カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 歴史に残る平成天皇の退位式で、世紀の大失敗(不敬誤読)をやらかした安倍氏は、上皇陛下に詫びた上、桜田・前五輪大臣同様、最低でも総理大臣を辞めるべき | トップページ | かぜのようなもの。あるいは、インフルエンザのようなもの »

2019年5月18日 (土)

アメリカでは豪雨によりダムが決壊する恐れがあります。

11
アメリカでは豪雨によりダムが決壊する恐れがあります。
日本でも今年の天候はこれまで以上におかしくなってきています。既に4月なのに真冬のように寒くなったり。。。
一方、アメリカでは豪雨の被害が深刻化しているようです。このまま豪雨が続けばアメリカのダムが決壊し多くの家が浸水するだけでなく流域に点在する原発が浸水してしまいます。
これもまた、アメリカを破壊するために人工的に大雨を降らせているのでしょうか。

 

https://www.naturalnews.com/2019-04-10-perfect-storm-of-events-cascading-collapse-of-dams.html
(概要)
4月10日付け

 

 

 

 

 

 

(Natural News)

NOAA国立海洋大気庁によれば、アメリカの48州のうちの3分の2が5月までに洪水の被害を受ける恐れがあります。
NOAAは、長引く豪雨と雪解けにより、アメリカ全域が未曽有の洪水に見舞われ、2憶人が危機にさらされる恐れがあると警告しています。
最も危険な地域はミシシッピ川流域、五大湖周辺地域、オハイオ川流域、テネシー川流域であり、これらの地域の今年の洪水量、降雪量は例年の200%に達しています。

 

NOAAによれば、2週前から発生している洪水は5月まで続くと予測しています。現在、大量の水が下流へと流れ出しており、今後数週間、被害がさらに拡大するでしょう。
豪雨と豪雨による急激な雪解けで、中西部の川が氾濫し流域の平野部を浸水させています。
豪雨と雪解けがこのまま続くなら、川沿いの広大な地域が浸水してしまいます。
ネブラスカ州の洪水の犠牲者は4人、行方不明者は1人となっており、被害額は15億ドルにも上ります。
中西部では数百棟のも家が流されてしまいました。この洪水によりミズーリ州では鉄道がストップしました。そのため人々の移動が難しくなっています。被害はこれだけでななく、農業へのダメージも深刻です。
数千エーカーの農地が浸水し、貯蔵されていた穀物が破壊され、多くの家畜類が死んでしまいました。

 

海岸沿いの地域もまた浸水する危険性があります。東海岸も西海岸もこの時期に発生する満潮により洪水になりやすくなっています。

 

さらに懸念すべきことは、アメリカに点在するダムの決壊です。以前、カリフォルニア州のオーロビルダムが決壊寸前となり、サクラメント方向へ大量の水が流れだす危険性がありました。そのため周辺地域の住民(188000人)が避難を強いられました。
現在、大量の雪解け水とイエローストーンのカルデラの地震活動によりモンタナ州のフォートペック・ダムの水があふれだしてしまう恐れがあります。
米土木学会によると、アメリカに点在するダムのうちの15500基は、潜在的危険性が高く、ダムが決壊すると非常に大量の犠牲者が出ることになります。さらに、11882基のダムは潜在的危険性が非常に高く、決壊すれば非常に多くの犠牲者と経済的損失を出すことになります。
ダムがこれほど簡単に決壊し周辺地域が一瞬のうちに破壊されてしまうことを考えると恐ろしくなりますが、さらに危険なのが洪水により原発が浸水した場合です。アメリカの広い範囲で続いている未曽有の豪雨により老朽化した重要インフラが破壊される恐れがあります。

 

 

カテゴリなしの他の記事
NASAはノルウェーでもプロジェクト・ブルービームの動作確認?
母国で受刑、円滑復帰図る 外国人423人を移送
上空でプロジェクト・ブルービームが全開中
アメリカの多くのジャーナリストは魂のないエイリアンと人間のハイブリッド、その他
米中欧でジワリ… 世界同時不動産下落は起こるのか?
以上は「日本や世界や宇宙の動向」より
水は不足しても困るが多すぎても困ります。        以上

« 歴史に残る平成天皇の退位式で、世紀の大失敗(不敬誤読)をやらかした安倍氏は、上皇陛下に詫びた上、桜田・前五輪大臣同様、最低でも総理大臣を辞めるべき | トップページ | かぜのようなもの。あるいは、インフルエンザのようなもの »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史に残る平成天皇の退位式で、世紀の大失敗(不敬誤読)をやらかした安倍氏は、上皇陛下に詫びた上、桜田・前五輪大臣同様、最低でも総理大臣を辞めるべき | トップページ | かぜのようなもの。あるいは、インフルエンザのようなもの »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ