宇宙文明

2017年6月 4日 (日)

【衝撃】NASAが発見した超巨大建造物に世界が震えた!

      14:4

8

https://youtu.be/9jUts89pGk0

 
    
    

                      世界が震えた衝撃写真 一度は見ておくべき歴史的瞬間を捉えた写真【驚愕】         

上記をクリックしてyou-tubeをご覧ください。

 

      

                

    

もっと見る

    
   
                       
          
             

【衝撃】NASAが発見した超巨大建造物に世界が震えた!

視聴回数 192,273 回

     

ネスプちゃんねる

                  

2017/03/12 に公開

    
         

南極で発見された謎の建造物についてまとめました。 続きは動画をご覧ください。 【関連の動画をもっと見たい方にはこちらをオススメしております】 【衝撃】第8の大陸「ジーランディア」に世界が震えた! https://www.youtube.com/watch?v=f5Kcl... 【衝撃】日本人の9割が知らない宇宙の雑学。 https://www.youtube.com/watch?v=d00ie... 【衝撃】あと15年で突入する「氷河期」に世界が震えた! https://www.youtube.com/watch?v=IltFH... 引用元様: https://goo.gl/foUi9G 音楽引用元様(フリー音楽 ): 【dova syndrome】http://dova-s.jp/ 【甘茶の音楽工房】http://amachamusic.chagasi.com/

    
    

もっと見る

    
   
    

和歌晴寿

      
      

なんでテレビとかで放送しないんだろうね?

    
        
 

 

    

竹内輪

   

   

   

    

ネスプちゃんねる

      
      

素晴らしい!! コメント頂き誠にありがとうございました(*^^*)

    
        

 

   

    
             

14

      

 

 

T.N.K miyabi 3A

      
      

廣瀬昌明 決めつけというより、質問ですね。

    
        

   

三葉宮水

 

      

うぷ主は、ドラえもんの南極カチコチみたの?

     

   

    

カルボナーラペペロンチーノっぽい

      
      

三葉宮水 ww ww ww ww

    
        

   

       

山じゃね?

     

   

    

。ふなまん のぬひふ

    
        
 

学校

      
      
      

zshin8698

      
      

ほんと、ネスプさん結構いい確率で世界震わせてますよねw けど毎回文字の流れた方?とか読みやすくて自分もいい確率でネスプちゃんねるに震わせてもらってますよ。 これからも世

        

 

   

 

      

   

    

ネスプちゃんねる

      
      

コメント頂き誠にありがとうございます!! 大変励みになります(*^^*) かしこまりました(^^)

    
        

      

 

 

      
 

大井翔雅

 

            

笑うどん 冷凍食品えと姿お変えるきかww

 

笑うどん

      
      

寿命が伸びるので

    
        

       

南極ってロマンがある

    
        

    

ネスプちゃんねる

      
      

確かに!! コメント頂き誠にありがとうございました(*^^*)

    
        

               1

 

ピラミッドの話は知ってたけど、詳しく知れてよかった(内容は知らなかった

    
        
    

妖怪ウォッチTV

      
      

いつも興味深い情報をありがとうございます!

    
        
 

ネスプちゃんねる

      
      

コメます!!

    
        

   

黒嵜潤一郎

      
      

ピラミッドにしては、ちょっと岩っぽい。でも、あれだけ四角錐に近い形というのも、自然ぽくはない。

    
        

   
    

ブロリストだがジュラルの魔王

      
      

黒嵜潤一郎 全く同じ意見の人がいたw

    
        

目から光線を出す猫

      
      

類似って言うより酷似

    
        

    

ネスプちゃんねる

      
      

確かに!! コメント頂き誠にありがとうございました(*^^*)

    
        
 

 

さとうあつし

      
      

君凄いね!だって!君って言えるくらい。立場は上の人間かな?会社でも収入でも?

    
        
    

   

ハムラビ法典 HAMURBI HOUTEN

      
      

ピラミッドてのは地球の磁場を集めやすくして全世界からでも無線で交信できるように古代エジプト時代に作成されたもので南極にあるということは、地下深く生命体が生UFOの目撃証言も少なくはない。故に南極のピラミッドの地下を掘れ!無駄に道路作る税金あったら昭和基地に地質学者と特殊ボーリング会社連れてって掘らせろ!そっちの方が世界のためじゃないのか?

    
    

   

戸上博紀

      
      

人工物でも天然物でも形綺麗_( ´ω`)

      

   

99NAO99

      
      

ピラミッドの写真は合成?かもね。 ピラミッドの輪郭部に不自然な斑模様が見えるし,,,, 

ソマリさん

      
      

エジプトのピラミッドと類似してるならオリオン座みたいに並んでるのかなそうだとしたらもうちょっとピラミッド見つかりそう

    
        

返信

    

 

      

   

さとうあつし

      
      

あの散々言っておられた事に関して、私情と怒りの幼稚な文章ばかり書いていますが?アナタ幼稚を自負して下さいね。早く論破しろよ。低脳

    
        

価    

      
   

さとうあつし

      
      

仕事はみんなするでしょ?ただあなたは僕達上がいて、潤滑にすすんでいる。またはアナタは僕達を初対面で、ましてや第何者か知らない立場で笑、反対意見を唱える事が出来る立場ではない事を自負してください

    
        

   

さとうあつし

      
      

53秒前のアナタの発言。喧嘩腰になられても。笑。お前がどんだけ偉いんだってアナタ言いましたよ。これ日常会話ですか?低脳、矛盾。8秒前のアナタの発言。アナタ散々言っておられましたよね?それをアナタが止めに入った!はいご苦労様様です。みんなやりあっていません。アナタが暇で入りたい性格だから、入っちゃった、だから僕は相手してあげてる。だから気が済むまでど~ぞ。つかあなたの、低脳矛盾思考で論破出来るとでも?頭わりーんだよ

    
    

詳細    

   

 

   

   

    
             

15

      
    
   
    

雨待ち。

      
      

さとうあつし 感情的すぎて最早会話もままならないですね笑 あ!これが論破ってことかな? 私に言われた事が図星だったのかな。 だって相手をdisることしかしなくなりましたもんね笑 もうあなたに飽きたんで、いいですよ、返信して来なくて笑 何が身内だよ笑お前の所も見てみたいわ笑

    
    

詳細    

   

返信

  

      

   

さとうあつし

      
      

雨待ち。 やっぱり自分が好きじゃないでしょ?にじみ出てる、気持ちわるいし、モテないし、友達少ないし、もっともっと気持ちよく生きたいって思う人だね!うん、生まれもった、気持ち悪さと糞さ。糞さ。糞さ。

    
        

   

さとうあつし

      
      

うん笑全然後者?全然否定しますよ。それでも疑いますか?笑まぁ後者でも、構いませんよ。

    
        

       

   

kazuma maeda

      
      

なもん探せばいっぱいありそうだけど

      

   

えもんドラ

      
      

多分ヒョーガヒョーガ星の人達が昔につくったんだとおもうww

    
        

   

パ・ブロン

      
      

マジで調べてきて

       

   

18 ちゃらうん

      
      

ただの山だろ(笑)

    
        

   

Kyoko Uchinoko

      
      

これは古代の超文明に間違いないやろ…

    
        

   

nobuhiro takeda

      
      

地球の磁極が移動してるって言ってますよね。N極 S極 将来的に反転したりするんでしょうね。 そうなっっていく過程で、赤道は赤道であり続け、南極や北極は寒冷地であり続けるのでしょうか。 古代遺跡の謎も含め、ワクワクしますねー。

    
        

返信

                

   

桜咲

      
      

これは似て非なるものなのかな?それとも同じものなのでしょうか?気になりますねーワクワクしますー。ロマンを感じまふ

    
        

返信

 

 

      

   

さとうあつし

      
      

ごめんんかネット民って奴で、世間的には、不細工、低収入、話しつまらない。奴の集まりでしょ!

    
        

返信

    

   

    
             

3

さとうあつし

      
      

愛のノリスケ お前が鏡と給料明細みてこい!あ!つまらねー顔と給料明細じゃみる気にならないよな!すみません(笑)笑笑

    
        

返信

               1

 

      

   

愛のノリスケ

      
      

さとうあつし とりあえず鏡見てこい

    
        

返信

   

 

 

      

   

シ・シャモ

      
      

      

   

Nick Jone

      
      

強い風で風化してあのような形になった可能性の方が高いのでは? 形が明らかに山っぽい気がね…

    
        

   

steve k k

      
      

あぁ、馬鹿馬鹿しい。

       

   

shig shigshig

      
      

ただの山 疑う余地なし

    
        

返信

 

 

   

GOLDmoney の実況チャンネル

      
      

ナチスの可能性www

    
        
       

   

釣りバカ

      
      

山にも見えるが...

    
        
 

 

      

   

実在の宇宙人情報公開中・高野愼介

      
      

地球自体が「作られた惑星」で、今も太陽系事テラフォーミングが行われています。

    
        

 

      

   

MONOMONO 本部

      
      

何万年、何億年の月日をえてこんな形になっただけじゃないのかピラミッド

    
        

   

シャチ丸

      
      

プレデターかなにか?

    
        

 

    

価    

      

   

さとうあつし

      
      

あたたかった、ぷぷって何?だからいつまで立っても結婚出来ない、ふわふわしてる人間なんじゃない?ぷぷって使う人、普通の普通の人なら使わないよ。結構学校時代でも、どうでもいいグループだった人?

       

   

    
             

18 件す

チャンネルorゲーム部屋 焼肉

      
      

ただの山では?

    
        

   

konami ioka

      
      

SFとかファンタジーに出てきそうロマンがあるなぁ科学的に検証してほしい。

    
        

返信

 

      

   

    

konami ioka

      
      

ピラミッドの方は自然地形のような気がするな沖縄の海底遺跡群みたいな

    
        

返信

               1

 

      

   

konami ioka

      
      

つかこういうものじゃないの?と

    
        

   

yossy storm trooper

      
      

ただの山である

    
        
       

いいね

    
        

 

    

   

CyanOcean&BakaSky

      
      

ナチス第四帝国。ふふふ。

    
        

返信

     

   

    

CyanOcean&BakaSky

      
      

ふふふ。ナチス第三帝国はヘルシングの中で暗躍しています。こわいー

    
        

   

hi ma

      
      

第三も作れなかったのに4とかどうよ

    
        

返信

 

      

   

野本映司

      
      
      

 

         

   

藤間将之

      
      

ネスプさんはどこからこんな情報を、、

    
        

返信

       

 

      

   

抹茶ノ神

      
      

メガリス・ヤードが双方のピラミッドに整数で収まるかどうか………

    
        

   

サイドノー

      
      

南極大陸は、ずっと『南極』だったのかなあ……? こんな極寒の土地にいったいどうやってこんなものを

    
        

返信

    

   

    

沖縄好きのキョウヒョウハリケーン

      
      

昔は暖かったけどそれも人類のいない時代だからこれはありえん

    
        

   

ネコ ネコ

      
      

すごい!

    
        

返信

       

   

長谷川豪大

      
      
      

返信

               1

 

   

    
             

4

 
      

 

 

      

   

sacrifice

      
      

「REACH FOR the FATE」 だったと思います(=゚ω゚)ノ

    
        

返信

               1

 

   

gebosenki

                    

2 週間前

衝撃を受けました。まさに古代文明のミステリーです。

    
        

 

 

   

桐村佳伸

      
      

これって埋まってるって事ですよね? 大きさの説明でその辺何も触れて無いが、、、?

    
        

返信

    

 

      

   

    

工藤友義

      
      

桐村佳伸 うまっているところまでは、話したがそれ以降はまだわからないのでしょ!

 
        
以上は「YOU-TUBE」より
今、南極で古代の遺跡を調査しているようです。5~6万年前の宇宙人の遺跡だそうです。早く公表してもら居たいものです。                        以上

2017年5月13日 (土)

今年、トランプ大統領が「宇宙人来訪を公認する可能性」が急浮上! 有識者組織が「禁断の真実」公開を迫る!(1/2)

 UFOファンにとって残念なのは、もしも昨年の米大統領選でヒラリー・クリントンが勝利を収めていたら、トップシークレットの「UFO極秘ファイル」が公開される約束になっていたことだ。そのため、トランプ大統領の登場でUFOファンはひどくがっかりしたのだが、最近なって意外な展開を見せている。なんと「トランプ大統領が史上初めてエイリアンの存在を公表する大統領になるかもしれない」というのだ――。

トランプ大統領にエイリアン情報の公開を迫る組織とは?

 連日メディアを賑わせているトランプ政権だが、その最大の特徴は、予測が難しい独自路線にあるといえるだろう。トランプ政権には、政策に口を出すほどの大組織の支持母体が特に存在しないと思われ、共和党内の“党内政治”からも一定の距離を置ける。そんなポジションが、トランプをかつてない“自由すぎる大統領”にしているのだ。

 このトランプ政権のキャラクターを見抜いたグループが、「エイリアンが存在し現実に地球に訪れている」とトランプ大統領に公言させるべく、プレッシャーをかけているという。これはつまり、過去の大統領であれば決して国民の前に明かすことができなかった“禁断の真実”を、“自由すぎる大統領”のトランプであれば公表してくれるのではないかと期待をかけているのである。

 現在、先陣を切ってトランプ大統領に情報公開を迫っている組織が「The Disclosure Activists」だ。同組織は、「たとえ宇宙人の存在など人類の脅威となり得る事柄であったとしても、我々の叡智の“進化”のためにはすべてが公にされなければならない」として、アメリカをはじめ世界49カ国の政府と国連に“禁断の真実”の開示を要求している。

disclosureactivists1.JPG
 「The Disclosure Activists」より

「米ソ冷戦の終結から20年を経た今、もはやいかなる国家、組織、メディアも、我々が宇宙でひとりぼっちではないという真実を隠し通すことはできません。この数十年にわたって世界中で起っている説明不可能な現象は、地球にエイリアンが来訪していることを示しています」(「The Disclosure Activists」より)

 運動に加わる専門家は、知的なエイリアンが存在しているだけでなく、すでに地球に訪れており、人類の影のトップリーダーたちに接触していると考えている。そして、この“禁断の真実”を公表すれば人類はパニックに陥り、社会規範と宗教が崩壊するため情報が厳重に抑え込まれているというのだ。



We Are Not Alone! The Disclosure Activists 動画は「Lisa Galarneau」より

 以前から何度か情報公開を要求する運動は起こっているが、ここ数年で運動の先頭に立って賛同者を束ねているのが、この「The Disclosure Activists」だ。創設者のリサ・ガラルノー博士とラッセル・カルカ氏は、主流のメディアからより多くの超常現象情報を入手することを通じて、世の中に向けて地球外知的生命体の存在を説得力のある形で知らしめる活動に取り組んでいる。

2017年5月 8日 (月)

元米大統領首席補佐官が2カ月以内にUFOについて重大発表か

元米大統領首席補佐官が2カ月以内にUFOについて重大発表か

                      
元米大統領首席補佐官が2カ月以内にUFOについて重大発表か

元米大統領首席補佐官が2カ月以内にUFOについて重大発表かの画像

アメリカを代表するポップパンクバンド『ブリンク182(ワンエイティートゥー)』の元フロンロマン、トム・デロングが「2カ月以内にUFOエイリアンに関する超ビッグな情報公開が行われる」と宣言した。


トムはミュージシャンからUFO研究家に転身し、3月上旬に開催された国際UFO会議で『UFOリサーチャー・オブ・ザ・イヤー』に選ばれた。そこでの受賞スピーチでトムは「今年はUFOについての真実探求の歴史において飛躍的なことがある」と発表したのだ。


あるUFO研究家は「昨年、ヒラリー・クリントンが大統領選を戦っていたときの選挙対策責任者は、あのジョン・ポデスタでした。そしてトムがポデスタとやり取りしていたEメールがウィキリークスに暴露され、UFOに関する極秘プロジェクトが進められていたことが発覚したのです」と明かす。


ポデスタ氏はビル・クリントン元大統領の大統領首席補佐官から、オバマ政権の上級顧問を歴任し、アメリカの政権の中枢にいた人物だ。


?


トムにはさまざまな「ネタ元」がいる

前出のUFO研究家は「トムは米軍の中枢にネタ元がいて、『ロズウェル事件』の真実を知っているというメールを出しています。ほかにもエリア51でエイリアンに会ったというメールも送っています。他にもMIB(メン・イン・ブラック)らしき影の役人にネタ元を“狩られた”という内容もありました」と語る。


そんなわけで、トムはUFOリサーチャー・オブ・ザ・イヤーに選出されたのだ。


スピーチでは「まだ言えないことはたくさんあります。ただ、言えることとして、僕は20年間、ロズウェル、セルポ(レティクル座ゼータ連星系の惑星セルポへアメリカ軍人を留学に出したプロジェクト)、ナチスの工芸品、南極の秘密、火星で何が起きているか、月の裏側で何が起きて いるかの本やウェブサイトを読んできた。この会場にいるみなさんと僕がやってきたことは、まったく一緒です。ただ、僕はバンドをやってた有名人だから、知名度を利用したら、いろんな人とつながって、トップシークレットにたどりつけちゃったわけです。で、ウィキリークスにばらされちゃった」と語った。


2か月以内の重大な発表に期待したい。


?


関連記事(外部サイト)

2017年5月 7日 (日)

「アトランティスの末裔地底人、宇宙人と協力し合って生きるには」 「地球救済のボランティアたち 3つのウェーブ」 by ドロレス・キャノン

「アトランティスの末裔地底人、宇宙人と協力し合って生きるには」 「地球救済のボランティアたち 3つのウェーブ」 by ドロレス・キャノン

「アトランティスの末裔地底人、宇宙人と協力し合って生きるには」ドロレス・キャノン



地球救済のボランティアたち 3つのウェーブ



gahag-0085773975.jpg

関連記事
以上は「新ほんとうがいちばん」より
スノーデン氏の言うところの地底人が出てきました。   以上

2017年4月15日 (土)

古代宇宙人遺物及び新兵器の探索レース激化で南極の氷棚が不安定化

発掘競争で南極の氷棚が不安定化
古代宇宙人遺物及び新兵器の探索レース激化で南極の氷棚が不安定化

原文: Antarctic Ice Shelf Destabilized as Race for Ancient Alien Artifacts & New Weapons Heats Up
By Dr Michael Salla and Corey Goode

1-antartic-alien-artifacts1.jpg

秘密宇宙プログラムの内部告発者、コーリー・グッドによると、南極の巨大氷棚の地下では、古代の宇宙避難民によるET文明が瞬間冷凍状態で見つかっている。この文明の残した人工遺物を探索するため、南極の主要地域を発掘するための多国籍取り組みが行われている。コーリーはさらに、南極の秘密軍事基地では、一部の古代人工遺物を利用して、1959年の南極条約を違反した兵器開発が行われていることを明かした。南極条約では、南極大陸の資源は科学目的のみに利用されるべきだと規定している。

この記事はこの三回シリーズのパート3(訳注:パート1は翻訳予定。パート2はこちら)にあたる。この最終回にはコーリーも執筆に加わっており、私とコーリーの初合作になっている。この記事の中でどの部分をどちらが書いているかを読者に分かりやすくするために説明しておく。コーリーが本人の言葉で書いている内容に対して、私、マイケル・サラはナレーターとして彼の説明内容を解釈する役割になっている。

いまも続けられているET人工遺物の兵器化は秘密にされている状態だ。この秘密をいつ、どの程度世界に知らせるかは、多くの重大変動要素が影響している。それでも、南極の遺跡についての開示は差し迫っているとコーリーは言っている。

コーリーからの2017年3月16日の詳細報告では、彼が以前に明かしたプレ・アダマイト文明についての補足内容が追加されている。この内容は、南極の秘密発掘を重点にした彼の人気記事・動画「エンドゲームⅡ」の続編である「エンドゲームⅢ」に予定されているものである。

コーリーが前に書いた内容によると、彼が「プレ・アダマイト」と呼ぶこの地球外文明が最初に地球にやってきたのは55,000~60,000年前だった。彼らは、陸続きのアメリカ国土の倍もあるほどの南極大陸の至る所で開拓地を設置した。彼らの身長は3.6~4.2メートルもあり、細長い頭を持っていた。

彼らは人類学で「ホモ・カペンシス」(Homo Capensis)に分類された混血種を作り出した。その混血種が神格化されたエリートとなり、古代の南米、アジアやヨーロッパ社会の支配層になった。コーリーはその歴史についても説明した。
3月16日の報告では、プレ・アダマイトが主要基地を「古代ビルダー種族」の技術施設に設置したことも初めて言及した。その施設の中には、人気SFシリーズ「スターゲートSG-1」で登場したスターゲートもしくはワームホールに似た装置が含まれていた。

2-Stargate-more-science-than-fiction1.jpg

コーリーによると、数億年前に古代ビルダー種族がこの横断ワームホール技術を開発して銀河のそこら中に設置して、星間移動用のネットワークを構築したそうだ。「スターゲート」のTVシリーズは、この技術の重要な部分を開示するため、アメリカ空軍が取り込んでいるソフト開示の一例だそうだ。

プレ・アダマイトが南極に着いた頃、南極は人間の開拓地だった。プレ・アダマイトは彼らの先進的な技術で、その地域全体を支配した。

彼らは高度な医療技術を用いて多くの遺伝子実験を始め、奉仕するための混血種を作り出した。コーリーは今年1月の南極訪問で、生物工学で作り出された混血種(ホモ・カペンシス)が瞬間冷凍状態で見つかった状況を次の画像で描写した。

3-13_Gonzales_taking_photos_and_getting_genetic_samples-1024x572.jpg

コーリーの説明によると、このプレ・アダマイトの実験プログラムが、ヒューマノイド型ETが50万年前に地球で始めた22の遺伝子実験への妨害になった。以前の報告では、40~60のET種族によって構成されたスーパー連邦が地表の人類に対して、様々な遺伝子操作プログラムを競い合っていたとコーリーは詳しく述べていた。

これら22の遺伝子実験を行っていたスーパー連邦だけでなく、同じようなことをレプティリアンも地球でしていた。そして、地球での影響力の主導権を巡って、プレ・アダマイトはこの両者とも対立関係になったとコーリーは説明した。

別の記事にも書かれていたように、プレ・アダマイトが地上に降り立ったことによって、彼らはアメリカ大陸、アジアやヨーロッパで支配層血統を確立させ、優位性を保った。

一方では、その時代では地表でいくつかの天変地異が起きていた。災害の後、立ち直ろうとしている地表の人類に対する影響と支配を巡り、これらの地球外種族が権力争いを繰り広げていた。地表の災害から内部地球に逃れた人間達はこれらの争いを内部地球から監視することになった。

内部地球に逃れた人間たちの中で、純粋な人間の血統を自負する内部地球住民の一つはエンシャールである。彼らは、南極での人間開拓地とは歴史的な繋がりをもっていた。でも、エンシャールはプレ・アダマイトには協力しなかった。というのも、南極原住民や地上の植民地での人類に対するプレ・アダマイトの扱い方が、エンシャールにとっては社会病質的に見えたからだった。

コーリーによると、古代でのプレ・アダマイトの人類に対する扱い方は、現代の人間が犬を様々な目的のために交雑させているのに似ているそうだ。プレ・アダマイトもレプティリアンも、人類にとっては深刻な問題だった。

シュメールのくさび形文字書物に記されていたように、知識や技術的な協力を与えることによって地球を進化させるための惑星連合があり、エンシャールはその一員だった。

以前の私の記事で、コーリーの情報を参考に、私はゼカリア・シッチンの著書「地球年代記」から来た「アヌンナキ」という表現を使って、エンシャールやその他の地球外グループがアヌンナキに含まれていたと書いた。これについて、コーリーが次のように正してくれた。

3-The-Wilbour-Plaque-Egypt-ca-1352-1336-BCEor-slightly-later.jpg

「アヌンナキはETまたは天からやってきたものを表す汎用的な言葉だったが、その定義に怒る人もいるため、使用を控えるべきだ。アトランティスを破壊した大災害のあと、古代シュメール民族の文明復旧を助けるため、レプティリアン、ノルディック、EBE(地球外生命体)、エンシャールなど様々な種族が影響を与えた。アヌンナキというのは本当はレプティリアンだったのだ。でも、影響を与えたほかのグループもアヌンナキに一括りにされてしまった。(以前の私の記事でもそう扱った)

コーリーによると、南極一帯を瞬間冷凍してしまった大災害から生き延びるため、少数のプレ・アダマイトは彼らの最大の母船の中にあるステイシス・チェンバーに入ったことで難を逃れた。ちなみにこれらの母船は数キロメートルの長さであり、以前の報告にあった50キロ長ではなかった。

コーリーからの追加情報によると、ステイシスに入ったプレ・アダマイトを起こすのにはリスクがあまりにも大きすぎる。彼らは、少ししか理解できていない古代ビルダー種族の技術を含めた先進技術を使って、自らの権力を再び主張しそうだったからである。コーリーは次のように述べた:

「発掘現場の担当グループは、寝た子を起こさぬように気をつけている。これらの存在が起きて敵対されることを避けるべく、小型核爆弾などを使わないようにしている。(映画『プロメテウス』参照)」

4-prometheus_LARGE.jpg

こうして、いま南極でプレ・アダマイトの基地や宇宙船の隠密発掘が進められているのだ。

発掘は南極の複数地点で各国によって行われていて、一部では最先端の技術を巡って直接的な競争も行われているとコーリーは明かした。これらの見つかった技術はいずれ公開されるが、中でも明らかに地球外由来の技術は仮に公開されることがあっても一番最後になりそうだ。

コーリーによると、南極の発掘に関与しているすべての国は自己判断で内容開示を公表することができる。けれども、彼らは全員で交渉をしている最中で、協調的に開示していくつもりだ。

小児性愛や人身売買などの犯罪や、政治家・学者・実業家・軍高官への脅迫罪に関わったエリート層の起訴と前後して、南極の開示が始まるというのがコーリーの考えである。コーリーがいうには、最近トランプ政権が46人の州検察官を解雇したのも、彼らがこのような起訴に消極的だったからである。

開示を巡る交渉が長引いて、アメリカが自ら開示に進み出てこない場合、ロシアや中国またはそれ以外の小国が代わりに南極について公表する可能性がある。これらはコーリーが地球同盟と呼んでいる国々である。ヨーロッパや北米を中心に、世界を牛耳ってきたカバールやイルミナティの力が徐々に衰えていく一方で、アジアで台頭してきたこれらの国々からなるグループが経済力で急速に突出してきている。

それを顕著に表したのは、2016年前半に南極上空で繰り広げられた戦闘である。ことの始まりは、宇宙プログラムの運用に関わる「惑星間企業複合体」(ICC)の海底基地から、涙滴型の宇宙船がロス氷棚の海面を飛び出てきて、宇宙へ逃げ込もうとしたのだ。

5-Chevron-battle-final-low-res.jpg

これらの宇宙船はカバール・イルミナティが所有するもので、彼らはダークフリートという別の宇宙プログラムと同盟を組んでいる。その宇宙船には、宇宙へ逃げようとした世界中のエリート達でいっぱいだった。彼らは迫り来る太陽イベントによって起きる地球規模の混乱から逃れたいのだ。

カバール・イルミナティのダークフリート艦が上層大気に到達するやいなや、突然数十の三角飛行機が現れて攻撃を加えた。その戦闘で、涙滴型の宇宙船はひどく損傷を受け、やむを得ず南極の基地に引き返した。コーリーによれば、これらの三角飛行機は機体の小ささにもかかわらず、予想よりも遥かに大ダメージを与えたのだ。

コーリーによると、一つ確実に言えることとして、攻撃に加わった三角飛行機は、惑星間企業複合体が所有するのとほぼ同等の地球由来技術で作られたものだ。この技術はロシア・中国やその他の地球同盟に所属するアジア連合にしか持たない技術だ。つまり、この戦闘の結果から分かったことは、地球同盟はいままでの技術的な遅れを取り返して、既存の地球由来の最先端宇宙技術を凌駕するようになったのだ。

次の南極地図に示されるように、コーリーは惑星間企業複合体が所有する6つ基地にマークをつけた。彼が2016年前半にエンシャールの宇宙船に乗って南極を案内してもらった。そのうち最大の基地は、小さな工業都市ほどの広さがあり、プレ・アダマイトの遺跡の近くに建てられた。氷面から突き出ているものを含め、他の基地からそう遠くない場所ではさらに多くの遺跡が見つかっているそうだ。

6-Antarctic_Under_Ice_Industrial_Cities-2-1024x623.jpg

隠密発掘の大半はロス氷棚の中で行われている。この氷棚の大半は海面ではなく陸地上にあるため、発掘は ANDRILL のような従来の科学研究プロジェクトで使われる技術で行われている。

コーリーによると、ロス氷棚や南極大陸の他の氷棚を大きく不安定化させている二つの工程が同時進行中である。

その一つは、穴を掘って、南極の陸塊の地下深くにある火山活動から放出した地熱という自然現象を利用した工程である。穴から、膨大量の熱が放出され、氷のフタを溶かし、氷棚の下で巨大洞窟を形成している。そのため、地表までの地熱トンネルが形成されている。

地表に到達する地熱排出によってできたトンネルの一つは、南極点の約20km近くにある。このトンネルで出来た大穴は2015年1月2日に、ブライアンという匿名の海軍将校や飛行技師によって目撃され、リンダ・モールトン・ハウへの手紙で暴露されたのだ。その後、彼女はブライアンにインタビューして、これに関する南極情報の詳細を取材した。

手短に言えば、ブライアンはデービス・ステーションから南極西部への救出任務に向かう途中で、南極点上空を通過したとき、同僚と共に氷の表面に巨大な穴を見つけたのである。彼の手紙にはこう書かれている。

「南極点基地における変わった規則として、我々の飛行機は決して南極点基地から8km離れた特定区域に近づいて飛ばしてはいけないことだ。与えられた理由として、その地域には空気検査のキャンプが置かれているからだそうだ。クルーの誰一人この説明に納得していなかった。なぜなら、私たちは二度ほどその地域の上空を通過した。一回目は、デービスキャンプというオーストラリアのキャンプへ向かう医療救助任務の時だった。そのキャンプは南極大陸の反対側にあるため、私たちは南極点で燃料補給する必要があった。そして、南極点からデービスキャンプへ向かう直線コース上に、その空気検査キャンプのある区域があるのだ。そのキャンプのあるはずの区域上空を通過したときに見えたのは氷の表面にある巨大な穴だけだった。私たちのソリ装備輸送機 LC130 であれば、この穴の中に入ることも出来そうだ。

コーリーによると、2017年1月にエンシャールに南極へ連れて行かれたとき、彼はこの大穴の底を見せてもらったそうだ。

ロス氷棚を不安定化させたもう一つの工程は、プレ・アダマイトの遺跡に噴射水を届かせるために使われた大規模な高圧蒸気による水掛けだ。コーリーは次のように述べている。

「広域の氷を溶かせるために、彼らは巨大な袋を巨大な高圧タンクに繋いで水を入れてから、マイクロ波を当てて爆発させる。その後の細かい溶解作業だけは人力による高圧ホース放水で蒸気を当てている。氷を溶かすこのような作業の結果、氷棚の下に川が出来て、氷棚を滑りやすくしている。氷の滑り出しが増して、下からの地熱活動による熱の溶解とともに、氷の重みによる氷棚の崩壊が起き始めている。

さらに、南極全域で他の国々による発掘が行われている。これも南極にあるすべての氷棚への不安定化に影響を与えている。実際、氷棚の基準温度は氷の融解をもたらす程まで上昇しており、溶けた氷でできたぬかるみはさらに潤滑剤として働き、氷棚の滑りを助長している。

マンドリル・プロジェクトの研究科学者によると、ロス氷棚は一日に30cmほど動いている。氷棚がプレ・アダマイトの発掘現場の上を移動しているため、発掘現場に水流を届けるためのトンネルは絶えず伸ばす必要があり、これが問題になっている。

7-andrillillustration-1024x582.jpg

開示の発表は、2002年から発掘に取り組んできた一流の科学者によって、プレ・アダマイト遺跡の発掘に関するサニタイズされた内容で始まるとコーリーは聞かされている。放送される予定のドキュメンタリーはプレ・アダマイト文明の地球的要素に限定されている。地球外生命と地球外技術に関わるすべての証拠は消されており、秘密にされるそうだ。

南極の開示は、アメリカ空軍、国家偵察局(NRO)、国家安全保障局(NSA)、国防情報局(DIA)で構成されたMIC SSP(軍産複合体秘密宇宙プログラム)に関する限定された開示の後で行われることになっていた。

このシリーズのパートⅠに書かれたように、それに対して、コーリーによって「ジグムント」とあだ名をつけられたMIC SSPの高官がもう一つのより高度な海軍宇宙プログラムの存在に疑念を持ち、この限定開示を進める前に真実を究明しようとした。

結果的に、南極発掘の限定された開示を促す勢いがある一方で、それがどう実現されるのか、不確実要素もある。人身売買に関与したアメリカのエリートの起訴から始まるのか?それとも地球同盟が自らの南極発見を暴露するのか?あるいは、不確定要素として、ロス氷棚が予想よりも早く溶けて、プレ・アダマイト文明に関する隠された秘密を世間に知らしめるようになるのか。

プレ・アダマイトとホモ・カペンシスの関係について、コーリーは重要な情報を付け加えてくれた。グローバル的な影響力を秘密裏で発揮しているこの非人間種族の存在をはじめて指摘したのは世界銀行の内部告発者、カレン・フーデス(Karen Hudes)だった。コーリーはこう述べている。

「内部地球のグループによって撤去された(南極地下の)巻物についての情報を最近受け取った。それは極めて重要な遺伝子・血統データベースである。宗教(バチカン)や金融制度(ロンドン)から世界の大部分を支配している人間とプレ・アダマイトの混血種にとって、これは超重要なものである。そういえば、カレン・フーデスは細長い頭を持つ人間がロンドンにいると言わなかったっけ?」




「エリート層は将来に、これらのETは神であり、エリートたちは半神半人であり、我々は彼らを崇めて奉仕すべきだという声明を出すつもりだった。彼らはその血統の巻物を使って自分たちの血筋を証明して、そのためのシステムを設立するつもりだった。」

南極条約に対する重大違反として、条約の第一条には南極の兵器化が禁止されていると記されていることをコーリーは指摘した。

「第一条 1. 南極地域は、平和的目的のみに利用する。軍事基地及び防備施設の設置、軍事演習の実施並びにあらゆる型の兵器の実験のような軍事的性質の措置は、特に、禁止する。 」

さらに、コーリーはこう指摘する。

「プロジェクト・アイスワームのような研究開発施設は、南極で武器のテストや開発を禁じている南極条約にも著しく違反している。また、50年以上にもわたって、アメリカの影の政府グループは彼らの秘密宇宙プログラムのために元ナチス基地を支配し、それを大きな宇宙港に転用し、先進的なICC宇宙船の格納だけでなく、これら数種類の宇宙船の製造や修理を行っている。」

「これらの南極基地はエリア51の南極版を形成している。象徴的なこととして、1950年代中期にエリア51を秘密の宇宙航空開発施設として設立したことに寄与したロッキード・マーチン社が、2011年に全米科学財団の南極業務を管理するための20億ドル契約を与えられた。これは、ロッキード・マーチン社がこの全米科学財団の契約を南極版のエリア51で、極秘で違法な航空宇宙兵器開発プログラムに利用していることを示唆している。」

コーリーが上で暴いた内容も実に南極条約の第十条への違反になっている。

「第十条: 各締約国は、いかなる者も南極地域においてこの条約の原則又は目的に反する活動を行なわないようにするため、国際連合憲章に従つた適当な努力をすることを約束する。 」

南極条約の規定が問題になるのはこの辺で、南極で軍事基地を稼働させている非署名国がいくつもあるのだ。コーリーは次のように説明する。

「南極ではそれ以外にもいくつも宇宙港があり、離脱ナチスの残党や地球外グループが所有する巨大な基地内にある。過去の報告にあったレプティリアンだけではない。レプティリアンは南極西部の巨大な洞窟内で暮らしている。」

カバール、影の政府や軍が、南極で活動しているこれらの非署名団体と組んで先進的な武器システムを開発すると、問題解決の難しい状況になることは明かである。

コーリーがいうには、南極での軍事活動の広がりを暴露することで、地球同盟の一部を喜ばせながら、悪いやつらの団体の多くは大いに心配になるだろう。南極条約への重大違反は深刻な問題であり、キューバのミサイル危機のような反応を生み出しかねないだろう。私たちはすでに影の内戦状態に入っており、それが公然の内戦になる危険性が極めて大きい。さらに、これを土壇場で世界大戦に導いて、惑星の人口を減らし、結果的に生存者に対する支配を再度主張しようとする者までいるのだ。悪い奴らがこれほど敗北に追い詰められたことはいまかつてなかった。

最後に、いま進行中のプレ・アダマイト文明の科学的な発掘は惑星にとって極めて大きな意味を持つことを強調しておきたい。ステイシス・チェンバーに入っているプレ・アダマイトを含めて、彼らの人工遺物を巡って様々なグループが競って探し求めている。これらの人工遺物を利用して、南極で瞬間冷凍された先進的な「人類」のサニタイズ文明を開示することで、世界経済を始動したり、あるいは迫り来る犯罪調査から目をそらしたりしようとする人間たちがいるのだ。

ほかにも、カバールや影の政府はこれらのET人工遺物を手に入れて、新しい世界宗教を作り、プレ・アダマイトを蘇らせて神として祭り上げようとしている。さらに、進行中の宇宙プログラムでの利用を狙って、ETの人工遺物を兵器化して、未来の世界戦争での決定的な優位性を確保しようとする軍人グループもいる。

これだけ争っている状況にもかかわらず、我々が実現しうる最善の結果を目指すことが重要である。コーリーがいうように、「悪い奴らがこれほど敗北に追い詰められたことはいまかつてなかった。」

© Michael E. Salla, Ph.D. & Corey Goode.

(転載終了)

関連記事

2017年4月14日 (金)

米トント国立公園に人食いエイリアンが基地を建設中!?:いや〜〜危険きわまりないナ!

米トント国立公園に人食いエイリアンが基地を建設中!?:いや〜〜危険きわまりないナ!            

                     
みなさん、こんにちは。

いや〜〜、これは興味深い。久しぶりにここに相応しい最高に怪しい話が登場。以下のものである。

アメリカが「エイリアンの人食い基地」建設中か!?

a0348309_17185951.jpg

人食いエイリアンの基地が、アメリカのニューメキシコ州の僻地に建設中だという。しかも何と、これは公式記録に記されていることなのだ。

アメリカ農務省は、森林局によって管理されている土地に関する膨大なファイルを公開した。そこにはエイリアンやUFOの活動と思われるような奇妙な証拠も含まれている。

エイリアンやUFOに関する機密文書、公式文書を収集・公開しているウェブサイト『ブラック・ヴォールト(黒の保管庫)』の創設者ジョン・グリーンウォルド氏が発見した。

ニューメキシコ州アルバカーキにある南西部地域事務所の記録によれば、2013年12月30日に「アリゾナ州フェニックス近郊のトント国立森林公園で、エイリアンが基地建設している」と、目撃者から事務所に奇妙な通報があったという。詳細な目撃証言が記録された。

すぐに詳細な内容が森林レンジャーにメールで一斉送信された。内容はこうだ。

《デビッドが今朝、男性から電話を受けた。ソルト・リバー・キャニオンからピナル・クリークああたりにエイリアンの秘密基地が建設中だという電話だった。通報者は建設用クレーン、小型ステルス機、UFOを見た。そしてエイリアンと人間が一緒に作業しているところも。さらにエイリアンが人間を食べていると。切断された頭部や死体の写真を撮ったそうだ。通報者は60代男性でドラッグはやっていないと言っている》

記録には、通報に対してどんな対応をとったかは詳述されていなかった。ただし、メールには《追伸、デビッドも私もドラッグをやっていない》と書いてあったという。

あるUFO研究家は、「UFOビリーバー(信者)にとって常識の説があります。あるエイリアンの種族が地球にやってきて、アメリカ政府と契約を結んだんです。人類を滅亡させないための見返りとして、そのエイリアンに秘密基地を与え、食料として人間を提供するという契約です。一部の人間が犠牲になることで、地球が守られているんです」と指摘する。

トント国立森林公園でエイリアンの基地が報告されたのは、これが初めてではない。

アメリカにある世界最大の民間UFO調査『MUFON(ミューフォン)』の東部地区ディレクターで、元アメリカ空軍情報院役員ジョージ・A・フィラー氏は「スコット・ヘックマンという男性が、やはり森林公園でUFO基地を見たと言っている。たくさんの人間が消えたとも。私の調査でもエイリアンの最大の基地はこの森林公園にある」としている。


今回登場してきた

トント国立公園

ないしは

トント国定公園

というのは私は初耳だった。そこで、どんな場所か調べてみると、こんな場所だった。

トント国定公園

a0348309_17212633.jpg

a0348309_1723149.jpg

近くにテオドア・ルーズベルト大統領の名をつけた湖と都市がある。

そんな場所の近くに人食いエイリアンが秘密の基地を建設中だったというのである。


果たしてこのエイリアンとはどんな連中か?


グレイタイプか、レプティリアンタイプか、あるいは地球人タイプのやつかどれだろうか?

まあ、俺の個人的認識では、グレイは植物のような連中だから人を食ったりはしない。水は飲む。地球人タイプは自分たちの機内食のようなものを持ち運ぶ。だから、地球人を食う理由はない。となると、やはりレプティリアンタイプだろうということになる。

この話に実に似ているのに、こんな話があった。

かつてある国立公園内で家族とキャンプしていたところ、突然家族の目の前に身重3mの巨人のレプティリアンが来た。それで驚いて逃げると、木陰から覗くと、さらに大きなやつが空から現れて、他のレプティリアンに命令しているやつがいたという。その司令官らしきレプティリアンは、なんと巨大な羽と尻尾が生えていたという。一見翼竜のように見えるが、高度の知性を持ったとてつもなく冷酷なやつで、捕まえてきた人間をボリボリ食っていた

というような話である。

ひょっとしてこの国立公園がトント国定公園だったのだろうか?


ところで、エイリアンが地球に基地を作るという話は、私もだいぶ前からメモしてきた話である。

ビル・クーパー「ロズウェル事件の真相」を語る
ウィリアム・クーパー講演パート1:宇宙人&UFO問題の起こり
ウィリアム・クーパー講演パート2:「ロズウェル事件」の真相
ウィリアム・クーパー講演パート3:アイゼンハワーの第三種接近遭遇
ウィリアム・クーパー講演パート4:米政府と宇宙人の密約



このアイゼンハワー時代のエイリアンはいわゆるグレイタイプのエイリアンの一種、

ロングノーズエイリアン

a0348309_184057.png
と親地球人のグレイの二種類だった。地球人に親切だったのが、ゼータレティクルといわれるグレイである。これだ。
a0348309_17542653.jpg

一方、鼻の長いユダヤ鼻のグレイは非常に邪悪でユダヤ人のようなやつだったという。このロングノーズは自分たち地下基地を作りたがった。

この時、ロングノーズが最初に地下基地を作った場所が、

フォーコーナーズ

a0348309_17441549.png
a0348309_17461161.jpg
である。

一方、ゼータグレイは米軍と協力して共同研究を行った。この時、米軍といっしょになって作ったのがエリア51のグレームレイクである。そこで唯一グレイエイリアンといっしょに働いた日本人が鈴木竜成(仮名)であるという。

鈴木竜成の「宇宙人の柩」:異星人の故郷と異星人と会うには霊性が決めてだ!



スピルバーグの未知との遭遇(第三種接近遭遇)は、アイゼンハワーの実話である。この時に、米軍の秘密組織のいわゆるMJ12が誕生し、そこが表の政治以上に力を得るようになった。こうして、エイリアンテクノロジーを支配するもの=世界支配者の時代へ突入した。リバーステクノロジーである。

ここから地球製UFO=ETVが誕生するわけだ。

ところがそれからしばらくして、いつしかレプティリアンタイプがやってきた。このレプティリアンは人に化け、成りすまし、実に凶暴なのである。人を平気で食う。

こいつに一番似ているのが地球人の中では朝鮮人だ。だから、檀君の父親はどこぞの異次元から来たレプティリアンだったのではないかと疑っているわけですナ。

だれかそういうSF映画作ったら大ヒット間違いなし。シンゴジラより面白いはずだ。ハンベーダーである。


というわけで、今現在では大きくわけて4種類のタイプがそれぞれこの地球上の地下10kmに基地を作っている。海底の地下基地、山岳の地下基地、大陸の地下基地といろいろある。

これにもともとずっと昔から住んでいた地球の爬虫類時代に人型に進化した地球型レプティリアン=かっぱの先祖がいるらしい。地球型には甲羅がある。甲羅があるレプティリアンをみたらメイドイン地球である。

これ以外に別の時空から来たやつがいる。それが、低層4次元というやつで、映画で言えば、プレデターにそっくりのやつらしい。もっとも邪悪で危険な存在である。

ところが最近はもっと変わったやつが来ている。それが光の存在というやつで、光るだけ。こういうのは、この宇宙のコアのかなり霊的次元からの使者らしい。地球人には地球人に分かるように人の形になったりして登場するが、まったくの霊的スピリチュアルな高度知性体というより知性そのものらしい。

まあ、我が地球は進化が遅すぎた。地球で言えば、アフリカのような場所に似ている。だから、一方的に外部からの侵入を避けることはできないのである。

ところで、これまた不思議なことに最近になってFBIとかCIAとか兵器でUFO機密文書を公表するようになった。いちばん有名なのが、ufo1.pdfという文書である。これはこれで検索すればすぐに見つけられフリーでダウンロードできる。ぜひ一見して欲しい。これについてはまたいつか。


いやはや、世も末ですナ。
以上は「k.iguchi's blog2」より
米国はすぐに情報公開するべきです。                以上

2017年3月21日 (火)

グーグルマーズで火星に建つ巨塔(高さ6km)(2/2)

 

MarsTower.jpg
画像は「グーグルマーズ」より引用

■いったい超巨塔の正体は!?

 火星では、以前にも1,600メートル級のトリプルタワーが見つかっており、トカナでもお伝えしている。しかし、今回発見された巨塔はそれを遥かに上回る高さである。では、この構造物はいったいどのような目的で作られたのだろうか。Liemee Watcher氏が主張するように、塔に走った大きな亀裂が入口であるならば、巨大なUFOも十分に通ることができるサイズと推定される。また、塔の内部には広大なスペースがあると考えられ、エイリアンの住居(巣)やUFOの基地として利用されていたとしてもなんら不思議ではないだろう。その高さを生かし、気象観測や電波発信の役を担っていたかもしれない。

MarsTower_3.jpg
画像は「グーグルマーズ」より引用

 なお、スコット・ウェアリング氏は、この構造物について人工のものと見ている。グーグルマーズのデータが正しいとすると、これほどまで巨大な構造物が崩壊せずに自立するためには、非常に高度なテクノロジーが必要であることは明らかだ。いずれにせよ今回の巨塔は、これまで火星で発見された構造物の中でも、とりわけ異様なものの一つであることは間違いない。今後の調査に期待したい。
吉井いつき

参考:「UFO Sightings Daily」、ほか

以上は「tocana」より
     

2017年3月20日 (月)

グーグルマーズで火星に建つ巨塔(高さ6km)(1/2)

   

 グーグルアースのように火星探索を気軽に楽しめるグーグルマーズ上で、まるで巨大な塔のような、奇妙すぎる構造物が発見されたようだ。それは縮尺から計算すると3~4マイル(4.8~6.5キロメートル)もの高さの巨塔で、その下部にはなんと入口のような部分も見られるというのだ。

MarsTower_2.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 もちろんグーグルマーズはNASAの火星探査機が捉えた画像やデータを利用しており、火星地表の衛星写真や地図、標高などを詳しく観察できるサービスである。世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏の運営するウェブサイト「UFO Sightings Daily」で取り上げられ、大きな話題となっている今回の発見。早速、詳細についてお伝えしよう。

■本当に“ある”! 超巨大な構造物

 この奇妙な構造物の“発見者”は、Liemee Watcher氏だ。氏は自らのYouTubeアカウントで解説動画を公開している。



動画は「YouTube」より

 問題の構造物は、火星の南半球にあるヘラス平原の北側、テルビクレーター付近に位置している。座標(31°03'42.31" S  74°14'07.51" E)を実際に見てほしい。平地に突如として、鋭く尖った塔のような形が出現するのだ。その形状をよく観察すると、構造物の真ん中あたりから地面にかけて大きな亀裂のようなものが走っており、確かに入口のようにも見えるではないか。

     

2017年2月10日 (金)

「衝撃」火星の地表でアルファベットの”F”発見!

衝撃】火星の地表でアルファベットの“F”発見!! 専門家「Fは火星文明のシンボル、他の文字も…」   7 / 13 

    
    
    

 いまだ人類未踏の地ながら、謎の生物や文明が存在した痕跡など驚きの発見が次々に寄せられている火星。もちろんNASAは公式に認めていない。しかし、NASA提供の画像を隅から隅までチェックするという気の遠くなるような作業に当たっている世界中の火星ウォッチャーたちが、それらが画像に写り込んでいるのを見つけてきたのだ。

 そんな火星で今回、またしてもあり得ないものが発見されたという。世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏が、自身が運営するブログで2016年12月30日に報告したところによると、火星表面上に大文字の“F”が描かれているのが発見されたというのだ!

【火星の“F”はコチラから→http://tocana.jp/2017/01/post_11967.html

 繰り返しになるが、人類は火星に上陸したことがない。何故アルファベットの”F”が火星に!? 火星文明はアルファベットを使用していたのか!? 地球との関係性など気になることは多いが、偶然“F”に見えただけという可能性もある。まずは問題の画像を見てみよう。

 画像を見ると、“F”の文字がはっきりと確認できる。丁寧に白い線で縁取られた“F”は、自然にできたとは思えぬ直線で構成されている。これはやはり、知的生命体が残した何らかのメッセージなのか……。

■『オポチュニティ』の走行跡のすぐ近くで発見された“F”

 高解像度の画像を紹介する科学系サイト「HIRISE」で、2007年7月に紹介されたこの画像は、火星探査車『オポチュニティ』が立ち寄ったヴィクトリア・クレーターの縁の一部を写したもの。記事では、火星表面に残る『オポチュニティ』が走行した跡がテーマで、跡から読み取れる強風などの気象状況や、『オポチュニティ』がどんな調査をした時にどんな跡が残るのかなどを分析している。

 画像を見ると、クレーター縁部分の外側には『オポチュニティ』がジグザグに走行した白い跡が確認できる。そのすぐ下、クレーターの一番外側に当たる部分に、“F”が描かれている。『オポチュニティ』が走行した外側に比べて、高くなっているのか低くなっているのか、とにかく地形が変わる境界部分に“F”があるようだ。

 白い直線で縁取られている“F”だが、『オポチュニティ』が付けた跡ではなさそうだ。第一に『オポチュニティ』はそこまで立ち入ってないし、車のように2本線の跡を残す『オポチュニティ』が“F”を縁取ることは極めて困難、というか不可能だと考えられるのだ。

■“F”以外にも多くの文字が見つかっている……!?

 そして毎度のことながら、元画像では確認するのが困難なほど小さく写る“F”を、ウェアリング氏はよく発見したものだ。画像を拡大して隅々まで確認したことが窺え、労を惜しまぬその探究心には敬服するばかりだ。

© TOCANA 提供 

「この“F”は、火星に住んでいた生命体にとって重要なシンボルだったのかもしれません。私はこれ以外にも多くの文字を発見しています。ただ多くの場合は、あまりに見分けるのが難しいため発表していません。ただこの“F”は、とても目立っていますし、我々に馴染みある文字に似ているため発表することにしました」(ウェアリング氏)

 なんと、ウェアリング氏は“F”以外にも多くの文字を火星で発見しているのだという。今回はたまたま、アルファベットの“F”に酷似していたが、それ以外は我々が見たことのない文字のようだ。いずれにせよ、今回発見された“F”を最終的にどう判断するかは読者に委ねるほかない。「偶然そう見えただけ」なのかもしれない。

 現段階では火星に人を送り込めないため、文字を直接調査することはできない。ウェアリング氏には、ぜひ未発表の文字も発表していただきたいものだ。解読が進めば火星に行かずとも、地上に描かれた文字の意味を理解できるかもしれず、さらにそこから進んで、文字を操っていた生命体の暮らしぶりや考え方などにも迫ることができるかもしれないのだ。(坂井学)

※イメージ画像:「ThinkStock」より

以上は「msnニュース」より

2020年代には人類が火星に移住する予定ですから、これらの問題もいずれ解決するでしょう。                                      以上

2017年1月25日 (水)

これは本物なのか

これは本物なのか

アセンションpro 自分らしく生きようさんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/pharao11/archives/55717887.html
<転載開始>
太陽付近では、ここのところ頻繁にUFOが目撃されている。その理由を説明するものと
して、「太陽から吹き出す極めて高温な粒子“プラズマ”をエネルギーに変換しているので
はないか」という新説まで登場しているのだが、これほど巨大なUFOは極めて珍しい。

太陽表面付近に、漆黒の正方形がはっきりと映り込んでいるではないか!? そして、驚く
べきはその大きさだ。太陽の直径が地球の約109倍であることを考えると、かなり巨大
であることが推測できる。
正方形といったが、じっくり見ると各辺は直線ではなく、一定の間隔で鋸の刃のようにギ
ザギザしているようだ。その様は、一部のネットユーザーに“あれ”を連想させている。

世界的なUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、今回もUFOに間違いないと見ているよ
うだが、その意見を見てみよう

ウェアリング氏によると、今回発見されたキューブ型UFOは決して珍しいものではないと
いう。

「私はこのUFOを、過去5年の間に100回は見ています。画像をよく見ると、太陽から放
出された光が、キューブを取り巻くように広がっていますね。キューブの周りの光は、ほ
かの場所よりも遠くまで届いていることが分かります。つまり、光はUFOの黒い表面に
反射しているのでしょう」(ウェアリング氏)

 確かに、光(電磁波?)の分布が物体の周辺とそれ以外では異なるようだ。これは、そ
の場所にキューブが“実在”したことを示す動かぬ証拠であると氏は考えている。さらに、
これが宇宙人の乗り物であるなら、当然奥行きがあるはずだが、今回はそれがまったく
感じられない。平面的な正方形にしか見えない理由についても氏は解説している。

「地球から見た時にUFOの1面しか見えないように、宇宙人が意図したものでしょう。
この物体が何なのか、地球人を混乱に陥れるためだと考えられますが、実際そうなって
いますよね」(同氏)

 確かに、今回のように2次元的にしか見えなければ、これをどう判断するか意見は分
かれるだろう。氏の発言が正しければ、彼らは地球人によって撮影されていることに自
覚的であり、現段階では、自分たちの正体を曖昧にしておきたい理由があるようなのだ。
であるならば、その先には最終的な目的が待っているのだろう。「ボーグ・キューブ」のよ
うに、圧倒的な破壊力を持って地球に牙を剥くという、SFが現実になる最悪のシナリオ
も想起されるのである。

uufo


UFO Sightings Daily


<転載終了>

より以前の記事一覧