興味深い内容の記事を見つけました。
パパブッシュやマッケインは病死ではなく軍事裁判で有罪判決が下され処刑されていたそうです。
さらにこちらの記事では、
https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3653348.html
主要メディアは一切報道しないでしょうが、2019年1月から本格的な軍事裁判が始まると伝えています。さらに1月から始まる軍事裁判でブッシュの共犯者らも明かにされるとのことです。
もしこの情報が本当ならいよいよ6万人以上の悪者たちが次々に有罪判決が下されたり処刑されたりするのでしょうね。

https://gumshoenews.com/2018/12/07/world-first-george-h-w-bush-executed-by-military-tribunal/
(概要)
12月7日付け

パパブッシュは軍事裁判で処刑された?

ジョン・マッケイン上院議員が軍事裁判で処刑されました。

情報筋のG5によると、2018年10月9日に、マッケインが軍に尋問されました。彼はコードネームのソングバードを持って生きてきました。しかし軍が入手した情報以外は彼は何も答えませんでした。その後、彼は薬物注射で処刑されました。しかしマッケインは病死したことにされたのです。

さらにG5から電話で聴いた情報として、パパブッシュ(ジョージ・H/Wブッシュ)も軍事裁判で処刑されました。彼のCIAのコードネームはティンバー・ウォルフとパピーでした。G5によると、この情報は大元から直接入手したものです。G5は、もうじきこれらに関する詳しい情報を記事で明らかにします。

G5によると、パパブッシュはマネーロンダリング、ローガン法を侵害する陰謀を企てたこと、人身売買、RICO法の侵害などの犯罪で2018年8月10日に起訴されました。さらにケネディ大統領暗殺と2400憶ドルの秘密政府証券を使った9.11テロ事件の首謀者として有罪判決が下されました。



トランプ大統領は「神は彼に哀れみをかけるだろうが我々は違う」と書いた大統領に署名しました。

パパブッシュは威厳とレガシーを残したいと望んだためそれをかなえる司法取引が行われました。トランプは、CIAとジェームズ・アングレトンが関与したケネディ暗殺に関する資料「GHWB」の公開を保留しました。

有罪となったパパブッシュは2018年11月30日に病院で薬物により処刑されました。

マッケインとパパブッシュは12月5日に埋葬されましたがアーリントン墓地には埋葬されませんでした。

G5によると、マッケイン上院議員と手を組んでいたリンゼイ・グラハム上院議員も先に起訴されましたがトランプ支持に回ったため減刑されました。
ドナルド・トランプ大統領から連邦最高裁判所判事に指名されたブレット・カバノー判事の確認審理で、カバノー判事は軍事裁判についての正当性について質問されました。するとカバノー判事は軍事裁判は憲法上合法的であると答えました。

ケネディ大統領の暗殺に関する資料が公開されることを恐れたパパブッシュは自殺したとの報道もありましたが、それは事実ではありません。

その他の情報として、グアンタナモ刑務所が空っぽの状態ですが、今後、別の目的で使われることになります。Qアノンによると、オバマによって刑務所に改築されたウォルマートの店舗が奪取されました。
2016年に殺害された民主党の職員、セス・リッチ氏は殺害される直前に小児性愛犯罪などの情報をリークしようとしていました。
DHS国土安全保障省は2018年12月21日に不正選挙について報告することになります。
さらに多くの人々が(公表されずに)法の下に裁かれることになります。ただしジョン・ブレナンは公開裁判となります。


2013年3月から2017年1月までCIA長官だった反トランプのジョン・ブレナンは公開裁判により有罪判決が下され処刑されます。