カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「体罰が法律で完全に禁止されている国は、暴力自体が少ない社会になる」というカナダの大学の論文についての報道から私たち日本人は違和感を感じなければいけないと思う理由 | トップページ | 心臓首相!どうする?(中)<本澤二郎の「日本の風景」(3117) »

2018年12月10日 (月)

イスラエル警察、ネタニヤフ首相夫婦の汚職疑惑で起訴勧告

ネタニヤフ首相

イスラエル警察、ネタニヤフ首相夫婦の汚職疑惑で起訴勧告

©                     REUTERS / Amir Cohen
中東
短縮 URL

イスラエル警察は、同国ネタニヤフ首相と妻サラ氏と同国通信最大手「ベゼック」幹部との関係を捜査した結果、疑惑を巡って2人を起訴するよう勧告すると発表した。

スプートニク日本

捜査当局は、ベゼック子会社が人気ニュースサイト「Walla」でネタニヤフ首相に好意的な記事を流す代わりに、ベゼックの利益を追求していたとする証拠が見つかったと主張する。

「証拠基盤は、首相、そしてその近しい周囲と(ベゼック主要株主)シャウル・エロビッチ氏の関係が汚職の性格を帯びていることを証拠立てている」

関連ニュース

FIFA汚職事件 元FIFA副会長に禁錮9年の判決

米上院議員、ロシア人がインターポール総裁に選出されるのを阻止するよう呼びかける

以上は「sputnik」より

起訴されて有罪になれば逮捕されるでしょう。極悪人3人の内これで2人が消されます。残るは安倍だけです。マケインも頭の脳腫瘍でなくなったとされていますが真相は軍事裁判で有罪となり射殺されています。ネタニヤフも安倍も死刑が相当です。  以上

« 「体罰が法律で完全に禁止されている国は、暴力自体が少ない社会になる」というカナダの大学の論文についての報道から私たち日本人は違和感を感じなければいけないと思う理由 | トップページ | 心臓首相!どうする?(中)<本澤二郎の「日本の風景」(3117) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラエル警察、ネタニヤフ首相夫婦の汚職疑惑で起訴勧告:

« 「体罰が法律で完全に禁止されている国は、暴力自体が少ない社会になる」というカナダの大学の論文についての報道から私たち日本人は違和感を感じなければいけないと思う理由 | トップページ | 心臓首相!どうする?(中)<本澤二郎の「日本の風景」(3117) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ