カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« NASA、火星の土壌からロケットエンジン獲得へ【動画】 | トップページ | 貧乏人は下水の水を汲んで飲めばいい »

2018年12月31日 (月)

★ 江戸時代からペニシリンを使ってた?

★ 江戸時代からペニシリンを使ってた?

江戸時代のブラックジャック < newsNueq-1627 >より転載します。
貼りつけ開始

Jappaan
江戸時代からペニシリンを使ってた?
医師「足立休哲」はまさにお江戸のブラックジャック!

----------------------------------------------------------
https://mag.japaaan.com/archives/84628
2018/11/02

 ペニシリンは、1928年にイギリスのアレクサンダー・フレミングによって
 発見された世界初の抗生物質。
 1942年に欧米で実用化に成功し、第二次世界大戦中に多くの負傷者を救ったことから
「20世紀最大の発見」ともいわれています。

 日本でも「碧素」(へきそ)という名前で1945年に実用化に成功しています。

 フレミングがペニシリンを発見するに至った経緯について、
 彼がブドウ球菌を培養中にカビの胞子がペトリ皿に落ち、
 カビの周囲のブドウ球菌が溶解しているのに気づいたことがきっかけだったそうですが、
 フレミングよりもずっと前に、それも江戸時代の日本で、
 ペニシリンのような薬を使って治療していた医者がいます。

 医者の名前は足立休哲(あだちきゅうてつ)
 1660年、徳島生まれ。
 やがて江戸の青梅・森下に移り住み、そこで開業医として活躍していました。
 大変な名医として知られ、金持ちには高額の医療費を請求し、
 貧乏人には無料で診察をしたのだとか。

 次のような逸話が残されています。

 あるとき、北島五兵衛という金持ち商人がひどい病気にかかり重体となりました。
 休哲が彼を治療したところ、無事に回復。
 その後、北島家の番頭が謝礼として五両を差し出すと、
 休哲先生は「御主人の命がたったの五両ですかい」といいました。
 番頭はおそるおそる治療費を聞くと、
「まあ、この10倍ほどでしょうな」とすましていったのだとか。
 北島家は五十両を支払い、休哲はこの五十両を貧しい人に与えたと伝わります。

 当時300万の311-Xの支払いを嫌がった後、500万の車を購入後、
   癌の悪化で病院で数百万の暴利を貪られた挙げ句に移死に殺された人もいる。

 まさに江戸時代版ブラック・ジャックといったところでしょうか。


 さて、それほど腕の良さが評判だった休哲ですが、
 彼が治療の際に使っていたといわれるのが秘伝の薬。
 その入手先はもちろん、製法も明らかにされていませんでした。

 ところが、あるとき彼の女中の一人が、台所の床下からカメの中から
 休哲が何かを取り出しているのを目撃します。
 女中がカメの中を確かめると、そのなかにあったのは青カビだったのだとか。

 休哲はどこで青カビの効用に気が付いたのでしょうか。
 それがわかる記録はいまのところのこされていません。

 休哲は特に耳の病気を治すことで有名でした。
 1752年に93歳で亡くなりますが、彼の死後、
 村人によって小さな祠が建てられ、神格化されました。
 今でもその祠は残っており、「キュウテツサマ」といわれ
 眼と耳の病のご利益のある神様として信仰されています。
(所在地:東京都青梅市森下町443周辺)

  キュウテツサマ
  https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2018/10/kyutetusama.png
https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2018/10/kyutetusama.png


 < 以下略 >


                               nueq


貼り付終わり、ニュークさん解説。



華岡 青洲(はなおか せいしゅう、宝暦10年10月23日(1760年11月30日) - 天保6年10月2日(1835年11月21日))は、江戸時代の外科医。記録に残るものとして、世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳癌手術)を成功させた。

・日本の先人は素晴らしい(=・ω・=)にゃ~♥
以上は「タマちゃんの暇つぶし」より
日本にも優秀な医者がいたのです。            以上

« NASA、火星の土壌からロケットエンジン獲得へ【動画】 | トップページ | 貧乏人は下水の水を汲んで飲めばいい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★ 江戸時代からペニシリンを使ってた?:

« NASA、火星の土壌からロケットエンジン獲得へ【動画】 | トップページ | 貧乏人は下水の水を汲んで飲めばいい »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ