カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ロンドン・シティ、バチカン・シティ、ワシントンDC | トップページ | ★世界は何故民主国家を目指すのか »

2018年12月30日 (日)

小沢一郎代表は、安倍晋三首相が推進している「原発再稼動・原発新設・海外輸出政策」に強く反対して対決姿勢を強めて、「政権交代」の主要テーマの中心に掲げて闘っている。

小沢一郎代表は、安倍晋三首相が推進している「原発再稼動・原発新設・

海外輸出政策」に強く反対して対決姿勢を強めて、「政権交代」の

主要テーマの中心に掲げて闘っている。

◆〔特別情報1〕
 世界は、恒久の平和と繁栄の実現をめざす「新機軸派」(天皇陛下を戴く

「ゴールトン・ファミリーズ・グループ」VS「反新機軸派」(「黒い貴族」金融マフィア、

麻薬マフィア、武器マフィア、原発マフィアに仕えるダヴィド・ロスチャイルド財閥、

エリザベス女王、安倍晋三首相・麻生太郎副総理兼財務相など)の壮絶な最終戦争

状態にある。「新機軸派」は、「第3次世界大戦回避・全世界の原発440基廃炉・

地球環境改善・AIの産業化」を目指しているのに対して、「反新機軸派」は、戦争経済や

原発推進で巨利を得ようとしている。天皇陛下を補佐している小沢一郎代表は、

安倍晋三首相が推進している「原発再稼動・原発新設・海外輸出政策」に強く反対して

対決姿勢を強めており、「政権交代」の主要テーマの中心に掲げて闘っている。

小沢一郎代表は最近、東京都内某所で行われた支持者との会合で「原発ゼロ政策」

について自らの見解を以下のように明らかにしている。

以上は「板垣英憲ブログ」より

これで野党が一つになって戦えば勝つでしょう。但し、ムサシを使わせないことが重要です。以上

« ロンドン・シティ、バチカン・シティ、ワシントンDC | トップページ | ★世界は何故民主国家を目指すのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン・シティ、バチカン・シティ、ワシントンDC | トップページ | ★世界は何故民主国家を目指すのか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ