カテゴリー

  • 3.11テロ9.11テロ
  • gesara nesara
  • アベノミクス破綻
  • アメリカ合衆国・内戦
  • ウクライナ紛争
  • ゲサラ・ネサラ
  • コロナワクチン
  • サル痘
  • ジャーニーズ事務所問題
  • スポーツ
  • スマートシテイ
  • デジタル通貨
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マイナンバーカード
  • マスコミ
  • レプリコンワクチン
  • 世界大恐慌
  • 世界政府
  • 中東戦争
  • 二パウイルス
  • 人口削減
  • 人工地震
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 大阪・関西万博
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 岸田軍拡大増税
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 憲法改正
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 政権交代
  • 文化・芸術
  • 新世界秩序
  • 新型コロナウイルス
  • 旅行・地域
  • 日本の開国
  • 日本の隠蔽体質
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 汚染水・(処理水)。海洋投棄
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 第三次世界大戦
  • 紅麴
  • 経済・政治・国際
  • 統一教会と自民党
  • 考古学
  • 能登半島地震
  • 自然災害
  • 裏金・パーテイ券問題
  • 趣味
  • 遺伝子治療
  • 食料危機
  • 鳥インフルエンザ
  • mRNA
  • UFO・反重力

最近のトラックバック

« <追い込まれ、ついに辞任>心神耗弱疑いの山際記憶喪失相(植草一秀の『知られざる真実』) | トップページ | 年間約600億円が日本から統一教会へ献金されており献金総額は7兆円 »

2022年10月27日 (木)

★米国がウクライナにテロやらせてプーチンを強化

★米国がウクライナにテロやらせてプーチンを強化
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

10月8日、クリミア大橋で爆破テロが起きた。クリミア半島とロシア
本土をつなぐこの橋は、2014年に米国が政権転覆によってウクライナ
を傀儡化してロシア敵視国に転換し、対抗策としてロシアが、重要な
セバストポリ軍港を擁するクリミアを自国に併合した後、2015-18年
に建設した。クリミア半島はウクライナと陸続きだが、ロシアとは海
を隔てており、ロシア併合後の流通の円滑化に橋の建設が必要だった。
クリミアはもともとロシア領で、ロシア系住民が多いが、1950年代に
権力者だったフルシチョフが策略の一つとしてウクライナに編入した。
ソ連時代はロシアもウクライナもソ連国内だったため、クリミアが
どの共和国に属しているかは大した問題でなかった。ソ連崩壊後、
ロシアは、外国となったウクライナがクリミアを領有することを認め
たが、その条件は、ウクライナがロシア敵視の国に変質しないことだった。

 

https://www.zerohedge.com/geopolitical/large-explosion-destroys-part-key
-bridge-linking-russia-crimea-zelensky-aide-says
Large Explosion Destroys Part Of Key Bridge Linking Russia To Crimea;
Zelensky: This Is "The Beginning"

 

ウクライナは、冷戦後の当初、ロシアとの関係がわりと良好で、
セバストポリ軍港をロシアに貸与していた。だが、2014年の政権
転覆でロシア敵視の米傀儡国になった後、ロシアへの軍港貸与を
やめると発表した。ロシアは、クリミアをウクライナ領のままに
しておく条件が失われたと判断し、ロシアへの編入を問う住民投票
を経てロシアに併合した。その後、クリミア大橋が建設された。
米傀儡のウクライナ政府はクリミアが自国領であると主張し続け、
クリミアを武力で奪還する、クリミア大橋を破壊する、と言い続
けてきた。今回の爆破直後、ゼレンスキー大統領の側近(Mikhail
Podoliak)が「これは始まりにすぎない」と英語でツイートし、
ウクライナ当局が橋を爆破したこと、今後もロシアに対して似た
ような攻撃を続けることを示唆した。

 

https://sputniknews.com/20221008/observers-crimean-bridge-attack
-takes-ukraine-crisis-to-new-phase-where-infrastructure-is-fair-game-1101640139.html
Observers: Crimean Bridge Attack Takes Ukraine Crisis to New Phase Where Infrastructure is Fair Game

 

https://www.zerohedge.com/geopolitical/large-explosion-destroys-part
-key-bridge-linking-russia-crimea-zelensky-aide-says
Putin Decries "Act Of Terrorism" On Crimean Bridge, Identifies Ukraine
Secret Services As Culprits

 

これとは別に、米国の報道によると、匿名のウクライナ高官が、
大橋の爆破がウクライナ当局によるものだと認めている。また、
ウクライナ政府は爆破の数時間後、爆破を祝賀する記念切手の
発行を発表している。発表のタイミングからみて、ウクライナ
当局は大橋の爆破を計画・挙行し、記念切手の発行まで事前に
決めていた可能性が高い。ロシア政府は10月10日、クリミア大橋
の爆破はウクライナ(内務省)の秘密警察(諜報機関)による
テロ行為だと発表した。これらの状況からみて、大橋を爆破した
のはウクライナ当局である。ロシア軍は10月10日、クリミア大橋
へのテロ攻撃への報復として、ウクライナ国内20都市のインフラ
をミサイル攻撃して破壊した。

 

https://www.informationliberation.com/?id=63391
Senior Ukrainian Official Confirms Ukraine Orchestrated Truck Bomb
Attack On Crimean Bridge; NYT Reports

 

https://www.telegraph.co.uk/world-news/2022/10/08/ukraine-stamps-
celebrate-kerch-bridge-explosion-hours-crimea/
Ukraine unveils stamps celebrating Kerch bridge explosion - hours after the attack

 

ウクライナのゼレンスキー政権は米国の傀儡だ。ウクライナの軍事
行動は、米諜報界(とその傘下にいる英諜報界)の指示で行われている。
ウクライナは、米英がやれと言った作戦をやり、米英が反対する作戦は
やらない。クリミア大橋の爆破も、米英の指示もしくは許可のもとで行
われたはずだ。米諜報界は2014年にウクライナを政権転覆してロシア
敵視の米傀儡国に変質させた後、CIAや米軍特殊部隊などの諜報要員・
軍事顧問が多数ウクライナに駐留し、東部の露系住民との内戦を激化
してロシアを怒らせる策略をやり続けてきた。米国の軍事諜報要員た
ちは今年2月のウクライナ開戦前にいったん引き揚げたが、その後戦争
の長期化とともに再びウクライナに戻り、今では開戦前より多くの
米要員がウクライナに駐留し、ウクライナの軍や極右民兵団、内務省
などのために、戦闘やプロパガンダの戦略を練っている。この戦争の
実体は、米国がウクライナの皮をかぶってロシアと戦争している
(米国が直接ロシアと戦争すると核戦争になってしまうので、
低強度にするために皮かぶり)。

 

https://www.zerohedge.com/geopolitical/cia-us-special-forces-presence
-now-far-more-extensive-ukraine-report
CIA, US Special Forces Presence Now "Far More Extensive" In Ukraine: Report

 

https://abcnews.go.com/Business/wireStory/ukraine-nuclear-power-plant-
loses-external-power-link-91204853
UN: Ukraine nuclear power plant loses external power link

 

ウクライナの皮をかぶった米諜報界は最近、ロシアに対するテロ攻撃
や越境攻撃を激化している。8月中旬には、露軍が占領している
ウクライナ北部のザポロジエ原発をウクライナ軍が攻撃し始めた。
米ウクライナ側は、露軍が原発を攻撃しているかのようなウソを流布
し続け、多くの人がそれを軽信してしまっているが、攻撃しているのは
米ウクライナ側だ。最近、ウクライナ戦争をめぐるウソを暴露し続けて
いる米教授のジェフリー・サックスが、ザポロジエ原発を攻撃している
のはウクライナ軍だし、ノルド・ストリームのガスパイプラインを爆破
したのは米国だと事実を暴露し、番組を降板させられたりしている。
ザポロジエ原発は、米ウクライナからの攻撃で電源を失い、大事故の
一歩手前の状況だ。対策としてロシア政府は原発をウクライナから没収
してロシア政府の資産に転換し、本格的な管理と対抗策を開始している。
国連IAEAは、米国のプロパガンダに逆らわず、誰が原発を攻撃している
かを言わないまま、問題解決のために露政府と話し合っている。

 

https://summit.news/2022/10/10/professor-sachs-ukraine-needs-to-stop
-bombing-nuclear-power-plant-and-blaming-it-on-russia/
Professor Sachs: "Ukraine Needs To Stop Bombing Nuclear Power Plant
And Blaming It On Russia"

 

https://tanakanews.com/220817ukrain.htm
悪いのは米国とウクライナ政府

 

8月20日には、ロシアのユーラシア覇権拡大の運動を支援してきた
評論家アレクサンドル・ドギンの娘で、父の広報担当者だった
ダリア・ドギナ(ダリア・ドゥギナ)がモスクワ郊外でウクライナ
諜報機関によって爆殺されるテロ攻撃が起きた。ウクライナ政府は
自分たちの犯行でないと言っていたが、今月に入って米諜報界が、
ウクライナ当局がダリアを殺したことを認めた。ウクライナは米国
の許可なしにこの手のことをやらない。米諜報界がウクライナに
やらせたテロだろう。最近起きた事件としては、ロシアのガスを
ドイツに送っていた独露共同建設のノルドストリームの海底パイプ
ラインを爆破して同盟国のドイツを困らせたのも米国だった。

 

https://www.zerohedge.com/geopolitical/us-intelligence-places-blame
-dariya-duginas-assassination-ukraine
US Intelligence Places Blame For Dariya Dugina's Assassination On Ukraine

 

https://tass.com/politics/1520343
Kiev terror tactics nothing new, Putin says

 

米ウクライナは8月ごろから、大砲やドローンを使ったロシア国内
への越境攻撃を激化している。米国がウクライナに提供した大砲に
よる越境攻撃は9月末から急増した。露政府は軍事作戦の中身や戦況
をすべて極秘の機密にしており、当初この越境攻撃は(世論の反発を
懸念して?)報じられなかったが、露議会の議員が情報の非公開に
不満を表明したため露側で報道された。この越境攻撃や爆破・
爆殺のテロなど、米ウクライナがロシア国内への攻撃を激化してい
ることに対応するために、露政府が最近、国民を動員する新体制
を組んだと考えられる。

 

https://tass.com/russia/1520047
Number of Ukraine’s attacks at Russian bordering regions grows
significantly - FSB

 

https://www.rt.com/russia/564127-russian-mp-defense-ministry-truth/
Top Russian MP blasts Defense Ministry over Ukraine

 

露政府が国民に動員をかけ、徴兵逃れをしたいロシアの若者たち
が国外逃亡を企て、これを米国側のマスコミが「ロシアは負け
つつあるので必死で動員をかけている」と喧伝した。露国民から
政府への不満も増え、プーチンの支持率は82%から77%へと
5ポイント低下した。だが、このままプーチンの支持率が落ち、
露国民の厭戦機運が強まるとロシアの敗戦もあり得る、と
米国側が喧伝する中で、米諜報界がウクライナにクリミア大橋
を爆破するテロをやらせた。このような劇的なテロ事件の発生は、
テロ対策を担当するロシア政府への国民の支持率を高める。
911テロ事件が米国を一変させたことが象徴だ。

 

https://www.zerohedge.com/geopolitical/putin-approval-dips-firs
t-time-after-ukraine-invasion
Putin Approval Dips For First Time After Ukraine Invasion

 

https://tanakanews.com/220921russia.php
特殊作戦から戦争に移行するロシア

 

今回、米ウクライナが大橋を爆破し、ウクライナ政府が歓喜し、
米マスコミがロシア敗北への道を喧伝した。この「テロ攻撃
に対する報復として、プーチンがウクライナに大規模な攻撃
を行った。露政府は、テロ対策として露国内の有事体制を作り
やすくなり、米ウクライナと戦うプーチンへの露国内からの
期待が強まる。米諜報界は、ウクライナにクリミア大橋を爆破
させることで、ロシアにおけるプーチンへの支持を高め、
露政府が有事体制を作りやすい状況にしてやった。米諜報界は、
プーチンのロシアを強化している。隠れ多極主義的だ。

 

https://tanakanews.com/220919multipol.htm
世界を多極化したがる米国

 

https://www.moonofalabama.org/2022/10/russia-having-run-
out-of-missiles-launches-barrage-on-ukraine.html
Russia, Having 'Run Out Of Missiles', Launches Barrage On Ukraine

 

米諜報界がウクライナにロシア攻撃を強めさせて戦争が激化
するほど、プーチンのロシアは、優勢が確実でなくなり、
ゆっくり展開しようとしていた米覇権を潰す経済戦争の策略を
早回しする傾向を強める。先日、露ロシアとサウジアラビア
が共謀してOPEC+が石油の減産を決め、石油価格の高騰に
よって米欧のインフレが悪化する流れになったことがその一
例だ。以前のように、ロシアが優勢の中でウクライナ戦争を
ゆっくり展開していられた時期(米国側がロシアの劣勢や
敗北を間違って思い込んでいた時期)が今後もずっと続く
なら、ロシアが経済戦争の分野であまり動かなくても、
米国側が勝手に石油ガスの輸入を止めてエネルギー危機を
起こし、米英中銀群もQE終了QT拡大と利上げで金融崩壊も
起こり、2-3年以内に米覇権が自滅していく流れだった。

 

https://tanakanews.com/221005russia.htm
米英覇権を潰す闘いに入ったロシア

 

https://tanakanews.com/221010opec.php
産油国の非米化

 

だが、ゆっくりやっていると米覇権が(QE再開などで)延命
してしまう可能性が増す。そのため、多極派が牛耳る米諜報界は
、ウクライナをけしかけて爆破テロや越境攻撃をやらせて戦争を
激化させ、プーチンが以前のようなゆっくりさでなく、もっと
急いで米覇権を潰す経済戦争を加速するように仕向けていると
考えられる。米諜報界は多極化のために、プーチンをけしかける
だけでなく、欧米の労働組合を動かして賃上げ要求のストライキ
をやらせ(左翼活動家の中に米諜報界の要員・傀儡がいる。
たぶん日本でも)、フランスの製油所を2週間止めてガソリンな
どの供給を大幅に急減させて、欧州のインフレを悪化する動きも
展開している。長引く米国の流通網の詰まりも、インフレを激化
させるための米諜報界の策略の「成果」と考えられる。

 

https://www.zerohedge.com/markets/third-french-gas-stations-exper
iencing-supply-difficulties-energy-giant-seeks-urgent-wage
With A Third Of French Gas Stations Experiencing "Supply Shortages",
Energy Giant Seeks Urgent Wage Talks

 

https://tanakanews.com/220728russia.php
資源の非米側が金融の米国側に勝つ

 

ロシアと米諜報界の「協業」によって米欧のインフレが悪化し、
米英などの中銀群が利上げやQTを続行し、債券の金利が上昇して
金融危機がひどくなっている。英国では国債が暴落し、長期国債
の金利が5%になろうとしている。9月28日に英中銀が介入し、
英国債を無限に買い支えると宣言して、いったん金利が下がって
危機が遠のいたものの、10月10日に再び国債が急落し、長期金利
が再度5%を越えそうになっている。英国はもう中央銀行が救済策
を打っても金融崩壊を防げない状態になっている。

 

https://tanakanews.com/221002bond.php
破綻が進む英米金融

 

https://www.zerohedge.com/markets/its-extraordinary-boe-unveils
-new-support-broken-bond-market
BoE's New Support Plan Fails As UK Gilt Yields Explode Higher

 

英国が崩壊したら、次は米国だ。米英は、金融バブルが猛烈に
拡大した状態なので、長期金利が5%以上の状態が長引くと利払
いの増加によって金融システムが確実に破綻する。米金融界が
そう言っている。ドル崩壊が目の前まで来ている。このような
事態の中、隠れ多極派の米諜報界がプーチンをけしかけ、
インフレをさらに悪化させてドルや米覇権にとどめを刺そうと
している。そんな状況が、クリミア大橋の爆破攻撃の背後にある。

 

https://tanakanews.com/220515intel.htm
米諜報界を乗っ取って覇権を自滅させて世界を多極化

 

https://www.zerohedge.com/markets/are-central-banks-going-bankrup
-morgan-stanley-makes-striking-observation
Are Central Banks Going Bankrupt? Morgan Stanley Makes A Striking Observation

 

 

この記事はウェブサイトにも載せました。
https://tanakanews.com/221011russia.htm
以上は「田中宇氏」ブログより
現在のロシアとウクライナと米国との複雑な関係を
よく分析しています。優れた論文です。以上

 

 

 

 

« <追い込まれ、ついに辞任>心神耗弱疑いの山際記憶喪失相(植草一秀の『知られざる真実』) | トップページ | 年間約600億円が日本から統一教会へ献金されており献金総額は7兆円 »

ウクライナ紛争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« <追い込まれ、ついに辞任>心神耗弱疑いの山際記憶喪失相(植草一秀の『知られざる真実』) | トップページ | 年間約600億円が日本から統一教会へ献金されており献金総額は7兆円 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ