カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ★イスラエルは総選挙を経て中東和平に向かう? | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (5/7) »

2019年1月 4日 (金)

小沢一郎代表は、自民党の山崎拓・元副総裁の政経懇話会で「議会制民主主義、政権交代、このシステムを日本に定着させないままあの世に行くわけにはいかない」とヤル気満々

小沢一郎代表は、自民党の山崎拓・元副総裁の政経懇話会で

「議会制民主主義、政権交代、このシステムを日本に定着させないまま

あの世に行くわけにはいかない」とヤル気満々

◆〔特別情報1〕
 「私も長い間、そして自民党を離党してまで今日までやってきて、議会制民主主義、

政権交代、このシステムを日本に定着させないままあの世に行くわけにはいかないと

いう思いで、何としてももう一度政権交代して、そして次の世代にバトンタッチしたい」

―自由党の小沢一郎代表は12月12日、自民党の山崎拓・元副総裁の政経懇話会で

、こう発言した。駐日米大使館(米CIA)に直結していると言われている月刊誌「文藝春秋」

(2019年1月号)が、「特集平成30年史 全証言」(激変したニッポンの暮らしと価値観)の

トップ・バッターに「小沢一郎代表」を取り上げ、国民各層から大きな話題を呼んでいる

最中での発言である。「政権交代」への強い決意と意欲を示している。「ヤル気満々」

ということだ。

以上は「板垣英憲氏」ブログ

不退転の決意と思われます。どんなことがあろうとも必ず実現する強い決意を感じます。

 

期待します。日本のためも有りますが世界平和にとりぜひとも実現せねばならないことがあります。                                        以上

« ★イスラエルは総選挙を経て中東和平に向かう? | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (5/7) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ★イスラエルは総選挙を経て中東和平に向かう? | トップページ | アメリカの老舗「シアーズ」倒産は、ダイエーと同じ理由? 日本企業が向かうべき道とは=吉田繁治 (5/7) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ