カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ロンドン・シティ、バチカン・シティ、ワシントンDC | トップページ | ★世界は何故民主国家を目指すのか »

2018年12月30日 (日)

新機軸派」は、日本で「11月政変」を起こさせて、2018年中に政権交代させる予定だったが、マクロン大統領が反旗を翻したため、予定が狂ってしまった

「新機軸派」は、日本で「11月政変」を起こさせて、2018年中に政権交代

させる予定だったが、マクロン大統領が反旗を翻したため、予定が狂って

しまった

◆〔特別情報1〕
 アルゼチンG20首脳会議(11月30日~12月1日)後、「新機軸派」が12月4日から

「反機軸派」に対する逆襲、つまり政権打倒を工作している。「反新機軸派」とは、

フランスのマクロン大統領、カナダのトルドー首相、英国のメイ首相、インドのモディ首相の

4人、それと安倍晋三首相・麻生太郎副総理兼財務相である。要は、「新機軸派」がFRB

(国際通貨基金)を潰して通貨制度を根本的に変えようとしているのに対して、

フランス・パリのダヴッド・ロスチャイルドが、スコットランド、スイスのロスチャイルドと一緒に

なり、反旗を翻した。その傀儡がマクロン大統領だった。マクロン大統領は、「新機軸派」を

潰すためにいろんな人に声を掛け、これに対して安倍晋三首相は、八方美人的に

「あぁ、そうですか。言われたとおり従います」と言い、そうかと思えば、「新機軸派」の

トランプ大統領にも「わかりました。言われたとおりにします」、プーチン大統領に言われれ

ば、同じように「はい、そうします」と答えて、日本の国益そっちのけでやってきた。

「ただのバカ、ワーム(虫)」と見られている。「新機軸派」は、日本で「11月政変」を起こさせて、

2018年中に政権交代させる予定だったが、マクロン大統領が反旗を翻したため、

予定が狂ってしまった。優先順位として、「ワームの日本」を後回しにしたという。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

マクロンやメルケル等を辞任させて、安倍政権も退陣させることは良いことです。安倍政権を一刻も早く退陣させてもらいたいものです。                      以上

« ロンドン・シティ、バチカン・シティ、ワシントンDC | トップページ | ★世界は何故民主国家を目指すのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン・シティ、バチカン・シティ、ワシントンDC | トップページ | ★世界は何故民主国家を目指すのか »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ