カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ★全く意味の違う中国とローマの「 皇帝 」 | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (2/7) »

2019年1月 1日 (火)

「新機軸派」は、じんわりと安倍晋三首相を締め上げつつあるといい、いよいよ小沢一郎政権誕生が視界に入ってきている瑞祥だ

「新機軸派」は、じんわりと安倍晋三首相を締め上げつつあるといい、

いよいよ小沢一郎政権誕生が視界に入ってきている瑞祥だ

◆〔特別情報1〕
 「万年時差ボケ、バカのワーム(虫)」安倍晋三首相は、よほど国会に登院したくないらし

い。臨時国会への登院を逃れて空の旅による外遊を楽しみ、2019年1月の通常国会開会

を遅らせて、またまた外遊日程を組み、国会からの逃避行を続ける予定だ。第4次安倍改造

内閣の「適材適所」として就任させた各大臣のスキャンダルが跡を絶たず、野党各党が手ぐ

すねを引いて、待ち伏せ攻撃をしようと準備しているのが、余程怖いと見える。まさか本当

に「認知症」を患っているのだろうか。職務に耐えられるかが問われている。おまけに、

妻の昭江夫人まで、自分が営んでいる居酒屋「うず」からの帰途、転倒して道端で寝込んで

いたという話もある。これでは、とても政権を担当できるはずはない。そんな折も折、

文藝春秋(平成31年1月号)が、「特集平成30年史 全証言」(激変したニッポンの暮らしと

価値観)のトップ・バッターに「小沢一郎代表」を取り上げて、国民各層から大きな話題を

呼んでいる。文藝春秋と言えば、駐日米大使館との間に太いパイプを持っていることから、

「米トランプ政権が小沢一郎政権を待望している証左」と深読みする政治通も少なくない。

「新機軸派」は、じんわりと安倍晋三首相を締め上げつつあるといい、いよいよ

小沢一郎政権誕生が視界に入ってきている瑞祥だ。

以上は「板垣英憲氏」ブログ
政権交代は最早待ったなしの状況です。世界の激動が待ってくれません。以上

« ★全く意味の違う中国とローマの「 皇帝 」 | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (2/7) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ★全く意味の違う中国とローマの「 皇帝 」 | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (2/7) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ