カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 超富豪による支配は暴政か革命 | トップページ | 「最強教団」創価学会の焦燥、進む内部崩壊の実態(6/6) »

2018年12月22日 (土)

株式会社産業革新投資機構の失敗は、経団連と全国銀行協会の経産省に対するクーデターで、背景に米中貿易摩擦・戦争があり、安倍晋三首相の政権基盤を根底から揺るがしている

株式会社産業革新投資機構の失敗は、経団連と全国銀行協会の経産省に

対するクーデターで、背景に米中貿易摩擦・戦争があり、安倍晋三首相の

政権基盤を根底から揺るがしている

◆〔特別情報1〕
「株式会社産業革新投資機構の失敗はデカい。あれは、経団連と全国銀行協会の

経産省に対するクーデターだ。背景には、米中貿易摩擦・戦争がある。経済産業省の

ダメージは大きい。安倍晋三首相のバックグラウンドであるだけに、政権基盤を根底から

揺るがしている」-天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の率直なコメントである。

産業革新投資機構の源流は、基盤技術開発促進センター(1985年施行の基盤技術

円滑法に基づき,民間資金を集めて同年 10月に特別認可法人として設立)。その後、

産業革新機構になり、産業革新投資機構という「日本国のファンド」になった。反旗を

翻したのは、三菱UFJ副頭取を務めた田中正明社長で、民間出身の役員9人が辞任、

官僚出身の2人のみとなった。役員報酬について、もともと経産省が示した報酬案を

踏まえて取締役会決議などの機関決定をしたにもかかわらず、「経産省が一方的に

白紙撤回したことによる信頼関係の毀損行為が、9人全員の辞任の根本原因」と

辞任理由を語ったという。以下、吉備太秦は解説する。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

安倍政権の経済運営に危機感があるのです。一刻も早く政権交代せぬと本当に日本が危ないのです。                                  以上

« 超富豪による支配は暴政か革命 | トップページ | 「最強教団」創価学会の焦燥、進む内部崩壊の実態(6/6) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超富豪による支配は暴政か革命 | トップページ | 「最強教団」創価学会の焦燥、進む内部崩壊の実態(6/6) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ