カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 金融庁は、近未来、われらの年金が消尽することを教えてくれた:われらの年金をアメリカ様に合法的に移転する確信犯的売国奴が日本の中枢に潜むと知れ! | トップページ | 地球の磁場の弱化がかなり加速しています »

2019年6月12日 (水)

★ハーバード大:ワームホールによるワープは可能!

★ハーバード大:ワームホールによるワープは可能!
カラパイア:ワームホールによるワープは可能。でも思っているより時間がかかり近道にはならない(ハーバード大学物理学者)2019年04月20日 ι コメント(34) より転載します。
貼り付け開始

 

http://karapaia.com/archives/52273372.html

 

 

Pitris/iStock

 

 湾曲した時空のトンネルで、中に入ればはるか遠方まであっという間にワープできるとされるワームホール――それが存在しうるということが、ハーバード大学の物理学者によって明らかにされた。

 

 だが、銀河の果てまで旅をしようと旅行鞄に荷物を詰め込むのはちょっと待ってほしい。ダニエル・ジャフェリス氏によれば、理論上は存在しうるとしても、人間が移動に使うには便利なものではないらしい。

 

 直接行くよりも、ワームホールのほうが時間がかかるというのだ。

 

 

 

 

ワームホールは近道にならない?
 この新説は2019年度アメリカ物理学会で発表される予定のものだ。

 

 新理論の重要な点は、ブラックホール情報パラドックスや、重力と量子力学との関係といったことを知る手がかりになるという。

 

 光が通過できるワームホール作成法を発見することができれば、量子重力理論の発展を加速させる便利なツールになるだろう。

 

 2013年に提唱されたER = EPR理論では、ブラックホールを結ぶ「アインシュタイン=ローゼン・ブリッジ」(ER)が存在し、これは素粒子の「量子もつれ」(EPR)と等しいと主張している。

 

 そして、ジャフェリス氏によれば、ブラックホール同士を接続させた方が、ワームホールより短いということである――

 

 つまりワームホールは近道にならないのだ。

 

 

photo by pixabay

 

銀河旅行には役立たないが、量子重力理論を進めるツールになるかも
 銀河旅行の役には立たないかもしれないワームホールだが、量子重力の理論の発展を加速させるツールとして利用できるという。

 

 これは、普通なら事象の地平面の後ろに隠れてしまう領域を探る計器になるという。時空の内側にいる観察者の経験を知る窓であり、しかもそれを外側から覗きこむことができるのだ。

 

 深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいていれれば、それを知る手がかりとなる。

 

 現時点で、通過可能なワームホールを定式化するための最大の難関は、負のエネルギーだ。

 

 これは量子重力とは一貫していないかのような印象があるのだが、新しい場の量子論に基づくツールを利用することで、この難題を突破しようというのがジャフェリス氏の狙いである。

 

 「ゲージ・重力対応や量子重力などについて詳しいことがわかるでしょう。量子理論を定式化する新しい方法すら見つかるかも知れません。」(ジャフェリス氏)

 

References:Travel through wormholes is possible, but slow/ written by hiroching / edited by parumo

 

 

 

 

あわせて読みたい
天体物理学の新時代の幕開け!ブラックホールの撮影に初めて成功

 

 

あり得るのか?物理学者が負の質量をもつ液体の生成に成功(米研究)

 

 

タイムトラベルは実現可能なのか?理論上のいくつかの方法とパラドックス

 

 

ブラックホールを超える不可思議さ。別の宇宙に物質を吐き出すホワイトホールの存在

 

 

超大質量のブラックホールにダークマターが加わることでワームホールが形成される可能性(英研究)

 

 

 

 

 

貼り付け終わり、

 

 

 

>ワープ自体は可能だけどそれを起こすエネルギーを地球人は持ち合わせてないと
 いう話で結論出てるでしょ、採掘済みの地球にないし。

 

・と、云う鋭いコメント氏に座布団3枚w

 

 

 

 

 

以上は「タマちゃんの暇つぶし」より

 

ブラックホールも発見されて、人間の視野も広がりました。まだまだ発見は続くでしょう。  以上

« 金融庁は、近未来、われらの年金が消尽することを教えてくれた:われらの年金をアメリカ様に合法的に移転する確信犯的売国奴が日本の中枢に潜むと知れ! | トップページ | 地球の磁場の弱化がかなり加速しています »

宇宙自然科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金融庁は、近未来、われらの年金が消尽することを教えてくれた:われらの年金をアメリカ様に合法的に移転する確信犯的売国奴が日本の中枢に潜むと知れ! | トップページ | 地球の磁場の弱化がかなり加速しています »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ