カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« これまで誰も体系的に触れられかった聖域「抗うつ剤の離脱作用の激しさと、飛び抜けた有害性の現実」が国際的な研究によって明らかに | トップページ | 【真実】がことごとく隠蔽される今、”日本人全員が見ておかなければならない”動画「原子力に悩む大国 アメリカ」 »

2018年12月 6日 (木)

★トランプIFN条約の破棄:唐変木日本政府は「核軍縮に逆行する動きは歓迎できない」と声明

★トランプIFN条約の破棄:唐変木日本政府は「核軍縮に逆行する動きは歓迎できない」と声明

宮崎正弘さんの国際ニュース・早読み <<新卒860万人、中国の大学卒業予定者の「就活戦線」に異常あり2018/11/05より転載します。
貼りつけ開始

http://melma.com/backnumber_45206_6753517/
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)トランプ政権がINF条約を破棄し、それを伝えたボルトンのクレムリン訪問でも、プーチンは「あ、そう」と軽くあしらって、まるで重視していませんでした。INF条約破棄は、中国のミサイル防御のための、極東の安全をたかめるものであって、日本としては歓迎すべき動きなのではありませんか?
   (TY生、杉並区)
 

(宮崎正弘のコメント)嘗てドイツに「反核運動」があって「死よりも赤がよい」と座り込んで米軍パーシング?の配備に反対した極左集団がありました。

しかしドイツの国防認識では、ロシアのSS20配備に対抗できるのはパーシング?の配備しかなかった。それでロシア(当時はソ連ですが)はすごすごと引き下がった。

こんかいのトランプの決断はIFN条約の破棄です。

中距離核戦力廃棄条約(IFN)は、500キロから5500キロの核弾頭ミサイルを「生産しない。配備しない」という規則で、米ソが合意した。しかし米国は、ロシアが条約に違反して「NAVOTOR9M729」(移動式ランチャーから発射できる小型の地対空ミサイル。核弾頭搭載)を配備したと非難し、条約破棄を通告しました。

トランプの本当の狙いは何か
この条約に加盟していない中国が中距離核弾頭を量産し、台湾、日本ばかりかグアム、ハワイと射程としてすでに配備している。
対抗する日本の防備が「パトリオット・ミサイルシステム」、そして配備予定の「イージス・アショア」ですが、これはあくまで迎撃システムです。なにしろ専守防衛なので、攻撃兵器は何一つ保有しないのが日本です。

 地域のパワー・バランスにおいて、中国優位がいまの現状でしょう。米国は同盟国を守るために中距離核戦力の再配備を狙い、ですから一番慌てているのは中国です。

 ところが唐変木日本政府は「核軍縮に逆行する動きは歓迎できない」と声明する始末。まったく安全保障を理解していないのですね。

軍事音痴が永田町、霞ヶ関と市ヶ谷台(防衛省幹部ら)のあたまのなかにあるとすれば、そのほうも由々しき事態でしょう。


貼り付け終わり、


*2000年から2026年には日本から米軍は撤退することが決まっているが、
・戦略が読めない唐変木日本政府に日本国土&国民を守れるのか・・・???

・ニューカレドニアの如く、巧妙に官民ぐるみで宗主国に縋りつくのか猫w
宮崎正弘の国際ニュース・早読み <<ニュー・カレドニア住民は「独立」に反対票を投じた
2018/11/05 http://melma.com/backnumber_45206_6753436/






関連記事

安倍政権の政策は矛盾だらけです。安倍政権が自ら核兵器を保有しようと必死です。嘘に嘘を重ねながら核武装しようと必死なのです。       以上

  •  

« これまで誰も体系的に触れられかった聖域「抗うつ剤の離脱作用の激しさと、飛び抜けた有害性の現実」が国際的な研究によって明らかに | トップページ | 【真実】がことごとく隠蔽される今、”日本人全員が見ておかなければならない”動画「原子力に悩む大国 アメリカ」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これまで誰も体系的に触れられかった聖域「抗うつ剤の離脱作用の激しさと、飛び抜けた有害性の現実」が国際的な研究によって明らかに | トップページ | 【真実】がことごとく隠蔽される今、”日本人全員が見ておかなければならない”動画「原子力に悩む大国 アメリカ」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ