カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« インドネシアのジャワ島で巨大竜巻が人口100万人の都市を直撃し、「数分間で800軒以上」の家屋を破壊 | トップページ | 神社の金集め<本澤二郎の「日本の風景」(3121 »

2018年12月14日 (金)

◆ トランプの敗北 (その2/3) ◆

 トランプの敗北 (その2) 
━━━━━━━━━━

フィリップ・ゴードンが「トランプ流外交の悪夢 ──
外交と「取引」の間」を書いている。
メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』では前回も採り上げ
たので、今回は2回目になる。


(フィリップ・ゴードンは、米外交問題評議会シニアフ
ェロー(アメリカ外交担当)。
オバマ政権の米国務次官(ヨーロッパ・ユーラシア担
当)、ホワイトハウス調整官(中東担当)などを経て現
職)


わたしの予測では、今後、トランプを巡る評価はますま
す激しい論争を生む筈である。


公平を期すために最初にかれの業績を述べておきたい。


まず、トランプはヒラリーに米大統領選で勝つことで、
第三次世界大戦を遠ざけた。
これは喉元過ぎれば熱さを忘れるで、もう誰も振り返ら
ないが、先の米大統領選は、「ヒラリーでなければ誰で
もよい」とまでいわれた選挙だった。
ヒラリーは、ウオール街、イスラエル、ネオコン、軍産
複合体の利権代弁者であり、その中央の歯車だった。
しかし、巧妙にポリティカル・コレクトネスを駆使して
マイノリティの味方を装っていた。
そのダブルスタンダードのエリート主義は、口ではISIS
攻撃を叫びながら、裏では戦争からの収益を見込んで
ISIS
を育てていた。


また、トランプが、プーチンとの良好な関係を築いたこ
とも、さらに朝鮮半島の平和の動きを後押ししたこと
も、かれの業績である。
このことは公平さを期すために最初に述べておく。


日本でのトランプ嫌悪感は、アホぼん三世によって倍増
されている。
アホぼん三世が卑屈にトランプの靴をなめ、それをトラ
ンプが足蹴にするものだから、両方を嫌っている向きは
多い。


フィリップ・ゴードンは書いている。


「<「アメリカの富を盗んでいる」>

トランプの言う、交渉スキルの高さが物を言うはずの貿
易政策を考えてみよう。
貿易赤字は「アメリカの富を盗んでいる諸国にわれわれ
が敗れつつあることを意味する」とトランプは信じてい
るようだ。
この間違った見方は、アメリカが二国間貿易赤字を計上
しているとすれば、米消費者やメーカーが外国にカネを
支払っているだけでなく、「自分たちが望む財とサービ
スをベストプライスで手にしていること」を見過ごして
いる。


(中略)


「貿易戦争に勝つのは簡単だ」と彼が発言したことは有
名だが、これまでのところ、アメリカは敗れつつある。
すでに、アメリカの輸入業者は、中国製の洗濯機、ソー
ラーパネル、缶製品、家電、玩具、半導体、多様なスペ
アパーツの輸入に関税を支払っている。
輸入業者は関税引き上げ分を消費者やメーカーへの価格
に転嫁することが多いために、多くの製品の価格が高く
なるだろう。
すでにこの現象は安価なアルミニウムと鉄鋼に依存して
きたセクターで現実となっている。


予想通り、アメリカの圧力を前にした中国が、知的財産
の窃盗を抑えることもなければ、市民により多くのアメ
リカ製品を買うように促すこともなかった。
むしろ、トウモロコシ、大豆、小麦などの米農産品の輸
入関税を引き上げて、報復措置をとった。
アメリカの農業部門にはすでにかなりのダメージが出て
いる。
7
月には、米農産品の輸出価格はこの6年間で最大の下落
をみせた。
対立状況が続き、中国の輸入業者が、ブラジルなどから
の新しい農産品輸入を信頼できると判断すれば、米農産
品価格はさらに低下する。
トランプ政権がアメリカの農家に120億ドルを緊急補助
金として投入せざるを得ないほどに、状況は深刻になっ
ている。


(中略)


一方で、鉄鋼とアルミニウム輸入に対するアメリカの関
税は依然として適用されているし、ヨーロッパ車への輸
入関税という牽制策も撤回されていない。
これまでのところ、トランプの戦略によってアメリカの
輸出は減少し、ヨーロッパからの輸入品価格が上昇し、
世界最大の貿易・投資関係が危機にさらされている。
よい取引どころか、サプライチェーンを混乱させ、米企
業は生産ラインを外国に移し、新合意は抑えこまれ、株
式市場や将来の成長への足かせが作り出されている。
関税引き上げによって、新しい貿易合意がまとまるとい
うトランプの主張にもかかわらず、これまでのところ、
貿易合意など一つも成立していない」(『Foreign
Affairs Report
2018 NO.10

(引用終わり)


(「その3」に続く)



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
              岡本かの子


みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』


(
無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc


ブログ「兵頭に訊こう」
http://m-hyodo.com/


以上は「兵頭に訊こう」より

« インドネシアのジャワ島で巨大竜巻が人口100万人の都市を直撃し、「数分間で800軒以上」の家屋を破壊 | トップページ | 神社の金集め<本澤二郎の「日本の風景」(3121 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆ トランプの敗北 (その2/3) ◆:

« インドネシアのジャワ島で巨大竜巻が人口100万人の都市を直撃し、「数分間で800軒以上」の家屋を破壊 | トップページ | 神社の金集め<本澤二郎の「日本の風景」(3121 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ