以下はフランスで出回っている風刺画だそうです。フランス語はわかりませんが、大体、こんな意味だと思います。間違っていたらすみません。。。
マクロン大統領は多くのフランス国民に嫌われています。そんな中、フランス政府が所有するルノーのゴーンが逮捕されたため、これ以上支持率を下げたくないマクロンはフランス・メディアに「ルノーは悪くない、ゴーンは悪くない」と派手に報道させ日産を悪者にしようとしています。フランスの財政やルノーの雇用を維持するためにも日本の日産から大金をもらい続ける必要があるのでしょう。
マクロンはイルミ側ですのでどうなっても構いませんから、日産の株を買い戻ししてルノーの日産支配を即刻止めさせるべきです。そうすればフランス国民が望んでいるマクロン失脚が実現できますし。。。
それにしても今、パリは大変なことになっています。大量のイスラム系不法移民で既に治安が悪くなっている中で、市民による激しい暴動が起きています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いかの現在、パリでは、以下のビデオ記事の通り、3万人の市民による大規模な反マクロン政権の抗議デモ(暴動)が起きています。
ビデオ情報によると:
マクロン大統領はフランス国民に対して(ねつ造の)温暖化の原因となっているガソリンよりも自然エネルギーにシフトさせるためにガソリンの値上げを行いました。アメリカでも同じ事が起きています。そのため多くの市民が激怒し抗議デモ(暴動)をはじめました。多くの市民がマクロン大統領を辞任させたいのです。実際、マクロン大統領の支持率はかなり低くなっています。フランスの人々も支配層による様々な嘘に嫌気がさしているのだと思います。フランス国民の73%がこのデモを支持しています。フランス国民は温暖化の嘘による規制強化とガソリンの値上げに激怒しているのです。彼らはこれ以上我慢できないということです。

https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3648746.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<フランスのメディア・・・ゴーン・スキャンダルに関する風刺画>
弁護士もパリのデモ隊に取り囲まれています。

http://totalwar.doorblog.jp/archives/52738023.html

弁護士さん、私をここから出して!           どれどれ何ができるか調べてしましょう。