カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 今回、安倍氏は“北朝鮮ミサイルよりゴルフ”という稚拙な意思決定を国民に晒した:この現実から、われら日本国民は、北朝鮮脅威が米国戦争勢力の対日闇支配のための巧妙な国民だましに過ぎないと知るべき | トップページ | 国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕(日刊ゲンダイ) »

2019年8月 1日 (木)

有史以来一度も国民の手で憲法を制定したことがなかったので、今度こそ、憲法を制定すべき時がきているけれど、小沢一郎衆院議員の「日本国憲法改正試案」をたたき台にしよう

有史以来一度も国民の手で憲法を制定したことがなかったので、今度こそ、憲法を制定すべき時がきているけれど、小沢一郎衆院議員の「日本国憲法改正試案」をたたき台にしよう

 

 

文藝春秋 1999年 09月号 [哀悼:江藤淳/石原慎太郎:吉本隆明他] [雑誌] (文藝春秋; 月刊版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

 

 

◆〔特別情報1〕
 2016年6月27日、「日本を100年間植民地とする」日米英3国裏協定が71年目に破棄され、晴れて独立国になることができた。だから「平和憲法を破棄してよい」ということではないけれど、聖徳太子(厩戸皇子)の「17条憲法」、大日本帝国憲法(明治天皇による欽定憲法)、日本国憲法(GHQによる占領憲法)と日本は、有史以来1度も国民の手で憲法を制定したことがなかったので、今度こそ、憲法を制定すべき時がきている。だが、「軍国主義者」である安倍晋三首相と最大の支持者である極右勢力「日本会議」の手に任せるわけにはいかない。自民党改憲案4項目「(1)自衛隊の明記 (2)緊急事態条項(3)合区の解消(4)教育無償化の明記」のうち、「(1)自衛隊の明記」が、中途半端で不完全であるからだ。このため、安倍晋三首相は、参議院議員選挙(7月21日)後、この自民党改憲案4項目にこだわらない姿勢を示している。ならば、国民民主党の小沢一郎衆院議員が1999年9月、自由党党首時代に提案した「日本国憲法改正試案」をたたき台にして、改正案をまとめて、衆参両院の各議院が国民に提案して、国民有権者の過半数を得て、正式に改憲を行うべきである。

 

以上は「板垣英憲氏」ブログ
現在の自民党の改憲案は危険です。しかし日本にとってまともな憲法案なら良いでしょう。いずれ在日米軍が撤退します。以上

« 今回、安倍氏は“北朝鮮ミサイルよりゴルフ”という稚拙な意思決定を国民に晒した:この現実から、われら日本国民は、北朝鮮脅威が米国戦争勢力の対日闇支配のための巧妙な国民だましに過ぎないと知るべき | トップページ | 国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕(日刊ゲンダイ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今回、安倍氏は“北朝鮮ミサイルよりゴルフ”という稚拙な意思決定を国民に晒した:この現実から、われら日本国民は、北朝鮮脅威が米国戦争勢力の対日闇支配のための巧妙な国民だましに過ぎないと知るべき | トップページ | 国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕(日刊ゲンダイ) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ