カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« <これ以上の外交失敗はない!>安倍外交の総崩れを見事に証明した今日の大手紙の三つの記事  天木直人  | トップページ | 10%消費税でデフレの“泥沼”抜けられず »

2019年5月27日 (月)

★世界経済を米中に2分し中国側を勝たせる

★世界経済を米中に2分し中国側を勝たせる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

トランプ大統領の米国は、5月11日から中国の対米輸出品への懲罰関税を引き
上げる。米国と中国の貿易交渉は今後も続けるので、正式な「交渉破談」ではな
いが、米国はしだいに中国に厳しい態度をとるようになっている。米中交渉の破
談は世界的な株価の暴落を引き起こすので、トランプは、正式な破談を宣言しな
いものの、かねてからやりたかった経済面の中国敵視を強めている。この傾向は
今後さらに強まる。

 

http://www.cnbc.com/2019/05/09/trump-says-he-has-excellent-alternative-to-china-deal.html
Trump says tariffs an 'excellent' alternative to China deal

 

http://www.nytimes.com/2019/05/09/us/politics/china-trade-tariffs.html
Trump Says China Tariffs Will Increase as Trade Deal Hangs in the Balance

 

トランプ以前の米国は、軍事外交面で、南シナ海や台湾、チベット、共産党一党
独裁などの問題を口実に中国を敵視する一方で、経済面は、米企業の儲けを増や
し米国債を買い支えてくれる中国を大事にし、自由貿易関係を維持してきた。米
中関係は「政冷経熱」の傾向だった。トランプは、従来の体制を破壊し、経済面
で、中国のホアウェイなどネットワーク機器メーカーが米国の国家安全を脅かし
ているとか、中国の貿易慣行が不公正だと主張し始め、米国と同盟諸国が中国に
対する経済面の不信感や敵視を強めるよう仕向けている。トランプは、米中を
「新冷戦」の状態に追い込んでいる。

 

http://www.lowyinstitute.org/publications/east-asia-s-decoupling
East Asia’s decoupling

 

世界経済は冷戦後、米国を中心に世界が一体的な状態(米経済覇権体制)を続け
てきた。トランプの「米中新冷戦」は、この一体性を壊し、世界経済から、中国
とその影響下の国々を除外し、世界経済を米国側(米国と同盟諸国。米欧日など)
と、中国側(中国と非米・反米諸国)とに二分(デカップリング)して、米国側
が中国側を敵視する戦略だ。この戦略はトランプの気まぐれでなく、来年トラン
プが大統領に再選された後までずっと続く。トランプが、中国ときちんとした貿
易協定を結んで米中が和解することは今後もない。逆に、米国の経済面の中国敵
視が強まっていく可能性が非常に高い。

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-06/bannon-op-ed-were-economic-war-china-its-futile-compromise
Bannon: We're In An Economic War With China. It's Futile To Compromise

 

http://supchina.com/2018/10/04/day-one-of-decoupling/
Day one of decoupling? The uneasy future of U.S.-China relations

 

トランプの対中姿勢は表向き、米国のライバルで、一党独裁や人権侵害の問題を
抱えている中国を経済制裁して封じ込める戦略だ。だが「世界の工場」であり
「世界最大の消費市場」になっていく中国は、すでに世界経済の多くの勢力にとっ
て、関係を切ることができない重要な取引相手だ。中国は、今後ますます重要な
存在になる。それがわかっているので、同盟諸国は、トランプから「中国との関
係を切れ」と言われても切ることができない。

 

http://www.eastasiaforum.org/2018/11/19/decoupling-the-us-from-asia/
Decoupling the US from Asia

 

トランプの米中新冷戦・世界経済の米中2分化は、始める前から失敗が運命づけ
られている。エリート系「専門家」からオルトメディアの分析者まで、みんなが
トランプの米中新冷戦は失敗すると忠告・警告しているが、トランプ政権は忠告
を全く無視して米国と同盟諸国に中国との経済関係の断絶を強要してくる。

 

http://asia.nikkei.com/Opinion/US-and-China-the-great-decoupling
US and China -- the great decoupling

 

トランプは、英国など、中国のホアウェイ製のネットワーク機器を使い続ける同
盟諸国に対し「機密が中国に漏れる恐れがあるので、ホアウェイを排除しない限
り、諜報機関どうしの機密情報の共有をやめる」と警告を繰り返している。諜報
共有は、米国の同盟体制の根幹だ。これはトランプの「覇権放棄」策の一つだ。

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-03/americas-global-financial-war-strategy-escalating
America's Global Financial War Strategy Is Escalating

 

加えてトランプは同盟諸国に、中国との関係を切れと言う一方で、米国との不平
等条約的な貿易協定を結べと強要してくる。同盟諸国は、トランプに唯々諾々と
従い続けると、経済面の国益がどんどん損なわれていく。今はまだ序の口だが、
いずれトランプは、中国との関係を切らない同盟諸国を経済制裁するようになる。
同盟諸国は、中国と米国のどちらか一方を選べと言われるようになる。

 

http://www.bloomberg.com/news/articles/2019-04-11/as-china-trade-war-cools-japan-braces-for-its-clash-with-trump
As China Trade War Cools, Japan Braces for Its Clash With Trump

 

http://tanakanews.com/181016china.htm
中国でなく同盟諸国を痛める米中新冷戦

 

従来のように、米国が圧倒的に世界最大の金融立国である状態が続く限り、同盟
諸国は、中国より米国を重視する姿勢を続ける。だが実のところ米国の金融は、
史上最大の金融バブル膨張の状態であり、このバブルの維持には、中国や同盟諸
国が米国の債券を買い支え、ドルを基軸通貨として貯め込んでくれてきた状態が
必要だった。米国のバブル維持の基盤には、米中の良好な経済関係と、同盟諸国
が米国に協力する覇権体制が必要だった。トランプは、これらを破壊している。

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-06/fasten-your-seatbelt-what-happens-next-us-china-trade-war
"Fasten Your Seatbelt" - Here's What Happens Next In The US-China Trade War

 

http://tanakanews.com/181129uschina.php
米中どちらかを選ばされるアジア諸国

 

今週から来週にかけて、トランプが中国に対する懲罰関税を強化すると、それが
引き金になって米国中心の世界の株価が急落する可能性がある。トランプは最近、
米連銀(FRB)に対し、これまでの金融引き締め姿勢をやめさせ、再緩和
(再QE)に方向転換しろと圧力をかけ続けている。トランプは、中国への懲罰
関税を強化して株価を意図的にいったん暴落させ、それによってFRBが再緩和
への姿勢を強めざるを得ないように仕向けようとしている可能性もある。

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-09/peter-schiff-did-trump-tank-stocks-purpose-force-rate-cut
Peter Schiff: Did Trump Tank Stocks On Purpose To Force A Rate Cut?

 

http://tanakanews.com/190404bubble.php
株はまだ上がる!?

 

今後しばらくは、いったん株が暴落しても、また上昇傾向に戻る。当面、FRB
が再緩和していくことによる金融市場への資金供給が続き、バブルは維持される。
だが、その効果が切れると、米国のバブル崩壊・リーマン危機の再来が起こる。
次のバブル崩壊時には、中国や同盟諸国からのドルや米国債券に対する買い支え
が期待できない。米日欧の中央銀行は、リーマン危機以来の金融バブル延命策
(QE)で疲弊し、次のバブル崩壊時にほとんど救済策を打てない。次のバブル
崩壊は、ドルや米国債といった米国の覇権体制の基盤を壊すものになる。

 

http://tanakanews.com/180805japan.htm
米国の破綻は不可避

 

米国がバブル崩壊するなら、中国も同時に崩壊すると予測する人が多い。だが、
米国がバブルを膨張させてきたこの数年間、中国は逆に自国のバブルを意図的に
潰し続けてきた。中国当局がバブルを潰すので、中国がバブル状態であることが
目立ち、中国を悪しざまに報じる傾向が強い米日などのマスコミが「中国はバブ
ル崩壊している。もうダメだ」といった誇張報道を続けてきた。実際は、中国よ
り米国の方がひどいバブル膨張の状態にある。米国のバブル崩壊は、中国にもあ
る程度の悪影響を与えるが、中国の実体経済は再起できる。

 

http://www.wsj.com/articles/trumps-china-brinksmanship-11557184406
Trump’s China Brinksmanship

 

http://tanakanews.com/170531china.php
中国の意図的なバブル崩壊

 

米国経済は金融(バブル)に偏重しており、消費以外の実体経済が脆弱だ。対照
的に、中国は製造業など実体経済が豊かで、きたるべき米国のバブル崩壊後、世
界経済の中心は中国(とその傘下の一帯諸国)の実体経済になっていく。米国の
バブル崩壊のプロセスはおそらく、トランプ政権の2期目(2024年まで)か
ら、その次の政権(28年まで)にかけて起きる。トランプは、意図的にこのプ
ロセスを発生させている。

 

http://tanakanews.com/190324dollar.php
ドルを犠牲にしつつバブルを延命させる

 

トランプの裏の意図は、世界経済を米中貿易戦争によって米国側と中国側に二分
した後、巨大な金融バブルの崩壊を誘発して米国側を覇権ごと潰す一方、中国側
の実体経済をできるだけ無傷で残すことで、米単独覇権体制とそれを動かしてき
た軍産複合体を消失させ、世界の経済成長(バブルでない部分)を維持したまま
覇権体制を多極化する「隠れ多極主義の戦略」にあると私は見ている。

 

http://tanakanews.com/190429multipol.php
多極化の目的は世界の安定化と経済成長

 

 

 

この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/190510china.htm

 

 

以上は「田中宇氏ブログ」より
全面核戦争にならない限り、米中貿易戦争は中国の勝利です。  以上

« <これ以上の外交失敗はない!>安倍外交の総崩れを見事に証明した今日の大手紙の三つの記事  天木直人  | トップページ | 10%消費税でデフレの“泥沼”抜けられず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« <これ以上の外交失敗はない!>安倍外交の総崩れを見事に証明した今日の大手紙の三つの記事  天木直人  | トップページ | 10%消費税でデフレの“泥沼”抜けられず »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ