カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 田中龍作氏「フランスは革命の様相を帯びてきた」 ~反グローバリズムのうねりが、これからヨーロッパ中に広がる可能性~ | トップページ | 「最強教団」創価学会の焦燥、進む内部崩壊の実態(5/6) »

2018年12月21日 (金)

東京地検特捜部、ゴーン前会長を再逮捕

日産のカルロス・ゴーン前会長(アーカイブ写真)

東京地検特捜部、ゴーン前会長を再逮捕

©                     AFP 2018 / Eric Piermont
日本
短縮 URL
日産ゴーン事件                 (25)            
                                             0                                                                              0                                                                      0                                 

東京地検特捜部は21日、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者を会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

容疑は、2008年10月ごろ、投資で生じた18億5000万円の損失を負担する義務を日産自動車側に負わせた疑い。

日産
©                     Sputnik / Vladimir Astapkovich
東京地方裁判所は20日、ゴーン容疑者と、前代表取締役グレッグ・ケリー容疑者について、検察側が求めていた勾留延長を認めない決定をしていた

10日、東京地検特捜部は、5年間の有価証券報告書に自身の報酬を約50億円過少に記載したとして、ゴーン容疑者を起訴した。また容疑者は、2018年3月期までの3年間で約40億円の報酬を有価証券報告書に少なく記載した疑いが持たれている。

以上は「sputnik」より

拘留延期が認められなかったので新たな手を使って逮捕した様です。 以上

« 田中龍作氏「フランスは革命の様相を帯びてきた」 ~反グローバリズムのうねりが、これからヨーロッパ中に広がる可能性~ | トップページ | 「最強教団」創価学会の焦燥、進む内部崩壊の実態(5/6) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京地検特捜部、ゴーン前会長を再逮捕:

« 田中龍作氏「フランスは革命の様相を帯びてきた」 ~反グローバリズムのうねりが、これからヨーロッパ中に広がる可能性~ | トップページ | 「最強教団」創価学会の焦燥、進む内部崩壊の実態(5/6) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ