カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« APECで中国とやり合ったペンス米副大統領はキリスト教原理主義人脈 | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (7/7) »

2019年1月 6日 (日)

「インド洋・太平洋連邦体(日本中心)」で、日米連合軍と中国軍とが、覇権争奪戦を演じる将来を見据えて、安倍晋三政権は、「防衛大綱」に事実上の「空母」導入を盛り込む

「インド洋・太平洋連邦体(日本中心)」で、日米連合軍と中国軍とが、

覇権争奪戦を演じる将来を見据えて、安倍晋三政権は、「防衛大綱」に

事実上の「空母」導入を盛り込む

◆〔特別情報1〕
 「天気晴朗なれども波高し」ロシア帝国との日本海海戦のことではない。日本の海

上自衛隊・米国海軍・インド海軍による航空母艦主体とする連合艦隊と中国海軍の

航空母艦艦隊とのインド洋・太平洋での大海戦である。地球は、これから新国連の下で

「ユーラシア連邦体(ロシア中心)」「インド洋・太平洋連邦体(日本中心)」

「南北アメリカ連邦体」の3つに分かれて、統治される。このうち、「インド洋・太平洋連邦体

(日本中心)」で、日米連合軍と中国軍とが、覇権争奪戦を演じる。この将来を見据えて、

安倍晋三政権は、2018年末に改定する「防衛大綱」に事実上の「空母」導入を盛り込む。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

日本の平和憲法が泣く政治です。                   以上

« APECで中国とやり合ったペンス米副大統領はキリスト教原理主義人脈 | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (7/7) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« APECで中国とやり合ったペンス米副大統領はキリスト教原理主義人脈 | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (7/7) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ