カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 「新機軸派」プーチン大統領、トランプ大統領、習近平国家主席が、得意の「恫喝外交」で、安倍晋三首相に「早く辞めろ」と迫っているので、G20を実質的に牛耳られてしまう。 | トップページ | ★CIA機密文書:「宇宙人と接触した男」チャン・トーマスの本の存在が発覚! »

2019年7月 1日 (月)

再びシオニストの大劇場が

再びシオニストの大劇場が
昨日もバタバタしており、ブログ更新ができませんでしたぁ⤵

 

さて、歴史的に見て、どの戦争も、世界を牛耳るエリート集団の下で各国の権力者ら(の一部)が自国民を裏切って仮想敵国と戦争を勃発させ、自国兵士を戦場に送り大量虐殺し、自国民も空爆により大量虐殺してきました。
現在も該当国の権力者らが自国民を巻き込む戦争を勃発させようとしています。
NWOの実行部隊のシオニスト集団が世界的な戦争を仕掛けています。まず米国に潜ませているテロ集団に国内から破壊させ、ロシアと米国の対立を激化し、その間に米国に戒厳令などを敷き米国民をFEMAキャンプに送り込み、シオニストに都合の悪い人々を虐殺し。。。イスラエルがパレスチナを破壊し、イランとイスラエルの偽旗戦争(両国の権力者らは手を結んでいる)を勃発させるなど世界的な戦争へと発展させようとしているようです。米国と中国の貿易戦争も世界的な戦争を始めるには都合の良いことです。戦争と経済崩壊は車の両輪ですし。
実際は彼等の魂胆は見え見えですからそうはならないような気がしますが。。。
世界で起きている重大事の殆どが支配層が書いた脚本通りに演じられているサイコパス劇場だと言うことが分かります。

 

https://beforeitsnews.com/v3/prophecy/2019/2505446.html
5月8日付け

 

エリートは米国内で大規模偽旗攻撃の準備をしています。全米各地にテロのアジトがあります。24時間以内に攻撃を開始するのでしょうか。

何かが起こるかもしれません。
9.11同時多発偽旗テロは共和党のブッシュ政権下で起きました。
米国民が支持政党に声援を送っても支持政党は米国民を裏切り多くの策略を実行しています。。どちらの政党も米国民のために存在しているのではありません。
攻撃を開始するには今が絶好のチャンスです。敵国同士が戦いに向けて前進するのでしょうか。彼等は既に英国を内部から腐敗させました。バブルの中に暮らしている米国民の多くにはそれが見えません。

イランの侵略は10年以上も延期されてきました。しかしもう時間切れです。トランプとプーチンはあらかじめイラン攻撃を始めることを計画していたのです。
なぜこれほど長期間にわたりトランプとプーチンの問題が取りざたされてきたか分かりますか。 それは、彼等はどちらも世界征服に関与しているからです。殆どの人がこの事実から目をそらしています。

 

https://beforeitsnews.com/v3/new-world-order/2019/8471.html
5月8日付け

 

イスラエルはガザに複数のロケットを運び込み、イスラエルに向けて発射しています。

 

By ジム・ストーン

 

 

 

イスラエルは、ガザを徹底的に空爆することを正当化するために、わざとガザに多くのロケットを運びこみ、パレスチナがイスラエルを攻撃しているかのように見せるために、自国イスラエルに向けてそれらをガザから発射しています。
その確かな証拠とは:
もし本当にパレスチナ側がガザからイスラエルに向けてロケットが発射したとするなら、イスラエルの報復は、パレスチナのロケットに向けて空爆することです。しかしイスラエルは、「パレスチナのいたるところからイスラエルに向けてロケットが発射されたため、我々の報復はパレスチナのいたるところを空爆することだd。」と言ったのです。
そしてイスラエルはパレスチナの以下の場所に空爆し破壊しました。

家屋(マンション)328棟、漁港(多数)、大学2校、モスク1堂、学校(多数)、メディア関連オフィス(多数)、救急車(3台)。

 

イスラエルは意図的に一般のパレスチナ人が使っている建造物を選んで破壊したのです。
ガザの建物のオーナーのAzmi Doghmush氏(50歳)によると:
日曜日にイスラエルの諜報部員から彼に電話がかかってきて「 元気にしているか?カウントダウン5分前だぞ。いかに私が正確にお前の建物を狙い破壊できるか良く見ておけ。そこから50m以上離れていろ。」と脅されました。彼はヒステリックに「これは冗談だろ、やめろ。バカげたことだ。」と叫びました。しかし彼の一生涯の夢がドミノ倒しのように崩れていったのです。
ガザのTel al-Hawa 付近にある7階建ての建物(マンション)がイスラエルの6発のミサイルによって破壊されました。

 

 

ストーン氏のコメント:
イスラエルの攻撃の本質とは罪のない人々をミサイルで攻撃することなのです。 イスラエルはパレスチナの貴重な資産をことごとく破壊したいのです。彼等はミサイル攻撃を止めません。イスラエルはその地区の最もきれいな建物を破壊したのです。彼等はガザにあった300以上棟もの建物を破壊してしまいました。
もし本当にパレスチナがガザからイスラエルに向けてロケットを発射していたなら、イスラエルは特殊部隊をガザに侵攻させパレスチナが所有している大量のロケットと簡易爆発物が保管されている保管庫や武器製造機器や武器製造施設を全て破壊し70人の武装勢力を捕らえたでしょう。しかしイスラエルはそうしませんでした。単にパレスチナの一般的な建物を破壊しただけなのです。
これはイスラエルによるイスラエルに対する自作自演偽旗ミサイル攻撃だったのです。

 

https://beforeitsnews.com/v3/prophecy/2019/2505446.html
4月15日付け

 

シオニストの計画が明らかになりました。米国に対する限定的核攻撃の恐れがあります!
イスラエルが行っている様々な自作自演偽旗攻撃について毎回警告(実際に起きた)してきたイスラエルの諜報部員(内部告発者)によると、今後、イスラエルはレバノンそして次にシリアを侵略します。
同時並行的に、米国はイランを巡りロシアと対立しロシアを挑発します。すると米国は限定的な核攻撃を受けます。その後、イランが攻撃されると、次は米国の番です。米国民はFEMAキャンプに送り込まれ、そこでシオニストらが米国民の中の(彼等にとって)良からぬ集団を大量虐殺します。
この情報筋は、現在、キリスト教徒を斬首することを法的に認める7つのノアハイド法(考え方)が世界的に広まっていることを知っています。

 

https://www.henrymakow.com/israelcreatedhamastoavoid.html
2014年7月30日付け
 
By ヘンリー・マコウ
イスラエルは平和を望みません。イスラム原理主義組織ハマスを結成させたのはイスラエルです。その目的はパレスチナを攻撃する口実を作るためです。ハマスが所有するロケットはイスラエル空軍が所有するロケットに比べたら単なる豆鉄砲です。イスラエルはハマスに豆鉄砲のロケットでイスラエルを攻撃させることでパレスチナ人を全員殺害するための口実を作っているのです。
イスラエルはパレスチナとの和平交渉を望んでいるかのように見せかけていますが、実際は和平どころかパレスチナの植民地化を計画しているのです。イスラエルはメディアのサイコパス的協力を得ながら、最も都合の良いイスラエルに対する自作自演偽旗テロを企てています。
その一環としてイスラエルはハマスをイスラエルの(偽)敵に仕立て上げました。
・・・・イスラエルはハマスを結成させる前にイスラム同胞団と長期間協力関係にありました。イスラム同胞団はイスラエルにとって都合の良い存在だったのです。

 

西側諸国はイスラムのテロを支援してきましたが、オスマン帝国が崩壊した後、英米は独自のイスラム指導者らを中東に配置しました。また、イギリスの支援下でムスリム同胞団が結成されました。イギリスの管理下でムスリム同胞団は中東における勢力を拡大していきました。中東で起きているテロの殆どがムスリム同胞団の仕業です。
さらに最近では、ムスリム同胞団は西側諸国の諜報機関(ナチス、CIA、ロシア、フランス、ドイツ、イスラエルの諜報機関)が共有するツールとなっています。

 

冷戦崩壊後、ムスリム同胞団は米国の子とり鬼(中東や中央アジアの侵略)として利用されてきました。

 

以下省略

 

以上は「日本や世界や宇宙の動向」より
イスラエルは世界の癌です。核を持たせているので始末に負えません。  以上

« 「新機軸派」プーチン大統領、トランプ大統領、習近平国家主席が、得意の「恫喝外交」で、安倍晋三首相に「早く辞めろ」と迫っているので、G20を実質的に牛耳られてしまう。 | トップページ | ★CIA機密文書:「宇宙人と接触した男」チャン・トーマスの本の存在が発覚! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新機軸派」プーチン大統領、トランプ大統領、習近平国家主席が、得意の「恫喝外交」で、安倍晋三首相に「早く辞めろ」と迫っているので、G20を実質的に牛耳られてしまう。 | トップページ | ★CIA機密文書:「宇宙人と接触した男」チャン・トーマスの本の存在が発覚! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ