カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 文明は西洋から東洋へ「800年リズムの周期交代」 | トップページ | グリフォサートの致死性を明らかにしたことによりスリランカ人の専門家が著名な科学賞を受賞 »

2019年4月21日 (日)

米映画“バイス”を観れば、日米のみならず、韓朝をも乗っ取る米国戦争屋CIAネオコン(安倍氏を傀儡化している)が戦争をビジネスとみなしていることがよくわかる

米映画“バイス”を観れば、日米のみならず、韓朝をも乗っ取る米国戦争屋CIAネオコン(安倍氏を傀儡化している)が戦争をビジネスとみなしていることがよくわかる

1.今、日本の主要映画館にて、米映画“バイス”を上映中

今、日本の映画館にて、“バイス”(注1)という米映画を上映していますが、筆者も、先日、この映画を観ました。

 この映画は、2000年代米国におけるブッシュ・ジュニア政権時代に、副大統領をやっていたチェイニーを主人公とする実話映画です。

 さて、本ブログは、日本を属国支配する米国戦争屋CIAネオコンのウォッチをメインテーマとしていますが(注2)、チェイニーは米戦争屋CIAネオコンの一人です。

 この映画から、2000年代の米国大統領・ブッシュ・ジュニアはお飾り大統領であり、実質的権力を握っていたのは、チェイニーとその相棒のラムズフェルドであることがよくわかりました。

2.映画“バイス”では、2001年9月11日に起きた9.11偽旗テロ事件の首謀者をイラクのフセイン大統領としていた

 2000年代に起きた世界的大事件の筆頭は、2001年9月11日に起きた9.11偽旗テロ事件でしょう。上記の映画でも、9.11事件が取り上げられていますが、映画では、イラク・フセイン大統領が9.11テロの首謀者として描かれていました。

 今の米国人でまともな人は、このストリーを信じる人は皆無でしょうが、公式的には、フセインの仕業ということになっているのでしょう。

 さて、本ブログでは、9.11事件を仕組んだのは、米国戦争屋CIAネオコンと観ていますから、この映画に登場するチェイニー(注3)、ラムズフェルド(注4)、ウォルフォウィッツ(注5)、ボルトン(注6)らが事件に関与していたと観ています。

 彼らは米国民のみならず、世界の人々をだまして、9.11偽旗テロ作戦を計画実行し、イラク先制攻撃の口実に利用したのは明らかです。

3.日本を闇支配している米国戦争屋CIAネオコンは、戦争をビジネスと捉えている

 今の安倍政権を傀儡化して乗っ取っている米戦争屋CIAネオコンの連中は、戦争をビジネスとみなしていることが、上記の映画でよくわかりました。

 上記、悪党・チェイニーは、米国の悪徳企業・ハリバートンのCEOを経験していますが、イラク戦争における戦争ビジネス(軍事サービスや復興工事など)で巨額の収益をハリバートンにもたらしています。

 映画では、米国防総省とハリバートンとのイラク戦争ビジネス契約に不正があったことを匂わしていますが、不正逃れのためか、同社は一時、本社を中東ドバイに移していました。

 上記、チェイニーよりさらに悪党が、あの極悪党・ラムズフェルドでしょう。

 彼は9.11偽旗テロ事件のとき、米国防長官でしたが、このドサクサに紛れて、今、話題のF35ステルス戦闘機の開発プロジェクト・JSF(注7)を、彼とつながるロッキード・マーチンにこっそりと発注しています。

 ラムズフェルドのこの早業は、彼が2001年9月11日に米国で9.11テロ事件が起こることを予め知っていたとしか考えられません。

 ちなみに、ラムズフェルドは、北朝鮮のキムジョンウンがスイスに留学していた際、スイスの電機メーカー・ABBの役員をやっていましたが、北朝鮮の核施設の技術は、ABBから輸出されています。ちなみに、ABBの核技術ライセンスは、米国のウェスティングハウスのものです(注8)。

 ところで、なぜ、米国・トランプと北朝鮮・キムジョンウンは仲が良いのでしょうか、それは、北朝鮮は米国にとってホンモノの敵国ではないからです。

 米国戦争屋CIAネオコンと北朝鮮軍部は水面下でつながっているのです。北朝鮮を米国の敵役傀儡国家に仕立てたのは、ラムズフェルドなのです。

 日本や韓国に米国製のミサイルを売りつけるため、北朝鮮を日韓と敵対させておく必要があるのです。

 今、上映中の“バイス”を観れば、米国を闇支配する米国戦争屋CIAネオコンにとって、彼らが世界中で仕掛ける戦争は、米国の軍事産業のための戦争ビジネスであると知ることができます。彼らは戦争ビジネスでもうけるためには、世界でどれほど犠牲者が出てもおかまいなしなのです。

 そして、不幸なことに、このような輩に、安倍氏はヘイコラして、あのバカ高い開発失敗作のF35を爆買いさせられています(注9)。これでもまだ、安倍信者の日本人がいること自体、ほんとうに信じられません!

注1:バイス(映画)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

注2:本ブログNo.1655『米国トランプ新政権の豹変の謎:米国防予算10%増額、シリア先制攻撃実行、北朝鮮先制攻撃示唆などから米国戦争勢力の好戦派に乗っ取られたかもしれない』2017年4月13日
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36650918.html

注3:ディック・チェイニー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%BC

注4:ドナルド・ラムズフェルド
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%89

注5:ポール・ウォルフォウィッツ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84

注6:ジョン・ボルトン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3

注7:統合打撃戦闘機計画(JSF)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E6%89%93%E6%92%83%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F%E8%A8%88%E7%94%BB

注8:本ブログNo.1759『われら日本国民は米朝の軍事対立はすべて八百長と知るべき、マスコミはなぜ、国民にこれを報じないのか』2017年8月13日
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36874786.html

注9:本ブログNo.2311『詩織さん事件の加害者・山口某(アベ友)による1億3000万円反訴行動の背後には黒幕が潜むのか:安倍氏はいかなる米国の要求も呑まされる逆境に追い込まれたか』2019年4月12日
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37797622.html

 

以上は「新・ベンチャー革命」より

 

「9.11テロ」はブッシュ政権の権力犯罪であったことが、既にアメリカ国内では知られています。日本ではいまだに報道されていません。以上

« 文明は西洋から東洋へ「800年リズムの周期交代」 | トップページ | グリフォサートの致死性を明らかにしたことによりスリランカ人の専門家が著名な科学賞を受賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文明は西洋から東洋へ「800年リズムの周期交代」 | トップページ | グリフォサートの致死性を明らかにしたことによりスリランカ人の専門家が著名な科学賞を受賞 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ