カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« メキシコ便り(24):南アメリカからのキャラバン移民集団の事情 | トップページ | 中国のウィグル問題 - 言及されない側面 »

2018年12月15日 (土)

 トランプの敗北 (その3/3) ◆

 トランプの敗北 (その3) 
━━━━━━━━━━

トランプは、米国の貿易赤字が「アメリカの富を盗んで
いる諸国にわれわれが敗れつつあることを意味する」と
考えている。
これは被害者意識ではない。
いかにも米国的な傲慢さの裏返しである。
こんなことを考える首脳は、世界でトランプだけだ。
誰でも自国製品より外国製品が売れたら、質の敗北を考
える。


敵視された中心の国は、中国と日本である。
貿易で、ましてや米国との貿易で、米国の消費者を何十
年もだまして米国の国富を盗み続けることなどどの国に
もできないことだ。
米国の消費者は、より安く、より優れた商品をかい求め
ているだけだ。
それがたまたま中国製品であったり、日本製品やカナダ
製品であったりする。


それに打ち勝つには、米国の製造業を立て直さねばなら
ない。
それをやらずに関税を高くしたり、政治的交渉で米国製
商品を買わせようとしても無理だろう。


「「貿易戦争に勝つのは簡単だ」と彼が発言したことは
有名だが、これまでのところ、アメリカは敗れつつあ
る」。
結局、米国の輸入業者は、「中国製の洗濯機、ソーラー
パネル、缶製品、家電、玩具、半導体、多様なスペアパ
ーツの輸入に関税を支払っている」。
これは価格の高騰になって米国の消費者を直撃する。
自縄自縛に陥ったわけだ。


中国が、「トウモロコシ、大豆、小麦などの米農産品の
輸入関税を引き上げて、報復措置をとった。
アメリカの農業部門にはすでにかなりのダメージが出て
いる。
7
月には、米農産品の輸出価格はこの6年間で最大の下落
をみせた」。
その分の煽りを食らったのが、アホぼん三世の日本であ
る。


アホぼん三世は車への高関税をちらつかされると、震え
上がり、すぐに白旗を揚げた。
その結果、中国が輸入制限する大豆やトウモロコシなど
が日本に購入を強制されたのである。
日本が受ける打撃は2兆円規模との試算がある。


生後30か月超となっている牛のBSE検査撤廃や、ポスト
ハーベスト農薬(防カビ剤)の食品添加物としての表記
撤廃も入ってくる。
表記撤廃とは、そのまま入ってくるということだ。
結局、トランプの政策失敗を、日本国民が穴埋めするこ
とになる。


トランプも、最初からこんな手を使おうとは思わなかっ
ただろう。
しかし、アホぼん三世が何でもいうことを聞く。
それで日本の嫌われ者になってしまったのである。


トランプがやるべきは、高関税や脅しを使った弥縫策
(びほうさく)ではなく、本格的な戦略に基づいた米国
製造業の立て直しであろう。
アホぼん三世のような存在は、立て直しを遅らせるだけ
の獅子身中の虫であることに気付かなければならない。



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
              岡本かの子


みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』


(
無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc


ブログ「兵頭に訊こう」
http://m-hyodo.com/


E-Mail
novel@muf.biglobe.ne.jp


発行人 :兵頭正俊

以上は「兵頭に訊こう」より

« メキシコ便り(24):南アメリカからのキャラバン移民集団の事情 | トップページ | 中国のウィグル問題 - 言及されない側面 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  トランプの敗北 (その3/3) ◆:

« メキシコ便り(24):南アメリカからのキャラバン移民集団の事情 | トップページ | 中国のウィグル問題 - 言及されない側面 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ