カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« トランプはアメリカを軍に支配させたい? | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (4/7) »

2019年1月 3日 (木)

世界支配層は、新機軸の1つ「AIの産業化」に伴って、「通貨革命」を起こしつつあり、米FRBを含めて世界の中央銀行をなくし、通貨を「仮想通貨」に代えていく

世界支配層は、新機軸の1つ「AIの産業化」に伴って、「通貨革命」を起こしつつ

あり、米FRBを含めて世界の中央銀行をなくし、通貨を「仮想通貨」に代えて

いく

◆〔特別情報1〕
 世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、新機軸の4本柱の1つ「AI(人工知

能)の産業化」に伴って、「通貨革命」を起こしつつあり、米FRB(連邦制度理事会)を含めて

世界中の中央銀行をなくして、国際基軸通貨をはじめ、一般通貨を「仮想通貨」

(ネットワーク上で電子的な決済の手段として広く流通)に代えていく。世界中の中央銀行は、

欧州最大財閥ロスチャイルドが、出資者として大量の株式を保有して、これまで強い影響力

を持っていたけれど、最近、一斉に手を引かせているので、いまは、国際決済銀行(中央銀行

の政策と国際協力を支援、通常業務として各国中銀の外貨準備を運用する機関投資家。

本部:スイス バーゼル、リーダー: アグスティン・カーステンス)といえども、すでに

ロスチャイルドの影響力下にはない。以下は、国際金融のプロの説明である。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

世界は急速に従来の秩序を壊し、21世紀の新秩序に向けて構築しようと前進しています。戦争より平和を優先する政治です。                          以上

« トランプはアメリカを軍に支配させたい? | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (4/7) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプはアメリカを軍に支配させたい? | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (4/7) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ