カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • コロナワクチン解毒方法
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • パンデミック合意
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • 5G
  • lgbtq
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« 衆議院総選挙が怪しい? | トップページ | ファイザー元社員が詳細に語る »

2021年11月20日 (土)

★英米覇権の一部である科学の権威をコロナや温暖化で自滅させる

★英米覇権の一部である科学の権威をコロナや温暖化で自滅させる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

多くの人々は「科学的な正しさ」が政治的な意図と無関係だと思っている。ある
考え方が科学的に正しいかどうか「科学自体の道理で考えれば明白であり、そこ
に政治が入り込む余地などない」と多くの人が信じ込んでいる。しかし、実はそ
うでない。新型コロナの重篤性や感染状況、温暖化人為説など、コロナや温暖化
に関して、科学の道理で考えると事実と思えない事柄がいくつもある。政治的な
手法によって歪曲された話を、世界的に人々に信じ込ませている。人々は騙され
ている。

 

https://tanakanews.com/210630climate.htm
コロナの次は温暖化ディストピア

 

https://summit.news/2021/11/19/official-public-health-england-data-says-covid-infection-rates-higher-in-vaxxed-then-unvaxxed/
Official Public Health England Data Says COVID Infection Rates Higher in Vaxxed Than Unvaxxed

 

コロナウイルスのような感染症は、最初の発祥から何か月か時間がたつとととも
に重篤性・脅威が低下して感染しても発症させないもの、感染すらしないものに
なっていくものだが、今回の新型コロナはそうなっていない。科学の権威筋は、
それについて説得力のある説明をしていない。高サイクルのPCR検査が偽陽性を
多発することはコロナ以前から知られていたのに、それについても全く無視され
たままだ。コロナ以外の死因の死亡者をコロナの死者として計上する意図的な誤
診が世界的に行われてきたことがわかっているが、それについても何の説明もな
く継続されている。科学でなく政治的な意図でコロナの脅威が誇張され続けてい
る。欧米日などで強制・半強制的に接種されているワクチンが効かない(感染=
偽陽性の拡大を止めない)ものであることがわかってきたのに、それについても
説明や政策転換がなく、強制的な接種が続けられている。自然免疫や集団免疫の
状況についてもずっと無視されている。

 

https://tanakanews.com/210518corona.htm
マスク要らない

 

https://tanakanews.com/210215corona.htm
永遠のコロナ

 

http://thelibertydaily.com/cdc-finally-quietly-begrudgingly-releases-natural-immunity-numbers-and-now-we-know-why-they-waited/
CDC Finally, Quietly, Begrudgingly Releases Natural Immunity Numbers and Now We Know Why They Waited

 

地球温暖化人為説の権威たちは、何十年も前から「10年後に世界が温暖化して住
めなくなる」と言い続けてずっと外れているが、それについても無視されている。
2009年のクライメートゲートで、英米の学者たちが気候モデルを不正操作して
歪曲していたことが暴露されたのに、それも無視されている。COP26は失敗して
良かった。あの会議が成功して世界的に間違った「温暖化対策」が行われていた
ら大惨事だった。「気候危機」とか言って騒いでいる人々は早く間違いに気づく
べきだ。

 

https://tanakanews.com/091202warming.htm
地球温暖化めぐる歪曲と暗闘

 

https://tanakanews.com/191115warming.htm
歪曲が軽信され続ける地球温暖化人為説

 

https://wattsupwiththat.com/2021/10/31/europes-energy-crisis-better-wake-america-up/
Europe's Energy Crisis Better Wake America Up

 

コロナや温暖化について、科学的な正しさが歪曲されている。権威ある勢力ほど、
歪曲された事柄を「科学的事実」だと言って喧伝し、それを否定する者たちを
攻撃し、陰謀論者のレッテルを貼って無力化している。コロナや温暖化の問題で
は「科学的事実」と喧伝されていることが「事実」でなく、政治的な意図に基づ
いて歪曲された事柄になっている。大学教授など世界的な「科学の権威」たちが、
自分たちの権威を使って、事実でないことを事実として歪曲している。この動き
は、世界的に組織的に行われており、各国政府やマスコミ、各種の市民運動など
を広範に巻き込んで行われている。科学の権威たちは自分たちで独自に考えて
歪曲行為をしているのでなく、さらに上部から動かされて歪曲を行なっている可
能性が高い。この歪曲は科学でなく、政治的な意図に基づいて行われている。

 

https://tanakanews.com/211020corona.htm
コロナ危機の意図 <1>

 

https://wattsupwiththat.com/2021/10/28/is-climate-alarmism-an-establishment-attempt-to-restore-social-unity/
Is Climate Alarmism an Establishment Attempt to Restore Social Control?

 

コロナも温暖化も、今はまだ世界の大半の人々が歪曲に気づかず、騙されたまま
ウソを信じている。組織的に歪曲に気づいているのは、米国の共和党の草の根系
の右派の人々ぐらいだ。中国やロシアの権力筋は、温暖化のウソに気づいている
ようでCOPへの参加に消極的だったが、半分信じるふりをしつつ国際政治に参加
し、温暖化対策を自国のプラスになるように動いている。中露の上の方はコロナ
についても、歪曲に気づいているが信じるふりをして自国のプラスにする戦略を
とっているふしがある。日本の自民党政権も、コロナや温暖化の歪曲に気づきつ
つ信じるふりの戦略っぽい。

 

https://tanakanews.com/211031climate.php
欧米の自滅と多極化を招く温暖化対策

 

https://tanakanews.com/210905corona.htm
コロナ帝国と日本

 

これからもずっと人々は軽信し続けるのか。そうは思えない。コロナと温暖化の
歪曲について、今はまだ軽信している人々が、今後しだいに歪曲に気づいていく
可能性がある。とくに、コロナのワクチンが効かないだけでなく副作用や自然免
疫低下などの害があることが隠せなくなって行くと、人々はワクチンを打ちたが
らなくなり、接種を強制してくる自国政府や世界の権威、医師や役人やマスコミ
を敵視するようになる。欧州などの政府は、非接種者に対する行動制限(人権侵
害)を強めているが、これは非接種者を政治的な「逆覚醒」に追い込み先鋭化さ
せる。これまで接種していた人も、今後の無限の追加ワクチン接種に音を上げて
非接種側に転換する人がしだいに増える。ワクチンやコロナのインチキ性を指摘
して政府や権威筋と対立する人々が増えていく。

 

https://tanakanews.com/211109corona.php
後半期に向かうコロナの歪曲体制

 

https://tanakanews.com/211102corona.htm
コロナ危機は世界大戦の代わり

 

温暖化対策も、COP会議は国際合意をとれずに失敗しているが、欧州やインドな
どいくつかの国々は、温暖化対策を理由とした都市閉鎖や人々の行動制限を強化
することを検討している。これもコロナと同じ現象を生む。温暖化人為説が歪曲
であると気づく人が増えていき、政府の強制的な温暖化対策に反対していく。

 

https://summit.news/2021/11/17/media-declares-climate-lockdowns-a-conspiracy-theory-as-india-prepares-to-impose-climate-lockdown/
Media Declares ‘Climate Lockdowns’ a “Conspiracy Theory” as India Prepares to Impose Climate Lockdown

 

http://www.zerohedge.com/covid-19/latest-lancet-study-shows-limits-vaccines-preventing-infection-household-members
Latest Lancet Study Exposes Limits Of Vaccines At Preventing COVID Infection

 

事象を歪曲した国際権威筋の側は、歪曲行為がばれると自分たちの権威が落ちる
ので歪曲を認めずに固執する。だが、時がたつほど、下々の方で歪曲に気づいて
政策に反対する人が増え、歪曲を認めずに固執するのが難しくなる。権威筋は、
歪曲がばれるのを防ごうと、政策を強要する傾向を強め、リベラルだったはずの
欧米諸国の政府・権威筋がしだいに独裁体制を敷くようになる。ワクチン強制や
ワクチン旅券、罰則強化などで、豪州政府が象徴的だ。国際権威筋は、歪曲を隠
すために従来のリベラル姿勢を捨てて独裁化していく。

 

http://www.rt.com/news/538912-melbourne-protest-bill-mandates/
‘Stop unlimited power grab!’ Huge crowd protests in Melbourne against vaccine mandates & sweeping pandemic powers bill

 

https://www.theepochtimes.com/climate-financing-plan-wont-help-climate-but-will-push-country-to-totalitarianism-experts_4068613.html
Climate Financing Plan Won’t Help Climate, Will Push Country to Totalitarianism: Experts

 

しかし欧米豪などが独裁化するほど、歪曲による政策は失敗の傾向を強めていき、
独裁化しても失敗を防げなくなっていく。最終的に権威筋が歪曲策の失敗を認め
ざるを得なくなった時、失敗を防ぐために独裁化したことが、その後の権威筋の
権威の下落をひどいものにする。コロナも温暖化も、世界的な問題としてこれ
からまだまだ続く。長く続くほど、歪曲に気づいて反対する人が増え、独裁化が
ひどくなり、最終的な権威筋の崩壊も激しいものになる。

 

http://www.globalresearch.ca/worldwide-walkouts/5760145
Worldwide Walkouts! Protests against Illegal Covid Mandates

 

https://www.strategic-culture.org/news/2021/10/25/cop26-great-reset-not-so-glorious-prospect-of-owning-nothing-and-passing-cold-dark-winter/
COP26 & The Great Reset: The Not-So-Glorious Prospect Of Owning Nothing & Passing A Cold, Dark Winter

 

近現代の世界において、科学者や医者、大学教授などは、人々から最も信頼され
る職業だった。その高い権威が、これからのコロナや温暖化の歪曲の露呈により、
崩壊していく。歪曲延命のための独裁化が強い欧米や豪州などでは、学者や医者
が業界ごと権威低下する傾向が激しくなる。歪曲も独裁化もやんわりで曖昧・
消極的にやってきた日本では、そうならない。中露も、歪曲に気づきつつやって
きたので別の話になる。

 

https://www.zerohedge.com/medical/these-are-most-and-least-trusted-people-world
These Are The Most (And Least) Trusted People In The World

 

科学者や医者に対する権威・信用の高さは、科学技術の発達によって工業化を進
めて経済成長してきた米欧中心・英米覇権の近現代世界にとって、とても重要だ
った。科学者などへの信頼が高くないと、彼らの科学技術の研究開発の成果物へ
の信頼も低くなり、工業の発展や、人類の生活水準の向上(医学の発達)が進ま
なくなる。科学者や医者への信用の高さは、資本家や、近現代の世界を支配して
きた米英覇権にとっても大事なものだった。

 

医者の権威・信用の高さは、近現代の英米覇権の一部だった。医学会では、英国
のランセットを筆頭に英米の医学誌が最高の権威を持っている。これらの学会誌
に掲載され「ピアレビュー」された研究は、権威あるものになる。どの研究に権
威を持たせるか、覇権勢力である英米が決定している。医学は、根底の部分から
して純粋に科学的なものでなく、米英覇権勢力によって権威を付与される政治的
な存在だ。医学だけでなく、科学全体がそうである。経済学や哲学など、文科系
の研究も同様だ。先進諸国の学術界や大学自体が、米英覇権の傘下にある。

 

http://tanakanews.com/210424corona.htm
コロナ危機誇張の要諦はPCR検査

 

コロナや温暖化の歪曲によって、科学や医学の権威が最終的に落ちていく。歪曲
をもっとやんわりと進めていたら、失敗した時の権威の下落も少なかったのだが、
歪曲は過激に行われ、ワクチン強要など独裁的なやり方と併用されてしまった。
温暖化も、人為説以外の考え方があり得ることを認めれば良かったのに、そうで
なく、人為説を認めない者たちを過激に敵視・抑止したため、これから歪曲がば
れていく時の科学界の権威の崩壊もひどいものになる。科学者や医者は全体とし
て、コロナや温暖化で延々とウソをついたため、権威や信用を失っていき、それ
が米英覇権の自滅につながっていく。

 

https://tanakanews.com/191115warming.htm
歪曲が軽信され続ける地球温暖化人為説

 

なぜそもそも権威筋の学者たちはこんな歪曲をやったのか、という疑問が湧く。
私は、この疑問の立て方自体が「違う」と思う。学者たちは、自ら考えてコロナ
や温暖化の歪曲をやり出したのでない。もっと上の方(覇権運営者、米英諜報界)
から、過激な歪曲をやるように誘導されたはずだ。学者や医者たちはもともと、
権威を最重視する人々でなく、何が科学的な事実・真実なのかを、政治的な意図
をできるだけ排除して科学的に見極めたがる「科学おたく」である。もともと
彼らの多くは政治が嫌いだ(政治を張るのが好きな学者が偉くなるが)。医者や
学者は駒として使われた感じだ。

 

http://archive.fo/igh2a
The Biggest COVID-19 Vaccine Skeptics? Front-Line Health Care Workers

 

もっと上の覇権運営者・米英諜報界は、医者や学者を駒として使ってコロナや温
暖化の問題を過激に歪曲し、世界経済の成長と米英覇権の基礎にあった科学や医
学の権威を崩壊させている。覇権運営者が、過激な運営によって覇権を自滅させ
ている。これは、テロ戦争の時に過激な政権転覆策をやって米覇権を自滅させ、
世界を多極化に導いた米諜報界のネオコン(隠れ多極主義者)のやり方と同じだ。
コロナや温暖化の歪曲はこれから長引くほど、米英覇権を自滅させていく。対照
的に、中国は習近平になってから、米英主導の権威体制の傘下から出て、科学や
産業の技術に関して中国独自の権威の体系を新設しようとしている。

 

https://tanakanews.com/211018crisis.php
コロナ、QE、流通崩壊、エネルギー高騰、食糧難・・・多重危機の意味

 

https://tanakanews.com/171101china.htm
世界資本家とコラボする習近平の中国

 

コロナや温暖化の歪曲が、最終的に公式に暴露されて多くの人々が騙されていた
ことに気づく日がくるのかどうか、わからない。多分こない。マスコミも「歪曲
複合体」の一味だ。第2次大戦の戦争犯罪に象徴されるように、巨大なウソはバ
レないのが歴史的傾向だ。しかし、コロナや温暖化のウソが公式に露呈しなくて
も、多くの人が巨大なウソに気づいていくことで、米欧で科学や医学の権威が落
ちていき、QEなど他の覇権自滅策と相まって、米覇権崩壊と多極化が進んでいく。

 

 

この記事はウェブサイトにも載せました。
https://tanakanews.com/211120science.htm
以上は「田中宇氏」ブログより
現在の科学を政治利用して矛盾がますます大きくなっている状況を良く分析しています。以上

 

 

« 衆議院総選挙が怪しい? | トップページ | ファイザー元社員が詳細に語る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 衆議院総選挙が怪しい? | トップページ | ファイザー元社員が詳細に語る »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ