カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • アメリカ破産
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 米政府はタンカー攻撃で反イランの宣伝を始めたが、早くもほころび | トップページ | 悪の勝利 »

2019年6月19日 (水)

★スパイゲートで軍産を潰すトランプ

★スパイゲートで軍産を潰すトランプ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

米国で5月14日、トランプ大統領がバー司法長官に、濡れ衣であることが正式
に判明したロシアゲートの出発点がどこにあったのかを調べて明らかにせよと命
じた。ロシアゲートは、FBI(司法省傘下の捜査機関)やCIAといった米諜
報界(軍産複合体)が、諜報界に刃向かいつつ大統領になったトランプを潰すた
め、トランプ陣営に「ロシアのスパイ」の疑い(無根拠な濡れ衣)をかけて捜査
してきた事件だ。諜報界を中心とする軍産複合体(軍産)は、選挙に関係なく米
国の中枢に陣取って米国と世界を動かしてきた勢力で、トランプは大統領就任当
初、彼らの影響力を排除できず、政権中枢の要職に軍産系の人々を配置(オバマ
前政権からの続投を容認)せざるを得なかった。トランプ敵視のロシアゲートの
捜査は従来、セッションズ前司法長官、コミー前FBI長官といった軍産系の勢
力によって進められてきた。

 

http://www.theepochtimes.com/the-origins-of-spygate-10-questions_2931724.html
The Origins of ‘Spygate’: 10 Questions

 

http://www.wsj.com/articles/american-intelligence-needs-reform-after-spygate-11557788640
American Intelligence Needs Reform After Spygate

 

だが、トランプは大統領としての権力を巧妙に行使し、与党の共和党を自分の側
につけ、17年5月にはコミーを辞めさせ(同時に濡れ衣晴らしに向け、モラー
特別検察官による調査を開始)、19年2月にはセッションズを辞めさせてトラ
ンプ支持のウィリアム・バーを司法長官に据えた。それ以来、ロシアゲートが濡
れ衣であることがバーによって暴露されていき、3月末にはトランプ陣営の潔白
を認めるモラーによる最終報告書が発表され、ロシアゲートは濡れ衣だったこと
が正式に確定した。(マスコミは諜報界・軍産の傘下なので、これを正式な確定
だと報じたがらず、多くの人々はロシアゲートの濡れ衣性についていまだに気づ
いていない)

 

http://tanakanews.com/190329russiagate.php
ロシアゲートとともに終わる軍産複合体

 

http://tanakanews.com/190402russiagate.htm
大統領の冤罪

 

これまでは、トランプが、ロシアゲートを使った諜報界・軍産からの攻撃を無力
化していく過程だった。今回トランプは一歩前進し、軍産側がどのようにロシア
ゲートの濡れ衣を作ったかという真相究明を、バー司法長官にやらせることにし
た。バーは捜査当局であるFBIだけでなく、捜査より前の段階としてトランプ
陣営をロシアのスパイとしてでっち上げる報告書を作成したCIAなど諜報界全
体を調査すると宣言している。

 

http://www.nytimes.com/2019/05/24/us/politics/trump-barr-declassify-intelligence.html
Potential Clash Over Secrets Looms Between Justice Dept. and C.I.A.

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-23/trump-orders-fbi-cia-fully-cooperate-barr-authorizes-full-and-complete-authority
Trump Orders FBI, CIA To "Fully Cooperate" With Barr; Grants "Full And Complete Authority To Declassify"

 

すでにロシアゲートが濡れ衣であることが確定した以上、ロシアゲートの元とな
った諜報をでっち上げた米諜報界は、大統領であるトランプを敵視する反逆・不
正な態度を持っているか、もしくは濡れ衣と気づかないほど無能であるかのどち
らかになり、大々的な「改革」が必要だと、すでにトランプとバーは結論づけて
いる。諜報界が、トランプ陣営を選挙期間中から就任後まで不正にスパイ(内情
を収集)していたことも、諜報界の不正行為として、トランプとバーに指摘され
ている。トランプは、米国の諜報界をまるごと不正な存在とみなし、彼らを無力
化する「改革」を断行しようとしている。

 

http://www.wsj.com/articles/motive-matters-in-trump-spygate-11557268983
Motive Matters in Trump Spygate

 

http://legalinsurrection.com/2019/05/bill-barr-is-going-to-expose-spygate-and-the-democrat-media-russia-collusion-complex-is-panicking/
Bill Barr is going to expose Spygate, and the Democrat-Media Russia Collusion Complex is panicking

 

軍産がトランプを潰そうとした「ロシアゲート」は、トランプ側の巻き返しと今
回の反撃開始により、トランプが軍産の反逆・不正行為(自分への濡れ衣攻撃)
を取り締まって「改革=無力化」する新段階に入っている。オルトメディアは、
この新段階を「スパイゲート」と呼んでいる。バー司法長官も「トランプ陣営に
対する諜報界からの不正なスパイ行為」という言い方をしている。マスコミは、
自分たち自身がトランプに潰される軍産の一味なので、動きの実態を伝えたがら
ず「スパイゲート」という名前も言いたがらない

 

http://sputniknews.com/analysis/201905011074586908-trump-steele-fbi-spygate/
Anti-Trump 'Coup': Spygate & Steele-FBI Cooperation Deserve Scrutiny

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-24/trump-strikes-back
Trump Strikes Back

 

米諜報界を中心とする軍産複合体は、1950年代の冷戦開始以来、米国政府の
世界戦略を牛耳ることで、米国と世界を支配してきた。中心は、CIAや国務省
、国防総省などからなる米諜報界だが、もともと米諜報界は第2次大戦中に英国
の諜報界(MI6など)によって創設(ノウハウ伝授)されており、英国勢が米
国側に入り込んで冷戦を引き起こし、米政府の戦略を牛耳った経緯がある。軍産
の大元締めは英諜報界であるともいえる。ロシアゲートも最大の根拠は、英国人
でMI6の要員だったクリストファー・スティールが作った「スティール報告書」
だ。(報告書の作成費用を出したのは米民主党のクリントン陣営)

 

http://www.theepochtimes.com/uk-intel-agencies-frame-spygate-involvement-ahead-of-trumps-declassification_2930221.html
UK Intel Agencies Frame ‘Spygate’ Involvement Ahead of Trump’s Declassification

 

http://tanakanews.com/110912book3.php
世界のデザインをめぐる200年の暗闘

 

軍産は、米英の諜報界を中心に、米国の中東戦略を牛耳ろうと70年代から横入
りしてきたイスラエル諜報界、諜報界から情報提供や人材供給を受けるマスコミ
や学術界・シンクタンク、政策立案を諜報界に任せている部分が大きい米議会、
米諜報界の言いなりになる同盟諸国(日独とか)など、軍産は裾野が広く、しか
も全体象が秘密になっていて見えにくい。米国の権力(と世界の覇権)は、表向
きだけ米大統領や連邦議会が持っているが、実際には軍産が握ってきた。歴代大
統領や議員たちは、軍産支配から逃れようとして苦戦してきた。トランプはレー
ガンと並び、歴代政権の中で、軍産支配の解体に最も成功している。

 

http://tanakanews.com/180226dossier.htm
ロシアゲートで軍産に反撃するトランプ共和党

 

英国のメイ首相が5月24日に辞任表明した。辞任の表向きの理由は、EU離脱
問題が混迷していることに関する与党内からの突き上げが強まったことだが、実
は裏にもう一つ、米司法省がスパイゲートに対する調査を本格化し、メイ政権時
代の英国の諜報機関がトランプ潰しを画策したことが、米国で犯罪扱いされる可
能性が出てきたためという指摘が出ている。メイ政権は16年7月からで、ステ
ィールが報告書をまとめて米マスコミにリークした16年夏から秋にかけての時
期と重なっている。

 

http://www.investmentwatchblog.com/did-theresa-may-really-resign-over-trump-russia-spygate-coup-attempt/
Did Theresa May Really Resign Over Trump Russia SpyGate Coup Attempt?

 

軍産の黒幕(の一つ)は英国であり、軍産敵視のトランプは、英国の混乱を願っ
ている。軟着陸的なEU離脱を目指していたメイが辞め、ハードランディングな
無協定離脱で良いじゃないかと言い続けてきたボリス・ジョンソンが英首相にな
るのは、トランプにとって嬉しい話だ。スパイゲートでは英国のほか、豪州とウ
クライナもトランプ潰しに加担したとトランプは考えている。

 

http://www.presstv.com/Detail/2019/05/19/596377/UK-Nigel-Farage-Trump-visit-invitation
Trump wants UK’s right-wing leader to join him during London visit

 

ロシアゲートからスパイゲートへの展開は、米国を横から支配する不正な軍産を
トランプが個人的に憎んで果し合いの喧嘩を続けているという話なのか??。私
の見立てはそうでない。軍産敵視の根本はトランプ個人の信条でなく、米諜報界
に、米単独覇権主義の軍産と、冷戦とともに軍産に破壊された国連安保理のP5
体制など多極型覇権の再生を模索する「多極主義」の勢力が長期に隠然と対立し
続け、ニクソン、レーガン、そしてトランプは、いずれも隠然と多極化を目指す
「隠れ多極主義」として、一貫した軍産との暗闘を続けている、というのが私の
見立てだ。

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-20/now-its-comey-vs-lynch-someones-lying-again
Now It's Comey Vs. Lynch: Someone's Lying Again

 

http://tanakanews.com/160301trump.htm
ニクソン、レーガン、そしてトランプ

 

ブッシュ親子も含め、共和党の政権は隠れ多極主義の傾向が強い。オバマやクリ
ントンなど民主党の政権は、大統領が軍産の支配力を抑えて穏健な米単独覇権を
運営することを目指す傾向だが、軍産と共和党(隠れ多極主義)の両方に邪魔さ
れ、毎回あまりうまくいかない。軍産はスパイ集団なので見えにくい存在だが、
軍産を潰そうとするスパイ集団内部の勢力である隠れ多極主義の存在は、さらに
見えにくい。戦後、国連P5の多極型世界システムの創設にロックフェラー家が
参加したので、ロックフェラーは隠れ多極主義だろうというのはわかる。ロック
フェラー系のキッシンジャーは米中和解や冷戦終結の仕掛け人だ。それより詳し
いことは何もわかっていない。私の見立ては仮説でしかない。空想だと言いたい
人は言えばよい。しかし、現実の世界はしだいに多極化し、米国覇権は弱まって
いる。

 

http://tanakanews.com/080427multipole.htm
隠れ多極主義の歴史

 

http://tanakanews.com/160323obama.htm
軍産複合体と闘うオバマ

 

トランプとバーの「改革」という名の諜報界潰しに対し、諜報界・軍産の側は「
米国の国家安全を損なうのでやめるべきだ」と言って反対している。バーが諜報
界の内実を暴露して重要な機密文書を公開すると、たとえばロシアの中枢に入り
込んでいる米国のスパイの存在がロシア側にわかってしまい、米国のスパイがロ
シアから排除され、ロシアの動きがわからなくなって米国が不利になるので国家
安全の脅威だという理屈だ。しかし実際の歴史を見ると、諜報界・軍産は
1950年代以降、冷戦構造を強固にするため、ロシアの脅威を実態よりもはるか
に誇張して伝え続けてきた。今も軍産はロシアの脅威を誇張している。諜報界は、
ロシアの脅威を正確に伝える存在でない。マスコミも歪曲報道ばかりしてきた。
実のところ、諜報界もマスコミも、潰されてしまった方が米国の国家安全のため
に良い。

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-24/schiff-claims-trump-conspiring-barr-says-investigating-russiagate-origins-un
Schiff Claims Trump 'Conspiring' With Barr; Says Investigating Russiagate Origins "Un-American"

 

http://www.presstv.com/Detail/2019/05/25/596907/Barr-may-imperil-national-security-US-intel-chief-warns-
US intel chief warns Barr not to imperil national security by releasing classified documents

 

軍産には「自分たちが不利になったら諜報を歪曲し、米軍がどこかの国で戦争せ
ざるを得ない状況に追い込み、戦争による有事体制化を利用して政権を奪取する」
という策略がある。911はその一例だ。だがトランプは、911後のブッシュ
(というよりチェイニーとネオコン)の手法を真似て、米本土や重要な同盟諸国
に被害が及ぶ大戦争になりかねない、軍産が反対するほどの過激な好戦戦略を
突っ走った挙句に、戦争せず問題を放棄するか和解に転じる謀略をやることで、
軍産の戦争戦略を無効にしている。北朝鮮との問題がそうだったし、今またイラ
ンでも過激策をやっている。もう軍産は戦争を起こせない。トランプの好戦策が
世界に平和をもたらしている(軍産傘下であるマスコミは全くそのように報じな
いが)。

 

http://www.apnews.com/eb4c8e7b1a8c4a5d9d618464249a8be8
Trump’s orders to AG on Russia probe worry critics

 

諜報界・軍産は秘密結社・スパイ網なので、全容をつかむことが困難であり、ト
ランプやバーが潰したつもりになって捜査や改革を終結しても、そのあと次の政
権になったらいつの間にか蘇生・復活している可能性がある。トランプは、諜報
界・軍産を潰すだけでは足りない。彼らが潰れている間に、世界の覇権構造を多
極型に転換(引き戻)し、そのあと彼らが蘇生しても支配できるのは北米地域だ
けという展開にせねばならない。軍産が潰れている間に、債券システムのバブル
崩壊を起こしてドル覇権を不可逆的に壊すことも必要だ。米中貿易戦争で中国を
対米自立させているのも、トランプの隠れ多極化策の一つだ。

 

http://tanakanews.com/190510china.htm
世界経済を米中に2分し中国側を勝たせる

 

http://tanakanews.com/190429multipol.php
多極化の目的は世界の安定化と経済成長

 

軍産の黒幕である英国をEU離脱で長期の混乱に陥らせておくのも、イスラエル
をトランプとネタニヤフの個人関係で動かすようにするのも多極化策だ。かつて
レーガンが冷戦終結という軍産潰しをやった時も、レーガンは英国を「米英金融
覇権体制」に引っ張り込んで軍事面の冷戦終結に同意させ、イスラエルをオスロ
合意の和平体制に引き込んで反逆しないようにした。トランプが今後、多極化の
一環としてロシア、中国と3国間の軍縮を始める予兆も出始めている。

 

http://tanakanews.com/190421brexit.php
英国をEU離脱で弱めて世界を多極化する

 

http://news.antiwar.com/2019/04/25/trump-orders-push-for-new-arms-control-deals-with-russia-and-china/
Trump Orders Push for New Arms Control Deals With Russia and China

 

来年の大統領選挙の関係では、米司法省がウィキリークスのアサンジを英当局に
逮捕させたことが、スパイゲートと絡んだトランプの策略の一つだ。スパイゲー
ト・ロシアゲートの中には、米民主党本部(DNC)のサーバーから何者かがメ
ールの束を盗み出してウィキリークスに送りつけて公開させた「DNCメール事
件」が含まれている。軍産や民主党は「ロシアが、トランプを有利にする目的で
メールの束を盗んだに違いない」と決めつけたが、その後「どうも犯人はロシア
でないようだ。DNCの内部犯行かも」という話になるとともに、この問題自体
がマスコミなどで語られなくなった。おそらく犯人はDNCの内部者なのだろう。
アサンジは、誰がメールの束を送りつけてきたか知っている。バーの司法省は、
アサンジを米国に連れてきてそれを証言させることで、ロシアゲートの濡れ衣性
を暴露するとともに、話の焦点を民主党内の不正に戻し、トランプを有利にした
いのだろう。この件はすでに以前の記事で詳しく書いた。

 

http://tanakanews.com/190415assange.htm
アサンジを米国に連行し民主党と戦わせるトランプ

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-13/re-opening-swedish-assange-case-should-be-welcomed
The Re-Opening Of The Swedish Assange Case Should Be Welcomed

 

多極主義の側が、軍産の側を捜査して取り締まるところまで優勢になったのは史
上初めてだ。レーガン時代のイランコントラ事件も軍産による悪事を暴露する意
図があったようだが、暗闘の挙句うやむやに終わっている。今回のスパイゲート
は、すでに「諜報界という米政府の一部が、濡れ衣のロシアゲートをでっち上げ
てトランプを潰そうとした」という犯罪行為の事実が露呈しており、事件の本質
が不明なまま終ったイランコントラより白黒がはるかに明確だ。トランプがどこ
まで軍産を潰せるかまだ不明だが、すごいことになっていきそうな感じがする。
軍産の一部であるマスコミの歪曲報道がひどくなっているので、真相はあまり報
道されないだろうが。

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-17/government-power-was-used-spy-american-citizens-barr-says
"Treason!" - Barr Finds "Government Power Was Used To Spy On American Citizens

 

 

この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/190527spygate.htm

 

 

以上は「田中宇氏ブログ」より
トランプ氏の政治は敵が多いので分かりずらい面が有りますが、結果は初期の目的を果たしつつあります。最後までやり抜くことが出来るかどうかが問われています。  以上

« 米政府はタンカー攻撃で反イランの宣伝を始めたが、早くもほころび | トップページ | 悪の勝利 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米政府はタンカー攻撃で反イランの宣伝を始めたが、早くもほころび | トップページ | 悪の勝利 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ