カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国のムニューシン財務長官、日米通商協定に為替条項の導入を求める意向を示唆 〜 あべぴょんがこれを受け入れると日本経済は壊滅!日本沈没!! | トップページ | ボーッと生きている「ぼんやり日本人」の末路(2/3) »

2018年12月 2日 (日)

日本外務省の北方領土返還の主流は、「4島一括返還論」である。安倍晋三首相の「2島先行返還論」には、プーチン大統領の狡猾な陰謀を許してしまう危うさがある。

日本外務省の北方領土返還の主流は、「4島一括返還論」である。

安倍晋三首相の「2島先行返還論」には、プーチン大統領の狡猾な

陰謀を許してしまう危うさがある。

◆〔特別情報1〕
 日本の最北端にある稚内-ロシア連邦のサハリンを結ぶ架橋・海底トンネル建設構想

がある。これについて、日本国内には、「ロシア軍が、架橋・海底トンネルを通って、突然、

電撃的に侵攻してきたらどうするか」という懸念がある。ソ連軍が1945年8月9日、日ソ

不可侵条約を破棄して、満州に侵攻、北海道侵略を目指して、海から猛攻撃を仕掛けて、

北方領土4島を奪い取ったという「悪夢」は、未だにトラウマになっている。この状況下、

日本国内には、北方領土返還をめぐり、「2島返還論」「2島返還+α論」「2島先行返還、

後に2島返還論」「4島一括返還論」が渦巻いている。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

安倍政権は騙されてお仕舞になりそうです。期待薄です。      以上

« 米国のムニューシン財務長官、日米通商協定に為替条項の導入を求める意向を示唆 〜 あべぴょんがこれを受け入れると日本経済は壊滅!日本沈没!! | トップページ | ボーッと生きている「ぼんやり日本人」の末路(2/3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国のムニューシン財務長官、日米通商協定に為替条項の導入を求める意向を示唆 〜 あべぴょんがこれを受け入れると日本経済は壊滅!日本沈没!! | トップページ | ボーッと生きている「ぼんやり日本人」の末路(2/3) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ