カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 中央ヨーロッパのほぼ全域で「10センチ以上の大きさの雹が降る」というかつてなかった黙示録的事象が発生。フランスでは農作物に壊滅的な被害 | トップページ | バチカンのサンピエトロ大聖堂は王冠を頂くヘビ »

2019年7月 2日 (火)

★イラク戦争の濡れ衣劇をイランで再演するトランプ

★イラク戦争の濡れ衣劇をイランで再演するトランプ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この記事は「戦争するふりを続けるトランプとイラン」の続きです
http://tanakanews.com/190512iran.php

 

2003年のイラク戦争は、当時のブッシュ政権の上層部にいた好戦的なネオコ
ンたちが「イラクが大量破壊兵器を開発している」という誇張・捏造の情報を、
ウソと知りながら開戦事由として使い、イラクに濡れ衣をかけて本格侵攻して政
権転覆した戦争だ。事後に、侵攻前のイラクが大量破壊兵器を開発していなかっ
たことが確認され、開戦事由がウソだったと判明した。イラク戦争は、米国の国
際信用(覇権)を失墜させた。米国はその後、リビアやシリアなどに侵攻するか
どうか判断を迫られるたびに、本格侵攻しない(空爆と特殊部隊の派遣でごまか
す)方を選択し続けている。イラク戦争は、米国上層部の安保担当者たち(軍産
複合体)にとってトラウマとなり、米国は「戦争できない国」になった。

 

http://lobelog.com/the-medias-shameful-handling-of-boltons-iran-threat-claims-recalls-the-run-up-to-the-iraq-war/
The Media’s Shameful Handling of Bolton’s Iran Threat Claims Recalls the Run-up to the Iraq War

 

しかし今回、米国は16年ぶりに、今度はイランに対して、開戦事由をでっち上
げて戦争を仕掛ける演技を開始している。16年前、ブッシュ政権の国務次官補
としてイラク侵攻の開戦事由のでっち上げに奔走したネオコン系のジョン・ボル
トンが、今回はトランプ大統領の最重要側近の一人(安保担当補佐官)になり、
イランと戦争する方向に事態をどんどん動かしている。5月5日、米政府が「イ
ランが中東の米軍施設などを攻撃してきそうなので、イラン前面のペルシャ湾に
空母部隊を派遣する」と発表したが、これを発表したのは最高司令官のトランプ
でなく、トランプから「戦争担当」を任されたボルトンだった。

 

http://nationalinterest.org/print/blog/skeptics/trumps-hired-hands-want-war-iran-57532
Trump's Hired Hands Want a War in Iran

 

http://www.wsj.com/articles/u-s-deployment-triggered-by-intelligence-warning-of-iranian-attack-plans-11557180106
U.S. Deployment Triggered by Intelligence Warning of Iranian Attack Plans

 

ボルトンは、イランが米軍施設を攻撃しそうだと言いつつ、その根拠となる諜報
界の情報を何も示さなかった。だが5月12日、ペルシャ湾の入り口の要衝であ
るイラン前面のホルムズ海峡に近いUAEのフジャイラ港の沖合で、サウジアラ
ビアの大型タンカーなど4隻が、何者かによって攻撃される事件が起きた。死傷
者がおらず原油流出もなく、攻撃の内容すら報じられないままで、UAEやサウ
ジの当局は犯人を名指ししていないが、マスコミや「専門家」たちは、すぐに
「タイミングから見てイランが犯人だ」と喧伝し始めた。

 

http://gulfnews.com/world/gulf/saudi/probe-underway-after-saudi-oil-tankers-came-under-sabotage-attack-off-fujairah-1.1557726302971
Probe underway after Saudi oil tankers came under 'sabotage attack' off Fujairah

 

http://www.hellenicshippingnews.com/iran-warns-of-conspiracy-over-sabotaged-vessels-near-fujairah-port/
Iran warns of ‘conspiracy’ over sabotaged vessels near Fujairah port

 

フジャイラはホルムズ海峡を迂回するパイプラインからタンカーに石油を積み替
える港であり、それを理由に「米軍がこれからホルムズ海峡を閉鎖するので、そ
れに先んじてイランが迂回ルートを潰そうと攻撃事件を起こしたに違いない」と
いう見方が出ており、イランの革命防衛隊系のメディアの中にさえ、そのような
見方をしてイラン犯人説を半ば認める動きもある。しかし、今のタイミングでイ
ランがこの手の攻撃を行ったのなら、米イスラエル側の思う壺になってしまうの
で、それは考えにくい。

 

http://www.hellenicshippingnews.com/iran-warns-of-conspiracy-over-sabotaged-vessels-near-fujairah-port/
Iran warns of ‘conspiracy’ over sabotaged vessels near Fujairah port

 

イランは近年、中国ロシアやトルコなどからの関係強化や支援を受け、米国の制
裁を乗り越える力をつけている。EUも、トランプの米国の同盟国無視のやり方
に怒り、核協定を守ってイランと仲良くする傾向だ。今後、時間が経つほどイラ
ンが有利、米国が不利になっていく。イランとサウジの対立でも、イランの優勢
が増している。それを知りながら、イランが米サウジ側を攻撃するはずがない。
むしろ米諜報界傘下のテロリスト系勢力(アルカイダIS)が、イラン系の犯行
のふりをして挙行した濡れ衣攻撃(偽旗攻撃)である可能性の方が強い。空母派
遣の口実を、あとからでっち上げた感じだ。

 

http://tanakanews.com/190412iran.php
イランの自信増大と変化

 

http://www.unz.com/pcockburn/saudi-oil-tanker-sabotage-is-a-dangerous-moment-in-us-iran-tensions/
Saudi Oil Tanker 'Sabotage' Is a Dangerous Moment in US-Iran Tensions

 

フジャイラ沖のタンカーへの攻撃は、イラン系がやった証拠がなく、イラン系が
犯人である可能性がないのに、トランプの米政府は、イランが犯人だと濡れ衣的
に決めつけ、空母をペルシャ湾に差し向けて今にもイランを軍事攻撃しそうなそ
ぶりを示している。16年前に濡れ衣のイラク戦争を引き起こしたボルトンが、
今またイランとの濡れ衣戦争を起こそうとしている。トランプが、好戦的なボル
トンに引っ張られ、泥沼のイラン戦争に突入しようとしている。ゴリゴリ軍産プ
ロパガンダ雑誌の英エコノミストから、ゴリゴリ反軍産分析者のポール・クレイ
グロバーツまでが、そのように言っている。

 

http://www.investmentwatchblog.com/paul-craig-roberts-trump-being-set-up-for-war-with-iran/
Paul Craig Roberts: Trump Being Set-Up For War With Iran

 

http://www.economist.com/middle-east-and-africa/2019/05/14/strange-things-are-afoot-in-the-strait-of-hormuz
Strange things are afoot in the Strait of Hormuz

 

だが実際には、米国はイランと交戦しない。ペルシャ湾の現場の米軍は、イラン
との戦争に反対している。米軍はペルシャ湾で革命防衛隊などイラン側と毎日対
峙しているが、特に変わったことは起きていないと平静を強調している。現場の
米軍は、ボルトンの好戦的な態度と一線を画している。米軍(軍産)傘下の分析
者たちは、米マスコミに「フジャイラのタンカー攻撃の犯人がイランだと言い切
れる証拠はまだない」と言い、米イラン開戦を止めようとしている。

 

http://www.middleeasteye.net/news/US-scant-evidence-Iran-threat-claims-analysis
A widening gulf: US provides scant evidence to back up Iran threat claims

 

03年のイラクは、国連などから10年以上の経済・軍事の制裁を受けて武装解
除を強いられ続け、ろくな兵器を持っておらず、米軍がイラクに侵攻してフセイ
ン政権を転覆するのは簡単だった。だが今のイランは、ロシアや中国などから大
量の兵器を買い込んで武装しており、戦争すると米軍側にも大きな被害が出る。
イラン長期に制裁して軍事力を低下させてから侵攻するのが以前からの軍産(米
イスラエル)の戦略だったが、イランは制裁を乗り越えて露中などから兵器を買
っており、軍産の戦略は失敗している。軍産は、こんな状態でイランと戦争した
くない。軍産を敵視するトランプは、それを知った上でボルトンを戦争担当に据
え、今にもイランと戦争しそうな演技を展開している。軍産は迷惑している。

 

http://www.cbsnews.com/news/bernie-sanders-says-war-with-iran-would-be-many-times-worse-than-the-iraq-war/
Bernie Sanders says war with Iran would be "many times worse than the Iraq War"

 

ボルトン側(?)は「イラン系の軍事勢力が、ペルシャ湾でよく使われる小型の
木造帆船(ダウ船)にミサイルを積んで米軍艦などに接近して攻撃することを計
画している」と米マスコミにリークし報道させた。これに対して米軍系の分析者
(軍産)たちは「不安定なダウ船からミサイルを発射して命中させるのは至難の
業だ。イラン側が過去にダウ船で攻撃を仕掛けてきたこともない。ダウ船攻撃の
話は信憑性が低い」という趣旨のコメントを発している。軍産が、ボルトンたち
の好戦的な濡れ衣攻撃をやめさせたがっているのが見て取れる。

 

http://www.middleeasteye.net/news/US-scant-evidence-Iran-threat-claims-analysis
A widening gulf: US provides scant evidence to back up Iran threat claims

 

米軍と一緒にいる英国軍はさらに露骨で、イラクシリア担当の司令官が5月15日
に「イラン系の軍事勢力は、米英側に攻撃を仕掛けてきそうな兆候は何もない」
と明言した。英国は、米国に引きずられてイランと戦争したくないと示唆して
いる感じだ。

 

http://www.presstv.com/Detail/2019/05/15/595968/No-increased-threat-from-Iran-USled-coalition-
‘No increased threat from Iran,’ says British general in remarks he refuses to restate

 

サウジアラビアも、トランプと一緒にイランを敵視してきたが、よく見るとサウ
ジもイランとの戦争を嫌がっている。駐サウジ米大使のアビザイドは5月14日
に「フジャイラのタンカー攻撃事件は、捜査によって解決すべきだ。戦争で解決
すべきでない」と表明した。この表明はおそらくサウジ王政(MbS)の意思を反
映したものだ。

 

http://news.antiwar.com/2019/05/14/u-s-ambassador-to-saudi-arabia-urges-response-short-of-war-to-gulf-tankers-attack/
U.S. Ambassador to Saudi Arabia Urges Response ‘Short of War’ to Gulf Tankers Attack

 

イランの最高指導者ハメネイ自身「トランプの米国は好戦的な言動を仕掛けてく
るだけだ。イランと戦争することはない」と言っている。16年前に米軍に濡れ
衣で侵攻されたイラクも「今の状況が16年前と似ている部分もあるが、今回米
国とイランが戦争することはない」と言っている。

 

http://www.presstv.com/Detail/2019/05/14/595941/Iran-Leader
Ayatollah Khamenei rules out possibility of war with US despite tensions

 

http://www.nytimes.com/2019/05/15/world/middleeast/iraq-iran-war-militias.html
Despite Troubling Echoes of 2003, Iraqis Think U.S.-Iran War Is Unlikely

 

トランプが好戦的なボルトンにイランと戦争する演技をさせていることに対し、
米軍や、英サウジといった同盟国(これら全体が軍産)は、隠然と猛反対してい
る観がある。軍産側からは「トランプは、ボルトンが本気でイランと戦争しよう
とするので不満をつのらせている。トランプはボルトンと対立し、間もなくボル
トンを辞めさせるだろう」といった推測の指摘が軍産から出ている。これに対し
トランプは「対立なんかない。側近たちの中にいろんな意見があるが、最終的に
決めるのは私だ。簡単な構造だ」と言っている。

 

http://www.presstv.com/Detail/2019/05/15/595993/US-Trump-fire-National-Security-Advisor-John-Bolton
Trump considering replacing John Bolton: Report

 

http://www.presstv.com/Detail/2019/05/15/596052/Trump-denies-infighting-in-WH-over-Iran
‘No infighting whatsoever’ in White House over Iran, Trump claims

 

トランプは大統領になる前「お前はクビだ!」と彼自身が言うのが決まり文句の
テレビドラマを作っており、大統領になってからもどんどん側近のクビを切って
きた。トランプがボルトンを辞めさせたければ、いつでもクビを切れる。軍産が
迷惑するような好戦的な演技をボルトンにやらせ、自分は離れたところにいるの
がトランプの今のイラン(やベネズエラ)に対する戦略だ。

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-14/trump-slams-fake-news-nyt-120k-troops-iran-report
Trump Slams "Fake News" NY Times 120K Troops To Iran Report

 

http://www.greenwichtime.com/opinion/article/Are-we-watching-John-Bolton-s-last-stand-13824655.php
Are we watching John Bolton's last stand?

 

トランプはボルトンを使って、今にもイランと戦争しそうな演技をしているが、
実際の戦争はしない。そして、その一方でトランプはこれまでに何度もイランに
対し「交渉しよう。いつでも電話してこい」と言って、イラン側に自分の電話番
号を教えている。イランは「交渉すると言いつつ、こちら側が飲めない条件を出
してくるに違いない」と言って、トランプの交渉提案を本気にしていない。

 

http://www.al-monitor.com/pulse/originals/2019/05/iran-trump-offer-talks-reactions-jcpoa-nuclear-deal-dialogue.html
Why Iranians doubt the seriousness of Trump's latest offer of talks

 

これらの全体と良く似たものを、以前に見たことがある。それは、トランプの北
朝鮮との関係だ。トランプは以前、今にも北朝鮮と戦争しそうなそぶりを見せつ
つ軍産をビビらせ「戦争反対」と言わせた後、一転して米朝首脳会談を繰り返し
て金正恩と「ずっと友だち(ずっ友)」を宣言してしまい、挙句の果てに北朝鮮
問題の解決を中国ロシア韓国に任せる流れを作ってきた。これと同様に、トラン
プはイランとの関係も、今回軍産をビビらせて「戦争反対」と言わせつつ、イラ
ンに「オレと交渉しろ」と言い続けている。

 

http://tanakanews.com/190506korea.php
◆多極化への寸止め続く北朝鮮問題

 

http://tanakanews.com/180511trump.php
トランプのイランと北朝鮮への戦略は同根

 

とはいえ、トランプが今後イランと仲良くする可能性は低い。トランプがイラン
と仲良くしてしまうとイスラエルがトランプを支持できなくなり、トランプが来
年の大統領選で再選できる可能性が減るからだ。そもそもトランプが金正恩と仲
良くしたのは、そうやって米韓と北朝鮮の間の緊張を緩和させないと、韓国と北
朝鮮が仲良くできず、北朝鮮問題を中韓露に押し付けられないからだ。トランプ
は、自分がイランと仲良くするのでなく、露中トルコなどの非米諸国がイラン問
題の解決を主導するように仕向けたい。

 

http://www.presstv.com/Detail/2019/05/06/595267/Geng-China-Iran-JCPOA-US-sanctions
China 'firmly' opposes US sanctions on Iran: Foreign Ministry

 

http://tanakanews.com/070130multipolar.htm
北朝鮮・イランと世界の多極化

 

おりしも習近平の中国は、貿易戦争でトランプから攻撃され、共産党内の反米感
情や、中国覇権の拡大要求が強まっている。この勢いに乗って中国が、米国覇権
に対する従来の尊重を捨て、ロシアと協力して、これまで踏み込まなかった強さ
でイランの味方をするようになると、米国はイランに対して口で敵視するばかり
で手出しできなくなる傾向が強まり、中露など非米諸国によるイラン問題解決主
導の流れになる。

 

http://www.zerohedge.com/news/2019-05-14/china-calls-peoples-war-against-us-vows-fight-new-world
China Calls For "People's War" Against The US, Vows To "Fight For A New World"

 

http://www.al-monitor.com/pulse/originals/2019/05/iran-china-jcpoa-nuclear-deal-oil-imports-trump-sanctions.html
Will China play a role in lessening US pressure on Iran?

 

トランプは、イラク戦争の濡れ衣劇を、イランを相手に再演している。それは、
米国の従来の戦争戦略・好戦的な覇権戦略を動かしてきた、勝てる戦争しかやり
たがらない軍産複合体(英イスラエル・サウジ)を無茶な戦争に追い込むことで
ビビらせて「戦争反対」に追いやり、米国自身はイラン問題から実質的に手を引
いていき、イラン問題の解決を露中などに押し付けるためだ。

 

http://www.presstv.com/Detail/2019/05/14/595949/Iranian-nuclear-program-peaceful-in-nature-Russias-Lavrov
Iranian nuclear program peaceful in nature: Russia’s Lavrov

 

イラク戦争は、やるべきでない戦争をやってしまった「悲劇」だった。対照的に、
今回のトランプのイランとの戦争劇は、やるべきでない戦争をやろうとしてやら
ないで終わり、軍産を巻き込んだ政治的なドタバタ劇にするトランプ流の隠れ
多極主義の「喜劇」として演じられている。「歴史は繰り返す。最初は悲劇とし
て、2回目は喜劇として」とマルクスが書いたそうだが、トランプはまさに
「2回目の喜劇」を担当している。トランプは、ベネズエラに対しても同様のこと
をやっており、喜劇としての好戦的な歴史劇をあちこちで繰り返そうとしている。

 

http://www.economist.com/middle-east-and-africa/2019/05/14/strange-things-are-afoot-in-the-strait-of-hormuz
Strange things are afoot in the Strait of Hormuz

 

 

この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/190516iran.htm

 

 

以上は「田中宇氏ブログ」より
馬鹿なことはやらないで早くイランから手を引くべきです。以上

« 中央ヨーロッパのほぼ全域で「10センチ以上の大きさの雹が降る」というかつてなかった黙示録的事象が発生。フランスでは農作物に壊滅的な被害 | トップページ | バチカンのサンピエトロ大聖堂は王冠を頂くヘビ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中央ヨーロッパのほぼ全域で「10センチ以上の大きさの雹が降る」というかつてなかった黙示録的事象が発生。フランスでは農作物に壊滅的な被害 | トップページ | バチカンのサンピエトロ大聖堂は王冠を頂くヘビ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ