カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 貧乏人は下水の水を汲んで飲めばいい | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (1/7) »

2018年12月31日 (月)

マティス国防長官は「シリア反政府軍、アフガニスタンのタリバンとの戦いに敗れた不名誉な敗北が全世界に知れ渡る責任を負わされるのは耐えがたい」と自主的辞任を申し出た

マティス国防長官は「シリア反政府軍、アフガニスタンのタリバンとの

戦いに敗れた不名誉な敗北が全世界に知れ渡る責任を負わされるのは

耐えがたい」と自主的辞任を申し出た

◆〔特別情報1〕
 トランプ大統領が12月20日、「マティス国防長官が2019年2月末に辞任する」と

ツイッターで発表したその日、「米国は、100日以内にアフガニスタンから撤退すると

決めた」という国防総省(ペンタゴン)の内部情報が漏れ伝わっていた.安倍晋三政権や

日本のマスメディアからは、一切伝えられていない。「荒くれ者、狂犬(Mad Dog)」の異名を

持つ退役海兵隊大将・マティス国防長官は、シリアとアフガニスタンからの米軍撤退に

反対してトランプ大統領と意見衝突して辞任に追い込まれたと報道されているけれど、

本当は、米連邦の財政難により米遠征軍これ以上、継戦することが困難になっている

うえに、マティス国防長官は「シリア反政府軍との戦い、アフガニスタン反政府勢力タリバン

との戦いに敗れた、不名誉な敗北が全世界に知れ渡る責任を負わされることに耐えがたい」

として自主的に辞任を申し出たのが真相だ。「落ちぶれた米国」の無残な姿が、ここに至って

露呈した。これは、中東軍事情勢に詳しいパキスタンのジャーナリストからの情報である。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

シリアからの撤退の決断は良い決断です。トランプ氏は選挙公約をまた実行しました。以上

« 貧乏人は下水の水を汲んで飲めばいい | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (1/7) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 貧乏人は下水の水を汲んで飲めばいい | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (1/7) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ