する。
        4  不必要な被爆を起こす。
        5  さまざまな健康問題を起こしうる。
    (wafflesatnoon)


    ふんふん、なるほど。

    電子レンジ反対で有名な、ハンス・ハーテル博士は、「スイスの食品会社で食品科学者として働いていましたが、マイクロ波加熱による食品の変性と、その処理手順に疑問を投じていたために解雇されたという経緯があります。」(mama’s ナチュラリズム)

    ホントの事言う人は、いつもこういう目に合うね。    

    反対理由1 「電子レンジは、十分な検証がなされないまま販売された。
    それについて最近、FDA(アメリカの厚生省)がコメントを出した。
        「低レベルのマイクロ波が人類に与える影響について、長いこと研究されてきたが、いくら動物実験をやっても、人への影響に換算するのは難しい。低レベル・マイクロ波の影響について、多くの疑問はまだ解明されていない。・・・更なる検証が必要だから、消費者は常識的に警戒してください。」(wafflesatnoon) 

    はあ? とっくの昔に販売しておいて、何が「常識的に警戒してください。」だよ。
    無責任!    

    電子レンジ・賛成派の意見。
        「60年前に、安全性を完璧に検証できなかったとは言え、何ぶん60年以上も前の話ですよ。あれから40〜50年も、世界中で幅広く使われ続けてるんですから、現在危険だということにはなりません。」(wafflesatnoon)

    まるでこの40〜50年が、人体実験だったと言わんばかりだね!

    反対理由2  「電子レンジは 、食物の栄養素を破壊する。
    これに対して、賛成派の意見。
        「電子レンジは食物の栄養素を破壊する。このクレームは実際正しい。
    というのも、どんな調理法でも何らかの栄養素を破壊するものだから、電子レンジに限ったことじゃない。
    」(wafflesatnoon) 

    確かに。
    電子レンジだと調理時間が短い、しかも、ほとんど水を使わないから、栄養素が流れ出なくてすむって言うね。

    そうゆうのを、屁理屈という。
        「カイロ大学生化学科の学部長・ラドワン教授の研究では、マイクロ波を2秒当てると食品の酵素をすべて破壊することを発見しています。また、マイクロ波を10分間当てると、今度はたんぱく質が新しい有害な形に変化し、食品の分子構造を変化させることがわかっています。」(mama’s ナチュラリズム)

    ふうん・・・やっぱそうなのか。

    反対理由3  「電子レンジは、ある食物に発がん物質を産生する。
    これに対して賛成派は、ふつうに調理されたベーコンよりも電子レンジ調理の方が、発がん性ニトロソアミンは明らかに低値だった、というコーネル大学の研究で反論する。
    また別の研究では、電子レンジで肉汁を取り除いた肉は、発がん物質の95%が除去されていたという。(wafflesatnoon)

    pixabay[CC0]


    おいしい肉汁が抜けた肉なんか、誰が食べるの?    

    反対理由4  「電子レンジは、不必要な被爆を起こす。
    FDAによれば、電子レンジのマイクロ波による被爆は確認されていないが、電子レンジから遠ざかるに越したことはないと。(wafflesatnoon) 

    これは正しいかもね。
    「スノーデン」の映画の中でも、みんなが電子レンジの庫内に携帯を入れてホッとしてるシーンがあったから、けっこう庫内の気密性は高いと思うよ。


    反対理由5  「電子レンジは、さまざまな健康問題を起こしうる。
    ハンス・ハーテル博士は、チンしたミルクや野菜を摂取すると、がんに向かうと報告した。
    一方賛成派は、ハーテル博士の研究は同僚たちから無視されている、実験の信ぴょう性もあやしいし、彼の研究には再現性がないとまで言う。(wafflesatnoon)

    そうやって、博士の信用を落とすように働きかけてるのがよくわかるね。    

    賛成派は言う。
        電子レンジに健康被害があるとすれば、それはアツアツの食べ物でヤケドするくらい
    だと。(wafflesatnoon) 


    ・・・・・。

    結論!
        電子レンジが安全だという主張は、多数の政府機関、大学、専門家に支持され
    てるし、
    ほとんどの学者、研究者、政府機関、医療関係者たちが、電子レンジは安全だと思ってるんだから大丈夫ですよ、と。(wafflesatnoon) 

    権威が安全と言ってる、多数決だから安全だと言われてもねえ。    

    誰がなんと言おうと・・・・・・電子レンジで調理されたものは「マ・ズ・イ!!」
    それが唯一の答え
    だよ!!

    これが言いたかったのね。


    ステーキの焼ける携帯電話、携帯電波塔の凄まじい被害


    ふう〜っ・・・・・ここまでは電子レンジの話だったが、携帯電話も電子レンジと同じ、
        周波数3×10の9乗HZ.のマイクロ波だ
    って話をしよう。

    たしか時事ブログでも紹介されてたけど、携帯でステーキ焼いてる動画があったね。


    ラジオのAM放送は、3×10の5乗HZ.
        FMやテレビは、その100倍、3×10の7乗HZ.
    そして、携帯電話と電子レンジは、さらにその100倍、3×10の9乗HZ.。
        

    周波数が高くなるほどエネルギーも高くなるから、ラジオやテレビじゃ焼けないけど、携帯だとステーキが焼けるわけだね。

    ちなみに、3×10の8乗以上の電磁波を、マイクロ波と呼ぶらしい。

    携帯も、電子レンジも持たなければ避けられるけど。    

    問題は携帯電波塔だ。
    沖縄の医師が体験した、携帯電波塔・被害の話(携帯電話基地局について)
    は非常に興味深い。

    2000年、彼の一家は、屋上に携帯電波塔(800メガヘルツ)が立つマンションに引っ越した。
        引っ越した当初から、電化製品の異常、長男の不整脈などはあったが、原因に気づかないまま、さらに最上階に引っ越した

    pixabay[CC0]


    最上階ってことは、より、電波塔に近づいたってことだね。

    2008年、何のことわりもなく、2000メガヘルツの設備が自分たちの住居の真上に取り付けられたが、その後からさまざまなことが起こった。
    長女は動脈性の鼻血で、止血のために救急病院に行くほど。
    次女は極度の眠気、 三女は初めての鼻血、長男は立ちくらみと頻脈(1分間に200 回)と不整脈。
        本人も頭痛、不眠で、高速運転中に意識が遠のき、事故を起こしそうに
    なった。
    妻もめまい、頭痛、ろれつが回らない、意識が遠のくなどで車をぶつけてしまった。
    毎週、電球が切れ、テレビも殆ど映らなくなっていた。    

    一家全員、ボロボロだねえ。
    でも、ここまでの話聞くと、お祓いでもしてもらったらって言いたくなるね。    

    ところが、別のマンションに引っ越した1週間後、家族全員がよくなった。    

    やっぱ、その部屋になんかいたんだよ。

    取り憑いていたのは、携帯電波塔から来るマイクロ波だった。
    その後、マンションの聞き取り調査で、異常を感じていたのは、この一家だけではないことがわかった。
    多かったのが、「頭痛、不眠、めまい、飛蚊症、極度の視力低下、眼痛、鼻血、耳鳴り、嘔吐、強度の倦怠感、意識消失、関節痛、精神錯乱」。
    その他
    、「顔面神経麻痺、メニエル病、甲状腺腫瘍、バセドウ病、橋本病、味覚障害、狭心症、前立腺肥大、腫瘍(舌癌の再発)」。

    すごい!! まるで人体実験か?

    ペットの犬、小鳥、金魚、メダカが死んだ人もいた。    

    小さいものから犠牲になるからね・・・。

    家電(照明、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ)の異常もあるが、一番コワいのはこれ。
        「ある住民は10年前から絶滅危惧種であるメダカを繁殖させて川に放流するというボランティア活動を行っていました。しかし今年生まれた稚魚は背骨が曲がっており40 匹中、36 匹が死んで4 匹のみ生き残ったそうです。これらのすべての症状は2ギガのアンテナ設置後に起こっています。

    Author:Seotaro[CC BY-SA]


    遺伝子の損傷も起きてた?!

    マイクロ波は、電離放射線のX線のように、物質の原子や分子から電子を飛ばしてDNAを傷つけることはないと言われているが。    

    やっぱ、生殖器のそばに携帯を置かないほうがいいね。    

    マンション住人に見られた「精神錯乱」、これを利用したマイクロ波・兵器も実際に使われている。
    2016年、キューバのアメリカ大使館で、外交官が耳鳴りや聴覚障害を起こして帰国した。
    中国のアメリカ大使館でも最近、同じようなことがあったが、両者ともマイクロ波による攻撃らしいことがわかった。(GLOBE+)

    へえ? なんで、だれが攻撃したの?

    それはわからないが、マイクロ波・兵器は、目に見えないビーム照射で大音響を発生させたり、人間の頭の中に直接話しかけたりするそうだ。(GLOBE+)

    これか!! 「神の声」が聞こえる〜ってやつ!


    高強度のマイクロ波ビームが、外交官の脳内に騒音を起こしただけでなく、吐き気や頭痛、めまい・・・脳組織の損傷まで引き起こしたのではないか。
    (GLOBE+)

    完璧に、スパイ映画だね、これは。

    スパイ映画どころか、おれらの周囲にもマイクロ波・兵器は氾濫している。
    スマホの通信には0.1μW/cm2あれば十分なのに、日本のスマホ規制値は1000μW/cm2。他の国も、ほとんどが900〜1000μW/cm2と、異様に高い数値が設定されている。(MEDIA KOKUSHO)

    0.1でいいのに、1000にしているってことは、1万倍を安全に設定しているってこと?
        実は、スマホをマイクロ波・兵器化しようとしている?!

    1000μW/cm2という、高レベルの「マイクロ波を使うことを想定した上で、規制値を設けているのである。改めて言うまでもなく、こうした武器の開発途上で、秘密裏に人体実験が行われている可能性が高い。」(MEDIA KOKUSHO)

    がんや、認知症が増えてるのってもしかして・・・・・。
    ぼくたち、スマホの電子レンジの中で、人体実験されてるんだ!!


    Writer

    ぴょんぴょんDr.         

    白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

        1955年、大阪生まれ。うお座。
        幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
        1985年、大分県別府市に移住。
        1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
        以後26年半、主に漢方診療に携わった。
        2014年11月末、クリニック閉院。
        現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
        体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)    

    東洋医学セミナー受講者の声




    <転載終了>

    コメント一覧 (1)

                                   
      • 1.                                 匿名                            
      •                             
      • 2018年11月01日 10:48
      •                             
      • 銀河鉄道 999  メーテル小池婆 星 野 鉄 郎(てつろう)は
        地下鉄サリン事件の 本番 予告だった?
        正月から、大池由紀子都知事 都庁爆破 なんて 自作自演テロ予告まがいのドラマもありました


        アニメに見る 言葉の 呪 詛 (JUSO ジュソ)
        【銀〇鉄〇999】
           999 をひっくり返すと 666
           説明は不要でしょう

        http://adoi.hatenablog.com/entry/2018/10/31/132016


        星野哲郎 (てつろう)記念館
        山口県大島郡周防大島町平野417−11

        山口県周防大島 道の駅サザンセトとうわ

        http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1073012362.html

        731部隊 生物・化学兵器 広島県大久野島 うさぎ島
        広島県大久野島毒ガス資料館

        http://www.city.takehara.lg.jp/machitukuri/dokugasusiryokan.html

        1621.呪 詛 (JUSO ジュソ)

        多くの皆様は、「呪詛増幅装置」などと書くと、荒唐無稽に感じる事でしょう。
        「呪 詛 」といえば「陰陽師」ですね。現在の日本でも「陰陽師」が職業として成立している事は、「呪詛」は効果がある事を示している。

        http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1993.html

    以上は「大魔邇」より

    電磁波は基本的に生物に取り有害なものです。どこまで許容できるかの問題です。以上

    ★イルカは互いに「名前」で呼び合い会話している!

    ★イルカは互いに「名前」で呼び合い会話している!

    トカナイルカは互いに「名前」で呼び合い会話していることが判明! 同盟を結んで戦いも… 異様に賢い実態に戦慄(最新研究)2018.06.13より転載します。
    貼りつけ開始

    tocana.jp/2018/06/post_17178_entry.html

     お互いの名前を知り、呼び合うのは人間関係の基礎の基礎であるが、それは人間に限ったことではないようだ。オーストラリアに生息するイルカたちも互いの名前を認識し、呼び合ってコミュニケーションし、複雑な社会関係を築いているという。6月11日付の豪メディア「The Conversation」で報じられると、複数の海外メディアがこの興味深い発見を伝えている。

    8_20181027081453577.jpg
    画像は「Thinkstock」より引用
    ■イルカの名前
     イルカは独特な鳴き声を発し、仲間とコミュニケーションをとる生物であることはよく知られている。近年、鳴き声の分析によって、イルカの個体にはそれぞれ特有の「名前」があることが判明している。2013年の野生のハンドウイルカの調査では、個体を表す特殊な鳴き声(シグネーチャーホイッスル)を録音して聞かせると、その個体が返事を返すことがわかっている。イルカたちは生後数カ月以内にそれぞれの名前となる独自の鳴き声を発達させ、自己紹介や仲間との合図にそれを使っているようなのだ。これは、野生動物がそれぞれの個体を表す呼び声を使っているという世界初の発見であった。
     では、野生のイルカたちはこの「名前」をどう使っているのだろうか? 今年5月、その一端を明らかにする論文が学術誌「Current Biology」に掲載された。著者は西オーストラリア大学のステファニー・キング氏らで、キング氏はイルカに名前があることを明らかにした海洋生物学者である。
     今回、調査の対象となったのは、オーストラリア・西オーストラリア州シャークベイのハンドウイルカの群れである。この場所では血縁関係にあるメスのイルカが群れを作る一方、オスは血縁関係のない2~3頭で同盟関係を作っていることが知られている。本来は生殖をめぐるライバルであるが、同盟関係にあるオスは生殖の相手となるメス探しや確保、別のオスグループとのメスをめぐる戦いにおいて、協力関係を築いているのである。同盟関係にあるオス同士の絆は深く、その関係は生涯にわたるという。
    9_2018102708282684c.jpg
    画像は「Science Alert」より引用
    ■名前を呼び合うオスイルカたち
     キング氏が「The Conversation」に寄せた記事によると、この同盟に役立っているのが個々の名前であるという。同盟を組んだオスのイルカたちは互いの名前を呼び合うことで、メスや敵対するオスグループに自分たちの同盟をアピールしているという。彼らは友人だけでなくライバル個体の名前も把握しており、オスグループ間に存在する上下関係を認知しているほか、回避するか友好的に接するかを決めるのに使っているようだ。
     群れの中で皆が同じような鳴き声を発して集団内のコミュニケーションを取る行動は、鳥や哺乳類など多くの野生動物で観察されている。だが、シャークベイのオスイルカたちは互いの名前を呼び合うことで相手を認知し、コミュニケーションを取っている。キング氏によると、彼らは名前で呼び合って穏やかな会話を楽しみ、一緒にジャンプしたりダンスのように泳いだりして親睦を深めているという。
     個々の名前で同盟や敵対の関係を把握するというイルカの特色は、人間のものともよく似ている。以前トカナではフグをキメるイルカについてお伝えしたが、彼らの賢さや仲間意識の強さが明らかになるたび、なんと驚くべき生物かと思わされる。「イルカがせめてきたぞっ」というキャッチコピーで有名な小松崎茂氏の絵に、なんとも言えない奇妙な説得力があるのも当然かもしれない。
    (編集部)
    参考:「The Conversation」、「Current Biology」、ほか

    貼り付終わり、

    >同盟関係にあるオス同士の絆は深く、その関係は生涯にわたるという。
    ・ん、どっかで聞いた様なお話です(=・ω・=)にゃ~w
     どっちが先だろうか?






    関連記事

    人間だけではなかったのです。まだまだほかにもいっぱいあるのでしょう。研究が進めばわかるでしょう。                        以上

    •  

    まるで西部劇: 待ち受ける決戦

    2018年10月25日 (木)

    まるで西部劇: 待ち受ける決戦

    2018年10月22日
    Paul Craig Roberts

     レーガン大統領とソ連のゴルバチョフ大統領が1987年に実現させたレーガン大統領最後の核軍縮功績-中距離核戦力全廃条約をアメリカ軍安保複合体が処分するのに31年かかった。

     中距離核戦力全廃条約は、1988年5月27日に、アメリカ上院で批准され、数日後の6月1日に発効した。舞台裏で、私もこの件に多少関与したので、条約が実現したのは、ヨーロッパをソ連の短距離と中距離ミサイルによる攻撃から安全にし、ソ連をヨーロッパに配備されたアメリカの短距離と中距離核ミサイルによるアメリカの攻撃から安全にすることだったのを覚えている。核兵器を多少の警告時間があるICBMに限定することで、報復と、核兵器の不使用を保証する中距離核戦力全廃条約は、ロシアに対するアメリカ先制攻撃と、ヨーロッパに対するロシアの先制攻撃、警告時間がほとんどゼロに近い低空飛行する巡航ミサイルによって行われる攻撃のリスクを低減するものと見なされていた。

     レーガン大統領が、私をCIAを召喚する権限がある秘密の大統領委員会メンバーに任命した際、彼は秘密委員会メンバーに、狙いは冷戦を終わらせることであり、結果として、彼の言葉を借りれば“あのぞっとする核兵器は解体されることになる”と言った。レーガン大統領は、彼が首にし、起訴した狂ったネオコンと違い、地球上のあらゆる生命を破壊する核戦争は無意味だと考えていた。中距離核戦力全廃条約は、レーガンの頭の中では、軍の武器庫からの核兵器廃絶の手始めだった。中距離核戦力全廃条約は、アメリカ軍安保複合体の予算を大きくは脅かさず、実際にソ連軍の安全を高めるので、第一歩として選ばれたのだ。言い換えれば、それは、レーガンもゴルバチョフも、それぞれの軍の支配体制を説得できるものだったのだ。信頼感が増せば、核軍縮は更に進められるだろうとレーガンは期待していた。

     レーガン大統領の残された実績が破壊されてしまった今、トランプ政権がアメリカ軍安保複合体の利益に譲歩した結果は一体何なのだろう?

     色々があるが、良いことは一つもない。

     “更なるロシアの脅威”に対抗するため、益々乏しくなるアメリカの資源が、中距離ミサイル製造に流れ込み、アメリカ軍安保複合体の莫大な利益は増大する。共和党は社会保障やメディケアを削減して、費用を工面しようとするだろう。民主党なら違っていたかどうか私には確信がない。

     今やシオニスト・ネオコンに、ロシアに対する探知されない核巡航ミサイル先制攻撃によって、アメリカとイスラエルの覇権を再度確立する願望がよみがえったのだ。

     プーチン政権は、ロシアがアメリカ属国におとしめられていたエリツィン時代に、ワシントンとイスラエルが据えたアレクセイ・クドリンやユダヤ・ロビーや億万長者オリガルヒから更なる圧力を受けるだろう。こうしたロシアの裏切り者連中は非常に有力なため、プーチンは連中に我慢しなければならない。ネオコン化したワシントンは、経済や、インフラの必要性から、軍事支出にロシアの資源を向けさせるため、ロシア経済を傷つけられる可能性があるあらゆることを行っており、ワシントンに順応しようと求めて、ドイツやイギリスやフランスやヨーロッパの他の国々や、カナダやオーストラリアや日本と同様に、ロシアを属国状態に追いやる狙いで、ロシアに更なる圧力をかけるよう、クドリンやロシア・マスコミ内の欧米が支援する分子はワシントンに働きかけるだろう。

     とんでもない挑発に対するロシア政府のおとなしい対応ゆえに、アメリカや属国が、挑発しても、何の代償も負う必要がないため、更なる挑発を招き続けている。ロシア政府がクドリンのような裏切り者を許容していると、欧米国民をロシアが開かれた言論が自由な社会だと説得できない。逆に、欧米国民は、プーチンではなく、クドリンを信じてしまう。アメリカ人は、プーチンは、500億ドルを盗み取った悪漢で、世界で最も裕福な人間の一人だと思い込んでいる。私はこれを、昨日いとこから聞いた。欧米マスコミはロシアでの生活の正しい姿を決して報じない。欧米に対するロシア政府のけんか腰にならない対応と、自国政府内での反逆者の容認による唯一の功績は、ウクライナのロシア寄りの大統領や、ホンジュラスやブラジルやアルゼンチンの大統領と同様に、プーチンも打倒可能だと、ワシントンに確信させたことだ。

     二十世紀、アメリカ人というか、そのごく一部の敏感な人々は、カフカの『審判』やオーウェルの『1984年』やハックスレーの『素晴らしき新世界』などのディストピア小説に感化された。我々はこうした小説をソ連での生活と同一視し、征服され、そのような生活を強いられるのを恐れたのだ。サダム・フセインの“大量破壊兵器”と同様、“イラン核兵器”と同様、“アサドによる化学兵器使用”や、他の読者も例をあげることができるだろうもの同様、“ソ連の脅威”がでっちあげだと気づくまでには実に長い時間がかかった。

     世界の圧倒的大多数の人々は、一体何が起きているのか全く分かっていない。アメリカでは、住まいや、食べ物を得て、住宅ローンや、自動車ローンや、クレジット・カード支払い用のお金を稼ぐため、世界の大半では、飲料水と少々の食べ物のため、人々は、仕事を見つけたり、仕事につき続けたりしようとしている。彼らはストレスで疲れ切っているのだ。彼らには悪いニュースに立ち向かったり、何が起きているのかを考えるエネルギーはない。いたるところで、彼らは政府から見捨てられている。国民を代表する政府が存在している、ロシアや中国やイランやベネズエラ以外では。

     ロシアや中国やイランやベネズエラや北朝鮮においてさえも、欧米プロパガンダではなく、実際に自らを信じている政府はあるのだろうか?

    記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/10/22/it-is-like-a-western-movie-a-showdown-is-in-the-making/
    ----------

     短期的に大企業だけ儲かるが、ありとあらゆるしわ寄せを、国民や自治体に永久に押しつける移民政策が導入される。大企業支配資本主義の本質丸出し。

     宗教、全く疎いのだが、最近RTなどで、「正教会の分裂」にまつわる記事が目立つのには気がついている。ウクライナをめぐってのコンスタンチノープルとモスクワの分裂。

    Orthodox Christianity bordering on a 'Great Schism,' but crisis can be resolved ? Russian Church

    Recognizing Ukrainian Church would bring schism to Orthodox Christianity ? Moscow

    Orthodox Church split fuels Russia-Ukraine tension

     日本語記事では、たとえば下記がある。

    ウクライナ正教会“独立”へ 露経済紙「キエフ奪った」 トルコ紙「露の主張に打撃」

     ロシアの宗教、無知にも、正教は一つだけと思っていたが、さにあらず。下斗米伸夫教授の昨年の本『神と革命: ロシア革命の知られざる真実』を読み終えた。ロシア革命でも、ソ連政治でも、古儀式派を背景とする人物が多いのだという。

     素人のいい加減な理解は、おおよそこういう感じ。

     ソ連共産党の名称にあるソビエトという概念自体が、ギリシャ正教でも、主流ではない古儀式派のものだという。古儀式派は正統と認められず、国家から虐げられた。織物企業の大物は古儀式派が多い地域(イワノボ・ボズネセンスク)出身者で、そうした大企業で働く労働者も多かった。ロシア革命では、古儀式派の背景を持った多くの労働者が指導者にもなった。
    ソ連経済が困難な時期に、共産党が、教会の資産を没収するのに反対して多数の古儀式派信者が犠牲になった。抵抗するものを銃撃してよいと、許可した幹部には、スターリンのみならず、レーニンもいた。この事実が、グラスノスチで、1990年に公開された文書で、判明して、レーニン神話も崩壊し、ソ連滅亡を早めたのだという。

     レーニンは病に倒れた後、古儀式派の著名な繊維王サッヴァ・モロゾフ未亡人の館にとどまった。そこで料理番をしていたのがプーチン大統領の祖父スピリドン・プーチンだった。

     下記記事やご著書をお読み願いたい。

    2018年12月28日 (金)

    クリスマス直前に400年ぶりに地球に最接近した奇妙な形の直径1.6キロメートルの小惑星。そして、天体の衝突の時代がさらに近づいていることを予見させる最近のさまざまな出来事

    クリスマス直前に400年ぶりに地球に最接近した奇妙な形の直径1.6キロメートルの小惑星。そして、天体の衝突の時代がさらに近づいていることを予見させる最近のさまざまな出来事

    投稿日:

    2018年12月23日

    12月22日にNASAが撮影したヘンな形の小惑星「2003 SD220」


    NASA




     

    最近はクリスマスといっても、何だか街の風景にもそんなにその雰囲気がない感じが年々強くなっている気がします。

    20年くらい前までは、もうちょっと全体的に華やいでいたような印象がありますけれど、それはともかく、そんなクリスマス直前の 12月22日、 NASA が、「地球に最接近した小惑星」の画像を公開しました。

    冒頭のものがそれなのですけれど・・・まあ、奇妙な形ですよね。

    この小惑星 2003 SD220 は、周期的に地球に近づくことは知られていましたが、しかし、その姿が直接撮影されたのは、これが初めてでした。

    それがこのような姿だったと。

    小惑星2003 SD220


    NASA

    アメリカの報道では「カバのような形」というように報じられていますが、カバに見えるかどうかはともかく、何とも形容が難しいものではあります。

    ちなみに、この小惑星 2003 SD220 は、形はふざけていますが、NASA のリストでは、地球に被害を与え得る、いわゆる「地球近傍天体」のひとつです。

    上の写真に書き加えましたが、この小惑星は長い部分は直径 1.6キロメートル程度ありまして、このくらいの大きさですと、仮に地球にまともに衝突した場合は、極めて大規模な破壊と、気候の変化が長い間続くということになる規模だと思われます。

    天体の衝突と想定される被害の想定に関しては、フレッド・ホイル卿の著作『生命はどこからきたか』で説明されています。

    下の表です。

    地球に彗星が衝突した際の被害想定

    生命はどこから来たか

    直径 1.6キロメートルほどの天体ですと、やはり「部分的な壊滅」ということにはなりそうです。

     

    最近、地球に接近した中で最も巨大な小惑星は、昨年 9月1日に地球に最接近した小惑星 3122 フローレンスという名称のもので、この小惑星の直径は 5.3キロメートルでした。下は、 3122 フローレンスが最接近した時の NASA のデータです。

    2017年9月1日 直径5.3キロの小惑星が最接近した日


    Spaceweather

     

    このくらいの大きさのものとなりますと、仮に地球に衝突した場合は、先ほどのホイル博士の被害想定から見ますと、

    「大絶滅」

    ということになっていく規模の壊滅的な災害となります。

    ちなみに、この小惑星 3122 フローレンスの昨年の最接近は、「観測史の中でここまで近づいたのは、これが初めて」というものでした。

    そのような意味でも、ドデカい小惑星が少しずつ地球に距離を近づけてきているという感じもしないではないことを思わせてくれた出来事でもありました。

    この小惑星 3122 フローレンスについては、

    観測史上最も巨大な小惑星「3122 フローレンス」が9月1日にこれまでで最も地球に近い宇宙空間を通過することをお盆中に知りました
     In Deep 2017年8月16日

    という記事で取りあげています。

     

    小惑星といえば、2015年のハロウィン(10月31日)に地球に最接近した下のような「ドクロ顔の小惑星」などもありました。

    2015年のハロウィンの日に最接近したドクロ顔の小惑星 2015 TB145


    NASA

    その後、このドクロ顔の小惑星は、今年 11月にも地球に再度接近しました。

    このことは、以下の記事で取りあげさせていただいています。

     

    そういえば、「奇妙な形の天体」というフレーズで思い出すのは、今年、「初めて太陽系外から飛来したとされる天体が観測された」という事象が話題となりました。

    In Deep では以下の記事でご紹介させていだいています。

    この天体は小惑星だったのですが、2017年10月に地球の傍を通り過ぎて行きました。この天体は、科学者たちによって「オウムアムア(‘Oumuamua)」という奇妙な名称をつけられましたが、これはハワイの言葉で「遠方からの最初の使者」の意味なんだそうです。

    その後、この太陽系外から飛来したと考えられている小惑星について、科学者たちによる想像図が 11月に公開されたのですが、それは以下のような形でした。

    この想像図は、光の明るさの周期から計算された厳密な想像図で、ある程度は本物と近いものと思われます。

    太陽系外から来た小惑星オウムアムアの想像図


    European Southern Observatory, M. Kornmesser

     

    これを見た時にも「変な形だなあ」と思いましたが、ナショナル ジオグラフィックの記事にも、

     > この天体の長さは180~400メートル、幅40メートルほどと考えられる。非常に珍しい形状だ。

    というようにあり、やはり珍しい形状であるようです。

    しかし、考えてみれば、今回の冒頭の小惑星も奇妙な形状ですし、私がその名称を覚えるのに四苦八苦しているチュ……チュリャ……(検索しました)チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星もずいぶんと変な形でしたしね。

    下の写真は、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星とロサンゼルスの街の大きさを比較した写真です。

    直径3kmのチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星とロサンゼルス


    IFLScience

     

    いずれにしましても、「巨大天体の地球への接近」の話題が、年を追うごとに多くなっています。

    現実として、昨年以下の記事で書かせていただきましたけれど、天文学者たちは、今後 100年間は、天体の地球への衝突が極めて多い時代になると予測してます。

     

    もちろん、天体が地球の大気圏に衝突したとしても、そのほとんどは、大気圏に入った途端に燃え尽きるか、観測されたとしても火球として観測される程度で、実際に地表にまで到達する天体の数は極めて少ないはずです。

    しかし、問題は数ではないのですね。

    数ではなく「規模」なのです。

    たとえば、先ほどの直径 5.3キロメートルもある小惑星 3122 フローレンスみたいな巨大な天体が「一度でも」衝突すれば、それは基本的に「地球のリセット」を意味するわけでして、そして、それはおそらく「いつかはある」のです。

    おそらく必ず。

    けれど、それがいつかは誰にもわからないということになります。

    先日、旧約聖書に登場する「天体で滅ぼされた街」ソドムとゴモラの逸話が現実であった可能性がある科学的発見について以下の記事で取りあげました。

    地質的な調査からは、このの中東の地に再び文明が芽生えるまでには「 600年」かかったと推定されるのだそうです。

    しかし、600年くらいだと「小リセット」だと考えます。

    もっと激しいものだと、「かなり原初へのリセットになる」という可能性もあるのだと思います。

     

    まあしかし、地球ってのは、そういう繰り返しがずーっと続いているということではないでしょうかね。

    現代の科学観でいえば 46億年とか(私はこの数字に釈然としないですけれど)。

    あるいは、私はそれもひとつのサイクルの中の年代区分であり、たとえばですけれど、そのような 46億年というような「リセットからリセットまでのサイクル」が何度も何度も繰り返されているというように考えています。

    いずれにしても、この数年の天体に関しての出来事を振り返りますと、「天体衝突の時代はさらに近づいているなあ」と思います。

     

    なお、今回、地球に接近した奇妙な形の小惑星 2003 SD220 ですが、前回、地球に近づいたのは 400年前だったと計算できるそうで、そして、次に地球に接近するのは、西暦 2070年なのだそう。

    そういう意味では、歴史的な接近ではあったようです。

    2019年もまた、天体に関しての出来事はさらに多くなりそうです。

    以上は「IN DEEP」より

    今は運良く衝突を免れていますが、そう遠くない時期にかなり大きな彗星が地球に衝突することになるものと思います。これも運次第です。                 以上

    吉備太秦は「2019年3月に英国も仏国も政権が倒れ、日本も統一地方選挙、衆参同日(ダブル)選挙で、安倍晋三首相の命運が尽き果てて、政権交代へと流れていく」と予測

    吉備太秦は「2019年3月に英国も仏国も政権が倒れ、日本も統一地方選挙、

    衆参同日(ダブル)選挙で、安倍晋三首相の命運が尽き果てて、政権交代へ

    と流れていく」と予測

    ◆〔特別情報1〕
     「天皇誕生日」(12月23日)は、85歳になられる天皇陛下は、ご在位最後の誕生日を

    祝して皇居を訪れた一般参賀の国民は、平成最多の5万人以上、これまでの参賀者数を

    上回る人数だった。天皇陛下は2019年4月30日ご譲位、5月1日は新天皇ご即位。

    新しい御代が始まる。「君臨すれども、統治せず」君主制の英国は、EUとの離脱交渉の

    採決を3月に延ばしたため、メイ政権が倒れるのは3月に延びた。フランスもマクロン政権

    が倒れるまでデモが続く。3月に英国も仏国も政権が倒れ、そのまま日本も統一地方選挙、

    衆参同日(ダブル)選挙で、安倍晋三首相の命運が尽き果てて、政権交代へと流れていく。

    以下は、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の予測である。

    以上は「板垣英憲氏」ブログ

    特に安倍政権は今年11月までに退陣する予定でしたが、フランスのマクロンがヘマをしたために予定を変えて仏国と日本の交代が逆になる様です。       以上

    安倍政権が米からF35戦闘機100機追加購入を検討 〜 1機100億円1兆円なり、消費税収分でポンコツお買い上げ

    安倍政権が米からF35戦闘機100機追加購入を検討 〜 1機100億円1兆円なり、消費税収分でポンコツお買い上げ

    シャンティ・フーラの時事ブログさんのサイトより
    https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=181599
    <転載開始>

    安倍政権が米からF35戦闘機100機追加購入を検討 〜 1機100億円1兆円なり、消費税収分でポンコツお買い上げ

     安倍政権は、F35ステルス戦闘機をアメリカから100機追加導入すると決めたようです。元々の導入予定だった42機と合わせて140機体制にし、護衛艦を改修した空母から発着させるのだとか。なぜ突然に?の答えは、米トランプ大統領に強要されたため、そしてもう一つは、中国の軍備増強に対抗するためとの報道です。
        国民から搾り取った消費税で戦闘機に1兆円使い、専守防衛を逸脱し、それで中国を刺激するなど、ほんと、アジアの邪魔者あべぴょん。
         しかも、mkoさんのツイートを読めば読むほど、軍事オンチのまのじですらF35がとんでもない代物だということが分かってきました。日経の「最新鋭」の言葉とは裏腹に、F35はロッキード・マーチン社の有名な出来損ないで、日本が高値で廃棄場所にされたような気がします。「解決不能の不具合ラビリンス」とまで言われるポンコツの上、メンテ費用は破格に高額、特別仕様の格納庫や、怪しげな数千万円のヘルメットまで付加的に必要だと聞くと悪い詐欺に引っかかったようです。
         次から次から悪行が尽きない政権ですが、それでも日本人はフランス人のように怒らない、、。
        (まのじ)

    注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

    ————————————————————————
       
    安倍政権「防衛計画の大綱」米国の要求に応じ防衛費増額へ
    引用元)
    安倍政権は、米トランプ大統領に言われるままに防衛費を増大させる方針を固めたもようだ。

         政府は、トランプ大統領が日本に「応分の負担」を求めていることを受け、防衛費を現在の対GDP(国内総生産)比0.9%から、北大西洋条約機構(NATO)と同様の1.3%に増額する方針を固め、年末にまとめる新たな「防衛計画の大綱」に盛り込む方針だという。

         具体的には、海上自衛隊の護衛艦を多用途運用母艦に改修して空母化することや、この空母から発着できる最新鋭のF35Bステルス戦闘機の導入をもくろんでいる
    (以下略) 
    ————————————————————————
    F35戦闘機 最大100機追加取得へ 1兆円、政府検討
    引用元)
    政府は最新鋭ステルス戦闘機「F35」を米国から最大100機追加取得する検討に入った。取得額は1機100億円超で計1兆円以上になる
         現在導入予定の42機と合わせて将来的に140機体制に増える見込み。現在のF15の一部を置き換える。中国の軍備増強に対抗するとともに、米国装備品の購入拡大を迫るトランプ米大統領に配慮を示す狙いもある。
    ————————————————————————
    配信元)

    トランプ大統領が世界の歴史を根底から覆すとんでもない資料を公開し世界が震え上がる「これはガチでヤバいだろ…」

    トランプ大統領が世界の歴史を根底から覆すとんでもない資料を公開し世界が震え上がる「これはガチでヤバいだろ…」   

    上記をクリックしてYOU-TUBEをご覧ください。

    ★ 日露平和条約と北方領土問題の真相

    ★ 日露平和条約と北方領土問題の真相

    北方領土の真相:子どもが喧嘩の仲直りをする時 < newsNueq-1671 >より転載します。

    貼り付け開始

      
      増田俊男:時事直言
    日露平和条約と北方領土問題の真相
      -------------------------------------------------------------------
      http://chokugen.com/opinion/backnumber/h30/jiji181119_1289.html
      1289号(2018年11月19日号) 国会議員号

     安倍首相もプーチン大統領も背後から国民(マスコミ)に監視されているので関係閣僚や官僚を交えた会議で表向きの声明、1対1会談は本音で内容は秘密。

     安倍首相の背後には戦後アメリカの対日(外務官僚とマスコミ)洗脳による(北方領土が返る日、平和の日」(領土返還が先、平和条約は後)がある。

     子供の喧嘩で、仲直りをする前に負けた子供が勝った子供に取られた玩具を返せと言ったら、仲直りが出来ないように、仲直り(平和条約)が先、は政治の常識である。

     1951年9月8日のサンフランシスコ講和条約でマッカーサー率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)から日本の主権が回復したと同時に日米安保が締結され日本は米軍に日本の行政管区内(領土)での軍事行動の自由を保障した為、対日米占領軍は駐留軍に名を変えただけで今日に至っている。

     つまり「日米安保は日本の安全の要である」はアメリカの対日洗脳であって正しくは「日本は米軍の占領下」である。

     プーチン大統領は9月12日ウラジオストックの東方経済フォーラムで習近平主席が同伴している時、安倍首相に 「 前提条件なしで2018年末まで日露間で平和条約を締結しよう 」言った。

     また安倍首相とプーチン大統領は「 日ソ共同宣言を基礎に平和条約を勧めよう 」でも合意している。

     日ソ共同宣言(1956)では、両国が平和条約を締結すると同時に歯舞と色丹の二島を返還することになっている。

     同条約を基礎とするなら二島返還であって、四島を条件にすることは批准された条約に反する。

     プーチン大統領が言う「 前提条件を抜きにして 」を日本のマスコミは「 領土問題を抜きにして 」と報道しているがとんだ間違い。

     安倍首相も菅官房長官も公式には絶対に言えないことだが、安倍首相が繰り返して言う対露指針「 新しいアプローチ 」とは
     子供の世界でも国際社会でも常識の「 仲直りをしてから取られたものを返してもらう 」である。

     プーチン大統領は、安倍首相が国民に新しいアプローチの本音が言えないことを十分理解している。
     だからプーチンの言う「 前提条件 」とは日本の世論となっている「 領土が先 」ではない。

     日ソ共同宣言締結の年(1956年)「 松本・グロムイコ書簡 」が交わされ「 二島の返還実行時には日本から外国軍隊が撤退している必要がある 」とされている。

     日ソ共同宣言の前の1951年に日米安保が締結され、事実上日本は米軍の占領下だから二島の主権が日本に帰属すれば、二島は冷戦の敵国米軍の指揮下になる。

     前提条件とは「 在日米軍の撤退 」である。

     プーチンはこの「 重大な前提条件抜きで 」と言っているのである。

     と言うことは1対1のトランプ・安倍会談で「 ある合意 」があるからである。
     7月16日ヘルシンキでの1対1のトランプ・プーチン密談で日本とロシアのことが話された事実を確認している。

     安倍首相は洗脳された国民、プーチン大統領も政敵が背後にいる。
     日露平和条約は、表向きは「 北方四島返還が前提 」と言いながら、世界の常識は日本の非常識のままプーチン大統領と安倍首相の任期内に締結されるだろう。

     今年もまた「 時事直言 」の協賛金をお願いする時が来ました。
     協賛して頂いた全員に特別レポート:「 トランプ大統領の本音と建前 」を贈呈します。

                                 nueq


    貼り付け終わり、



    *だ、そうでーす!






    関連記事
    以上は「タマちゃんの暇つぶし」より
    北方領土の返還はアメリカがOKしない限りできません。安倍政権でトランプ氏のOKが出るとは思いません。小沢政権ならOKです。                   以上

    日本でも広がる軍事と経済の矛盾(その1)

    日本でも広がる軍事と経済の矛盾(その1)       

    カテゴリ:カテゴリ未分類    

     安倍晋三首相は11月中旬、シンガポールで開催される東アジアサミットに合わせてロシアのウラジミル・プーチン大統領と会談すると伝えられている。

     今年(2018年)10月26日に安倍は中国で李克強首相や習近平主席と会談したが、その際に約1000人の財界代表団が帯同、180億ドルの商談がまとまり、通貨交換(スワップ)協定の再開でも合意したという。その直後に安倍首相は東京でインドのナレンドラ・モディ首相と会い、今年9月にはプーチン大統領と会っている。

     プーチン政権は2015年からウラジオストックで毎年9月、EEF(東方経済フォーラム)を開催している。今年は9月11日から13日にかけて開かれた。韓国の文在寅政権はロシアとの連携を強めてきたが、このフォーラムでも実績を残している。韓国が自分たちの承認なしに何かすることはないとドナルド・トランプ米大統領は議会で語ったようだが、そうした状況にはない。

     しかし、日本はそうした状況にある。EEFで安倍首相(日本の官僚)が示したのはほかの参加国と違い、陳腐で安上がりな代物。経済力や技術力が低下している現実を理解できていないようだ。しかも安倍首相はロシアとの平和条約を締結しようというプーチン大統領の提案に対応できなかった。この問題に回答するためにはアメリカの支配層に「お伺い」を立てる必要があるからだ。

     アメリカの支配層に従属、その手先になることで地位と収入を約束されている政治家や官僚、その周辺にいる学者やマスコミ関係者はアメリカ信仰という妄想の中で生きているようだが、大企業の経営者たちは違うのだろう。現実を見ている。(つづく)

    ​    


    以上は「櫻井ジャーナル」より
    安倍政権には政策の一貫性がありません。哲学がないから何でもありになります。矛盾した政策をやっても自覚がないのです。これで良く政権が続くものです。他にいないからです。要は人材不足です。                               以上

    避難解除で帰還も…国連特別報告者「福島に子供帰すな」 (日刊ゲンダイ)

    ★阿修羅♪  > 原発・フッ素50 > 470.html      ★阿修羅♪            

       
       
    避難解除で帰還も…国連特別報告者「福島に子供帰すな」 (日刊ゲンダイ)
    http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/470.html

    投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 10 月 26 日 21:36:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU 

     
     
       

       

             

    避難解除で帰還も…国連特別報告者「福島に子供帰すな」
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/240371
    2018/10/26 日刊ゲンダイ


    甲状腺検査を受けに行く子供たち(C)共同通信社

     東京電力の福島原発事故で避難していた住民の帰還が進む中、国連人権理事会(スイス・ジュネーブ)で有害物質の管理・処分を担当するトゥンジャク特別報告者が25日、これに“待った”をかける声明を発表した。

     日本政府は避難指示解除について、放射線被ばく線量が年間20ミリシーベルト以下を条件のひとつとしているが、トゥンジャク氏は事故前に安全とされていた年間1ミリシーベルト以下が適切と指摘。日本政府には「子供の被ばくを最小限にする義務がある」と訴え、出産年齢の女性についても同様の対応を求めた。

     ジュネーブの日本政府代表部は「風評被害につながりかねず遺憾だ」と反発している。

     トゥンジャク氏ら人権理事会の専門家3人は8月には「放射能の除染作業員ら数万人が被ばくの危機にさらされている」と警告を発した。



    子供や女性は帰還しないで 国連の声明に政府は懸念
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181026-00000019-ann-int
    10/26(金) 10:30配信 ANN


    動画→https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181026-00000019-ann-int







     福島の原発事故を巡って国連人権理事会は、放射線量が高い地域への子どもや女性の帰還をやめるよう日本に求める声明を発表しました。

     国連人権理事会・トゥンジャク特別報告者:「我々は今後、福島で生まれ育つかもしれない子どもたちの健康について特に心配している」

     国連人権理事会の特別報告者は25日、福島第一原発の事故の後、日本政府が避難指示の解除要件の一つにしている「年間20ミリシーベルト以下」という被ばく線量について、事故の前に安全とされていた「年間1ミリシーベルト以下」にすべきだと述べました。そのうえで、子どもや出産年齢の女性について、年間1ミリシーベルトを超える地域への帰還をやめるよう日本政府に要請しました。これに対して日本は、「帰還は強制しておらず、放射線量の基準は国際放射線防護委員会の勧告に基づくものだ」と反論しました。また、「不正確な情報に基づいた声明が発表されることで、被災地の風評被害が助長されかねない」として懸念を示しました。

    子供や女性は帰還しないで 国連の声明に政府は懸念 https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000139375.html 揃いの などは、福島第一原発事故を「無かった事」にしようと、住民の強制帰還を推進しているが、国連人権理の特別報告者が子どもや女性の「帰還」を控えるよう声明を出した事は重要だ!

    【悲報】日本政府、国連人権委員会の『年間20mSv以下の場所に子ども、出産年齢の女性を帰還させてはならない』という勧告に、またしても『反発』ー😖

    子供や女性は帰還しないで 国連の声明に地元は懸念(18/10/26)
    https://youtu.be/pGFErF0Aocc  via @YouTube

    確かに、事故が起きたからって、公衆被ばくの基準を書き換えちゃうのは不当だよね。本来、それを超える地域については、補償つきで移転する権利が与えられるべきだろう。 / “子供や女性は帰還しないで 国連の声明に政府は懸念(テレビ朝日系…” http://htn.to/C8HCemZUs 

    国連特別報告者は日本の子供達や女性の健康を懸念しているのに、日本政府は風評被害の助長を懸念している。どちらが福島県民の立場に立って考えているかは、言うまでもあるまい。
    【子供や女性は帰還しないで 国連の声明に政府は懸念】 https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000139375.html?fbclid=IwAR0kR6cfmNEo34PeUjekWACTKSiiEEBCU71k-JODwp6BSThCsji1iGdvrdg

    後藤健二、湯川遥菜、安田純平と見捨てるわ、北朝鮮の拉致被害者では金正恩と話さないわ、ついに棄民策の最前線、福島の帰還策に対して、国連が不安を表明。どこまで無能冷酷で幼稚な政権だろうね。これほど日本人嫌いのトップはいなかったよ。https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181026-00000019-ann-int

    国際的常識ってものが日本では通じない。人権が守られない国。どうしても帰還させたいなら、まず「国会を帰還要請地域で開催」してからにしろよ。→ 子供や女性は帰還しないで 国連の声明に政府は懸念(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181026-00000019-ann-int @YahooNewsTopics

    「フクシマに子供返すな」【国連特別報告者が〝待った〟】ジュネーブ日本代表部は反発 日本政府は避難指示解除について、放射線被ばく線量が年間20ミリシーベルト以下を条件のひとつとしているが、トゥンジャック氏は事故前に安全とされていた1ミリシーベルト以下が適切と指摘(日刊ゲンダイ)