カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 衆議院議長に高市早苗元総務相の名前が候補として上がり、稲田朋美党総裁特別補佐(筆頭副幹事長)を幹事長にという話が出てきたことで、自民党内は大変なことになっている | トップページ | ★岩を溶かして生きる珍しい植物発見!(ブラジル) »

2019年8月15日 (木)

ロシアと中国による先を見越した行動がアメリカの対イラン戦争を妨げよう

ロシアと中国による先を見越した行動がアメリカの対イラン戦争を妨げよう
2019年6月18日
皆様のウェブサイトをご支援願いたい。
Paul Craig Roberts
 非常に多くのニセ情報があるので、アメリカがイランへの軍事攻撃を計画しているという下記のイスラエル・ニュース報道を評価するのは困難だ。イスラエルはアメリカがイランを攻撃することを望んでおり、この報道はその方向に出来事を推し進める試みである可能性がある。
 ワシントンにはイスラエル権益を支援する正当な理由がない。
 ワシントンがあえてもう一つの戦争を始めるのは極めて無責任だ。
 ロシアと中国の権益は、アメリカの対イラン戦争によって脅かされかねず、手に負えない状況になりかねない。
 もしイランへのアメリカ攻撃の可能性が本当にあるのなら、ロシアと中国が断固とした姿勢をとり、それを事前に阻止するのは、責任ある行動だ。
 国連当局者:アメリカはイランで「戦術的攻撃」を計画
シュロモ・シャミール/ 日刊マアリヴ・オンライン
2019年6月17日
 検討中の軍事行動は核開発計画関連のイラン施設への空爆だと当局者は更に主張した。
 アメリカはまもなくイランを攻撃するのだろうか?
 ニューヨーク国連本部の外交情報提供者は、木曜のペルシャ湾でのタンカー攻撃に応えて、対イラン戦術攻撃を実行するアメリカ計画を、彼らが評価していることをマアリヴに明らかにした。
 当局者によれば、金曜日から、ホワイトハウスは、上級軍司令官や国防総省代表者やドナルド・トランプ大統領補佐官を含めて、頻繁な議論を行っている。
 検討中の軍事行動は核開発計画関連のイラン施設への空爆だと当局者は更に主張した。
 「爆撃は大規模だろうが、特定目標に限定されるだろう」とある欧米外交官は述べた。
 Paul Craig Robertsは元経済政策担当財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニューズ・サービスとクリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。
 ご寄付はここで。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/
記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2019/06/18/a-proactive-russia-and-china-could-prevent-us-war-with-iran/
----------
 容疑者引き渡し条例反対運動については、抗議行動参加者たちの姿を何度も報じる大本営広報部、アサンジ引き渡し反対のまともな番組を作っているだろうか?中国が引き渡しを要求すると大騒ぎするが、アメリカ国家による戦争犯罪その他の国家犯罪を暴露した立派なジャーナリズムの仕事をしたアサンジの引き渡しをアメリカ要求をしていることに、何の文句もいわない不思議。アサンジ弾圧は、そのままあらゆるジャーナリズム弾圧なのに。
日刊IWJガイド・土曜版「ついに戦争の瀬戸際! トランプ米大統領がイラン攻撃をいったん承認後、攻撃直前に中止を連絡!? 今後の攻撃可能性は不明!? 日本は米国が引き起こす戦争に引きずり込まれるのか!?」 2019.6.22日号~No.2473号~(2019.6.22 8時00分)
 宗主国を戦争へとつき動かしているのは?
岩上安身によるインタビュー今後の日程・配信予定~ 中東危機について連続インタビュー! 25日(火)午後7時からパレスチナの平和を考える会事務局長の役重善洋氏にインタビューを行います! 米国のイラン敵視政策の背後にはイスラエルの存在が! 放送大学名誉教授の高橋和夫氏へもインタビュー予定! 2日かけて録画収録した坂本雅子・名古屋経済大学名誉教授インタビューは、準備ができ次第録画配信の日程をお知らせします! なぜ日本の経済力が低下したのか、どうして景気が好転しないのか、考えるためには必見の内容です!

 

2019年6月22日 (土) イラン, アメリカ, アメリカ軍・基地, ポール・クレイグ・ロバーツ, イスラエル | 固定リンク

 

以上は「マスコミに載らない海外記事」より
中国とロシアの行動がアメリカの違法行動を抑止します。強力な国連軍があれば良いのですがまだありません。 以上

« 衆議院議長に高市早苗元総務相の名前が候補として上がり、稲田朋美党総裁特別補佐(筆頭副幹事長)を幹事長にという話が出てきたことで、自民党内は大変なことになっている | トップページ | ★岩を溶かして生きる珍しい植物発見!(ブラジル) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 衆議院議長に高市早苗元総務相の名前が候補として上がり、稲田朋美党総裁特別補佐(筆頭副幹事長)を幹事長にという話が出てきたことで、自民党内は大変なことになっている | トップページ | ★岩を溶かして生きる珍しい植物発見!(ブラジル) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ