カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« トルコへの新アメリカ大使 - 破綻した結婚は終り? | トップページ | 人類の第2次低脳化現象 (2) あなたも今リアルタイムで “低脳化” している? »

2019年7月20日 (土)

安倍自民最大の脅威・山本太郎氏は悪名高い選挙屋・ムサシのウラに精通しているはず、なぜなら、彼の師匠・小沢氏が首相になれなかったのはムサシのせいと疑われるから

安倍自民最大の脅威・山本太郎氏は悪名高い選挙屋・ムサシのウラに精通しているはず、なぜなら、彼の師匠・小沢氏が首相になれなかったのはムサシのせいと疑われるから

1.参院選を控えて、世論操作のため、またまた、安倍自民一派が蠢き始めた

 ネット情報によれば、参院選を控えて、安倍自民の支持率が上昇しているそうです(注1)。

 この調査をやっているのがフジ・サンケイグループですから、元々、安倍自民支持者を対象に、世論調査をやっていると思われます。

 本ブログでは、電通系マスコミが行う世論調査の信用性は低いと観ています(注2)。

 今の日本における総選挙業務全体はすでに、何者かによって、事実上、乗っ取られており、総選挙における開票集計改ざんと、総選挙前の世論調査数字の辻褄合わせが行われていると疑われます。

2.事前の世論調査結果と選挙結果の整合性を取っておくことは、選挙請負屋にとってイロハのイ

 総選挙の際、NHKを筆頭に、大手マスコミはそろって速報体制を敷きます。そして、選挙締切り直後から、当確情報を垂れ流しますが、われら国民は、白けるばかりです。

 上記の事実からわかることは、総務省から選挙全体を請け負っている選挙請負屋は、選挙前に、およそ、当選者を決めていて、事前の世論調査結果と、選挙結果の整合性を取っていると疑われます。

 いずれにしても、総選挙は今では、すべて、総務省から電通などメディア大手に税金で外注されていると観るべきです。

3.電通がらみの世論調査も、ムサシがらみの開票集計も、東京オリンピックと同様に、メディア大手に丸投げされている

 各マスコミの世論調査は、メディア大手の系列の世論調査会社に下請けされていると思われますが、選挙の開票集計は悪名高いムサシが請け負っていることはすでに、広く知られています。

 ちなみに、筆者が行く投票所もムサシのマシンが入っています。

 そのムサシの本社は、あの電通本社(新橋)のすぐそばにあります。

 既存野党は、ムサシの追及に及び腰です、なぜなら、立憲民主の前身、かつての民主党も、ムサシに代表選の開票集計を外注していたからです(注3)。

 われら国民が期待できるのは、既存野党ではなく、今や、れいわ新選組の山本太郎氏のみです。

 山本氏は、あの小沢氏(元・民主党)の部下だった人物ですから、ムサシのウラに精通しているはずです、なぜなら、小沢氏がかつて民主党代表選に負けたため、首相になれなかったのにはウラがあったからです(注4)。このウラを小沢氏はすべて知っているはずです。

注1:阿修羅“最新の世論調査で 安倍政権の支持率が 52%に上昇 逆に不支持は減る自民党の支持率も 40%と高値 立憲9.5%、共産3%、社民0.5%”
http://www.asyura2.com/19/senkyo263/msg/317.html

注2:本ブログNo.2366 『安倍内閣支持率の世論調査は中立的ではない:今の日本における総選挙でも、開票集計の改ざんが秘かに行われているかもしれないとみんな、疑うべき』2019年6月9日
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/37850124.html

注3:植草一秀の『知られざる真実』“「株式会社ムサシ」と民主代表選をつなぐ点と線(3)”2013年1月9日
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-7baf.html

注4:本ブログNo.709『選挙システム会社の経営者だったチャック・ヘーゲル氏が米国防長官に抜擢されたウラ事情:オバマ再選の最大の功労者だったのか』2013年1月13日
https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/31252942.html

 

以上は「新・ベンチャー革命」より
不正選挙の癌ムサシをトランプ政権は掴んでいるはずです。もうそろそろ暴露する時期に来ています。以上

« トルコへの新アメリカ大使 - 破綻した結婚は終り? | トップページ | 人類の第2次低脳化現象 (2) あなたも今リアルタイムで “低脳化” している? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トルコへの新アメリカ大使 - 破綻した結婚は終り? | トップページ | 人類の第2次低脳化現象 (2) あなたも今リアルタイムで “低脳化” している? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ